カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二十二) 

霊枢・百病始生第六十六⑥

【原文】黄帝曰:願尽聞其所由然。岐伯曰:其著孫絡之脈而成積者、其積往來上下、臂手孫絡之居也、浮而緩、不能句積而止之、故往來移行①;腸胃之間、水湊滲注灌、濯濯有音、有寒則* *(月へんに真)滿雷引、故時切痛②。其著於陽明之経、則挾臍而居、飽食則益大、飢則益小③。其著於緩筋也、似陽明之積、飽食則痛、飢則安④。其著於腸胃之募原也、痛而外連於緩筋、飽食則安、飢則痛⑤。其著於伏衝之脈者、揣之應手而動、発手則熱気下於両股、如湯沃之状⑥。其著於膂筋、在腸後者、飢則積見、飽則積不見、按之不得⑦。其著於輸之脈者、閉塞不通、津液不下、孔竅乾壅、此邪気之從外入内、從上下也⑧。

【注釈】①其著孫絡之脈而成積者、其積往來上下、臂手孫絡之居也、浮而緩、不能句積而止之、故往來移行:邪気が孫絡に停留してから形成した積は、上下に往来できる。これは、孫絡が浅い部位にあり、しかも緩んでいて、積を固定できないから、積が往来移行できるわけである。『甲乙経・巻八・第二』によると、「臂手」は「擘乎」の誤り、「辟」と通じる。「句」とは「拘」であり、制限するという意味である。

②腸胃之間、水湊滲注灌、濯濯有音、有寒則 * *(月へんに真)滿雷引、故時切痛:腸胃の間に、水が滲出されたら、「濯(たく)濯」という音を発し、寒があれば、腹脹腸鳴がして、腸が牽引されるから、時々激痛する。「* *(月へんに真)滿」について、『甲乙経・巻八・第二』は「腹*(月へんに真)滿」の誤りで、腹部の脹満という意味と注釈している。「雷」は腸鳴、「引」は収引で、「切痛」は激痛である。

③其著於陽明之経、則挾臍而居、飽食則益大、飢則益小:邪気が陽明経に停留してから形成した積は、臍の両側に定着し、満腹の時に大きくなり、空腹の時に小さくなる。

④其著於緩筋也、似陽明之積、飽食則痛、飢則安:緩筋に形成した積は、その形態と表現は陽明経の積に似ていて、満腹の時に痛くなり、空腹の時は痛くない。「緩筋」は筋肉の間にあるため、満腹の時圧迫されるから、痛くなる。

⑤其著於腸胃之募原也、痛而外連於緩筋、飽食則安、飢則痛:腸胃の募原に形成した積は、疼痛の時に外側の緩筋に繋ぐため、満腹の時は痛くないが、空腹の時に痛くなる。

⑥其著於伏衝之脈者、揣之應手而動、発手則熱気下於両股、如湯沃之状:伏衝の脈に停留形成した積は、手で当てると搏動を感じる、手を離すと熱い気流が両太股の間まで下行し、熱湯に浴びられたように感じる。

⑦其著於膂筋、在腸後者、飢則積見、飽則積不見、按之不得:膂筋に形成した積は、胃腸の後方にあり、空腹時に積の形が見える、満腹の時は見えないし、手で触っても積を感じない。

⑧其著於輸之脈者、閉塞不通、津液不下、孔竅乾壅:輸脈に形成した積は、脈道の中を塞ぎ、津液が上下流動できず、毛孔が乾渋で壅塞される。

⑨此邪気之從外入内、從上下也:これらは、邪気が外部より侵入してから内部まで入り、身体の上部から下部まで伝変する臨床表現である。

【説明】本節は、多種の積証の病機と病証を紹介し、中医の弁証論治に根拠を提供している。

邪気がいろんな部位に停留することによって、各種の積証が形成すし、その臨床表現は異なる。これらを弁別できれば、適切な治療方法を採用できる。例えば、活血化瘀、理気化痰、温中散寒などである。

なお、『内経』の中に「積」を論述した篇が多くあり、例えば、『素問・五蔵生成篇』、『平人気象論』、『腹中論』、『四時刺逆従論』、『奇病論』、『霊枢・水脹』、『刺節真邪』などがある。合わせて勉強することを薦めます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-02-18 11:08 | 中医学 | Comments(0)
<< 温病学説とジカ熱 猴年馬月 >>