国際中医師標準試験『復習大綱』の質問への答え② 『中医診断学』B型問題

(答えにあります「『中医診断学』中国語テキストの略称です。

No.301 痰蒙心神はどこを見ればよろしいですか?

AnsP11下より9行目に「痰気鬱結、阻蔽神明」と書いています。これは「痰蒙心神」のことです。

No.305 中焦有火とは、胃熱のことですか?この問題集のNo.27の問題と関係がありますか?

Ansそうです。「中焦有火」は主に胃熱のことを指します。No.27の問題も同じく、形態の望診の内容に属します(P17)望形態の部分をご確認ください)

No.317318 どこを見ればよろしいですか?

AnsP26下より21行目~ ご参照ください。

No.338 胃虚気逆はどこを見ればよろしいですか?語声が低微かつ断続的は胃虚の症状ですか?

AnsP44 7.噯気の部分をご参照ください。 No337338は噯気(げっぷ)に関する質問です。げっぷは、胃気上逆(胃の気逆)の症状です。テキストに「噯気低沈、無酸腐気味(匂い)、納谷不馨(食欲がない)」と記載しています、これが胃虚(脾胃虚弱)の症状です。No338の「語声が低微かつ断続的」とはげっぷの声を指しています。

No.347 「奪気」と「中気大虚」について教えてください。

AnsP42下から1011行目にありますが、ひどい気虚を指します。

No.373374 どこを見ればよろしいですか?「畜血」と瘀血は異なりますか?

Ans腹部の按診の内容で、P77下より18行目~辨腫塊:①積聚:腹内に結塊があり腫れたり痛んだり、結塊が明瞭で腫れ痛みが固定したものを「」と称し、血分に属します、結塊が不明瞭で痛みが固定しないものを「」と称し、気分に属します。②腹中の虫塊のことを虫積(慢性の寄生虫病)と言います。なお、畜血は主に下焦(膀胱など)にある瘀血を指します

No.376 瘀血証で口渇…のメカニズムが分かりません。

Ans瘀血が体内に停留することによって津液の気化に影響を与えます。すると津液が体の上部に上がれず、口渇を感じます。瘀血はまた、体内津液の輸布障害を起こすが津液が虧損されてはいないので、口渇を感じるが、水を含んで口を濡らすだけで飲みたがらない…となります(P54上から1214行目をご参照ください)

No.379 中気下陥証の小便が混濁し、米の研ぎ汁の様はどこに記載がありますか?

AnsP115上より18行目~「脾は散精を主る、脾虚気陥で精微が正常に輸布できず、膀胱まで流され、故に小便が混濁し、米の研ぎ汁の様にある」と記載があります。

No.389390 このような大便に関する記述は、教科書のどこにありますか?

AnsP57上から8行目をご参照ください。

No.395396 何をもって分類されるのですか?参考箇所がありましたら教えて下さい。

AnsP71の表をご参照ください。

No.424 肺痿の痰はどこを見ればよろしいですか?

Ans痰の望診のところです。P29下より10行目に書いてあります。

No.434 大便希薄と便溏とは違いますか?

Ans 同じことを指す場合もありますが、その違いは何かと言うと、「大便稀薄」は水っぽい便で、「便溏」は形のない便を指します。

No.457458 どこか参照になるページはありますか?光燥で石のようになるのはなぜですか?燥で枯骨のようになるのはなぜですか?

Ans歯の望診のところです。P23 上より16行目に書いてあります。光燥で石のようになるのは、陽明熱盛で津液が大いに損傷されるためです;燥で枯骨のようになるのは腎陰の虧虚がひどく、歯に栄養を与えられないためです。

No.493 選択肢のEは何と書いてあるのですか?また意味は何ですか?

Ans眼球の結膜の増殖でできた肉状の突起で、まだ角膜(黒目)を覆っていないものを「肉」、覆ったものを「肉攀睛」と言います。教P20の一番下に記載があります。

No497498 選択肢BCの意味が分かりません。

AnsP69をご参考下さい。Bは、脈が緩(遅い)、時には1回止まる。Cは、脈が数(速い)、時には1回止まる。

No499500 どこを参照すればよろしいですか?

AnsNo373374の答えをご参照ください。P77に記載があります。

基本的な質問で申し訳ないのですが、燥湿、化湿、除湿の区別がつきません。燥湿するのは辛味、化湿するのは苦味で正しいですか? また去痰と化痰にも違いがありますか?

  Ans「燥湿、化湿、除湿」はほぼ同じことを指しますが、下記のよう、微妙に差があります。

燥湿:主に苦味の生薬を使い、水湿・痰飲内停などの病症を治す。

化湿:主に辛味で芳香性のある生薬(芳香化湿)を使い、水湿内停の病症を治す。

利湿:おもに淡味の生薬を使い、利水(利尿)を通じて水腫などの病症を治す。

除湿:湿邪を取り除くことです。燥湿・化湿・利湿(利尿)などを含みます。

同じく、「祛痰、化痰」もあまり違いがないですが、下記のように使い分けもできます:

祛痰:痰を気管支から追い出す(宣肺も含みます)。

化痰:生薬の力によって粘稠な痰を薄くしたり無くしたりします。

(教務担当:李)


[PR]
by jbucm | 2017-01-23 16:15 | 質問の回答 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm