国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

八綱弁証 (寒熱弁証)

今回は、寒熱弁証(かんねつべんしょう)の話です。

寒熱弁証とは、病気の性質を弁別することです。寒邪を感受するか、或いは臓腑の陽気が不足することによって生じ、体の機能低下を表わす証候を寒証(かんしょう)といいます。陽熱の邪気(温・暑・火)を感受するか、或いは臓腑の陽気亢盛によって生じ、体の機能亢進を表わす証候を熱証(ねっしょう)といいます。また、久病・房室過度・過労による腎精或は陰液消耗の虚熱証もあります。
f0138875_1858953.jpg

寒証と熱証の症状特徴は分り易いです。寒証の場合は、悪寒喜暖(寒さを嫌う、暖かい飲食物を取りたがる)・口淡・口渇せず(水を飲みたがらない)・顔色蒼白・四肢厥冷(手足が冷たい)・尿の色は透明で多尿・泥状便・舌淡・苔白(潤滑)・脉遅或いは緊などです。

熱証の場合は、熱を嫌がり凉を好む・顔色が紅色で四肢に熱がある・口渇があり冷たい物を飲みたがる・いらいらしてよく話す・尿は赤っぽい・便秘・舌質は紅色で舌苔は黄色、脉は数などです。
[PR]
by jbucm | 2007-09-21 09:30 | 中医学 | Comments(0)