<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

気功の歴史 

こんにちは。 北京厚済薬局の水本です。

今回から、気功についての話を何回かに分けて、載せたいと思っています。
一般の方には、気功の歴史とか流派の話を知る機会がないと思いますので、簡単にご紹介をしたいと思います。

中国における気功の歴史は古く、起源は太古に遡ります。但し、歴史上の記載は5000年前と言われ、1975年中国山東省から出土した彩陶に練功(気功の習練の事)の形が残っていました。これは、宗教(仏教や道教)よりも数千年早いことになります。

中国春秋時代(紀元前770年~前221年)初期の《行気玉佩銘》には、気功の功法の一つである「小周天」について、練習方法と理論の記述がありました。
また、現存している始めての医学専門書である《黄帝内経》の中にも、気功の原理や功法及び練功の効能が記載されていました。
隋時代には、巣元方の著書《諸病源候論》に気功養生導引法が記載されていました。

気功という名称が使われたのは、近代に入り、1955年河北省に気功療養院が建てられてからです。

現代になり、科学技術の発展に伴い、中国では1987年から気功に関する研究が行われ、気功の定義は「気功とは、古典哲学思想をもって指導し、調心・調息・調身の三調を一体に融合し、人体潜在的な能力を開発し、心身共に鍛える事を目的とする技能」とされています。

歴史の話になるとかなり難しく、「これはいったい、いつ?」と思われると思います。(実は、私も苦手です)
ただ、古代から気功の目的は「袪病延年(病気を取り除いて寿命をのばす)」「不老不死」である事に変わりはありません。

次回は、気功の分類についてのお話にしたいと思います。
[PR]
by jbucm | 2007-10-31 11:31 | 医学気功・太極拳 | Comments(0)
こんにちは、周です。今回は感冒処方⑥を紹介します。

処方⑥ 五神茶
荊芥、蘇葉、生姜 各10g、紅砂糖30g、紅茶6gf0138875_22224060.jpg

[主治] 風寒感冒(症状:畏寒、身痛、無汗など)
[功効] 発散風寒、袪風止痛
[用法用量] 荊芥、蘇葉、生姜、紅茶を、文火(弱火)で15~20分煎じ、紅砂糖を後下し、紅砂糖が溶けるまで煎じたら出来上がりです。1日2回、適量を服用します。
[禁忌] 風熱感冒の者
[PR]
by jbucm | 2007-10-29 09:00 | Comments(0)

気血津液と臓腑の話③

こんにちは。今回は、元気(げんき)・宗気(そうき)・衛気(えき)・営気(えいき)の組成や分布及び主な機能について、少し詳しく話を致しましょう。

①元気(げんき):主に腎に蔵されてある先天の気(精気)ですが、両親からもらった有限のエネルギーなので、生まれた後の食事によって、脾胃が運化した水穀精微の気から育て上げられる。全身に分布され、前回、話しました気の推動作用、温煦作用、防御作用などで活躍します。

②宗気(そうき):主に肺と脾が吸収した大気中の清気と水穀精微の気が合わさった気です。胸中に集まり、呼吸や発声、心拍や気血の流れを推進する。前回、話しました気の推動作用の一部は宗気の働きです。f0138875_14325533.jpg

③営気(えいき):主に脾が水穀精微の気から作った気(飲食物のエネルギー)です。血管の中で流れ、血液の一部にもなります。気化作用によって作られ、主な生理機能は、全身に営養を与え、各臓腑組織にエネルギーを補充し、活発にさせることです。いわゆる気の推動作用や、温煦作用でしょう。 

④衛気(えき):こちらも主に水穀精微の気から作られた気です。営気と違って、血管外に流れます。その生理機能は、防御作用によって身体の表面を保護し、邪気(じゃき、病気の原因となるもの)と戦います。また、固摂作用と温煦作用によって発汗を調節し、筋肉や肌を温め、体温調節を助けることもできます。営気と衛気は血管の内外で流れ、協調し合って、身体の内部と外部を守り、各自の働きを果たせます。
[PR]
by jbucm | 2007-10-26 09:00 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは。 北京厚済薬局の水本です。

今日は、平成19年10月生 1年コース(中医薬膳専科、医学気功整体専科)の授業をご紹介したいと思います。

10月に入学されてから2回目の講義ですので、講義内容は、中医基礎理論です。1年コースの方の中医基礎理論は、中医薬膳専科と医学気功整体専科の合同講義になります。ですから、写真を見ていただければお解りかと思いますが、教室は生徒さんでいっぱいです。
朝10:00~16:00までですが、皆さんとても熱心に授業を聞かれていました。

講師は、中国の北京中医薬大学 大学院を卒業された、小金井信宏先生です。もちろん、中医師です。

中医学は中国の歴史であり、文化ですから、日本人には理解しにくいところがあります。それに専門用語も入ってきますから、最初のうちはとまどう事も多いと思います。
でも、同じ日本人である小金井先生の授業は、さすがに聞き易いです。まずは、中医基礎理論を理解する事が大切ですから。

まだまだ先は長いですが、みなさん頑張ってください。

f0138875_17431177.jpg

[PR]
by jbucm | 2007-10-24 11:03 | 講師紹介・授業風景 | Comments(0)
こんにちは、周です。今回は感冒処方⑤を紹介します。

処方⑤ 八味茶
川芎、荊芥 各120g、白芷、姜活、甘草 各60g、細辛30g、防風30g、薄荷240g

f0138875_233306.jpg

←川芎     
                     

                                                   細辛 ↓
f0138875_23354282.jpg



[主治]  外感風邪頭痛
[用法用量] 上記の8味薬を碾末(てんまつ、粉末にすること)1日4回、10 g/回を清茶(うすい茶)で飲みます。
[PR]
by jbucm | 2007-10-22 09:10 | Comments(0)

気血津液と臓腑の話②

こんにちは。元気(げんき)・宗気(そうき)・衛気(えき)・営気(えいき)の組成や分布及び主な機能を紹介する前に、今回は、気の全体的な生理機能(作用)について、お話ししましょう。

気の生理機能(作用)というのは、身体、または内臓や経絡の働きを示すことが多く、基本的に以下の五つの機能があると考えます。

①推動(すいどう)作用:生長発育や、内臓組織の生理活動、及び血行などを推し進め、促進する働き。

②温煦(おんく)作用:体を温めたり、代謝を促進する働き。

③防御(ぼうぎょ)作用:病気に対する免疫力や外界の変化に対する抵抗力を作り、身体を守る働き。

④固摂(こせつ)作用:体内の血、津液などの液体物質が、身体から失われないようにコントロールする働き。

⑤気化(きか)作用:食べ物や空気中から得た物質を身体に必要な物質に作り変えたり、老廃物を排泄できる状態にしたりする新陳代謝のことです。

上記の作用を説明します:私たちは、呼吸で酸素を吸い込み、そして、食事で栄養物質を体内に取り込みます、これらの物質を身体に必要な物質に作り変えるのは、気化作用の働きです;呼吸や血液の循環などをスムーズに行えるのは気の推動作用があるからです;身体は温まると代謝が促進されるのは、気の温煦作用によるものです;邪気(じゃき、気温の変化、細菌やウィルスなどの微生物など)から身体を守るのは気の防御作用の働きです;また、消化吸収した残りの廃棄物質や古い細胞、二酸化炭素などは、気化作用によって大小便などで体外に排泄されます;血液が血管以外の場所に漏れないよう、また、汗液、唾液や尿液、精液などのが漏れ出さないように、気の固摂作用によって調節されています。これらの作用は各臓腑の働きによって果たせます。
[PR]
by jbucm | 2007-10-19 09:02 | 中医学 | Comments(0)

緑茶

こんにちは。亀山です。
周さんが書いている茶療法の中に良く「緑茶」が登場します。この「緑茶」は当然「日本茶」ではなくて「中国茶」です。
この夏、日本でもポピュラーな中国緑茶「龍井茶」の故郷、杭州へ行って来ました。
f0138875_23145538.jpg

杭州のバスターミナルから、タクシーで30分程で、龍井の名前の由来となった、龍井泉へ。この泉は龍が住み、海と繋がっているため、枯れる事がないと言われているそうです。綺麗な空気と豊かな水が、美味しい茶葉を育てるのでしょうか?静かで、のんびりとした所でした。

日本茶も中国緑茶も茶葉を発酵させないで作るお茶ですが、日本茶は蒸して発酵を止める製法が多いのに対して、中国茶は釜で炒って発酵を止める製法が多いそうです。製法の違いなのか、日本茶の方が渋みが強いように感じます。
薬茶を日本茶で作ると渋みが口に残って、お味がイマイチです。

中国へ行くと、小さな商店街でもお茶屋さんがあり、そこそこの値段で美味しいお茶を買う事が出来ます。試飲をさせてくれる所も多いので、是非足をはこんで見て下さい。
玫瑰花(薔薇)や菊花、桂花なども茶葉と一緒に置いてあるので、お土産にお勧めです。

中国茶については、以前周さんが書いていましたので、詳しくはそちらの記事を見て下さいね。
[PR]
by jbucm | 2007-10-17 09:08 | Comments(0)
こんにちは、周です。今回は感冒処方④を紹介します。

処方④ 双花感冒茶f0138875_19344162.jpg
茶葉10g、玫瑰花(薔薇)3g、薄荷5g、菊花5g

f0138875_19345881.jpg
[功効] 外感風熱(頭痛、咳嗽、口乾の症状)
[用法用量]  200ccの熱いお湯で沖泡し、5分後、温服。
1~3回/日飲みます。
[PR]
by jbucm | 2007-10-15 09:00 | Comments(1)

気血津液と臓腑の話①

こんにちは、李です。今回からは、少しずつ、気血津液と臓腑の話をします。自分が認識したものをそのまま書きますので、認識不足や、間違ったところがあるかも知れません。あらかじめ、ご了承下さい。なお、間違いを発見したら、ぜひ、ご指摘下さい。

中医学では、人体は気(き)・血(けつ)・津液(しんえき )という成分により構成されていると考えます。現代の言葉に言い換えれば、気は生体のエネルギー、血は血液、津液は血液の構成成分を含む、正常な体液成分です。これらの成分がバランスよく身体に満たされ、うまく働くことで、人体は健康を維持できると考えます。
f0138875_19370100.jpg

気血津液は、人体を構成する最も基本的な物質であり、臓腑・経絡など組織器官の生理活動の原動力(営養物質や、エネルギー提供)でもあります。また、一方、気血津液の生成と代謝は、臓腑・経絡など組織器官の正常な生理活動に頼ることもあります。なので、気血津液と臓腑・経絡は、生理的な方面のみならず、病理的な方面でも、密接な因果関係が存在します。気血津液と臓腑は切り離すことができないので、混ざった話が時々出ますが、なるべく理解し易いように説明いたします。

一、気
気というのは、目に見えないほど小さいものですが、身体を構成する最も基本的な物質で、人体、或は各臓腑の生理機能(作用)そのものでもあります。
人体のあらゆるところに、気が存在します。分類方法によって、いろんな気の名称があって、始めて聞いた方は、戸惑ってしまうのでしょう。気の出所(本源)で分類すると、主に、腎に蔵される精気(せいき)、脾胃が食べ物から運化(消化吸収)した水穀精微の気(すいこくせいびのき)、及び肺が吸い込んだ空気中の清気(せいき)などがあります。
気の機能特徴や分布部位で分類すると、元気(げんき)・宗気(そうき)・衛気(えき)・営気(えいき)があります。それぞれの組成や分布及び主な機能について、再来週に紹介しましょう。
また、これらの気をさらに細かく分類すると、臓腑の気(ぞうふのき)、経絡の気(けいらくのき)があります。たとえば、臓腑の気は、五臓六腑の名前を取った肝気 (かんき)・心気(しんき)・脾気(ひき)・肺気(はいき)・腎気(じんき)・胃気(いき)などといいます。これらは、各臓腑の構成及びその生理機能の一部であると考えても宜しいと思います。
[PR]
by jbucm | 2007-10-12 09:00 | Comments(0)

卒業式

9月29日、今年の秋の合同卒業式が行われました。

f0138875_13213417.jpg

中医中薬専攻科  (16年10月生) 15名
中医薬膳専科   (18年10月生) 27名
医学気功整体専科 (18年10月生)  5名  計47名の生徒さんが
無事卒業されました。

みなさん、おめでとうございます。
猛暑の中、卒業試験に向けて大変な夏を過ごされた事と思います。でも試験は一生懸命勉強した事が、どの位身に付いたか確認する良い機会ですよね。
間近にせまった、認定試験も頑張って下さい!!

卒業式のあと、先生方を交え、お祝いのパーテイーが行われました。
[PR]
by jbucm | 2007-10-09 13:22 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm