カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「対聯」・「春聯」について

こんにちは、周です。

前回の王羲之が書かれた対聯の後半を考えましたでしょうか?では、当時、王羲之が完成したものはこちらです:
福無双至今朝至  (2つ福が今朝に来た)
禍不単行昨夜行  (禍が昨夜に去った)

なんと、素晴らしいですね!

対聯(dui lian)は中国文化宝庫の一つで、その歴史は古く、約一千年前から始まるとされています。

対聯の使用目的・場所の違いで、寿聯・挽聯・婚聯・装飾(飾り)聯・行業(仕事関係)聯等々に分けられ、民間では、最も見られるのは春聯―春節のときに貼る対聯です。春聯を貼ることにより、祭日的喜慶気分(お祝うムード)が盛り上がる。餃子(2007年12月22日の記事をご参照ください)を食べると同様、春聯を貼るのも、中国の春節によく見られる風景です。

対聯は簡単そうに思われますが、よい対聯を書けるには、難しいですよ。昔から広く伝わってきた多く良い作品は、作者達が千錘百煉した(鍛えに鍛える、つまり何回も、反復に考える)結晶です。

対聯は、ほかの文学形式と最大な違いが、「対仗」を重じることです。文字の数が同じだけではなく、句式(文章)相同・詞性(詩の性質)も相対を要求される同時に、「平仄」(詩文の韵律)にも重じしなければいけません。良い対聯のほとんどが、容易にできるものではありません。写真は中国の「春聯」の例です:
f0138875_14124854.jpg
f0138875_141333.jpg

文字がはっきり読めないですが、イメージですね(^0^)

それでは、皆さん、良いお年をお迎え下さいませ!
[PR]
by jbucm | 2008-12-28 16:55 | 中国の話 | Comments(0)
<< 古銭も中薬です 「国際中医師」合格証書が届きま... >>