カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


カテゴリ:未分類( 84 )

大黄の話 その2

こんにちは、周です。今回は大黄の話(前回の続き)です。

大黄は4つの「補益」作用があります。

その1、健脾和胃。単味の酒制した大黄を研磨し水を加え丸剤にして、「独聖丸」と呼ばれます。毎回0.30.5g112回を服用します、胃弱不納・脾運不健・消化吸収不良・食欲不振・脘腹痞満・便溏或燥・筋肉消痩或肥満などに有効です。

慢性胃腸炎の壮年の男子を治療した病案を紹介します。症状は胃痛腹満・食欲不振・大便溏薄(1日排便23回)・面黄肌痩・神疲乏力で、健脾益気作用ある薬を服用したが、効果はなかったです。朝晩20.3g独聖丸を投与された数日後、成形の大便(1日排便1回)となり、食欲もある、胃痛腹満はなくなり、1ヵ月後の体重が増えました(1.5kg増)。

もう1案例を紹介します。女性、身長155cm、体重91kg。よく食べる、大便不調、倦怠。総コレステロール390mg/dl・中性脂肪250 mg/dl120.3g独聖丸を投与された2週間後、大便調、体重やや減、2ヵ月後の体重は81kgとなり、生化学検査の値も正常です。その後、独聖丸は脾胃失調による肥満・血脂の者に使用して効果は得ましたので、降脂(脂肪を下降させる)の有効薬であることを証明しました。

その2、袪瘀生新。歴代の多くの医家は複方の下瘀血湯・大黄䗪虫丸などを使いますが、私は独聖丸を使って血証を治療します、特に血瘀経閉による乾血労証に効果は良いです。ある症例を紹介します。28歳、既婚者、突然驚かされた後、長期間(15か月間)を閉経し、痩せて虚弱、肌膚不栄、毛髪脱落、面色萎黄、脈沈渋、舌質暗紅、瘀斑、舌下の絡脈は淡紫色・怒張粗長(血管が浮き出して見える、太く長い)、血瘀経閉証と診断しました。婦人科検査:卵巣機能低下、無排卵、子宮萎縮。独聖丸(毎回0.5g12回)を投与して数日後、食欲が出て、2週間を継続投与して大便の色は黒くて溏となり、少腹が重く下に堕ちるという感じがします。又も2週間を継続投与して、経水来潮、月経の量も多くなり、少腹痛、黒い血塊が若干排出した後、少腹痛みは緩和しました、月経の色も黒暗から紅くなり、月経は7日後で止まりました。その後、按月経行(月経周期正常)、諸症消失、体重は徐々に増え、肌膚潤沢、毛髪復生、面色紅潤、脈象や舌象も正常となりました。半年後、子供(女の子)を産みました。

その3、斂血止血。私は肺胃熱盛による吐衄咯血・下焦郁熱による便血尿血に用います。単味大黄15gを煎じて服用します。2例を紹介します。ある潰瘍病・吐血便血の患者に濃縮した大黄の煎じ液をゆっくりと飲ませて、1日以内で止血しました。逆経鼻衄の患者に大黄15gを煎じて飲ませたら止血し、月経は正常となりました。このような病案は多くて一つ一つ挙げきれません。

その4、渋腸止痢。大黄は常用量なら泄降で、少量(0.10.3g)なら返って収斂止痢です。ある噤口痢の患者(悪心嘔吐で食べられない、腹痛裏急、下痢膿血便不暢)に大黄粉0.5gを糯米紙で包んで呑服し、13回、1日を服用して緩和し、3日後に下痢通暢、諸症はほとんど無くなり、5日後に治癒しました。

上述した四方面の治療経験は皆「補」法に属します。大黄は瀉に用いられる方法がここで

くどくど述べる必要はありません。大黄は「能攻擅守、補瀉両用」の双方作用があります、大黄を運用するポイントは炮制と剤量です(量大則瀉、量小則補/斂、生用則降、酒制則昇)、臨床用薬する際、弁証しなければならない、一味の大黄は補瀉(補と瀉)の効能を兼有していることを忘れてはいけません。




[PR]
by jbucm | 2017-09-25 09:30 | Comments(0)

学校紹介記事

昨日、朝日新聞に薬膳に関する記事がありました。下記はその内容です:
f0138875_10425636.jpg

こちらに関してお問い合わせがたくさんありましたので、当校のご見学や体験入学などについて案内致します。当校の講義時間は下記の通りです、ご興味のある方は、ぜひご見学や体験入学をしてみて下さい。

中医薬膳専科、医学気功整体専科:土曜日13:00~16:30  日曜日10:00~16:00

中医中薬専攻科:土曜日17:00~20:00 日曜日10:00~16:00

7月30、31日及び8月を除き、ご見学及び体験入学ができます。

 なお、今年の10月生の募集説明会は今週土曜日(7月23日)の14:00から行いますので、ご都合が良ければ、ぜひご出席ください。

 当校では、ご希望をされる方に学校案内等の資料をお送りしております。 学校案内をご希望される場合は、ご住所・お電話番号等をお電話またはFAX、E-mailなどでお知らせ下さい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   国立北京中医薬大学日本校
 〒113-0033 東京都文京区本郷1-8-2
Tel:03-3818-8531 Fax:03-3818-8532
   URL:http://www.jbucm.com
    E-mail:info@jbucm.com
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * *
[PR]
by jbucm | 2016-07-19 11:00 | Comments(0)

猴年馬月

こんにちは、周です。今回は成語ー猴年馬月の話です。

さるに因んでの成語ー猴年馬月は中国の諺であります。いつになるかわからない時、事情の未来を予想できないのを意味します。干支では十二の輪で巡ります(十二年一回さる年が来る、十二ヵ月一回馬月も来る)、つまり「猴年馬月」の周期は十二年間です。今年の猴年馬月は6月5日~7月3日です。
猴年馬月の反対語は指日可待(まもなく実現すると期待できる)です。
例:不知要等到猴年馬月(いつまで待てば良いか分からない)。

猴年馬月の由来について、中国復旦大学の古漢語家である駱玉明教授は研究しました。
彼は「何年嘛月」の同じ発音だと認識します。
[PR]
by jbucm | 2016-02-15 09:30 | Comments(0)

国際中医薬膳師及び国際薬膳調理師の合格証書を郵送致しました


 大変お待たせ致しておりますが、本日、中国中医薬研究促進会より、今年10月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の合格証書が届きましたので、早速、簡易書留で皆さんへ郵送いたしました。

 2~3日中にお手元に届くと思いますので、ご確認下さい。どうぞ、宜しくお願い致します。


 日本校 事務局
 
[PR]
by jbucm | 2015-11-26 11:37 | Comments(0)

中薬対聯

こんにちは、周です。今回は中薬対聯で婿を選ぶ逸話です。

昔、ある薬店の老板(経営者)は「対聯」が好きで、自ら「上聯」を出し、「下聯」が書ける男性を婿にする、と優雅の話がありました。
(対聯については、2008年12月28日のブログ記事をご参照ください)

老板:煩暑最宜淡竹葉
男性:傷寒尤妙小柴胡

老板:玉葉金花一条根
男性:冬虫夏草九重皮

老板:白頭翁牽牛耕熟地
男性:天仙子相思配紅娘

老板:白頭翁、持大戟、跨海馬、与木賊草冦戦百合、旋覆回朝、不愧将軍国老
男性:紅娘子、挿玉簪、戴銀花、比牡丹芍薬勝五倍、蓯蓉出閣、宛如云母天仙
附:「上聯」「下聯」に、それぞれ9味中薬を含みます。
「上聯」:白頭翁、大戟、海馬、木賊、草冦、百合、旋覆花、将軍(大黄)、国老(甘草)
「下聯」:紅娘子、玉簪花、銀花、牡丹、芍薬、五倍子、蓯蓉(肉蓯蓉)、云母、天仙子

娘と男性を成婚する日、父は娘を送り出し時も、やはり「対聯」で言葉を交わしました。
父:放心去吧、不論生地、熟地、姻縁到処是親人
娘:女児知道!但聞藿香、木香、春風来時尽着花

中国語ができる方には、中国語を十分に堪能したでしょうか
[PR]
by jbucm | 2015-10-12 09:30 | Comments(0)

中国の中医学者にノーベル賞受賞

  2015年のノーベル医学生理学賞は、日本北里大特別栄誉教授の大村智氏、アイルランド出身で米ドリュー大名誉研究フェローのウィリアム・キャンベル氏とともに、中国中医科学院の屠呦呦(トゥ・ヨウヨウ)氏など3人が授与されました。

  屠氏は青蒿の同属である黄花蒿という薬草からマラリア特効薬アルテミシニンの成分の抽出に成功したほか、長年にわたり中国の伝統医学である「中医学」と西洋医学の融合に関する研究を行っています。中医学の治療薬の主な原料となるのは生薬です。1970年代に屠氏がリーダーである研究チームが黄花蒿からマラリア治療の特効薬となるアルテミシニンという成分の抽出に成功し、それからは世界中(特にアフリカ)でマラリアの治療に使用され、治療効果がかなり高く評価されています。

  中国の伝統医学も西洋医学も万能ではないが、両者を相互に補い合うべきです。中医学は病因を根本から治すものです。多くの疾病を速やかに治すのは西洋医学ですが、西洋医学でまだ治せない雑病の症状の改善には中医学が優れるところがあります。両者の長所を利用できたら、人類にとっては幸福なこととなります。

  現在、中国も日本も、屠氏のように中医学を科学的な側面からの研究を進めています。これからは、さらなる発展に期待しております。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-10-08 11:25 | Comments(0)

2015年春国際中医薬膳師及び国際薬膳調理師試験結果のお知らせ

大変お待たせしておりますが、この度、中華中医薬学会より今年4月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の結果についての連絡がありましたので、下記にご報告致します。

今回、62名申込み者の中、59名(再試験者を含む)の方が試験に参加者され、57名が合格されました(合格率は96.6%です)。合格者の受験番号をお知らせ致しますので、どうぞ、ご確認下さい。

ICMD-J15-001、ICMD-J15-002、ICMD-J15-003、ICMD-J15-004、ICMD-J15-005、
ICMD-J15-006、ICMD-J15-007、ICMD-J15-009、ICMD-J15-010、ICMD-J15-013、
ICMD-J15-014、ICMD-J15-015、ICMD-J15-016、ICMD-J15-017、ICMD-J15-018、
ICMD-J15-019、ICMD-J15-020、ICMD-J15-021、ICMD-J15-022、ICMD-J15-024、
ICMD-J15-025、ICMD-J15-026、ICMD-J15-027、ICMD-J15-028、ICMD-J15-029、
ICMD-J15-030、ICMD-J15-031、ICMD-J15-032、ICMD-J15-033、ICMD-J15-034、
ICMD-J15-035、ICMD-J15-036、ICMD-J15-037、ICMD-J15-038、ICMD-J15-039、
ICMD-J15-040、ICMD-J15-041、ICMD-J15-042
ICMD-J15-C01、ICMD-J15-C02、ICMD-J15-C03、ICMD-J15-C04、ICMD-J15-C05、
ICMD-J15-C06、ICMD-J15-C07、ICMD-J15-C08、ICMD-J15-C09、ICMD-J15-C10、
ICMD-J15-C11、ICMD-J15-C12、ICMD-J15-C13、ICMD-J15-C14、ICMD-J15-C15、
ICMD-J15-C16、ICMD-J15-C17、ICMD-J15-C18、ICMD-J15-C19

合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書及び成績表はまだ届いてませんので、届きましたら、即ち皆様のお手元へお届け致します。

(日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2015-06-11 10:30 | Comments(2)

2015年度国際中医師試験を受けるために

中医中薬専攻科 平成25年4月・10月生の皆様

当校では、世界中医薬連合会が主催する国際中医師試験に参加するのは、年に一度のみです。2015年(平成27年)度は、10月11日(日)・12日(月・祭)に開催する予定で、中医内科学の勉強が終わっていれば、受験することができます。従って、在校生の平成25年4月・10月生の皆様もその対象となります。

皆様は入学後、中医学の基礎の部分(基礎理論・診断学・中薬学・方剤学)の勉強を終え、いよいよ中医臨床の各科目を勉強します。中医内科学は臨床各科目の中最も重要な科目なので、7月まで内科学の講義を詳しく致します。その後婦人科・小児科・外科皮膚科などを勉強します。

この数年間、国際中医師試験の内容は変わっておりませんが、合格基準は年々厳しくなっています。
2012年度より、試験の内容及び合格基準は下記の通りになっております:

1.中医基礎理論
2.中医診断学
3.中薬学
4.中医方剤学
5.中医臨床総合
上記各科目の問題形式は共に、A型・B型選択問題を100問で、総点数100点で合格ラインは60点です。
   *「中医臨床総合」に、中医内科学70%、中医婦人科・中医小児科・中医外科学各10%を占めます。
6.弁証論治: 問題形式は症例分析です。全4問を総点数が100点で合格ラインは60点です。
   *「弁証論治」に、カルテの書き方を含む。4問の症例の中、3問が内科の症例です。

 上記1~6の回答時間はそれぞれ90分です。

 なお、上記の合格率基準で、2012年度は、日本校はそれまで90%以上に維持できた合格率が90%を下まわりました。今年(2014年)に受けられる皆さんは早めに試験の準備を始め、かつまじめに復習されたので、87.9%の合格率を果たしました。

 さて、2015年(平成27年)に試験(再試験)を受けたい方は、今から試験の準備を始めることをお勧め致します。

試験の準備は、大きく二つに分けられます:
その①は選択問題の練習です(『国際中医師標準試験復習大綱』を使用する);
その②は弁証論治の練習です(内科学で詳しく勉強する各病証をしっかり覚えておくこと、臨床研究科を積極的に聴講する)。

  つきまして、「弁証論治」を除く5科目は、2011年に発行された『国際中医師標準試験復習大綱』という問題集をしっかりと復習すれば、合格できると考えます。但し、『問題集』の問題数が多いので、たくさんの時間を掛けなければなりません。平成27年に試験を受けたいのであれば、今から準備を始めることをお勧め致します。

  まず早めに『問題集』を購入し、中医基礎理論の問題から解いていきましょう。担任の教授は勿論応援致しますが、教務担当の李(り)と周(しゅう)も皆様を応援致しておりますので、勉強について分からないことなどがありましたら、どうぞ、遠慮なく、いつでも質問をして下さい。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-12-25 10:00 | Comments(0)

四面楚歌

こんにちは、周です。今回は成語――「四面楚歌」(si mian chu ge )を紹介します。

まわりが敵や反対者ばかりで、味方のないこと、「孤立無援」の状態を「四面楚歌」と言います。「四面」は、東西南北でも・前後左右でも、まわりのどこを見てもという意味で、「楚歌」は、文字通り「楚の国の歌」であります。敵に囲まれて孤立していることを意味します。楚の項羽が、漢の軍に囲まれ時、漢の軍がまわりで楚の国の歌を歌ったので、楚の人民が漢に降ったのか、と驚いたという故事からです。

話は紀元前3世紀に遡ります。秦が滅び、中国は又乱世を迎えていました。沢山の英雄が現れては消え、2人だけが残され、天下を賭けて対決することとなりました。一人は漢の劉邦、もう一人は楚の項羽であります。

項羽は垓下というところに陣をしていました。彼は自信を持っていました。戦闘をすれば、大抵は楚が勝っていたのです。漢の劉邦をバカ(軽視)にしていました。今回の戦闘は、不思議なことに、いくら遣っ付けても、なかなか漢は屈服しません。実際の情勢は、今まで態度を決めていなかった各地の英雄達が、次々に漢の側に付くことを決めました。しかし、項羽は何も知りません。彼は天下一の勇将でしたが、わがままな自信家でした、人が自分から離れて行くのに気付かない不幸な男でした。
夜になりました。項羽は寝床に入りましたが、漢軍が四面(あちらこちら)、皆楚の歌を歌っているのを聞き、項羽は驚愕して言いました:「漢は、すでに楚の全土を制圧したのだろうか。なんと楚人の多いことか。」

敵に囲まれただけなら、まだいいです。漢の陣地から漢の歌が聞こえるなら、たとえ百万の敵でも、恐れはしません。だが、敵である漢の陣地から、楚の歌が聞こえます。歌っているのは、楚の人です。本来、味方であるべき楚の人が、敵側に付いているのです。
これを気付いた時、項羽は初めて負けを認めました。

《史記》に垓下の戦いは、こう記しています。
項王軍壁垓下。兵少食尽。漢軍及諸侯兵囲之数重。夜聞漢軍四面皆楚歌、項王乃大驚曰、「漢皆已得楚乎。是何楚人之多也。」項王則夜起飲帳中。有美人、名虞。常幸従。駿馬、名騅。常騎之。於是項王乃悲歌忼慨、自為詩曰、
力抜山兮気蓋世
時不利兮騅不逝
騅不逝兮可奈何
虞兮虞兮奈若何
歌数闋、美人和之。項王泣数行下。左右皆泣、莫能仰視。
[PR]
by jbucm | 2014-12-13 14:18 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(八十六)

霊枢・本神第八②

【原文】黄帝問于岐伯曰:凡刺之法、必先本于神①。血・脈・営・気・精・神、此五藏之所藏也②。至其淫泆離藏則精失、魂魄飛揚、志意悗恍乱、智慮去身者、何因而然乎?天之罪与?人之過乎③?何謂徳・気・生・精・神・魂・魄・心・意・志・思・智・慮?請問其故。
岐伯答曰:天之在我者徳也、地之在我者気也④、徳流気薄而生者也⑤。故生之來謂之精、兩精相搏謂之神⑥、隨神往來者謂之魂⑦、並精而出入者謂之魄⑧。

【注釈】①凡刺之法、必先本于神:針刺の一般的法則は人体の生命活動を根本とするべきである。「神」とは、生命活動の主宰であり、臓腑精気の現れである。もし神気が尽きたら、いかに治療の技術が上手く措置が正しくても無理である。ここは、神の盛衰が治療効果を左右すると強調したものである。

②血・脈・営・気・精・神、此五藏之所藏也:血・脈・営・気・精・神は五臓に藏される生命活動を維持する物質および原動力である。

③至其淫泆離藏則精失、魂魄飛揚、志意悗恍乱、智慮去身者、何因而然乎?天之罪与?人之過乎?:もし七情が過度になると、内臓に分離されてしまい、次第に精気が散逸し、魂魄が定まらなく、意志が乱れ動転し、思考決断力が喪失する。この原因は何であるか?自然の災難か、人為的な過ちであるか?
「淫泆(いんいつ)」とは、嗜好欲が過度である、勝って気ままであることを指す。

④天之在我者徳也、地之在我者気也:天が我々に授けたものは「徳」であり、地が我々に授けたものは「気」である。天の「徳」とは「道」であり、法則と規律である、即ち自然界の気候、日光、空気、雨露など正常な規律を指す。地の「気」とは土地が我々に授けた生存に必要な物質であり、即ち飲食五味などである。『素問・六節蔵象論』には「天食人以五気、地食人以五味」と記載してあり、同じ意味であるが、より深い道理が含まれている。

⑤徳流気薄而生者也:天の徳が下り、地の気が上がる、二者が交わし、(天地の)陰陽が結ばれ、万物に化生するこそ、人間が生存する。「徳流気薄」とは、天徳地気が上下交わすことである。ここは、生命の生存と延長継続には、天陽の気と地陰の気の交わすことに頼ることを説明した。

⑥故生之來謂之精、兩精相搏謂之神:人間の生命の原始的物質を「精」と謂う;兩精(男女の精)が結合して新たな生気になり、それを「神」と謂う。「兩精相搏謂之神」の「兩精」についての注釈が三つあるが、ここは『類経・蔵象類・九』の注釈に従い、「先天の精」を意味する。本文の「神」は、「魂・魄」などと同じく、主に精神意識と精神活動を指す。

⑦隨神往來者謂之魂:神気に伴う精神活動を「魂」と謂う。「魂」とは、精神活動の形式の一種であり、陽に属し、「陽神」とも称される。血に蔵され、肝に主宰される。『類経・蔵象類・九』に次のように記載している:「魂」というのは、夢でみているよう、幻覚のようなものである。もし神が魂を支配しなくなると、無意識的な感覚や動作(寝言、夢遊病、幻覚)が現れる。故に、神が安定であれば魂が蔵される。臨床では、「心不蔵神」で不眠になるケースが見られる。その治療は安神の他に龍骨、牡蠣など「斂魂」の生薬も使われる。

⑧並精而出入者謂之魄:精に従って出入するものを「魄」と謂う。「魄」とは先天的本能的感覚と動作(非条件的反射)である。例えば、乳児の吸啜(きゅうてつ)反射、まばたき反射など。『類経・蔵象類・九』に次のように記載している:「魄」の作用は、動作で痛痒を覚える。魄も精神活動の形式の一種であるが、魂に対して、陰に属し、「陰神」とも称される。気に蔵され、肺に主宰される。精が化気でき、精が充実であれば気も満ち、魄も旺盛である。故に、魄が「並精而出入」と言う。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-12-11 10:31 | Comments(0)