中医名言―「不治已病治未病、不治已乱治未乱」

こんにちは、周です。今回は中医名言―「不治已病治未病、不治已乱治未乱」を紹介します。

出典:《素問・四気調神大論》
医者は(治病する際)病気になってから治療ではなく、発症する前の段階で予防しなければなりません。これは治国と同じ道理でありますー動乱の防止が大切です。動乱を平定するという策は下策であります。

これは中国の最初の予防医学思想で、2000年前の中医学は「防重於治」(治療より予防のほうが重要である)の重要性を認識しています。
[PR]
by jbucm | 2016-05-09 09:09 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm