国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

中国語の教科書

数年前、薬膳専科の教科書が自宅に届いた時の事をフッと思い出しました。
北京中医薬大学日本校では、北京本校と同じ中国語の教科書を使っています。(授業は日本語ですよ。ご安心下さい)

f0138875_118098.jpg

兎に角、唖然!!中国語を読めない私は、言葉が出ませんでした。「恐ろしい世界に足を踏み入れてしまった!!」と心の中で思いました。
今でも、中国語の教科書には翻弄され続けていますが、不思議なもので、何度も眺めているうちに、少しずつ意味が解るようになってきました。授業の時に頂いた日本語のレジメを本棚の奥にしまい込んで、1年以上経つでしょうか。中国語の四字熟語の奥に潜んでいる、本当の意味を理解出来るようになるには、まだ時間がかかりそうですが、授業中聞いた先生の言葉や、レジメに書かれた言葉の表面だけしか理解していなかった事に気付きました。

今、中医学の勉強をしている方達には、是非、教科書を活用して頂きたいと思います。単純な言葉の羅列のように見える文章の奥に、多くの事が語られているのです。先々、解らない事が出てきた時、きっと教科書が助けてくれます。
今から教科書になれておいた方が絶対お得(?)ですよ。
[PR]
by jbucm | 2007-11-21 09:05 | 中国の話 | Comments(0)