<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昨日(8月30日)午後2時より、連日の雨の中、国立北京中医薬大学日本校、平成20年10月生募集説明会を予定通り開催致しました。ご多忙中と、大雨に関わらず、全国から50名程の方々がお集まり頂きました。
    
先ずは、植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。この説明会のため、北京から飛んで来ました、高 鶴亭学長が国立北京中医薬大学本校、及び中医中薬や気功療法などの伝統医学の現状を話しました。その後、当校の第一期卒業生・日本中医食養学会の副会長の岡本 清孝氏より「中医学を活かして」などの話をして下さいました。

最後に、教務担当として務めさせていただいております私が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等についての説明をさせていただきました。その後、色んなご質問も受けさせて頂きました。

写真は、高 鶴亭学長がお話されているところです。

f0138875_11193821.jpg

昨日の雨の影響で、又は、忙しくて説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時に学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メールinfo@jbucm.com、又は、03-3818-8531にお電話下さい。

世界保健機構(WHO)の指導理念は伝統医学の生活化であり、その中核を成す「中医学」の国際化は一層拡大普及しております。国立北京中医薬大学日本校は日本で最高の中医学を学べる大学であり、また日本に存在する唯一の伝統医薬大学です。皆様に大いに日本校が役に立てることを願い、国立北京中医薬大学日本校に中医学を学ばれることを心から歓迎いたします。 (李 宏)
[PR]
by jbucm | 2008-08-31 10:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

夏期講習会 その3

こんにちは、周です。今回は、続いて夏期講習の薬膳調理実習のほうを紹介します。

最初の一時間は、辻クッキングスクールの講師・元日本橋校の校長である、金沢典枝先生に、調理の基本に関する講義をして頂きました。

日本だし(昆布、かつお)の取り方や、夏野菜の取り扱い方、魚のおろし方など、日常の料理によく使う最も基本的なことでも、いろんなコツやテクニックがあって、びっくりしました。先生はさすか料理の専門家ですね。
f0138875_119090.jpg

2時間目は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生(一日目は、日本中医食養学会の副会長の中村きよみ先生)が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じして下さいました。今回のメニューは、①はと麦・緑豆・山芋入り炊き込みご飯、②冬瓜と豆腐団子のお椀、③苦瓜としらす干しの小鉢 でした。その後、参加者の皆さんが、6-7名を一組で、皆で実習しまして、自分の手で作った料理で会食しました。美味しい~という声がよく聞こえました。
f0138875_1110476.jpg

ここでは、「冬瓜と豆腐団子のお椀」を抜粋して詳く紹介しましょう。
材料(6人分)
豆腐:1丁  鶏ひき肉:100g  春雨:30g  春菊:1/3束  冬瓜:100g
西洋人参(党参代用の場合は15~20g):15g  だし:6カップ 砂糖:小さじ1 
塩:小さじ1/2  片栗粉:大さじ1
作り方
①豆腐は布巾に包んで水気を絞り、つぶす。
②鶏ひき肉はボールに入れよくこね、①と合わせ、調味料を加え、さらによく混ぜ合わせる。3cm位大きさのボールにしておく。
③春菊は洗い、葉先の柔らかい部分だけを使う。
④春雨は熱湯で戻し、食べやすい長さに切る。
⑤冬瓜は硬い皮を剝き、薄いイチョウ切りにする。
⑥スープに西洋人参を入れ煮立たせ、②を入れる。
⑦豆腐団子が煮えたら、春雨と冬瓜を加え、2分程煮て、塩で味を整え、春菊を入れて火を止め、蓋をして少し蒸らす。

ちなみに、主な材料の薬膳作用を紹介します。
鶏肉:
「性味・帰経」甘温 帰脾・胃経    
「効能」  温中益気・補精塡髄
「主治」  虚労・食欲不振・泄瀉・消渇・水腫・小便頻数・崩漏帯下・産後乳少
豆腐:
「性味・帰経」甘涼 帰脾・胃・大腸経    
「効能」  瀉火解毒・生津潤燥・和中益気
「主治」  目赤腫痛・肺熱咳嗽・消渇・脾虚腹脹
春菊:
「性味・帰経」辛甘涼 帰心・脾・胃経      
「効能」  和脾胃・消痰飲・安心神
「主治」  脾胃不和・二便(大便小便)不通・咳嗽痰多・煩熱不安
冬瓜:
「性味・帰経」甘淡、微寒 帰肺・大腸・小腸・膀胱経   
「効能」 利尿・清熱・化痰・生津・解毒
「主治」 水腫脹満・淋病・痰喘・暑熱煩悶・消渇・痈腫・解魚毒
西洋人参:
「性味・帰経」苦、微甘寒 帰心・肺・腎経   
「効能」 補気養陰・清火生津
「主治」 陰虚火旺による喘咳・痰血  熱病・気陰両傷による煩倦口渇

この料理は暑い夏に、疲れた~、身体にちょっと浮腫んでいるかな~と感じた時に最適です。

最後の1時間半程度の講義では、日本中医食養学会の副会長の岡本清孝先生が、「触れる・味わう 薬膳に使える中薬」を紹介してくださいました。補虚薬の紹介の同時に、何首烏、阿膠などの炮製方法も演じて下さいました。なお、みんなで、薬膳茶の甘麦大棗飲、何首烏、柿の葉茶なども煎じて飲んでみました。

少し疲れたかな~と思いますが、6時間で、豊富な内容の勉強ができて、普段、日本校の校舎でできない薬膳実習に参加できて、皆さんが満足な笑顔を見せてくれました。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の各先生かた、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。

では、3回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2008-08-28 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

夏期講習会 その2

こんにちは、周です。
先週の土日(8月23・24日)に夏季講習会―①《内経》理論の臨床応用、②解剖学、③夏と梅雨の薬膳を開催しました。その内容を紹介します。

私は金先生の《内経》理論の臨床応用の一日目を聴講しました。《内経》は素晴らしい著作で、これから勉強しないといけないかなぁと、改めて痛感しました。16症例を取り上げられ、金先生は《内経》の経文を用いて、古文を分かり易く説明しました。今回を通じて、一般的、普通な診断・治療を施しても、良い効果が得られなく、つまづいてしまった場合は、《内経》理論に基づいて、別の診断法・治療法を考えれば(つまり、別の角度から)、良い効果が出るようになるとの心得でした。

以下は、16症例に用いられる経文です。
《素問・刺禁論》:心部於表
《素問・至真要大論》:諸痛癰瘡、皆属於心
《素問・五臓別論》:心肺有病而鼻為之不利
《霊樞・本神》:脾蔵営、営舎意
《素問・陰陽応象大論》:脾「在声為歌」、肝「在声為呼」
《素問・宣明五気篇》:心為噫、脾為呑、肝為語
《素問・霊蘭秘典論》:肝「謀慮出焉」、胆「決断出焉」
《素問・気厥論》:胆移熱於脳、則辛頞鼻淵。鼻淵者、濁涕下不止
《素問・五臓別論》:魄門亦為五臓使、水谷不得久蔵
f0138875_15294034.jpg

解剖学は以下の内容です(担当:李 紅岩先生)。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系
f0138875_15301223.jpg

薬膳の調理実習では、品川きゅりあんにて、食養学会による夏期講習が行われました「調理の基礎・夏と梅雨の薬膳料理・薬膳に使える中薬」のテーマに沿って、食養学会の中村先生、岡本先生,村岡先生,金沢先生方が丁寧にご指導して下さいました。詳しい内容は次回紹介いたしましょう。

今回ご参加できなかった方々は、是非、来年ご参加ください。

毎年の夏期講習会は、普段の授業で講義しない内容になりますので、きっと、中医学の勉強に役に立てると思います。
[PR]
by jbucm | 2008-08-25 09:36 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
国立北京中医薬大学日本校、平成20年10月生募集説明会を下記のとおり開催します。

                   記   
      日 時:2008年8月30日(土)14:00~16:00
      場 所:北京中医薬大学日本校 別館教室

      第一部:学校説明会 14:00~16:00
      1.開会のご挨拶と運営体制の紹介
      2.北京本校と日本校について
      3.中医学を活かして
      4.カリキュラム・卒業資格・国際試験受験資格
      5.質疑応答

      第二部:個別相談会 16:00~16:30

当日は、植松捷之理事長より開会のご挨拶と運営体制の紹介や、高鶴亭学長より国立北京中医薬大学本校及び日本校の紹介の他に、卒業生の方々より「中医学を活かして」などの話もございます。

勿論、日本校各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等についての説明もさせていただきます。最後に、個別相談会を実施致します。

中医学や医学気功・中医薬膳にご興味がおありの方は、ぜひ、ご多忙の中この機会にご参加下さい。

なお、学校説明会に参加をご希望される方は、氏名・住所・電話番号を明記のうえ、FAX又はメールでお申し込み下さい。大勢の方のご参加をお待ち申し上げております。
[PR]
by jbucm | 2008-08-20 09:51 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
こんにちは、周です。
今回は三回目、中薬学院の紹介です。

中薬学院は1958年に創立され、中国早期に成立した中薬高等教育(大学)機構の一つです。1985年に中薬研究所を設立し、学部と研究所を一体にする管理体制となりました。現在、中薬生薬部・中薬化学部・中薬薬理部・中薬製薬部・臨床中薬部・生物製薬部・基礎教学部・実践教学部など8つ部、中薬基礎および新薬(新しい薬)研究センター・中薬炮製研究センター研究・分析測定センターなど3つセンターがあります。

師資状況:専任教師104名、教授27、助教授35、博士指導教授14 
学術出版刊物35、教材を主編・統編する5、北京市の精品教材8
なお、学院に在籍する国内外の著名な中薬専門家、教授、学者が多数います、中薬学院名誉院長は、薬用植物学者―肖培根院士(中国科学院の院士称号は、中国の科学者に与える最高の称号です)です。

近年、学院は「937」「863」「攻関」などの研究項目を主宰し、国家自然基金など各類な課題、約130項目があります。国家級または省級「科技進歩」賞、11つを受賞、専利(特許)申請、10つを受理、国家発明専利、8つを取得、科技成果の譲り渡す14つがあります。

中薬学院は、半世紀の発展の中、段々国内外にも影響力ある学院となりました。中薬種質資源の研究、中薬複方物質基礎および薬効評価の研究、臨床中薬学基礎の研究、中薬の新薬研究などの分野には、国内ハイレベルとなっています。
f0138875_10383412.jpg

[PR]
by jbucm | 2008-08-18 10:40 | 色々・・・ | Comments(0)

経穴の命名

こんにちは、周です。今回は経穴の話をします。

経穴と経絡は、人々の長期にわたる医療実践の中で発見されたものです。経穴が先に発見され、その後に経絡が発見されと考えられています。経穴は1つ、また1つと発見されていき、しだいに位置や名称(名前)が定まっていきました。
経穴を命名するのは、色々と関連があります。幾つかを紹介します。
f0138875_1639310.gif
解剖名称による
腕骨、完骨、心兪、脾兪

日月星辰による
日月、太乙、上星、太白

地理名称による
承山、合谷、尺沢、小海

建築物の名称による
内関、天窓、紫宮、内庭

動植物名称による
魚際、伏兎、攅竹、禾髎

什器の名称による
大杼、缺盆、天鼎、懸鐘

生理機能による
関元、志室、気海、血海

治療作用による
迎香、帰来、光明、水分

ところで、どうしてこんな名前を付けられたでしょうか?私は治療作用による命名された「迎香」を調べました、《針灸学》によりますと、本穴は鼻づまりがあり、臭いを嗅ぎとれないものを治療することができることから、迎香と名付けられました。
面白いですね、中医学を学習したくなりませんか?
当校の中医中薬専攻科にて詳しく講義しますので、《針灸学》にご興味がある方は、是非、ご入学ください。心からお待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2008-08-11 09:30 | 中医学 | Comments(0)

⑤燥邪犯肺:秋令燥邪による犯肺、津液虧少、肺が失潤による証候です。

【臨床表現】:乾咳無痰、或は痰が少なく粘って出難い、口・鼻・唇・咽喉の乾燥、便が乾燥、或は全身痛、悪寒発熱、舌乾苔簿の薄黄、脈は数、或は細数。

【証因分析】:秋にある燥邪は肺の津液を損傷し易いので、肺に潤いが失い、肺失清粛の故に乾咳無痰或いは痰粘且つ出難い。気道も乾燥するため、口・鼻・唇・咽喉の乾燥などが見られます。肺気は衛気に通じるので、燥邪が侵入すると、身熱悪寒などの衛表症状(秋の風邪)もみられます。

 夏に近い秋口に罹る燥邪は「温燥」といい、表証の症状は風熱感冒に似ていますが、冬の近くに罹る燥邪は「涼燥」といい、その表証の症状は風寒感冒に似ています。なお、もし燥邪が化火したら、肺絡(肺内の小さい血管)を焼灼し、胸痛や血痰などの症状も見られます。

⑥痰湿阻肺:痰が肺に停集し、肺失宣降して咳痰、喘哮を表す証候です。

【臨床表現】:咳嗽で痰が多く、痰質は稠か稀、色は白く出やすく、胸悶か気喘、哮鳴、喉中に痰声を聞こえ、舌淡、苔は白膩で、脈象は滑。

【証因分析】:外邪束肺か肺気虧虚により肺津不布を招き、肺内に停集して痰となります。又は、脾失健運により湿がたまって痰となり、肺にとどまってこの証となります。痰湿阻肺証には寒、熱の違いがありますが、一般的に寒証の方が多いです。臨床では、痰の色や舌、脈等に基づいて弁別するべきです。痰が肺気を阻渋し、肺失宣降なので、咳喘胸悶、沢山の痰を吐く、中で痰質が稠密の場合では、息道を塞ぎ、哮喘痰鳴を見ます。白膩の舌苔は痰の性質が偏寒なのを物語っています。

 なお、肺内にある飲証――支飲は、痰湿阻肺証とは違う病証になりますので、区別しなければなりません。

 次回は、大腸の病証を紹介致します。
[PR]
by jbucm | 2008-08-07 09:30 | 中医学 | Comments(0)

夏期講習会 その1

こんにちは、周です。
先週の土日(8月2・3日)に夏期講習会―気功と火神(助陽)派の扶陽理念及び応用を開催しました。その様子を紹介します。

気功は難しいと思われ、敬遠されがちで、大勢の方は聴講を躊躇してしまいます。正直に言って、私もその一人でした。今まで、宋先生の講義を真面目に聴講したことがなく、せっかくの機会ですから、今回を参加してみました。私のような全くの素人も参加していたので、気功の事を何も知らなくても毎日一分、二分でもやれば効果がある、というものを幾つか教えていただきました。
宋先生が解り易く説明しながら、動作も模範して頂いて、私にもできました。

一分間気功体操(導引術) 
一分間気功体操は、形を鍛えることをメインとして、舒筋活絡、滑利関節、矯正脊椎。身体とこころともにリラックスができ、身体の形を調整することができます。

二分間呼吸操(吐納法)
二分間呼吸操は、気を鍛えることをメインとして、呼吸吐納で体内の気血運行を促進します。精神的に落ち着き、エネルギーを蓄えます。

三分間瞑想術
三分間瞑想術は、神を鍛えることをメインとして、「木・火・土・金・水」の五行を観想することで、精神意識のセルフコントロール能力を高まり、精神的な汚染を粛清し、こころを清めます。

具体的で言えば、「肝・胆の木」を昇長の状態に展示する;「心・小腸の火」を開散の状態に展示する;「脾・胃の土」を内合の状態に展示し、蘊化を瞑想する;「肺・大腸の金」を収斂の状態に展示する;「腎・膀胱の水」を潤下の状態に表現する。

三分間瞑想術は、「木・火・土・金・水」を、それぞれ「木・太陽・大地・水晶・海」に意念(イメージ)しながら、相応な動作を配合して、中国伝統的な五行学説を体得します。最も大事なのは、この練習を通じ、人と大自然が血脈相通し、互いに密接な関係にあることを段々思い出して来ます。
f0138875_15543573.jpg


韓先生は、以下の内容を講義しました。
1、扶陽派の起源と発展
2、扶陽派の学術思想
3、扶陽派を代表する医家
4、陽虚証の弁証
5、火神派と他の学派の比較
6、扶陽法を代表する中薬と方剤
7、扶陽法を研究する現代的な意義
8、扶陽法の臨床応用
9、冷え証および対策
f0138875_15551065.jpg

[PR]
by jbucm | 2008-08-04 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm