広州に里帰り  その1(周)

こんにちは、周です。
先日、ゴールデンウィークを利用し、久しぶり(約5年ぶり)に里帰りをしました。この場をお借りして、私の出身地である広東省広州市の風土や人情について2回シリーズでお届けしたいと思います。今日はその第一回目です。

広州市は中国の最も南に位置し、広東省の省都です。中国第3の河川である珠江の河口一帯には、肥沃な珠江デルタが広がっています。ほとんどが亜熱帯気候で夏は長く冬は暖かく、一年中花が咲いているためか、広州市は別名「花城」とも呼ばれています。約27年前から、鄧小平による改革開放の政策のお蔭で、いち早く中国の一番豊かな都市になりました。
f0138875_11545280.jpg


広州市の風景です。
「北京路」という、広州市の一番の繁華街です。いつも大勢の人でにぎわっています。毎日「歩行者天国」になっており、人々が何処から来ているのかと思うくらい、とにかく人が多いです。

こちらは「広州動物園」です。華南地方に有名な動物園です、熊猫(パンダ)もいます。

f0138875_11562179.jpg

「世界花展」です。花園の中に南方特有の植物が展示されています、日本産の石斛(中薬、補陰薬です)もあります、見た面はよくないですが、中国産よりも日本産の石斛のほうが、値段が高かったです。

f0138875_1159363.jpg


「飲茶」です。広州市の人は、朝ご飯を自宅でつくらずお茶・お粥・点心などを外食します。朝早起きしないとなかなか席が取れません。これが、毎朝の一苦労です。

f0138875_1221457.jpg


「陳李済」「采芝林」は漢方薬の専門店、、「宝生園」は健康食品などを取り扱う店です。

f0138875_1232275.jpg

f0138875_1262231.jpg


次回は「広東涼茶」を紹介します、お楽しみに・・・・!
[PR]
by jbucm | 2007-05-17 17:23 | 中国の話 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm