カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


気血津液と臓腑の話(26)

こんにちは、李です。今日は続きまして、肺の生理機能を紹介致します。

3.肺は通調水道(行水)を主る 
「通調水道」とは、肺気は水道(水液を輸布と排泄の道)を通して、水液輸布と排泄を推し進めることです。
人体内の水液代謝は肺、脾、腎及び大腸、小腸、膀胱等の臓器によって共同で完成されます。肺の位置は体のもっとも高い所にあり、体内の水液の代謝に関与しますから、「肺は水の上源」と言われています。
 肺気の宣発作用によって、水液が迅速に全身に拡散し、各組織、器官を潤い、滋養し、護衛します。また、利用された廃水、余った水分を呼吸、汗の形で体外へ排出します。なお、肺気の粛降作用によって、体内で代謝した後の水液は腎に行き、腎と膀胱の作用で尿として体外に排泄され、小便の通じが保持されます。これは肺の水液を調節する作用であり、つまり、通調水道の機能です。

4.肺は百脈を朝す、治節を主る
「百脈を朝す」とは、血行を助けることで、全身の血液は血脈を通って肺に流れ、肺の呼吸によって気体交換の後再び全身に拡散されることです。
 「治節」とは、治める、調節の意味合いです。肺は気を主る、心は血を主る。全身の血と脈は心に属し、心臓の脈動は血液運行の基本動力ですが、この血を運行するのに、気にも頼り、気の昇降によって全身に運行されます。肺は一身の気を主り、百脈に通じ、全身の気の機能を調節するから、心臓に協力して血液の循環を助けることができます。
[PR]
by jbucm | 2008-06-12 10:56 | 中医学 | Comments(0)
<< 黄帝内経の「経」とは 中医学と「三」の関係 >>