国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

北京中医薬大学本校のご紹介 その2

f0138875_11444456.jpg
こんにちは、周です。
今回は二回目、基礎医学院の紹介です。

基礎医学院は、北京中医薬大学の最も伝統ある、最大規模な教学・研究機関です、前身は、1956年に設立され、北京中医学院中医系(学部)です。中国衛生部の承認を得て、1980年には、中医基礎理論研究所を開設し、学部と研究所を一体にする管理体制となり、5年後の1985年に中医基礎医学部に変更しました。1996年1月に、教育部の許可を得て、正式に北京中医薬大学基礎医学院に改名しました。2000年7月に、原北京中医薬大学と原北京針灸骨傷学院を合併し、新しい北京中医薬大学基礎医学院を誕生しました。

開校以来、中国中医薬事業に巨大な貢献をしている「国医泰斗」(中国医学オーソリティー)が、当校の教鞭を取っているので、基礎医学院は、全国だけではなく、全世界の中医薬学術界の権威的な学府となっています。半世紀を経て、多くの中医界の精英(精華)を送り出し、彼達は中医学及ぶ中西医結合の各分野(基礎理論研究、臨床研究、臨床応用・開発)で活躍し、大きな成果が取得しました。

基礎医学院の師資・設備は、同類の中医薬学院の中で「名例前芧」となっています。
職員 215 内訳:教授58 助教授64 博士指導教授39 修士指導教授66 
9本科・専攻 11研究センター 2実験センター 4国家重点学科 2北京重点学科 3局級重点学科 7博士・修士学位授与拠点 2博士後期流動拠点 3局級重点実験室 3校級重点実験室
[PR]
by jbucm | 2008-07-21 09:30 | 色々・・・ | Comments(0)