お日様から陽気を頂こう

秋晴れの日は昨日まで続いていたが、今朝はさすかに曇ってきました。私は今日も、いつもの通り朝から出勤しました。水道橋駅を出て、小走りで学校へ向かっていましたところ、前に黒い日傘を差して歩いている女性を見かけました。えっ、そこまでまめに紫外線を遮断しているのがすごいなあって、私が思いました。確かに以前、エステに行った時、美容師さんに、曇っている時も紫外線があるから、美白のため、まめに手入れしないとダメだよ、と言われた事がありました。

実は、私は前より、この2~3年間、日焼けされた後、なかなか肌色が回復し難くなった事に気付き、日差しの強い日は、日傘を使うように心がけしています。が、曇っている日は、日中専用のクリームなどを使うぐらいで、帽子や、日傘を使うまではしていません。私は、身体に紫外線も必要だと知っていますから。身体が食べ物からカルシウムを吸収する際、ビタミンDのほかに、紫外線も欠かせないのです。勿論、あまりに日に当たると良くないので、朝や夕方、そして日差しが強い時は樹や建物の日陰の場所にいるのも紫外線を浴びることができますから、こういう時は、積極的に紫外線を頂いたほうが良いと思います。

中医学も、先人達から、身体の陽気を保養する事がとても大事だと伝わってきました。陽気がなくなったら、生命もなくなります。なので、私達に対して、陽気を保つことは、一生するべくことです。陽気を保つための養生法が色々ありますが、一つは、お日様から、陽気を頂くことです。「易経」にも、天と時に応じ、天の陽気を借りて、身体の陽気を養う、との記載がありました。さらに、朝は両手の平にあります「労宮穴」で、正午は頭頂の真ん中にあります「百会穴」と首筋にあります「風池穴」で、太陽に向かって深呼吸しながら、太陽に陽気を吸収し、心肺や脳の陽気を補充と、督脈を貫通することができる;夕方は、両手を軽く握り、腰(腎臓が位置するところ)を叩きながらお散歩し、夕日を浴びると腎陽(命門)を養うことができると書かれています。「易経」の中は、人の全てが大自然と繋がっているとの説があり、実は、中医学の理論の多くも「易経」から吸収されたものです。

さて、我々は、こんな私心のないお日様に感謝の気持ちを込めて、いつも与えてくれた温かい陽気を頂きましょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2008-10-30 11:16 | 医学気功・太極拳 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm