ナマズ(鮎魚)の別名

こんにちは、亀山です。
周さんの「ナマズの薬膳」お読みになりましたか?
ナマズは中国語で「鮎魚」。別名、黏(粘)魚、塘虱、生仔魚。別名の由来はお分かりになったでしょうか。

私は一つ分からなくて、周さんに聞いてみました。
f0138875_2315730.jpg
粘魚は粘液が多くて、ネバネバしているから。
生仔魚は母乳の出を良くする事から生まれた名前。問題は塘虱でした。
塘は辞書を見ると、池や川。虱はシラミ。シラミ・・!?シラミってどんな形をしているのかしら?ヒゲが長いの?などなど・・・
考えても分からないので教えて頂きました。
「塘虱は広東語です。広東語の虱は虫と言う意味もあります。
河川だけではなく、池塘(池または沼地)にも生息しているので塘虱と呼ばれています。」との事でした。
「沼の虫」。「川のシラミ」よりイメージが良いですね(笑)

中国の名前は、沢山の別名を持っている物が多くて頭が混乱してしまいますね。
でも、意味が分かると面白い!

因みに日本語のナマズは「鯰」と書くそうです。(私は知りませんでした)
ナマズの「ナマ」は鱗がなく滑らかな事から「滑らか」の意味。
「ズ」は「泥」・「土」の意味で「滑らかな泥魚」で有ることから、付いた名前と言われているそうです。
漢字の方は、粘るの意味から同音の「念」が当てられ「鯰」と書くのだとか。

鯰に触れた事がありませんが、考えただけで手がネバネバしてくる気がしますね。でも、チャンスがあったら一度食べてみたいと思います。
[PR]
by jbucm | 2008-04-23 09:00 | 中国の話 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm