2017年 07月 10日 ( 1 )

体質養生③

こんにちは、周です。今回は体質養生③を紹介します。

3節:不良体質の養生

A陰虚体質

体質の特徴:

形体消痩、午後の面色潮紅、口(喉)咽少津、心中時煩、手足心熱、少眠、便乾、尿黄、多喜冷飲、脈細数、舌紅少苔。

養生方法:

1、 精神調養 ≪内経≫の「精神内守」「恬憺虚無」という養神大法に従い、平素の自我涵養(修養)を高める。常に平常心を保つ。性生活も節度にする。

2、 環境調摂 陰虚体質の者には「秋冬養陰」が重要である、特に秋は気候が乾燥で傷陰(陰を消耗)し易い。避暑できる処(海や山)に行く。住居環境は安静なところで、(建物)座北朝南(南向き)にする。

3、 飲食調養 「補陰潜陽」という原則である。胡麻、糯米、蜂蜜、乳製品、甘蔗(さとうきび)、蔬菜(野菜)、水果(果物)、豆腐、魚類など清淡食物(あっさりとした、油気のない或いは少ない食べ物)を食べる。沙参粥、百合粥、枸杞粥、桑椹粥、山薬粥を食べるのは心掛ける。もし裕福であれば燕窩(エンカ、アナツバメの巣)、銀耳(白木耳、シロキクラゲ)、海参(ナマコ)、淡菜(イガイ)、亀肉、蟹肉、冬虫夏草、老雄鴨(年をとった雄鴨)など高価なものを食べる。葱、生姜、大蒜、韮、ラッキョウ、胡椒など辛くて燥烈の物は少食する。

4、 体育鍛練 肝腎機能を調養する運動が良い、例えば太極拳八段錦、内養操。気功も良い、例えば固精功、保健功、長寿功という「咽津功法」を着目する。

5、 薬物養生 滋陰清熱、滋養肝腎の薬を服用する、例えば女貞子、山茱萸、五味子、旱蓮草、麦門冬、天門冬、黄精、玉竹、玄参、枸杞子、桑椹、亀板など滋陰清熱作用があるもの。方剤は六味地黄丸、大補陰丸である。腎陰虚・肝陰虚・肺陰虚・心陰虚という陰虚体質があるので、陰虚部位や程度によって調補する、例えば肺陰虚には百合固金湯、心陰虚には天王補心丸、腎陰虚には六味地黄丸、肝陰虚には一貫煎を服用する。著名な老中医・秦伯末先生は首烏(何首烏)延寿丹を服用するのが提唱する、この首烏延寿丹は「不蛮補、不滋膩、不寒涼、不刺激」という四つ優れた点があると秦伯末先生が言った。首烏延寿丹は、「食欲促進、安定睡眠、精神軽松愉快(気持ちがよい、楽しい)」効果がある。




[PR]
by jbucm | 2017-07-10 09:30 | 中医養生 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm