国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

孫思邈医心虫病

こんにちは、周です。医家・孫思邈逸話を紹介します。

第三話: 孫思邈医心虫病
唐太宗が高麗(朝鮮)を征服したときのできことです。
ある日、連続の行軍や地形(河川がなくの山岳地帯)・天候不良も加え、将士(将校と兵士)と馬は脱水症状に陥った状態です。夜明け前に、一行は山谷に入り、大きい水坑(水たまる)が突然目の前にありました!将士が言葉で表せないほど大喜びー命の水だ!!万歳!!水坑の水を汲んで豪飲(痛飲)しました。もちろん唐太宗も飲みました。皆は大満足!
豪飲した後、その水坑の傍に一休みして夜明けしました。あぁ……不好(やばい)、一坑汚水だ!!!よく見ると、水の中に小さい虫が沢山遊動しています。唐太宗は「この水を飲んちゃんダメだ、病気になる」と思ったが、口には言わなく(将士ら皆飲んだから)、将士達を率いてその地を去りました。

その後, 唐太宗は高麗(朝鮮)を征服して班師回朝(軍を引き返す、凱旋する)。宮殿で食って寝ての毎日です。「無事生非」(諺である。暇で理由もないのに、わざわざ悶着を起こす)ー美味しい山珍海味(山の幸・海の幸)を食べながら、高麗の水坑にいた小さい虫を浮かんで食欲がなくなり、私もその水を飲んだから、もしかして腹に虫がいる、と頭の中にずっと思いました。
この様子で暫くすると、食べ物・飲み物を見ると満腹疑心(頭が疑念でいっぱいである、虫虫虫…)飲食できなくなり、本当に病気になりました。
皇帝を診察した太医(皇族に専属する医者)はこう言いました:陛下、あなたは病気がなく、とっても健康です。
太宗は叱りました:真乃庸医也(庸医=やぶ医者)。
何人かの太医も診察しましたが、前回同様に怒鳴れて寝宮(宮殿)を追い出されました。

その後、唐太宗は太医の診察を一切拒否し、「病」が益々悪化して行きました。仕方がなく、大臣は田舎名医・孫思邈を呼び寄せしました。
孫思邈は唐太宗を診察した後、少々沈思してこう言いました:そうです、間違いなく小さい虫が陛下のお腹に居ますね。退治しなければなりません。私は薬丸を作って差し上げますので、薬丸を飲んだら虫が殺せます。
宮殿を出た後、孫思邈は早速薬丸を作りましたー10個蝋丸(ろうで作った丸剤、蝋丸の中に蝋制の細長い虫を包む)。再び宮殿に入ります。蝋丸を手にして、用法用量を唐太宗に説明します:毎日1個を飲んで下さい、害虫を死んだか(殺した)を確認したいので、万歳(=皇帝)が排出した大便を捨てないで下さい、私は(大便を)見ます。
唐太宗は言われ通り10日間で蝋丸を全部飲みました。11日目の朝、孫思邈が唐太宗の目の前で(唐太宗の)大便を水で流して、露出してきた蝋丸を割って虫(蝋制の虫が飛び出しました。
唐太宗は驚喜しました:そうだそうだ、この虫たちは私を苦しめました!!愛卿真是妙手回春(妙手回春=すぐれた医術で病気がたちまち治る、医者をほめる言葉)。

孫思邈をねぎらうため、宴席を設けて招待しました。孫思邈に朝廷の官位を勧めましたが断れて、翌日離朝還郷(孫思邈は朝廷を後にして故郷に帰りました)。
[PR]
by jbucm | 2016-07-18 09:30 | 中医学 | Comments(0)