生姜の由来

こんにちは、周です。今回は生姜のお話しです。

生姜はショウガ科の多年草です。熱帯アジア原産で、f0138875_23412343.jpg根茎(肥大した地下茎)を香辛料、生薬として用います。中国各地に生産しており、秋冬季(9~11月)に採集、根を取り除き、薬用として使われています。
性味:微温・辛、帰経:肺・脾経
効能:発汗解表、温中止嘔、温肺止咳、和中解毒
注意事項:口乾、喉痛、便秘など上火症状が出やすいので、一度に多量に使用しないこと。



ところで、生姜の名前の由来はご存じですか。
生姜は神農と言う人が命名したと言われています。以下はその故事を紹介します。

ある日、神農は山に薬を採集するため出かけました、毒キノコを誤食し、激しい腹痛を起こし、薬を飲みましたが、効きません。その場で昏倒してしまいました。しばらくすf0138875_2343486.jpgると、神農は意識を取り戻しましたが、何が起こったのかわかりません。周りを見渡し、自分が倒れているところは、良い香りがする、尖葉状な青草(写真をご参照ください)の中だと気付きました。とりあえず、神農はその青草を口に入れてみました。噛めば噛むほど、口の中に香り、辛みの清涼感が広がりました。すると、お腹がごろごろしてきて、大便が出てスッキリし、治ってしまいました。

神農は今回の九死一生を経験し、あの青草を、何と言う名前にするか考えました。その青草は不思議な力が有り、神農の命を救った事から、神農の姓の「姜」と、生還したと言う意味の「生」を合わせて、彼は「生姜」と名付けたそうです。
[PR]
Commented by shiho at 2010-10-27 17:41 x
鍼灸師のかたのお話です。
「漢方・薬膳の考え方からすると生姜は体をポカポカさせて温めるように思えるかもしれないが、実は熱を発散させて結果的に体を冷やす食べ物なのです。
同じ生姜でも体を温める作用は乾燥させた生姜…「乾姜(カンキョウ)」なのです。」
ということなのですが、生姜は体を冷やすということなんでしょうか?
本当の所を教えてください。
よろしくお願いします。
Commented by jbucm at 2010-10-28 11:00
回答が遅くなって、すみません。
生姜自体は体を冷やす効果がありません。
解表薬として使われています。つまり、「発汗解表」という効能を利用して、汗を出させ→熱を発散させて、外感風寒による熱を取り除きます。
使用上の注意:発汗し過ぎないようにすること。
by jbucm | 2008-04-28 09:09 | 中医学 | Comments(2)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm