国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

孫思邈与蘆照鄰

こんにちは、周です。医家・孫思邈逸話を紹介します。

第四話:孫思邈与蘆照鄰

唐高宗咸亨4年(670年)に、高齢(90歳)の孫思邈は光徳坊で30歳位の蘆照鄰を接待しました、蘆照鄰は初唐文壇四傑の一人で、字は昇之、号は幽優子と言い、本籍は幽州范陽(今の北京大興)、四川新都県尉(官位)に就いていました。用事があるので上京し、光徳坊に泊まり、そして偶然に会うことができました。
蘆照鄰は、「蒼生太医」の孫思邈の医術と博学を敬服して、「道合今古、学有数術……推歩甲子、度量乾坤、飛錬石之奇、洗腸胃之妙」称し、一度会えたらいいなぁと思いました。彼は全身に痒みを自覚し、数多くの診察を受けましたが、好転しませんでした。孫思邈に診察を求めました。
孫思邈:確かに悪疾を患っていますね。
蘆照鄰:どんな病?
孫思邈:癩病(ハンセイ病)です。
癩病が不治な病気だと彼は知っていました。
蘆照鄰:先生は治せますか?
孫思邈:ご安心下さい。私は全力尽くして治療してみますので、暫くここに住んでいて、そうしたら私は随時診察でき、面倒も見られます。
そして彼は先生の好意に甘えて光徳坊に住みました。

ある日、二人は閑談しました。
蘆照鄰:私の運命は庭に病気がある梨の木と似ています(冤罪で収監されたことがあった、今は悪疾を患っている)。2・3日前に今の心境を表し≪病梨樹賦≫を書きました、先生のご指導下さい。
孫思邈:「形体有可癒之疾、天地有可消之災」、あなたは疾病に対する悲観を持ってはいけません。私は累計600人の癩病患者を診療しました、1/10位は健康に回復しました。貞観の年、私は重症の患者を太白山に連れて行って、100日間を治療し(薬を飲ませて、規則正しい生活をさせ)ましたら、その患者は新しい眉毛・鬚が生えてきました。あなたも確かに重症ですが、私の診療を受けたら、治る希望がないわけではないですよ。
孫思邈は、懸命に彼の病気と闘う自信を与えています。

残念ですが、訳があって二人は離れなければなりません、孫思邈の治療を継続することができなくなりました。約5年後、蘆照鄰は退官して孫思邈が言った太白山に行きましたが、病情が更に悪化していました。また、悪道士に惑わされ「仙丹」(仙人の薬、喩:効能顕著な薬。仙丹の成分は人体に有毒な金属=水銀・砒素・鉛である)を飲み続けて、返って症状が加重させ、苦痛で耐えられないのです。そんな状況での≪五悲≫≪釋疾文≫など作品を書きました。永淳元年の恩師孫思邈の死も打撃を受け、悲観的な考えるようになり自殺しました。
[PR]
by jbucm | 2016-11-28 09:55 | 中医学 | Comments(0)