国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

気血津液と臓腑の話(34)

こんにちは、李です。今回からは、脾と胃の話を致します。

中医学では、脾と胃に対して、このように認識しています:脾と胃は同じく消化系統の主な臓器であり、体の消化運動は脾と胃の生理機能に頼っています。脾と胃は水穀(飲食物)を受け、精微(栄養成分)を吸収して生命動力の源となります。故に脾胃は後天の本、気血の源と考えられています。脾は五行の土に属し、胃・肉・唇・口等で脾系統を構成すると考えます。臓象学説の中の脾は西洋医学の脾と膵臓のこと及び胃の消化機能などを含みます。なので、その生理病理は脾と膵臓の生理病理だけではなく、範囲が広いです。

脾の生理機能:
1.脾は運化を主る:
 運は輸送のことで、化は清くして吸収することです。脾は運化を主るということは、脾が飲食物(水穀)を精微に変え、全身各臓器に送ることです。つまり、栄養物質の消化・吸収・輸送の機能です。脾の運化機能には水穀を運化と水湿の運化の両面があります。

(1)水穀を運化する:つまり飲食物の消化と吸収です。飲食物は胃に入り実際には胃と小腸によって消化、吸収されます。胃が初歩の消化をし、幽門を通して小腸に移され、さらに消化されます。これは、脾の精微にする力に頼らなければならない。消化吸収された後その精微もまた脾の輸送する能力によって肺に送られ、肺によって心脉に注入され、経脉によって全身に拡散され、五臓六腑、四肢百骸、皮膚、筋肉などに栄養を与えます。飲食は人の生命を維持する栄養の源で、気血を生じる本であります。水穀の運化は脾によるものなので、脾は後天の本で、気血の源と呼ばれています。脾の運化機能の正常は「脾気健運」と呼ばれるが、「脾気健運」してはじめて気・血・津液などの養分が十分に生まれ、全身の臓腑が正常に維持されることになります。

(2)水湿を運化する:水液を運化するとも呼ばれます。つまり脾の水液に対する代謝、調節の作用であります。水液で、本当は飲食物(水穀)の一部ですが、水穀と別で話しするのは、水湿運化ということは身体に対してとても大事であることです。脾は水穀精微を輸送すると同時に、水液も全身各組織へ送り込み、滋養の作用を果しています。また各器官の余分な水液を腎に転送し、腎の気化作用により、尿になって、膀胱を通って体外に排泄されます。よって体の水液代謝のバランスを保っています。脾の水湿運化機能が正常であれば、各器官に充分水液を送ると同時に、水液がありすぎて溜まることもないです。

脾の水穀運化作用と水湿運化作用は互いに関係しあい、影響しあっています。どちらかの機能がおかしくなれば、もう一方に必ず影響を与えます。脾の運化機能失常の場合、病理上では、よく両方同時に現れます。
[PR]
by jbucm | 2008-09-11 10:30 | 中医学 | Comments(0)