国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

茶療法 その2ー① 感冒の処方①

こんにちは、周です。ようやく朝晩涼しくなりましたね。これから風邪を引きやすい季節になりますので、シリーズでの感冒処方を紹介します。

感冒とは、風邪(六淫のひとつ)による疾病のことを指します。

感冒の症状:発熱、惡寒、頭痛、鼻塞、流涕(鼻水)、くしゃみ、脈浮など。
処方① 緑菊茶
緑豆50g、菊花15g、茶葉10g
f0138875_22452275.jpg

[主治] 風熱感冒の軽証(症状:頭痛、口乾口渇、咽痛)
[功効] 疏風、清熱解毒
[用法用量] 1日1剤、緑豆は水に浸け、30分後、細かく擦って、蜜棗または氷砂糖適量、400ccの水から200ccまで煎じ、朝晩1回ずつ飲みます。
[禁忌] 風寒感冒、脾胃虚寒、便溏の者
[PR]
by jbucm | 2007-09-10 09:42 | 中医学 | Comments(0)