カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


ナマズ(鮎魚)の別名

こんにちは、亀山です。
周さんの「ナマズの薬膳」お読みになりましたか?
ナマズは中国語で「鮎魚」。別名、黏(粘)魚、塘虱、生仔魚。別名の由来はお分かりになったでしょうか。

私は一つ分からなくて、周さんに聞いてみました。
f0138875_2315730.jpg
粘魚は粘液が多くて、ネバネバしているから。
生仔魚は母乳の出を良くする事から生まれた名前。問題は塘虱でした。
塘は辞書を見ると、池や川。虱はシラミ。シラミ・・!?シラミってどんな形をしているのかしら?ヒゲが長いの?などなど・・・
考えても分からないので教えて頂きました。
「塘虱は広東語です。広東語の虱は虫と言う意味もあります。
河川だけではなく、池塘(池または沼地)にも生息しているので塘虱と呼ばれています。」との事でした。
「沼の虫」。「川のシラミ」よりイメージが良いですね(笑)

中国の名前は、沢山の別名を持っている物が多くて頭が混乱してしまいますね。
でも、意味が分かると面白い!

因みに日本語のナマズは「鯰」と書くそうです。(私は知りませんでした)
ナマズの「ナマ」は鱗がなく滑らかな事から「滑らか」の意味。
「ズ」は「泥」・「土」の意味で「滑らかな泥魚」で有ることから、付いた名前と言われているそうです。
漢字の方は、粘るの意味から同音の「念」が当てられ「鯰」と書くのだとか。

鯰に触れた事がありませんが、考えただけで手がネバネバしてくる気がしますね。でも、チャンスがあったら一度食べてみたいと思います。
[PR]
by jbucm | 2008-04-23 09:00 | 中国の話 | Comments(0)
<< 気血津液と臓腑の話(24) ナマズの薬膳 >>