カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


八綱弁証 (寒熱弁証)

今回は、寒熱弁証(かんねつべんしょう)の話です。

寒熱弁証とは、病気の性質を弁別することです。寒邪を感受するか、或いは臓腑の陽気が不足することによって生じ、体の機能低下を表わす証候を寒証(かんしょう)といいます。陽熱の邪気(温・暑・火)を感受するか、或いは臓腑の陽気亢盛によって生じ、体の機能亢進を表わす証候を熱証(ねっしょう)といいます。また、久病・房室過度・過労による腎精或は陰液消耗の虚熱証もあります。
f0138875_1858953.jpg

寒証と熱証の症状特徴は分り易いです。寒証の場合は、悪寒喜暖(寒さを嫌う、暖かい飲食物を取りたがる)・口淡・口渇せず(水を飲みたがらない)・顔色蒼白・四肢厥冷(手足が冷たい)・尿の色は透明で多尿・泥状便・舌淡・苔白(潤滑)・脉遅或いは緊などです。

熱証の場合は、熱を嫌がり凉を好む・顔色が紅色で四肢に熱がある・口渇があり冷たい物を飲みたがる・いらいらしてよく話す・尿は赤っぽい・便秘・舌質は紅色で舌苔は黄色、脉は数などです。
[PR]
by jbucm | 2007-09-21 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 茶療法 その2ー③ 感冒の処方③ 夏期講習(薬膳専科) >>