カテゴリ:色々・・・( 20 )

一毛不抜

こんにちは、周です。今回は成語(一毛不抜)を紹介します。

一毛不抜(yī máo bù bá)の出典は、≪孟子・尽心上≫、「楊子取為我、抜一毛為天下、不為也」(楊子は自分の為にする、たとえ一本の毛を抜くことで、天下に役立つようなことがあっても、それをしようとしない)であります。戦国思想家の楊朱が「為我」「貴己」を提唱しましたが、歴史上では、彼の思想は非難され、重要視されませんでした。

髪1本抜くのさえ惜しむ、ひどくけちであることを意味します。例えば:「彼は本当にけちん坊だね」と言いたい場合は、「他很小気、真是一毛不抜!」(「小気」もケチの意味です)で表現することができます。「鉄公鶏」(tiě gōn gjī)も連用します。例えば:「他是個鉄公鶏」(彼は鉄のおんどりで、羽根1本抜こうとしない)。あまりいい意味ではないので、使う相手や場合に気をつけてください。但し、物によって、いい意味もあります。中国では、歯刷(歯ブラシ)の広告で、この言葉を使われていました。
ちなみに、反対語は、「一擲千金」「慷慨解嚢」であります。

この成語に関する故事を紹介します。
古代にある富豪が居ました。臨終の彼が、妻にこう言いました:死後、棺に入れない、穴を掘って、そのまま埋葬すればよい。お坊さんを呼ばなくてよい、私は自分で黄泉で経文を唱える。私の皮を剝して、皮匠(皮を使って、靴・カバン・ベルトを作る職人)に売ること。毛は1本も残さず、全部抜いて、ブラシ製造工場に売ること。
[PR]
by jbucm | 2012-05-28 09:34 | 色々・・・ | Comments(0)

医聖張仲景と詩人王燦


こんにちは、周です。今回は医聖張仲景と詩人王燦の話です。

王燦は東漢時期の詩人で、彼は才秀出衆(才能が衆に秀出ている)だが、病気で英年早逝(若くて亡くなった)。医聖張仲景は彼の病気を予想(診断)したのである。
今回はその故事を紹介します。

ある日、張仲景は当時20歳位の王燦と出会い、「あなたは病気を患っていて、私が処方した薬(五石散)を飲めば治りますが、そうしないと、20年後に病死となります」と言います。当時の王燦は少年得志、春風得意(若くて志を遂げる、拍子に出世したり、事業が順風満帆であるときの誇らしげな様子)時期なので、聞き耳が全然ありません。数年後、2回目又会った時、張仲景は処方した薬を飲まされてなかったことを確信し、もう一度「薬を飲まないと、覚えて下さい、20年後、あなた病気で亡くなるよ」と警告します。予言された通り、20年後、王燦は一夜間で眉毛が全部脱落し、半年後に病死しました。

ところで王燦が何の病気を患ったでしょうか?
眉毛脱落は気血大損の証候です、古代は「大風病」と呼ばれ、現代医学では「麻風病(ハンセイ病)」と言います。今は稀ですが、古代では多発する病気であり、伝染するのを恐れて、一旦発現されたら、無人島或は荒れ山に連れされ、任其自生自滅(自然に発生し自然に消滅する)。この病気の1つ症状は眉毛脱落です。
中医学は整体を重視します。身体の一部を観察すれば、全体状況をわかりますので、我々も普段の生活中、些細な変化を見逃さなく、自分の身体健康状態を把握するようにしてください。
[PR]
by jbucm | 2010-09-06 09:32 | 色々・・・ | Comments(0)
こんにちは、周です。
今回は5回目(最終回)、針灸学院の紹介です。
f0138875_16512074.gif


北京中医薬大学針灸学院は、1982年に設立され、中国に最も早期成立した針灸推拿学院の一つであります。師資雄厚(強大)・教学研究のレベル高いのは当学院の誇りです。針灸学院は北京中医薬大学の主要な教学・研究の実体でありながら、国際交流の窓口でもあり、中国国内と海外国際高級針灸推拿人材の育成および学術交流などの任務を担っています。国家教育部針灸学重点学科、中国針灸学会腧穴分会、中国針灸学会耳穴診治(診断と治療)専門委員会、世界中医薬聯合会針刃医学専門委員会、中華中医学会針刃医学専門委員会などの学術団体の会員となっています。

師資状況:職員61 博士課程指導教授9 修士課程指導教授20 本科および修士・博士課程1193

学院の歩み:
1982年、北京中医薬大学針灸学院前身、針灸推拿系を設立
2000年、北京中医薬大学針灸推拿系と前針灸骨傷学院針灸を統合し、北京中医薬大学針灸学院を成立
2002年、国家中医薬管理局重点学科を設立団体となった
2007年、国家教育部重点学科となった
2007年、「中国大学医学本科A++排名学校」(中国の医学大学本科A++ ランキング)首位の位置づけ
[PR]
by jbucm | 2008-10-20 09:30 | 色々・・・ | Comments(0)

曼珠沙華と彼岸根

9月23日は秋分の日で、お彼岸です。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、彼岸花(ひがんばな)とも言うお花がこの時期に満開されています。

この日、私と主人二人でこの曼珠沙華の紅が彩る埼玉県日高市にあります高麗の里ーー巾着田という小さいな町へ出かけました。
f0138875_13121063.jpg

美しい高麗川に沿って、数万本の曼珠沙華が揃い、競い合って咲いています。大勢の方々が魅了されました。
f0138875_13123794.jpg

日本では、この植物の塊茎であります彼岸根(ひがんこん)を民間薬として使われでいます。利尿・消腫などの作用があり、リュウマチ性関節炎の治療ができます。新鮮な球根を使い、唐胡麻と併用して、すり下ろしてから患部に湿布します。

実は中医学では、この彼岸根を石蒜(せきさん)と称し、外用の場合は、石蒜8個と、70~80粒の皮を剥いた唐胡麻(蓖麻子 ひまし)一緒に砕いて、湧泉穴(ゆうせんけつ、土踏まずのところ)に貼って、浮腫みを治療します。なお、内服すると、袪痰・催吐などの作用があるとの記載もありますが、毒性が強いので、現在では外用のみとされています。服用しないで下さい。

(李)
[PR]
by jbucm | 2008-09-25 09:45 | 色々・・・ | Comments(0)
こんにちは、周です。
今回は4回目、管理学院の紹介です。
f0138875_11151661.jpg


管理学院は北京中医薬大学の東校区(東キャンバス)にあります。前身は中医薬管理幹部培訓部(養成部)です。1983年に設立され、衛生部の初めて承認された7つの管理幹部(管理職)培訓基地のひとつで、中薬業界の唯一の管理幹部培訓(管理職の育成)機構です。1985年に衛生管理専科を開設、翌年に衛生管理系を成立しました。1990年に社会医学および衛生事業管理本科(学部)、1995年に上記学部の修士課程を設立しました。1996年に中薬企業管理系を開設し、管理系に改名しました。2000年には、本科・修士一貫7年制(中国の医学部は5年制が一般的です)の中医専門管理系を設立し、同年に管理学院に改名しました。

師資状況:職員53 専任教師42、教授3、助教授12、修士課程指導教授22
以下の学科を開設してあります:
基礎、公共基礎、公共管理、工商管理の4つ学部
公共事業管理、工商管理、中医専門7年制の3つ本科
病院管理および社会医学衛生事業管理修士課程

2007年9月まで現在、延べ在校生874(7年制を含む)、修士課程78人がいます。最近「五年」以来、60名余りの在職研究員、120名余りの修士課程の学生がいます、各種の研究課題が50項目あり、国家「十五攻関」課題2項、国家「自然科学基金」課題1項、省・部級課題14項があり、国家教育教学成果二等賞、北京市教育教学成果二等賞、全国中医薬高等教育(大学)学会優秀成果賞、全国中医薬学会三等賞、北京中医薬大学科技進歩二等賞などを獲得しました。

第十一個目の「五年」計画に入り、学院の職員一同は、学院の発展と未来に希望を持ち、「勤求博采、厚徳済生」の校訓精神と学院の優良伝統を受け継ぎたげではなく、新しい道を開拓し、よりよい未来を創造しろうとしています。
[PR]
by jbucm | 2008-09-22 09:22 | 色々・・・ | Comments(0)
こんにちは、周です。
今回は三回目、中薬学院の紹介です。

中薬学院は1958年に創立され、中国早期に成立した中薬高等教育(大学)機構の一つです。1985年に中薬研究所を設立し、学部と研究所を一体にする管理体制となりました。現在、中薬生薬部・中薬化学部・中薬薬理部・中薬製薬部・臨床中薬部・生物製薬部・基礎教学部・実践教学部など8つ部、中薬基礎および新薬(新しい薬)研究センター・中薬炮製研究センター研究・分析測定センターなど3つセンターがあります。

師資状況:専任教師104名、教授27、助教授35、博士指導教授14 
学術出版刊物35、教材を主編・統編する5、北京市の精品教材8
なお、学院に在籍する国内外の著名な中薬専門家、教授、学者が多数います、中薬学院名誉院長は、薬用植物学者―肖培根院士(中国科学院の院士称号は、中国の科学者に与える最高の称号です)です。

近年、学院は「937」「863」「攻関」などの研究項目を主宰し、国家自然基金など各類な課題、約130項目があります。国家級または省級「科技進歩」賞、11つを受賞、専利(特許)申請、10つを受理、国家発明専利、8つを取得、科技成果の譲り渡す14つがあります。

中薬学院は、半世紀の発展の中、段々国内外にも影響力ある学院となりました。中薬種質資源の研究、中薬複方物質基礎および薬効評価の研究、臨床中薬学基礎の研究、中薬の新薬研究などの分野には、国内ハイレベルとなっています。
f0138875_10383412.jpg

[PR]
by jbucm | 2008-08-18 10:40 | 色々・・・ | Comments(0)
f0138875_11444456.jpg
こんにちは、周です。
今回は二回目、基礎医学院の紹介です。

基礎医学院は、北京中医薬大学の最も伝統ある、最大規模な教学・研究機関です、前身は、1956年に設立され、北京中医学院中医系(学部)です。中国衛生部の承認を得て、1980年には、中医基礎理論研究所を開設し、学部と研究所を一体にする管理体制となり、5年後の1985年に中医基礎医学部に変更しました。1996年1月に、教育部の許可を得て、正式に北京中医薬大学基礎医学院に改名しました。2000年7月に、原北京中医薬大学と原北京針灸骨傷学院を合併し、新しい北京中医薬大学基礎医学院を誕生しました。

開校以来、中国中医薬事業に巨大な貢献をしている「国医泰斗」(中国医学オーソリティー)が、当校の教鞭を取っているので、基礎医学院は、全国だけではなく、全世界の中医薬学術界の権威的な学府となっています。半世紀を経て、多くの中医界の精英(精華)を送り出し、彼達は中医学及ぶ中西医結合の各分野(基礎理論研究、臨床研究、臨床応用・開発)で活躍し、大きな成果が取得しました。

基礎医学院の師資・設備は、同類の中医薬学院の中で「名例前芧」となっています。
職員 215 内訳:教授58 助教授64 博士指導教授39 修士指導教授66 
9本科・専攻 11研究センター 2実験センター 4国家重点学科 2北京重点学科 3局級重点学科 7博士・修士学位授与拠点 2博士後期流動拠点 3局級重点実験室 3校級重点実験室
[PR]
by jbucm | 2008-07-21 09:30 | 色々・・・ | Comments(0)
f0138875_16252960.jpg
こんにちは、周です。今回から、北京中医薬大学本校を紹介します。
一回目は学校概要の紹介です。

北京中医薬大学は1956年に創立され、中華人民共和国建国後に最も早期に成立した中医薬大学の一つで、国家ブロジェックト(211工程)入りの唯一の中医薬大学です。2000年7月に原北京中医薬大学と原北京針灸骨傷学院を合併し、新しい北京中医薬大学を誕生した共に、国家教育部(文部省)に直轄運営する重点大学となりました。

以下の学院・学部を設立されています。
中医基礎理論学院、第一臨床医学学院、第二臨床医学学院、第三臨床医学学院、中薬学学院、針灸学学院、管理学学院、看護学学院、文人学院、国際学院、遠程(オンライン)教育学院、成人(継続)教育学院、台港澳(台湾・香港・マカオ)中医学部、信息中心(情報センター)など。即ち中医学、中薬学、鍼灸推拿学、製薬工程学・公共衛生事業管理、工商管理(中薬企業)、看護、大学院、成人教育部、社会人学部、オンライン教育部など、9つの本科・専攻科があります。また、南開大学、清華大学、北京師範大学、対外経済貿易大学、日中友好病院などを連携し、共同で人材の育成に努めています。

全日制在校生10581名
内訳
学部生・大学本科生:6614名(中国本土4956名、台港澳317名、留学生1341名)
専科生:1406名
修士課程学生:1992名
博士課程在校生:569名

北京中医薬大学本校は、博士課程と博士後期課程の研究できる、最も早期な学校の一つであり、中医学、中薬学、中西医結合(西洋医学と中医の融合)医学の博士学位授与権を持ち、博士後期課程の研究機関もなっています。当校は中医薬大学・学院の最高峰に位置する唯一の国立中医薬総合大学で、全国中医薬大学の中の重点研究項目も沢山持ち、成果もトップクラスです。

1958年に創立された東直門病院は臨床実習基地(病院)となっています。この病院は師資雄厚(強大)・先進な設備と診療科目揃え・中医各科の専門科及び専門病を診察でき、良い医療サービスを提供でき総合病院です。

同じく1958年に創立された製薬工場も、先進な生産設備と製造技術を持ち、小容量注射液GMPの認証を取得しました。拳頭産品(目玉品目)の「清開霊注射液」は、連続3回、中国全土にある中医病院救急科の必須救急常備薬と指定されました。

北京中医薬大学は、開校してから50年間余りを経て、中医学の受け継ぎ・発展することを自分の務めとし続け、中国国内30,000名以上、世界87ヵ国・地区13,000名の中医薬専門家を養成してきました。また、20余りの国々と43項目の提携課題(項目)を研究し、国外45ヵ所の有名な大学と友好校に結ばれています。

大学側が主宰する中国国家一級の季刊物は、《北京中医薬大学学報》《北京中医薬大学学報・中医臨床版》《中医教育》などがあります、これらの出版物は中医薬学術の重要な交流地(窓口)でもあります。
北京中医薬大学本校のホームページ:http://www.bucm.edu.cn
[PR]
by jbucm | 2008-07-07 09:30 | 色々・・・ | Comments(0)

美しい紫陽花

この梅雨の季節に最適な花は紫陽花(アジサイ)です。梅雨で多くの花が痛められるが、アジサイは雨の中にますます美しく澄んだ色になり、すばらしい花です。
f0138875_160052.jpg

先週の休みの日に、私はカメラを持って出かけました。そして、この美しい写真を獲得する事ができました。なんとおっとりしていて、貴婦人のような花で、感動しました。

中国では、紫陽花を綉球花、又は八仙花と呼びます。綉球とは、刺繍を施した絹の布で作った手まりです。紫陽花はこの美しい手まりのような花なので、「綉球花」と名づけられたでしょう。「八仙花」という名前の由来は、多分、もともと日本にあったヤマアジサイの一種で、中心に花があって、八つの一重のガク片に囲まれた形の花を指すでしょう。
f0138875_1559367.jpg

アジサイは白、ピンク、藍、紫など、いろんな色があります。土の性質や気温の変化によって色が変わったりする。実は、色がついていて、美しく見せてくれたのは、「萼(ガク)」で、花はその中の小さな点のような部分だそうです。

花色の変化から「移り気」や「心変わり」などの貶す花言葉もありますが、「 一家団欒」や「家族の結びつき」を象徴する花であるという褒める花言葉もあります。アジサイ自身は、どんなに言われでも、もっとも綺麗な姿を我々に見せています。私もこのような人間になれれば、きっと、死ぬ時に後悔することがないでしょう。
f0138875_160223.jpg

「中薬大辞典」で調べて見たら、アジサイも中薬の一種で、やはり薬名は「八仙花」となっています。性味は、微苦、寒、小毒あり。主な作用:花は清熱解毒、葉は瘧(おこり)に効果があり、心臓病にも用いられますが、嘔吐という副作用があるため、常用するものではないそうです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2008-06-28 10:00 | 色々・・・ | Comments(0)

ふんころがし

こんにちは、亀山です。

月曜日に周さんが「動物の糞は中薬の宝」と言うお話しを、書いていらっしゃいました。
「糞」と言う字を見て最初に私の頭に浮かんだのは「ふんころがし(スカラベ)」です。子供の頃「ファーブル昆虫記」を読んで以来、ふんころがしが大好き!f0138875_14394673.jpg

なんとも愛らしい姿と、動物の糞に卵を産むという奇妙な生態に魅せられました。

古代エジプトでは、丸い玉をころがして歩く事から、太陽の運行を司ると考えられたり、月と太陽が出会う日(世界が誕生する日)に生まれ出ると言われたりして、珍重されたそうです。これまた私の大好きな「ツタンカーメン王」の遺品の中にも、スカラベの装飾品がありましたよね。

食べ物から必要な養分を吸収した後のカスにも、まだまだ他の生物にとって有用な成分が残っているのですね。動物の糞が薬になる事を見つけた、先人の勇気に敬意を表します。私には、糞を口にする勇気は・・・・?でもステキな名前が付いているので、知らなかったら飲んでしまいますね。

「スッキリ物が見えるように「夜明砂」を処方しましょね」なんて言われたら、まさかコウモリの糞だとは思いませんよね

自然回帰やリサイクルが注目される世の中で、糞を再利用するなんて、究極のリサイクルだなぁ〜と感心してしまいました。
[PR]
by jbucm | 2008-05-30 09:38 | 色々・・・ | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm