国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

私事で恐縮ですが。

こんにちは、亀山です。
私事ですが・・・・
昨夜は捻挫の(多分)傷みで眠れない夜を過ごしました。これは絶対骨折だ!と思う程の痛みで、寒気までしてきました。傷みには割と強い方だと思っていましたが、かなりきびしかったです。

捻挫は病因としては、外傷の中に入るのですが、痛くなり方が不思議でした。
「グキッ!」としてから痛みが出るまで数時間のブランクがあったのです。そんな事ってあるのでしょうか?

捻挫の痛みは針が良いのかしら?気功の治療はどうかしら?と思いながらいたのですが、布団の中で体が温まってきたら、寒気も消え、痛みもだいぶよくなりました。

捻挫じゃなくて、「寒邪」に直撃されたのかしら?などと意味も無く思い、今朝は温かい服を着て、厚い靴下をはいてみたりしてます。自分の事でも、体の中で何が起こっているのか分からない事って多いですよね。中医学の診断の基本となる「四診」。本を片手に当てはめみましたが・・・・・?
今度、先生に聞いてみたいと思っています。
[PR]
by jbucm | 2008-04-16 11:45 | 色々・・・ | Comments(0)