カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

気血津液と臓腑の話(31)

こんにちは、李です。前回の続き、肺の病証を紹介致します。肺の病証は多くて、混乱し易いが、整理してみれば、分かり易くなります。中医中薬専攻科で勉強される場合、「中医診断学」で詳しく紹介されますが、「中医内科学」を学ぶ際、いろんな病証の中でまた触れることがあります。今回は二種類の実熱証を紹介したいです。

③風熱犯肺:風熱の邪気が肺衛を侵犯して現れる肺衛風熱証候です。
【臨床表現】:咳嗽微喘、痰が少く、黄色い、鼻塞、咽喉痛、口微渇、身熱悪風、舌先紅、苔簿黄、脈浮数。
【証因分析】:風熱の邪が肺衛を侵犯するので、衛気失調で身熱悪風となります。肺気不利、宣降失常なので咳や喘ぐなどが出る。風熱の邪なので、咽喉が疼痛し、風邪がまだ肺衛に在るので、鼻塞などの風邪の症状も見られます。風熱の邪が肺を灼くので少ない黄色い痰が出ます。舌先紅、口微渇、苔簿黄、脈浮数いずれも風熱の徴候です。

④肺熱壅盛:邪熱壅盛、肺失宣降による肺の実熱の証候です。
【臨床表現】:咳の声が大きい、呼吸が速い、喘ぐ、痰が黄で稠密、壮熱口渇、或は胸痛、生臭い血を混じりの痰、大便乾結、小便短赤、舌紅苔黄、脈は滑数。
【証因分析】:風熱の邪気を受けるか、外感風寒証が長く鬱して発熱し、それによって熱邪迫肺、肺失宣降を招きます。
 肺熱熾盛、肺失清粛の故に発熱して咳となります。実熱証なので、咳の声が大きい、呼吸が速い、喘ぐ、痰が黄で稠密。熱灼津傷で痰が黄で稠密、口渇、尿黄、便秘等を併発します。火熱灼肺すると、営血腐敗して癰膿となるので、膿に血生臭い痰を見られます(現代医学でいうと「肺膿腫」となったことです)。

この両証も、前回紹介しました風寒束肺証と寒邪客肺証の両証と同じ、表証と里証となりますので、是非区別して下さい。
[PR]
by jbucm | 2008-07-31 09:23 | 中医学 | Comments(0)

気功の紹介 八段錦

こんにちは、周です。今回は、気功―八段錦の話をします。

八段錦は、中国数千年の歴史の中で受け継がれてきた気功の中でも、最も完成度の高い、すぐれた気功、健康法です。しかも、八段錦は、一つ一つが独立している、八つの動きから成っていますから、学びやすく、覚えやすいという特長があります。練功(気功を練習する)することで、身体四肢の(運動)調身・調心・調息を融合し、経絡・臓腑・気血の調節作用があり、美容と健康に良いとされていますが、中高年の頚・腰椎疾患の予防及び治療にも期待できます。

また、わずか二、三分もあれば、一つの型を練功することができます。その動きは柔らかく、静かですから、年齢や性別を問わず、どなたにも、どこでも、いつでもできます。病気を持った人、虚弱体質の人もその体力に応じて、無理なく練功することができます。一度に、全部しなくても、好きな型を組み合わせて、練功するのもよいです。

心を込めて(調心)、呼吸に合わせて(調息)、ゆっくり動かす(調身)ことで、自分で自分自身の内面のマッサージをし、人の身体に備わっている自然の病気治癒力を引き出すことができます。

八段を紹介します。
第一段:両手托天理三焦
第二段:左右開弓似射雕
第三段:調理脾胃須単挙
第四段:伍労七傷往後瞧
第五段:揺頭擺尾去心火
第六段:両手攀足固腰腎
第七段:攢拳怒目増気力
第八段:背後七顚百病消

写真は第一段、両手托天理三焦を練習する様子です。
f0138875_13504497.jpg


詳しくは、当校の医学気功整体専科で講義しますので、ご興味がある方は、是非、ご入学ください。お待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2008-07-28 09:30 | 医学気功整体専科 | Comments(0)

医学気功の紹介

 気功とは、古典哲学思想に持って指導し、調心・調息・調身の三調を一体に融合して、人体潜在的な能力を開発し、心身とも鍛えることを目的とする技能である。

気功の流源分類
 1.伝統気功 2.道家気功 3.佛家気功 4.濡家気功
 5.医学気功 6.武術気功 7.民間気功 8.流行気功

医学気功とは、中医学気功の源は気功と本質の内在関係があり、古典哲学思想と中医理論に基いて、操作性、実践性、弁証証論を重視するものである。また、中医学気功の重要の範囲は人体養生、康復、治療である。

医学気功学の範囲
 ①気功基礎理論
 ②気功功法学
 ③気功治療学
 ④気功養生学
 ⑤気功文献学
 ⑥実験気功学

気功練習の効果
 1.増強体質 2.健美長寿 3.修身改命 4.防病治病 5.増強思惟
 6.開発知能 7.陶冶性情、涵養道徳 8.人類文明の新発展

当校の医学気功専科は、2008年10月生を募集しております。写真は、医学気功学担任講師、宋海君先生が「仙人長寿功」を演習しているところです。

f0138875_1081744.jpg

[PR]
by jbucm | 2008-07-24 10:10 | 医学気功整体専科 | Comments(0)

中医薬膳専科の拡大募集について

  最近、国民の健康意識が高くなり、薬膳・食養生に関する知識を身に付けたい方が多くなったため、当校の中医薬膳専科コースが大変人気になっております。年々定員オーバーで、入学できない方が沢山いらっしゃいます。

  さて、皆様のご要望に応じ、当校は、教室不足などの困難を克服し、今年の10月生のカリキュラムを新たに作成し、応募を拡大致しましたので、平成20年10月生の定員は60名となっております。

  募集人数が多くなっても、教育の質を向上するように努めますので、ご興味がある方は、是非、ご応募下さい。職員一同、心よりお待ちしております。


なお、北京中医薬大学HPのリンク先が変わりました:
北京中医薬大学の新しいHPはhttp://www.bucm.edu.cn(こちら)になりました。
[PR]
by jbucm | 2008-07-21 10:31 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

北京中医薬大学本校のご紹介 その2

f0138875_11444456.jpg
こんにちは、周です。
今回は二回目、基礎医学院の紹介です。

基礎医学院は、北京中医薬大学の最も伝統ある、最大規模な教学・研究機関です、前身は、1956年に設立され、北京中医学院中医系(学部)です。中国衛生部の承認を得て、1980年には、中医基礎理論研究所を開設し、学部と研究所を一体にする管理体制となり、5年後の1985年に中医基礎医学部に変更しました。1996年1月に、教育部の許可を得て、正式に北京中医薬大学基礎医学院に改名しました。2000年7月に、原北京中医薬大学と原北京針灸骨傷学院を合併し、新しい北京中医薬大学基礎医学院を誕生しました。

開校以来、中国中医薬事業に巨大な貢献をしている「国医泰斗」(中国医学オーソリティー)が、当校の教鞭を取っているので、基礎医学院は、全国だけではなく、全世界の中医薬学術界の権威的な学府となっています。半世紀を経て、多くの中医界の精英(精華)を送り出し、彼達は中医学及ぶ中西医結合の各分野(基礎理論研究、臨床研究、臨床応用・開発)で活躍し、大きな成果が取得しました。

基礎医学院の師資・設備は、同類の中医薬学院の中で「名例前芧」となっています。
職員 215 内訳:教授58 助教授64 博士指導教授39 修士指導教授66 
9本科・専攻 11研究センター 2実験センター 4国家重点学科 2北京重点学科 3局級重点学科 7博士・修士学位授与拠点 2博士後期流動拠点 3局級重点実験室 3校級重点実験室
[PR]
by jbucm | 2008-07-21 09:30 | 色々・・・ | Comments(0)

気血津液と臓腑の話(30)


こんにちは、李です。今回から、肺の実証を紹介致します。

①風寒束肺:風寒外襲、肺衛失宣による肺表風寒の証候です。
【臨床表現】:咳嗽、痰稀色白、喉痒か喉痛、鼻づまり、薄い鼻水、微悪寒、軽度の発熱、無汗、全身の痛み、苔簿白、脈は浮緊。
【証因分析】:肺は司呼吸で主皮毛でもあり、風寒の邪が膚表を侵犯すると肺気が拘束され、肺衛失宣で本証となります。肺は嬌臓で、寒温に耐えられず、邪気が毛竅に入ったら咳が出るので、主な症状は咳嗽です。また、風寒感冒の症状を兼ねます、例えば、軽微の寒熱、無汗、全身痛、脈浮等の症状など。肺気失宣、肺津不布で徐々に痰飲になるので清稀な痰が出ます。舌苔と脈は表寒の病性であることの証です。

②寒邪客肺:寒邪が肺の中にこもり、肺気上逆による証候です。
【臨床表現】:咳嗽、喘ぐ、痰稀色白、寒がり、四肢が冷える、舌淡苔白、脈は遅緩。
【証因分析】:寒の邪気が肺にこもると陽気が鬱積され、肺失宣降・肺気上逆となり、本証となります。主な症状は咳嗽と喘ぐ。それに、全身の寒象(寒がり、四肢が冷えるなど)を兼ねます。なお、風寒束肺証と同じく、肺気失宣、肺津不布で痰飲になり、薄く白い痰が出ます。舌苔と脈は里寒の病性であることの証です。

今回は、風寒束肺証と寒邪客肺証の両証だけ紹介しました。この両証の共同点と違いが分かりましたでしょうか?両方とも咳嗽、痰稀色白が主症状ですが、寒邪客肺証に喘ぐという症状があります。なお、内寒証なので、一般的に発熱がなく、寒がりや四肢の冷えなどの寒象が伴います、病程が比較的に長いです。一方、風寒束肺証は表証なので、病程が比較的に短く、惡寒発熱を兼ねる場合が多いです。両証の区別のポイントを是非覚えて下さい。

では、次回、お楽しみに。
[PR]
by jbucm | 2008-07-17 09:37 | 中医学 | Comments(0)

月下美人の薬膳

こんにちは、周です。
今回は月下美人(中国語は曇(tan)花(hua)と書く)の話をします。

先月、体調不調で、咳が1ヵ月も続きました。すると、止咳作用ある、故郷の母の手作り料理―月下美人スープを思い出しました。

月下美人はサボテン科クジャクサボテン属の植物で、原産地はメキシコですが、中国南部に位置する広東省の植物園、又は家庭にも栽培されています。鳳花、金鈎蓮とも呼ばれています。
f0138875_1245789.jpg


丈高は1メートルで、開花期は夏と秋(6~10月)です、花は夜間に咲き、咲くとすぐにしぼむことから(数時間で凋みます)、「曇花一現」(一時的ですぐに消えてしまうたとえ)という熟語の由来です。写真ご参照ください。
f0138875_12434066.jpg


曇花の効能を紹介します。
性味:平、淡、帰経:肺
功用主治:清肺、止咳、化痰
     治心胃気痛、吐血、肺結核に最適宜です。

月下美人スープの作り方:
①家庭で栽培する場合は、まず咲いた花を翌朝に摘んで、軽く水で洗い、縦に萼(ガク)管(基部を連接するところ)切り、軽く蒸した後、天日干しにする。
②店で購入する場合は(乾燥したもの)、一晩前にたっぷりの水で戻す。
③食べやすい大きさを切り、豚の肺臓(日本では入手しにくいと思います)、または痩肉(豚肉の赤身)を加え、適量な水を入れ、弱火で40分間煮込む。
[PR]
by jbucm | 2008-07-14 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

気血津液と臓腑の話(29)

こんにちは、李です。今回からは、肺と大腸の病証を紹介しましょう。

肺の病証の弁証:
肺は胸中にあり、気道、喉に連なり、鼻に開竅するので肺系と総称します。肺は皮を主り、その華は毛にあり、大腸と表裏関係を持っています。肺主宣発で、呼吸を司り、清濁の気を交換し、気の主となり、話す声にも関係します。また、肺は津液を輸布し、水道を通調して、水の上源と言われます。

肺の病理変化は主として肺気宣降異常で、主気司呼吸の機能障害や衛外機能の失職、及び水液代謝の病変として反映されます。主要な症状は咳嗽、喘ぐ、吐痰、胸痛、喀血等です。肺の実証の多くは、六淫等外邪の侵入や痰飲が肺に停滞して形成される病証です。肺の虚証は主に肺気虚、肺陰虚です。
では、虚証から紹介しましょう。

肺気虚:肺気不足と衛表不固による証候です。
【臨床表現】:咳嗽無力、動則気短、痰液清稀、声が低く怯える、神疲乏力。自汗、畏風で、感冒にかかりやすい。顔色は青白く、舌質は淡嫩。脈は虚か浮で無力。
【証因分析】:多くは長期の咳か喘によって肺気が損傷されているか脾虚生化の源不足、或は腎虚でその納気の力を失い、そのため肺主宣発機能が弱まっている。肺主気司呼吸ということで、肺気が虧虚すると、呼吸が浅く、咳嗽無力、声は低く怯えるようになります。肺主皮毛というので、肺気が衛気を宣発して肌表を固められないと、自汗、畏風を見て感冒にかかりやすくなります。気虚で気血不栄なので、顔色が白で舌淡になり、脈は弱になります。

肺陰虚:肺陰虧虚、虚熱内生の証候です。
【臨床表現】:から咳で痰が少ないか痰がねばついて出にくい、口燥咽乾、痩せぎす、午後の潮熱、五心煩熱、盗汗、ほほの赤味。場合によっては痰中に血が帯び、声がかすれる。舌紅少津が、脈は細数。
【証因分析】:多くは長期の咳や啖や喀によって肺の陰液や損傷させられている。或いは癆虫襲肺、燥熱の邪が不固、陰津耗泄等のため、肺陰虧虚を招く。肺は嬌臓であり、元々清粛柔潤を好むので、肺の陰津が不足すると清潤性を失い、陰虚だと火旺、虚火灼肺、肺熱津少を招いて、粛降が失われる。故に、乾咳痰少、口燥咽乾となり、場合によっては声がかすれる。肺絡が損傷されるので、痰中帯血か喀血を見る。潮熱、盗汗、五心煩熱、ほほの赤味、舌紅、脈の細数等はいずれも陰虚失養、虚熱内蒸の象である。
 次回からは、幾つの実証を紹介致します。
[PR]
by jbucm | 2008-07-10 10:00 | 中医学 | Comments(0)

北京中医薬大学本校のご紹介

f0138875_16252960.jpg
こんにちは、周です。今回から、北京中医薬大学本校を紹介します。
一回目は学校概要の紹介です。

北京中医薬大学は1956年に創立され、中華人民共和国建国後に最も早期に成立した中医薬大学の一つで、国家ブロジェックト(211工程)入りの唯一の中医薬大学です。2000年7月に原北京中医薬大学と原北京針灸骨傷学院を合併し、新しい北京中医薬大学を誕生した共に、国家教育部(文部省)に直轄運営する重点大学となりました。

以下の学院・学部を設立されています。
中医基礎理論学院、第一臨床医学学院、第二臨床医学学院、第三臨床医学学院、中薬学学院、針灸学学院、管理学学院、看護学学院、文人学院、国際学院、遠程(オンライン)教育学院、成人(継続)教育学院、台港澳(台湾・香港・マカオ)中医学部、信息中心(情報センター)など。即ち中医学、中薬学、鍼灸推拿学、製薬工程学・公共衛生事業管理、工商管理(中薬企業)、看護、大学院、成人教育部、社会人学部、オンライン教育部など、9つの本科・専攻科があります。また、南開大学、清華大学、北京師範大学、対外経済貿易大学、日中友好病院などを連携し、共同で人材の育成に努めています。

全日制在校生10581名
内訳
学部生・大学本科生:6614名(中国本土4956名、台港澳317名、留学生1341名)
専科生:1406名
修士課程学生:1992名
博士課程在校生:569名

北京中医薬大学本校は、博士課程と博士後期課程の研究できる、最も早期な学校の一つであり、中医学、中薬学、中西医結合(西洋医学と中医の融合)医学の博士学位授与権を持ち、博士後期課程の研究機関もなっています。当校は中医薬大学・学院の最高峰に位置する唯一の国立中医薬総合大学で、全国中医薬大学の中の重点研究項目も沢山持ち、成果もトップクラスです。

1958年に創立された東直門病院は臨床実習基地(病院)となっています。この病院は師資雄厚(強大)・先進な設備と診療科目揃え・中医各科の専門科及び専門病を診察でき、良い医療サービスを提供でき総合病院です。

同じく1958年に創立された製薬工場も、先進な生産設備と製造技術を持ち、小容量注射液GMPの認証を取得しました。拳頭産品(目玉品目)の「清開霊注射液」は、連続3回、中国全土にある中医病院救急科の必須救急常備薬と指定されました。

北京中医薬大学は、開校してから50年間余りを経て、中医学の受け継ぎ・発展することを自分の務めとし続け、中国国内30,000名以上、世界87ヵ国・地区13,000名の中医薬専門家を養成してきました。また、20余りの国々と43項目の提携課題(項目)を研究し、国外45ヵ所の有名な大学と友好校に結ばれています。

大学側が主宰する中国国家一級の季刊物は、《北京中医薬大学学報》《北京中医薬大学学報・中医臨床版》《中医教育》などがあります、これらの出版物は中医薬学術の重要な交流地(窓口)でもあります。
北京中医薬大学本校のホームページ:http://www.bucm.edu.cn
[PR]
by jbucm | 2008-07-07 09:30 | 色々・・・ | Comments(0)

生薬の命名

こんにちは、周です。今回中薬の話をします。
中薬の名を命名するのは、色々と関連があります。幾つかを紹介します。

中薬と四季(春夏秋冬)
春砂仁、夏枯草、秋海棠、冬葵子           夏枯草↓f0138875_15514927.jpg

中薬と気象(風雲雨雪雷霜)
風茄子、雲茯苓、雨傘草、雪里青、雷公藤、霜桑葉

中薬と空間(東西南北中)
東白芍、西紅花、南沙参、北五味、人中白

中薬と(酸甜甘苦辣鹹淡)
酸棗仁、甜石蓮、甘草、苦参、辣蓼草、鹹秋石、淡竹葉

中薬と地理
懐山薬、川窮、望江南、河白草、海金砂、洋金花

中薬と陰陽五行(金木水火土)
陰地蕨、陽起石、金石斛、木棉花、水獺肝、火麻仁、土鱉魚

中薬と五色(青黄赤白黒)
青黛、黄耆、赤芍、白朮、黒脂麻(黒胡麻)

中薬と六畜(猪牛羊馬鶏狗)
猪歯皂、牛膝、羊躑躅、馬宝、鶏血藤、狗肝菜

中薬と生肖(十二支)
鼠曲草、牛蒡子、虎杖根、菟絲子、竜胆草、蛇含石、馬歯莧、羊躑躅、猴棗、鶏舌香、狗鞭、猪歯皂

中薬と数字
一見喜、両面針、三椏苦、四葉参、五加皮、六月雪、七月蓮、八月札、九香虫、十大功労葉、百部根、千年健、万年青

ところで、どうしてこんな名前を付けられたでしょうか?やはりそれぞれの味・色・形など及び産地と薬効に関連があるそうです。私は常用される夏枯草を調べました、《中薬大辞典》によると、この草は夏至になると、自然にれるから、その名前の由来だそうです。面白いですね、中薬学を学習したくなりませんか?
ほかを知りたい方は、是非、ご自分で調べてください。
[PR]
by jbucm | 2008-07-05 09:30 | 中医学 | Comments(0)