カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


新学期

こんにちは、亀山です。
f0138875_0304580.jpg

早いですね。もう4月。北京中医薬大学日本校も新入生を迎えます。
在校生の授業は5日から始まりますが、平成20年度4月生の授業は12日からスタート。今期も、中医中薬専攻科を始め医学気功、中医薬膳各科も多くの新入生を迎えます。

世界的に伝統医学が見直されている今、中医学に対する期待は大きく沢山の方々が興味を持って下さる事はとても嬉しい事です。中医学に馴染みの無い日本人にとっては、最初のうちは不思議の連続だと思いますが大丈夫。先生方の丁寧な授業と志を同じくするクラスメートに囲まれて、いつの間にか中医学の世界に入り込めます。
頭痛がしそうな、四字熟語の連続も、何となく解るようになりますよ。

先週末、満開の桜の下を散歩しながら、以前金光亮教授がお話しされていた「中医学の魅力」の一つを思いだしました。
「現代人にとっては、どの様にして自然に順応し、生命の規律に沿った生き方をすれば良いか参考になります」

ミクロの世界まで次々と解明されていく現代だからこそ、自然界と人を一体と考える伝統医学(中医学)の懐の深さが魅力的なのかもしれませんね。
[PR]
by jbucm | 2008-04-02 00:34 | 色々・・・ | Comments(0)
<< 気血津液と臓腑の話(21) 茶療法 その4ー⑪⑫ 気管支炎... >>