国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二十五)

霊枢・賊風第五十八①  

篇名について

「賊」とは傷害の意味である。『類経・疾病類・三十三』に「賊者、傷害之名」と言い、「賊風は四時不正の気を指し、賊風邪気とも謂う」と注釈している。自然界の異常な気候が人体正気を損傷するとされる。本篇は賊風が人体を損傷する時の病理と病証を討論している。

主な内容と学習のポイント:

① 寒痺を例として、邪気が「因加而発」の機理を論述した→寒痺の病因病機と「因加而発」の意味及びその機理を把握すること。

②故邪を持つ上に情志素因が加えられた時の病理及び病変の特徴を紹介した→故邪の概念を明確すること。

③「祝由(しゅくゆう)」が一部の疾病を治療できるとその道理を述べた。→祝由の治病道理を了解すること。

* 因加而発:故邪(旧邪)が身体に潜伏しているまま、また新たな邪気を感受して発病することを指す。

* 故邪:体内にもともと潜伏した邪気を指す。風寒湿燥火の邪気や痰飲、瘀血などが含まれる。

* 祝由:中国古代で祝をもって病者を治すもの、または祝説によって医事を行うものの職名である。現代の心理療法に相当する。

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-03-10 10:15 | 中医学 | Comments(0)