カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


気血津液と臓腑の話(27)

こんにちは、李です。今日は、肺と肢体官竅及び五志、五液の関係を紹介致します。

肺と肢体官竅の関係:
 1.肺は皮毛を主る:この意味は、皮毛は皮膚、汗腺、毛等を含み、汗を分泌し、皮膚を潤い、呼吸を調節し、外邪に抵抗する機能があります。

 2.肺は鼻に開竅する:鼻は呼吸の出入り口であり、肺は呼吸を司るので、「鼻は肺の竅」という説があります。鼻にはまた臭覚の機能もあり、この臭覚と気を通す機能はいずれも肺気に頼っています。

肺と五志、五液の関係:
 1.憂は肺の志:肺の志は憂です。憂と悲の情緒変化はすこし違うが、人体の生理活動に与える影響は殆ど同じです。なので、憂と悲は同じく肺の志となります。憂愁と悲しいは皆非良性刺激の反応で、体に対する影響は気をどんどん消耗することです。気は肺から生まれるので、つまり肺を傷つけることになります。また肺の生理機能が低下している時は、悲しいや憂愁の情緒が生じやすくなります。

 2.鼻水は肺の液である:鼻水は鼻から分泌する粘液で、鼻を潤すことができます。肺の生理機能が正常に働いている時は鼻を潤って垂れることもないが、肺が風寒に侵害されると透明な鼻水が垂れ、風熱に侵害されると濁った鼻水が垂れてきます。肺が乾燥の時鼻も乾燥して鼻水が少ない、或はないということになります。
[PR]
by jbucm | 2008-06-26 09:33 | 中医学 | Comments(0)
<< 美しい紫陽花 傷寒論の「論」とは >>