教授紹介

北京中医薬大学日本校で三年間も教鞭を執った大人気の高 春媛教授が今年の三月末で任期満了され、中国に帰国されました。四月に、高教授の後任、2年程前にも日本校で中医中薬専攻科の担任となっていました韓 濤助教授が再度日本校に着任されました。

現在、日本校で活躍されていらっしゃる金教授も、韓教授も青年教授だが、いずれも十数年間の教育経験を持つ先生です。お二人ともパソコンや、プロジェクターなどを使い、大量な写真や図形を取り入れ、解かり易い講義を行っており、好評されています。

韓 濤(カン トウ) 北京中医薬大学基礎医学院方薬部 助教授f0138875_1305062.jpg
1987年河北医学院中医学部を卒業。1990年に遼寧中医学院方剤学部で修士学位取得。1990年~1999年に中国中医研究院北京針灸骨傷学院基礎部に勤務後、助教授資格取得。1999年から北京中医薬大学基礎医学院方薬部に助教授として勤務。2003年に北京中医薬大学中西医結合免疫専攻学科で博士学位を取得。2004年から修士学位の指導員。1997年~1998年日本の国立金沢大学で抗癌薬の作用メカニズムについて研修。2004年10月~2006年9月の二年間、北京中医薬大学日本校にて中医中薬専攻科の担任教授として、活躍された。

1990年以来、中医薬専科・針灸専科・骨傷専科及び留学生に対する中薬学と方剤学の講義を担任し、8年間で累計2000時間以上の講義時間を持ち、豊富な教育経験がある。北京中医薬大学基礎医学院の授業コンクールで優秀な成績を修めた。北京中医薬大学の継続教育学院、留学生部、私立大学にも講義をし、更に、国家中医薬管理局試験センターの中医師資格及び国際中医師(鍼灸師)レベル試験の中医基礎理論、中医診断学、中薬学、方剤学、中医内科学、婦人科学、小児科学、外科学等の講義・出題の指導専門家、北京教育委員会の教師資格認定審査委員会の学科責任者となって、中国免疫学会終身会員・中華中医薬学会会員である。

近年に発表された主な論文:
 1.中西医結合で重症筋無力の治療の研究討議
 2.重筋霊の免疫調節作用とそのメカニズムについての実験研究
 3.重筋霊はEAMG鼠血清IL-4、IFN-γ水平に対する影響
 4.重筋霊はEAMG鼠の免疫調節作用に対する実験研究
その他多数の著作を出版。

写真は、「針灸学」講義の風景です(H20.6.15撮影)
f0138875_1312199.jpg

(李)
[PR]
by jbucm | 2008-06-19 09:30 | 講師紹介・授業風景 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm