カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


生薬の命名

こんにちは、周です。今回中薬の話をします。
中薬の名を命名するのは、色々と関連があります。幾つかを紹介します。

中薬と四季(春夏秋冬)
春砂仁、夏枯草、秋海棠、冬葵子           夏枯草↓f0138875_15514927.jpg

中薬と気象(風雲雨雪雷霜)
風茄子、雲茯苓、雨傘草、雪里青、雷公藤、霜桑葉

中薬と空間(東西南北中)
東白芍、西紅花、南沙参、北五味、人中白

中薬と(酸甜甘苦辣鹹淡)
酸棗仁、甜石蓮、甘草、苦参、辣蓼草、鹹秋石、淡竹葉

中薬と地理
懐山薬、川窮、望江南、河白草、海金砂、洋金花

中薬と陰陽五行(金木水火土)
陰地蕨、陽起石、金石斛、木棉花、水獺肝、火麻仁、土鱉魚

中薬と五色(青黄赤白黒)
青黛、黄耆、赤芍、白朮、黒脂麻(黒胡麻)

中薬と六畜(猪牛羊馬鶏狗)
猪歯皂、牛膝、羊躑躅、馬宝、鶏血藤、狗肝菜

中薬と生肖(十二支)
鼠曲草、牛蒡子、虎杖根、菟絲子、竜胆草、蛇含石、馬歯莧、羊躑躅、猴棗、鶏舌香、狗鞭、猪歯皂

中薬と数字
一見喜、両面針、三椏苦、四葉参、五加皮、六月雪、七月蓮、八月札、九香虫、十大功労葉、百部根、千年健、万年青

ところで、どうしてこんな名前を付けられたでしょうか?やはりそれぞれの味・色・形など及び産地と薬効に関連があるそうです。私は常用される夏枯草を調べました、《中薬大辞典》によると、この草は夏至になると、自然にれるから、その名前の由来だそうです。面白いですね、中薬学を学習したくなりませんか?
ほかを知りたい方は、是非、ご自分で調べてください。
[PR]
by jbucm | 2008-07-05 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 北京中医薬大学本校のご紹介 気血津液と臓腑の話(28) >>