国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

カテゴリ:研修旅行( 12 )

2016年の北京研修旅行

 9月9~15日、日本校の卒業生、在校生及び関係者の28名の方々が北京中医薬大学の開校60周年記念イベント並び今年度の卒業研修旅行にご参加頂きました。

 参加された皆様の温かいご協力によって、無事に終了致しましたことを心から感謝申し上げます。

 短い旅とは言え、中医病院或いは大学での本格的な体験をされて、充実な毎日を送ることが出来たことと思います。その様子を今回の研修旅行に参加されてない皆さんにもお届したいと思います。

 9月9日夜、北京中医薬大学学長による海外からの参加者へのご招待。
f0138875_1156123.jpg

f0138875_11572323.jpg

f0138875_11574781.jpg


 9月10日に北京郊外にあります新しいキャンパスにて、開校60周年記念イベントに参加。
f0138875_11541059.jpg

f0138875_11581451.jpg

f0138875_11584664.jpg


 9月11日は薬用植物園を見学、薬膳レストランにての昼食。
f0138875_121044.jpg

f0138875_123927.jpg

f0138875_1212663.jpg

f0138875_1234530.jpg


 9月12~14日は病院研修、又は薬膳の講義と実習を実施致しました。病院チームでは内科学(腎臓泌尿器系・脳神経系・心血管系・呼吸器系)の研修は病棟にて、婦人科及び針灸科は外来にて行いました。薬膳の講義では『中医食療と薬膳』、『よくある慢性病の食療要点』、『美容の食療法紹介』の講義と『養生膏方の制作と応用紹介』という調理実習を行いました。
f0138875_1251493.jpg
f0138875_1253269.jpg
f0138875_125485.jpg

f0138875_1211689.jpg

f0138875_128288.jpg

f0138875_12123097.jpg
f0138875_1213114.jpg
f0138875_12133576.jpg


 9月14日の夕方、2016年度中医中薬専攻科の卒業式。
f0138875_12183279.jpg

f0138875_12191073.jpg

f0138875_12202088.jpg

f0138875_12204991.jpg

f0138875_12193226.jpg

f0138875_1616034.jpg

f0138875_12211280.jpg

お世話になった金先生を囲んだ笑顔の卒業生の皆さん。
f0138875_12212969.jpg


 今回の研修旅行は、北京本校の学長をはじめ外事処の先生方、東直門病院の先生方、及び通訳の方のご支援と細かいご配慮によって実現されたことを心から感謝いたします。
  

(李・周)
[PR]
by jbucm | 2016-09-29 11:00 | 研修旅行 | Comments(0)

2013年度、北京本校の研修旅行(大学付属病院での臨床実習・本校での薬膳研修・中医中薬専攻科平成21年生及び平成22年生の卒業式など)をご案内致します。

                         日程
日(曜日)        内    容
10/21(月) 午前羽田空港発-午後北京着(夕食前までホテル周辺の買物)
10/22(火) 終日研修: ①臨床(内科・婦人科・針灸・推拿)治療 ②薬膳
10/23(水) 終日研修: ①臨床(内科・婦人科・針灸・推拿)治療 ②植物薬草園見学
10/24(木) 午前中研修: ①臨床(内科・婦人科・針灸・推拿)治療 ②薬膳
      昼食後:大学見学(15:50頃まで)
    16:00大学小ホールにて卒業式典  17:00祝賀パーティー
10/25(金) 万里の長城・明十三陵観光(オプション、約1万円)、または自由行動(本屋、薬局、買い物など)
10/26(土)   午前北京発-午後羽田着で帰国 

中医中薬専攻科及び医学気功整体専科の在籍者及び卒業生は、大学付属病院での臨床実習(内科・婦人科・針灸科)に参加できます。一流の臨床医師指導の元で行い、先生の詳しい解説によって、今までに学んだ中医学の理論を臨床実践の中で検証することができます。今年は皆さんに親しまれている韓先生も同行し、随時に中医学基礎や臨床などに関する質問に答えてくれますので、より勉強になります。

なお、大学付属病院という環境の中で、日本では得られない臨床の体験を習得することができるので、中医学を学ぶ皆さんに、一度体験することをお薦め致します。本校のキャンパスの見学のほかに、普段あまり開かない「生薬博物館」の見学もとても有意義です。

中医薬膳専科の在籍者及び卒業生は、大学にて中医康復養生学の教授により、日本にて受けられない薬膳の講義を受け(今年のテーマは五臓を養う薬膳及び美容の薬膳を予定しております)、本場の薬膳料理などを体験することができます。

中医中薬専攻科平成21年生及び22年生の卒業式典は本校講堂にて行い、本校の学長や、教授達の見守る中で、卒業証書を受け取ることになり、そしてさらに、式後に祝賀パーティーがあり、本校の学長や、教授達と共に食事をし、北京本校の在校生代表とのコミュニケーションもできますので、大変有意義なパーティーになると信じております。

在校生・卒業生の皆様も、是非このチャンスを見逃しなく、奮って研修にご参加下さい。詳しい案内は、今週末まで、在校生皆さんに配布致します。卒業生の場合は、希望者の方へ案内資料をお送り致します。希望される場合は、学校へご連絡下さい。宜しくお願い致します。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-07-11 10:35 | 研修旅行 | Comments(0)
 薬膳科に在学して半年で北京研修旅行に申し込んでしまったのは、単に好奇心からでした。しかし出発日が近づくと、参加者の中に友人・知人がいないこと、北京の気候が大変寒そうだとか、空気が悪いとか、治安が・・・とマイナス情報もあり、結構不安に思うことがありました。

 でも参加者は皆、中医学を学ぶという共通点があり、すぐに親しい友人になることができました。お互いに得意な分野の情報交換をしたり、先輩の貴重な経験談を聞くことができたり、勉強の悩みを相談したりできました。これは事前に予想できなかった、大きな収穫でもありました。

  中医薬大学で行われた講義の内容は、初学者の私にはもったいないくらいに豊かな内容だったと思います。私自身、今まで平面的にしか捉えることができなかった中医学や薬膳学について、具体的、立体的なイメージが持てるようになり、また、その奥深さも痛感しました。中医の勉強のモチベーションの急上昇に繋がったことは、言うまでもありません。

  研修には柔軟性もあり、例えば、大学構内の「生薬博物館」を時間外に、私達だけのために開けていただき、貴重な展示を観ることができました。これは予定外のことでしたが、少しでも参加者の役に立てたら…との大学のご好意でした。講義は完璧な通訳をしていただけるので言葉の心配はなく、途中、疑問なところを自由に質問することもできるリラックスした雰囲気も、有難いことでした。

  研修期間中は、中医の勉強に集中できる充実した環境でした。講義だけではなく、自由時間に街に出て関連書籍を探したり、中薬や薬膳食材の買出しをしたり、ホテルのテレビで中医学専門チャンネルの「健康相談」番組を見たり(番組自体は中国語ですが字幕が出るので内容は分かりやすい)…一般の観光旅行や個人旅行では得難い経験ができました。研修参加者にはリピーターが多いということも、納得でした。

  蛇足ですが、無神経な旅行添乗員が旅行を仕切る「修学旅行」的なきゅうくつな雰囲気は一切なく、参加者の希望をできるだけ取り入れてくれる、本当に楽しい研修でした。私も研修リピーターになりたいと思う1人になりました。

  研修の企画・立案・実施・コーディネート・通訳、さらには添乗員役まで全てに心配りをしていただいた学校の職員には心からの感謝です。本当に有難うございました。

  真面目に精一杯勉強をしたつもりですが、とてもとても楽しかったのも事実です。
[PR]
by jbucm | 2011-11-16 11:08 | 研修旅行 | Comments(0)

北京研修旅行

去る24~29日北京研修旅行を挙行しました。その様子を届けたいと思います。

チームは2組―臨床研修と薬膳講義に分けます。
25日・27日には、臨床研修は東直門病院(第一臨床病院)にて実施し、薬膳講義は大学で行いました。
f0138875_11335226.jpg

f0138875_11344273.jpg

中国薬膳概況、五臓からの食養、糖尿病に対しての新観点及び食療というテーマにスポットをかけて、本校の周 倹教授(専門は中医栄養学・薬膳学)が講義されました。
f0138875_11353242.jpg

26日には、薬膳組は薬草園(中国医学科学院・中国協和医科大学が付属する薬用植物研究所)を見学し、薬草園の中にある「中衛御苑福膳」の薬膳料理を食べました、花や根が枯れてしまいましたが、園内の温室で植えた薬草や野菜を使った薬膳料理は美味しかったです(食後、今回は特別に温室の見学もできました)。
f0138875_11362191.jpg

肉蓯蓉です。甘・咸・温、腎・大腸経に帰経します。補腎助陽、潤腸通便作用があります。↓
f0138875_11371258.jpg

温室で栽培されている薬草です。すみません、名前は忘れました。↓
f0138875_1137541.jpg

27日の午後は、高 春媛教授(日本校の教鞭を取った経験があった先生)の講義(テーマ:免疫力についての中医学の考え方)を受けました。それらの講義は、日本校で普段の講義出来ない内容で、有意義な講義だと思います。

皆さん、大変お疲れさまでした。
来年も挙行する予定していますので、今回の参加はできなかった方が、是非ご検討下さい。


[PR]
by jbucm | 2011-10-31 11:07 | 研修旅行 | Comments(0)
10月25~30日、日本校18名の在校生・卒業生の方が北京本校への研修(大学付属病院での臨床実習及び北京本校にての薬膳講義)に参加されました。また、中医中薬専攻科・平成19年生の卒業式も行いました。肌寒い深秋の北京で、晴れる日が続いていたが、最初の2日間は寒さを感じられましたが、卒業式の日から、最高気温が5~6度も上がり、万里長城への観光の日を含め、とても過ごし易い天気になっていました。

大学付属病院での臨床実習は、一流の臨床医師指導の元で行い、先生の詳しい解説によって、今までに学んだ中医学の理論を臨床実践の中で検証されました。また、大学付属病院という環境の中で、日本では得られない、臨床の体験を習得することができました。
f0138875_15272261.jpg

f0138875_15274681.jpg
f0138875_15275680.jpg

f0138875_1528109.jpg

なお、薬膳チームは北京本校にて中医営養学教授の周倹先生により、「中国薬膳概況及び現状」、「五臓の食養」、「糖尿病の新観点及び飲食療法」などの講義を受け、そして、27日に薬用植物園を見学され、その中の薬膳レストランで本格的な薬膳料理を体験されました。
f0138875_15283457.jpg

28日の木曜日の午後2時より、中医中薬専攻科・平成19年生の卒業式典は本校講堂にて行いました。18名研修に参加された方の中に、10名の方が、多忙な北京中医薬大学の高 思華学長から卒業証書を授与されました。皆様が、教務処、外事処の処長ら、本校の教授達の見守る中で、卒業証書を受け取る感動は、中医学を学んで良かったという思い出になられました。
f0138875_15291466.jpg

最後に、卒業生の菅野 あゆみ様が温かいお礼の言葉を学校の先生方へ送りました。

また、祝賀パーティでは、徐 孝副学長や、日本校の高鶴亭学長、植松理事長、3年前まで日本校で講義をして下さいました高 春媛教授のお祝いの言葉を頂き、東直門病院で講義をして頂いた教授及び通訳の方、本校の一部の在学生とのコミュニケーションもでき、大変有意義なパーティでした。

なお、初めて北京を訪れる方にとっては、万里の長城の登りや、北京ダック、薬膳料理等の北京料理や、中国の民族料理などに、満足して頂きました。

国立北京中医薬大学日本校は、学生及び関係者の皆様に中医学を学ぶ機会を作り、中医学の国際交流を深め、日本における中医学の普及と振興に尽力してまいりました。今回の研修旅行に、18名の方が参加され、臨床研修によって、中医学の技能を高めることが図れれば、幸いに存じます。

最後に、この場を借りて、今回ご参加いただきました18名の方々へ感謝の意を表したいです。皆様の温かいご協力によって、無事に終了しましたことを心から感謝いたします。短い旅とは言え、中医病院で本格的な体験をされて、充実な毎日を送ることが出来ましたでしょうか。

なお、皆様は研修レポーターや旅の思い出などが書かれましたら、是非、学校へお寄せ下さい。近いうちに学校のブログへ掲載したいと思います。
     
皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-11-04 15:00 | 研修旅行 | Comments(0)
昨年は、インフルエンザ流行の為、日本校の北京本校への研修旅行を中止致しました。残念ながら、北京本校での中医中薬専攻科平成18年生の卒業式も実行できませんでした。

今年は昨年度の分も加え、北京本校への研修旅行(大学付属病院での臨床実習・本校での薬膳研修・中医中薬専攻科平成19年生の卒業式など)を実施致しますので、ご案内させていただきます。

中医中薬専攻科及び医学気功整体専科の在籍者及び卒業生は、大学付属病院での臨床実習に参加できます。一流の臨床医師指導の元で行い、先生の詳しい解説によって、今までに学んだ中医学の理論を臨床実践の中で検証することができます。なお、大学付属病院という環境の中で、日本では得られない臨床の体験を習得することができます。

中医薬膳専科の在籍者及び卒業生は、大学にて中医康復養生学の教授により、薬膳の講義を受けられ、薬草園の見学や、薬膳料理を体験することができます。

中医中薬専攻科平成19年生の卒業式典は本校講堂にて行い、本校の学長や、帰国された担任教授の見守る中で、卒業証書を受け取ることになり、そしてさらに、式後に祝賀パーティーがあり、本校の学長や、今まで講義をして頂いた教授達と共に食事をし、北京本校の在校生代表とのコミュニケーションもできますので、大変有意義なパーティーになると信じております。

なお、北京観光名所巡りや、北京ダック、薬膳鍋料理等の北京料理などに、とても満足していただける旅行になるでしょう。

中医中薬専攻科平成19年生だけではなく、在校生・卒業生の皆様も、是非、このチャンスを見逃しなくご参加下さい在校生及び中医中薬専攻科平成18年生の卒業生の皆様にこの案内を配布致しましたが、他の希望者がいらっしゃいましたら、学校へご連絡下さい。希望の方へ日程や申込表を郵送致します。

国立北京中医薬大学日本校は、学生及び関係者の皆様に中医学を学ぶ機会を作り、中医学の国際交流を深め、日本における中医学の普及と振興に尽力してまいりました。今回の研修旅行に、多くの方が参加され、臨床研修によって、中医学の技能を高めることが図れれば、幸いに存じます。

                                     国立北京中医薬大学日本校
                                        平成22年7月10日
[PR]
by jbucm | 2010-07-22 10:30 | 研修旅行 | Comments(0)

社員研修旅行


こんにちは、今回は社員研修旅行の様子を届けたいと思います。

先週の水・木曜日(11,12日)2日間、社員研修旅行で伊豆高原にあります修善寺に行ってきました。社員研修旅行は、中国北京本校から派遣される金・韓、両先生や私達中国人の職員にとって、日本の風土人情を馴染なれることです。

f0138875_10394978.jpg

天気が良くて、2月と思わない陽気でした。梅の花が綺麗に咲いていまいたが、「虹の郷」を散策中、花粉症がある私には、ちょっと大変でしたよ(笑)。

f0138875_1040252.jpg

温泉に入った後、美味しい食事をしながら、金先生、韓先生の歌声を披露され、先生達の迫力ある歌声に圧倒されました。普段、学校での先生の違う姿を、見ることができました。

両先生も満足そうな顔をしていました。

食事の後、皆は理事長の部屋に集まり、親睦会を開き、日本と中国の歴史、地理などの話で盛り上がり、楽しい時間を過ごしました、私達は勉強にもなりました。

来年も社員研修旅行に行けるように、頑張ります。

(周)
[PR]
by jbucm | 2009-02-16 10:02 | 研修旅行 | Comments(0)

北京研修旅行の報告

去る11月11~16日、日本校13名の在校生・卒業生の方が北京本校への研修(大学付属病院での臨床実習)に参加されました。また、中医中薬専攻科・平成17年生の卒業式も行いました。やや肌寒いの初冬の北京ですが、晴れる日が続いていたので、過ごし易い天気でした。
f0138875_166462.jpg

f0138875_1632224.jpg

大学付属病院での臨床実習は、一流の臨床医師指導の元で行い、先生の詳しい解説によって、今までに学んだ中医学の理論を臨床実践の中で検証されました。また、大学付属病院という環境の中で、日本では得られない、臨床の体験を習得することができました。
f0138875_1624954.jpg
f0138875_162124.jpg

f0138875_1653495.jpg

                        ↑
(「国医堂」病院の薬局で処方しているところです、一山は1人患者一日分の煎じ薬です。)

14日の金曜日の午後4時半より、中医中薬専攻科・平成17年生の卒業式典は本校講堂にて行いました(13名研修に参加された方の他に、わざわざ当日北京に行って、卒業式に参加された卒業生が1名いました)。北京中医薬大学の喬旺忠副学長や、教務処、外事処の処長ら、本校の教授達の見守る中で、卒業証書を受け取る感動は、中医学を学んで良かったという思い出になられました。また、祝賀パーティでは、喬副学長や、日本校の高鶴亭学長、植松理事長からのお祝いの言葉を頂き、東直門病院で講義をして頂いた教授及び通訳の方、本校の一部の在学生とのコミュニケーションもでき、大変有意義なパーティでした。
f0138875_1642565.jpg

f0138875_1614476.jpg

なお、初めて北京を訪れる方にとっては、万里の長城の登りや、北京ダック、薬膳鍋料理等の北京料理や、中国の民族料理などに、満足して頂きました。
f0138875_165132.jpg

国立北京中医薬大学日本校は、学生及び関係者の皆様に中医学を学ぶ機会を作り、中医学の国際交流を深め、日本における中医学の普及と振興に尽力してまいりました。今回の研修旅行に、13名の方が参加され、臨床研修によって、中医学の技能を高めることが図れれば、幸いに存じます。

最後に、この場を借りて、今回ご参加いただきました14名の方々へ感謝の意を表したいです。皆様の温かいご協力によって、無事に終了しましたことを心から感謝いたします。短い旅とは言え、本格の中医病院で体験されて、充実な毎日を送ることが出来ましたでしょうか。

なお、皆様は研修レポーターや旅の思い出などが書かれましたら、是非、学校へお寄せ下さい。近いうちに「北京中医会報」や、学校のブログへ掲載したいと思います。
     
皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2008-11-20 09:30 | 研修旅行 | Comments(0)
北京中医薬大学日本校平成19年10月生・中医薬膳専科に在学中の野口 真紀です。

5月30日 東京都小平市「東京都薬用植物園」にて開催された、「日本中医食養学会」主催の『薬用植物観察会』に参加しました。東京在住ながら、本園については今回のイベントで初めて知りました。

当日は、5月下旬とは思えないような肌寒さ。小雨程度ですんだのが幸いでした。しかしながら、そんな寒さも半ば忘れるような、薬膳や中医学を学んでいる私にとっては、とても興味深いところでした。

観察会には、『神農本草経』などの古典にも大変明るい薬草の専門家でもある先生のガイド付き。どのようなことにも、丁寧に解説してくださいました。

植物園には、ほんとうにたくさんの植物があり、学校のテキストや漢方薬局でよく目にするいろいろな生薬を、生ある姿で直にみることができます。いつも文章や絵で見ているのとは違い、なんだか身近なものにかんじられ、また、自分がイメージしていた姿と実物があまりにも違って笑ってしまったりもしました。

たとえば、麻黄は、マオウという読みのせいもありますが、厳ついかんじに思っていたら、細くて繊細な植物でした。

婦人科系の症状によく使われる、補血薬の当帰は、私もときどきお世話になる生薬です。こちらもたくましいかんじをイメージしたのですが、実際は?写真がその当帰の花です。かわいらしい可憐な白い花をつけた女性的な印象を受けました。
f0138875_1146389.jpg


乾燥した生薬の状態で目にするのも、もちろん勉強になりますが、さらにその前の状態。つまり、植物の気をかんじられる状態で直接触れながら、というのは、頭だけではなく感覚的にも学ぶことができるので、とてもよい勉強法だと思いました。

まだ中医学の勉強をはじめたばかりの私には、何度も訪れたい場所のひとつとなりました。
このような機会を作ってくださったことに、感謝いたします。
[PR]
by jbucm | 2008-06-16 09:30 | 研修旅行 | Comments(0)

中医学と「三」の関係

こんにちは、周です。
前回は中医学と「五」の関係を紹介しましたが(詳しくは2008年5月19日のブログをご参照下さい)、今回は「三」の関係を紹介します。
歴代の医家は古代哲学思想の影響をうけ、「三」を特に喜愛していまして、中医学理論には、沢山の「三」が出てきています。幾つかを紹介します。

三宝:「天有三宝日月星、地有三宝水火風、人三宝精気神」(天には太陽・月・星という三宝あり、大地には水・火・風の三宝、人には精・気・神の三宝あり)。中医学では精・気・神が人体の三宝であり、その三宝は三大生命要素を構成され、人体を養育し、三位一体となっていて、三者は互いに助け合い、切り離すことができないと考えています。「存則俱存、亡則俱亡」とも言います。

三焦:中医学では人体を一つの有機的整体と考え、臓腑の生理機能と部位によって、上・中・下に分けられています。《医学正伝》に記載してあります、「胸中盲膜之上、曰上焦。盲膜之下、臍之上、曰中焦。臍之下、曰下焦、総名為三焦」(横隔膜から上のものは上焦である。横隔膜から下、臍から上の上腹部は中焦である。胃から下の部位と臓器は下焦である)。三焦は六腑の一つであり、三焦の形については、歴代の医家の争論点となっていますが、生理機能については統一しています。

三因:古代三類病因の総称です。《金匱要略》に記載してあります、「千般災難、不越三条」(発病する原因は、三つに過ぎないである)。一つ目は六淫邪気の外因、二つ目は五臓情志の内因、三つ目は飲食労倦・外傷・虫や動物による傷の不内外因です。

三陰三陽病:医聖の張仲景先生の外感熱病に対する弁証法(六経弁証)です。六経の病証は陰陽に大別することができ、太陽病・少陽病・陽明病を三陽病、太陰病・厥陰病・少陰病を三陰病と言い、病変部位・性質・邪正の盛衰・病勢の趨向・伝変および治療法を示しています。

ほかにも、手足経絡の三陰三陽、脈診の上中下の三部と寸関尺の三部、小児指紋の風気命の三関、中薬の上中下の三品、医学の三字経等など、沢山あります。詳しく知りたい方は、是非北京中医薬大学日本校で勉強して下さい。スタッフ一同が、ご来校をお待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2008-06-09 09:30 | 研修旅行 | Comments(0)