気血津液と臓腑の話⑥

こんにちは、李です。
今回は、前回に続いて、気の病証(気病の弁証)について、話を致します。

3、気滞証(きたいしょう)
 人体の局所(ある部位、あるいは、ある臓腑)で気機の運行が不暢(気がスムーズに流れない)になり、張った痛みや詰まり感が現れます。これを気滞証と言います。原因は、各種の病邪の侵入や、虫積(寄生虫)、身体に内生される病邪である痰飲(たんいん)、瘀血(おけつ)などが、気の運行を阻むこと、ストレスが溜まることなどです。f0138875_23172142.jpg胸腹部の気滞証は、脹痛(ちょうつう、張った痛み)のほかに、ガスが溜まるので、ゲップやおならが多いなどの証候も見られます。症状特徴は痛む部位が固定しない、酷くなったり、減軽したりし、ストレスにより変化する。良くみられる気滞証は、肝気鬱結、胃腸気滞などがあります。治療は、理気(りき)または行気(こうき)という方法で、気の流れをスムーズにすることです。

4、気逆証(きぎゃくしょう)
気の昇降運動の失常で、咳やげっぷがでたり、しゃっくりが止まらなくなる場合を気逆証といいます。気の昇降運動について、前々回にも話しましたが、主に臓腑の気の運動のことです。その運動が失常とすると、脾の場合は、虚証で、脾気下陥証になりますが、肝・胃・肺の場合は実証が多く、気逆証となります。下記にそれぞれの症状を紹介いたします:
* 肝気上逆証(かんきじょうぎゃくしょう):頭痛・めまい・顔が赤い・酷い場合は、暈厥(突然倒れ、意識不明)・吐血などがみられます。
* 胃気上逆証(いきじょうぎゃくしょう):吐き気・げっぷ・嘔吐などがみられます。
* 肺気上逆証(はいきじょうぎゃくしょう):咳・喘促などがみられます。
気逆証の治療は、理気降逆(りきこうぎゃく)という方法で、昇降を正常な状態に戻すことです。
気滞証と気逆証は実証です。
[PR]
by jbucm | 2007-11-30 09:00 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm