カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


気血津液と臓腑の話⑬ 

こんにちは、李です。今回からは、津液の話をしたいと思います。

津液の概念:津液とは人体の全ての正常で、有用な液体の総称です。各臓器組織内の液体(例えば、肺津、腎水など)、各臓器が分泌する液体(例えば胃液、腸液、鼻水、涙、涎など)、または、水液の代謝により生まれた産物(例えば汗、尿など)が含まれます。津液も人体を構成し、そして生命活動を維持する基本物質です。

津と液は同じく液体に属しますが、性質・機能・分布などの面において区別があります。一般的に言えば、薄くて、流動的、体表、皮膚、汗孔に分布し、滋養作用を果しているのは津です。濃く、流動的ではなく、関節・臓・腑・髄などの組織に注入し、潤って養う作用のあるものが液です。
 
津と液は一体であり、同じく飲食水穀が元になり、同じく脾・胃の運化機能によって生成されます。両者は運行、代謝の過程で相互に転化し、病気の時も互いに影響しあいます。津を傷付けると液も消耗されるし、液が少なくなると、津も傷つけられます。ですから、一般的には津液を併せて取り扱い、厳格に区別しません。
しかし、「傷津」(しょうしん、津を傷付けること)と「脱液」(だつえき、液が流失しすぎること)の病理変化を論じる時は分けて論じます。
[PR]
by jbucm | 2008-02-08 09:00 | 中医学 | Comments(3)
Commented by 小梶 末吉  at 2009-02-27 14:05 x
こんにちは、初めまして 滋賀県大津市で推拿整体しております
先生のわかりやすい説明は私の中医学の理解にすごく役に立ちます
今後、中国語も併せて勉強します・・・・・ありがとうございました
Commented by 小梶末吉 at 2009-02-27 14:08 x
こんにちは、初めまして 滋賀県大津市で推拿整体しております
先生のわかりやすい説明は私の中医学の理解にすごく役に立ちます
今後、中国語も併せて勉強します・・・・・ありがとうございました
Commented by jbucm at 2009-03-01 11:04
小梶末吉先生へ
こんにちは、始めまして、北京中医薬大学日本校の李と申します。当校のブログをご覧頂き、ありがとうございました。今後ともご指導のほど、宜しくお願い致します。
<< 茶療法 その4ー① 気管支炎の処方① 医学気功整体専科について >>