カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

気血津液と臓腑の話(38)

こんにちは、今日は、久しぶりに臓腑の話を致しましょう。今回からは、3~4回に渡って、脾と胃の病証を紹介したいと思います。

脾胃は中焦に位置し、経脈で相互に絡属しているので、脾と胃は相表裏とされます。脾は水穀の運化を主り、精微を輸布して蔵営(営養物質を蔵す)します。胃は受納を主り、水穀を腐熟するので、「水穀の海」と呼ばれます。脾気は昇、胃気は降で、燥湿相済し、共同で飲食物の消化、吸収と輸布を完成させ、気血生化の源となり、「後天の本」とも称されます。脾はまた主統血、主四肢、主筋肉の機能を持ちます。

他の臓腑と同じ、脾胃の病証も寒熱虚実があります。脾の病証は陽気虚衰、運化失調、水湿痰飲の内生、統血不能などの病理変化になります。胃の病証は主に受納、腐熟(消化)機能の異常によって、胃気上逆(いきじょうぎゃく)という病理変化です。

脾病には、腹脹腹痛、泄瀉便溏、浮腫、出血等が常見されます。胃病には、脘痛、嘔吐、曖気(あいき、おくび・ゲップのこと)、呃逆(しゃっくりのこと)等が常見されます。

では、脾の虚証から紹介いたしましょう:

脾気虚証:脾気虚証とは、脾気不足により、運化失常として表れる証候です。飲食の不摂生や過労によるか、他の急慢性疾患によって脾気を消耗されるのが原因です。

【臨床表現】:腹脹納少、食後脹甚、大便溏薄、肢体倦怠、少気懶言(無気力で話が少ない)、顔色萎黄或は晄白、体が痩せるか浮腫む、舌質が淡で苔白、脈緩弱等一連の証候が見られます。

【証因分析】:脾気虚では、運化機能が減退と気虚の症状同時に見られていることを診断の要点です。脾気不足で運化力が弱くなり、消化が遅緩し、水湿が内停され、その逆影響を受けで、脾気が動き難くなり、虚性の腹脹となります。また、脾気不足すると、胃気も弱くなり、故に食欲がなくなります。水湿がうまく運化されないため、腸に流され、大便が溏薄(下痢気味)となります。肢体倦怠、無気力、面色萎黄、舌質淡、脈弱等一連の証候は皆脾気虚弱の象です。顔色晄白及び浮腫がある場合は、脾失健運により水湿が膚に浸潤するためです。

脾陽虚証:脾陽虚証は、脾陽虚衰により、陰寒内盛として表れる虚寒の証候です。寒象が顕著であるので、脾虚寒証、脾胃虚寒証、中焦虚寒証なども呼ばれます。

【臨床表現】:腹脹納少、腹痛、温かくするや押されることを好む、畏冷、四肢不温(手足の冷え)、口淡不渇、大便溏薄(下痢の程度は脾気虚証より酷い)。或は肢体困重、全身浮腫、小便短少、或は帯下量が多く、質が薄い。舌質は淡胖、舌苔は白滑、脈は沈遅無力が見られます。

【証因分析】本証の多くは脾胃気虚が進んだもので、飲食失調、過食生冷或いは寒涼薬物による脾陽損傷、また腎陽不振によっても招致される証です。弁証要点は、脾失健運(脾の運化機能が失う)と全身の寒象です。

 脾の働きは十分な陽気が必要で、脾虚気弱だと運化できないため、納少腹脹、大便溏薄となります。脾の虚寒の証では、腹部の隠痛、温運無力などがあって、水湿停聚し、故に小便短少で、水湿が肌膚に溢れるため、肢体浮腫で、下に注がれることから白帯量が多いわけです。口淡不渇及び舌、苔、脈等いずれも陽気虧虚、寒湿内停の象です。
[PR]
by jbucm | 2008-11-27 09:30 | 中医学 | Comments(0)

はやとうりの薬膳

こんにちは、周です。今回は野菜―はやとうりの話を致します。

先日、家の近く農協で日本での珍しい瓜―はやとうり(中国語は佛手瓜 fo shou guaと言います)を売られていました(日本に来たから初めて見ました)。写真を参考ください。私は買い、料理をし(佛手瓜炒肉)、美味しかったです。
f0138875_1683418.jpg

佛手瓜の原産地はメキシコや中アメリカ洲で、19世紀に中国、日本の鹿児島へ伝わってきました。熱帯地に広く分布しており、中国の広東、福建、浙江、雲南、貴州省など各地に栽培されています。蔓性植物で、ウリ科の多年草、雌雄同株です。秋に開花し結実します、果実は青いと白い、2種類があり、上手く育てれば、苗1本から100個以上も収穫できますので、「セントリウリ」とも呼ばれます。
f0138875_1610245.jpg

色々調理方法があります。日本では、なんといっても浅漬け(あのシャキシャキ感が一番宜しいで、塩・みそ・ヌカ・粕漬けで美味しいだそうです)が一般的ですが、私は食べたことがありませんので、何とも言えません。今回は中国での食べ方を紹介します。生でサラダに、果物として食べても、料理として色々調理法あります。油炒め、油あげ、肉と炒め、スープ、鍋料理、餃子の具にも宜しいです、漬物、缶詰にしても。その「肉と炒め」は結構イケますよ。果実以外に、茎、若葉も食べられます。

私が一番好きな調理方法―「佛手瓜炒肉」を紹介します。
①小さくて若い実はそのまま、大きいのは皮を剥いて(美味しくするポイント)適当な大きさに切っておく(アクが強いので、苦手の方は切った後塩もみし、水洗いしてください)
②まずニンニクをサラダ油で香り出るまで炒め、バラ豚肉スラスを入れ炒める
③①を②に入れて、水を少々(ヒタヒタ位まで)入れ、一緒に柔らかくなるまで煮る
④料理酒、塩、醤油で味付ける

佛手瓜は理気和中、疎肝止咳の作用があり、消化不良、胸悶気脹、嘔吐、肝胃気痛、咳嗽多痰に用います。営養不良による女性不妊症、男性不育症にも治療効果があるとされています。佛手瓜は温性なので、陰虚発熱、体質虚弱の者は要注意です。
[PR]
by jbucm | 2008-11-24 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(2)

北京研修旅行の報告

去る11月11~16日、日本校13名の在校生・卒業生の方が北京本校への研修(大学付属病院での臨床実習)に参加されました。また、中医中薬専攻科・平成17年生の卒業式も行いました。やや肌寒いの初冬の北京ですが、晴れる日が続いていたので、過ごし易い天気でした。
f0138875_166462.jpg

f0138875_1632224.jpg

大学付属病院での臨床実習は、一流の臨床医師指導の元で行い、先生の詳しい解説によって、今までに学んだ中医学の理論を臨床実践の中で検証されました。また、大学付属病院という環境の中で、日本では得られない、臨床の体験を習得することができました。
f0138875_1624954.jpg
f0138875_162124.jpg

f0138875_1653495.jpg

                        ↑
(「国医堂」病院の薬局で処方しているところです、一山は1人患者一日分の煎じ薬です。)

14日の金曜日の午後4時半より、中医中薬専攻科・平成17年生の卒業式典は本校講堂にて行いました(13名研修に参加された方の他に、わざわざ当日北京に行って、卒業式に参加された卒業生が1名いました)。北京中医薬大学の喬旺忠副学長や、教務処、外事処の処長ら、本校の教授達の見守る中で、卒業証書を受け取る感動は、中医学を学んで良かったという思い出になられました。また、祝賀パーティでは、喬副学長や、日本校の高鶴亭学長、植松理事長からのお祝いの言葉を頂き、東直門病院で講義をして頂いた教授及び通訳の方、本校の一部の在学生とのコミュニケーションもでき、大変有意義なパーティでした。
f0138875_1642565.jpg

f0138875_1614476.jpg

なお、初めて北京を訪れる方にとっては、万里の長城の登りや、北京ダック、薬膳鍋料理等の北京料理や、中国の民族料理などに、満足して頂きました。
f0138875_165132.jpg

国立北京中医薬大学日本校は、学生及び関係者の皆様に中医学を学ぶ機会を作り、中医学の国際交流を深め、日本における中医学の普及と振興に尽力してまいりました。今回の研修旅行に、13名の方が参加され、臨床研修によって、中医学の技能を高めることが図れれば、幸いに存じます。

最後に、この場を借りて、今回ご参加いただきました14名の方々へ感謝の意を表したいです。皆様の温かいご協力によって、無事に終了しましたことを心から感謝いたします。短い旅とは言え、本格の中医病院で体験されて、充実な毎日を送ることが出来ましたでしょうか。

なお、皆様は研修レポーターや旅の思い出などが書かれましたら、是非、学校へお寄せ下さい。近いうちに「北京中医会報」や、学校のブログへ掲載したいと思います。
     
皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2008-11-20 09:30 | 研修旅行 | Comments(0)

大・小柴胡湯の由来

こんにちは、周です。今回は方剤―「大・小柴胡湯」の伝説を話します。

漢の時代、南陽地区にある一つ世帯に、双子(男の子)が生まれました、兄は大大、弟は小小と命名されました。ある日、兄弟二人は同時に熱が出して、地元の名医―張仲景(150?~219)に診察してもらいました。張仲景は二人を診察し、症状は同じですが、病因は異なっていると判断し、2つ処方しました。

両処方の相同点は柴胡が君薬で、且つ黄芩、半夏、生姜、大棗を構成され、違う点は、兄の方が大黄、枳実を入れ、弟の方が人参、甘草を入れたのです。張仲景は家族の人が間違わないように、兄弟二人の処方に名前を書きました(兄の大大に大を書き、弟の小小に小を書きました)。さすが名医―張仲景です!二人は処方された湯薬を服用し、翌日治りました。その後、張仲景自分も両処方を常用し、効果も良かったです。

晩年の張仲景は《傷寒雑病論》を編集した際、両処方を収めるようとしましたが、7・8味(種類)から組成され、君薬は柴胡で、黄芩、半夏、生姜、大棗が入り、もし両方とも柴胡湯と名付けると、区別できなくなるのことを気付きました。すると、1つ処方は最初に大大に用い、もう1つ処方は小小に用いることを思い出して、大大に投入した方剤を「大柴胡湯」、小小の方が「小柴胡湯」と名付けました。

ちなみに、大・小柴胡湯の組成を紹介します。
大柴胡湯:柴胡、黄芩、芍薬、半夏、枳実、大黄、生姜、大棗
君薬:柴胡
臣薬:黄芩、芍薬、枳実、大黄
佐薬:半夏、生姜
使薬:大棗
小柴胡湯:柴胡、黄芩、人参、半夏、甘草、生姜、大棗
君薬:柴胡
臣薬:黄芩
佐薬:半夏、人参、甘草
使薬:生姜、大棗
[PR]
by jbucm | 2008-11-17 09:30 | 中医学 | Comments(0)

中国古代の聖人

こんにちは、周です。今回は中国古代聖人の話を致します。

①詩聖:杜甫 唐の時代の詩人 《杜工部集》を著した
②文聖:孔丘 春秋末期の思想家、教育家 儒家学説の創始人でもある
③史聖:司馬迁 西漢の著名な史学家、文学家 中国で初めて紀伝体(歴史編纂の一形式で、人物ごとの伝記を中心に歴史を述べる)通史―《史記》の著者である
④草聖:張芝 漢の時代の書法家(書家) 草書に長じる、旧隷草体に対して造詣が深い
医聖:張仲景(150?~219) 東漢医学家 所著した《傷寒雑病論》《金匱要略》は、中医学の発展に影響力が大きい
f0138875_15395317.jpg

⑥武聖:関羽 東漢末期、劉備の大将 彼の人を感動させる事績を、今も民間で伝わっている
⑦書聖:王羲之 東晋時代の著名な書家 伝世(はるか後の世まで伝わる)作品は《黄庭経》《蘭亭序》である
⑧画聖:呉道子 唐の時代の著名な画家 人物画に長じる
⑨茶聖:陸羽 唐の時代の人 お茶を嗜好のは有名で、《茶経》を著した
⑩酒聖:杜康 古代伝説の人物 醸酒の発明家である
[PR]
by jbucm | 2008-11-13 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

黄芩の内部が黒く空洞?

こんにちは、周です。今回は中薬―黄芩の話を致します。
f0138875_171459.jpg

黄芩はシソ科Labiataeのコガネバナの根ですが、老根で内部が黒く空洞になったものを枯黄芩と称します。性味は苦、寒で、肺、胃、胆、大腸経に帰経します。清熱燥湿、瀉火解毒、安胎作用があり、黄疸、泄瀉、熱淋、瘡瘍、急性熱病、肺熱咳嗽、熱性出血等に常用され、特に肺熱を清泄に長じます、上中二焦の湿熱火邪に適しています。

ところで、何故、黄芩の内部が黒く空洞なの?伝説があります。
中国四川省のある奥山に、恵まれない姉妹が居ました。姉の名前は黄芩、妹は黄連と言います、幼い頃に両親を亡くしました。臨終の母親は黄芩に、黄連の面倒をよくみるように、遺言を残しました。

最初の頃は姉が文句なしで妹の面倒を見ましたが、徐々に妹を邪魔ものだと思い、ついに見捨ててしまい、一人で自分の幸福を探しに行きました。その後、可哀そうな、病弱な黄連が山の中に餓死、凍死しました。のちに黄連が死んだところに小さい草がたくさん生えてきました、その草は弱弱しい黄連の身形(体形)によく似ていましたので、黄連と名付けられました。妹の黄連は一生に苦寒(生活が貧しい)だから、その草の性味も極めて苦寒であるそうです。

一方、姉の黄芩の方は、妹の黄連を見捨てた以来、幸せを手に入れることができましたが、幼い黄連に申し訳ない気持ちが一杯で、夜寝る時にも、悪夢を見る連続でした、暫くすると、精神的に虚しくて亡くなりました。黄連と同様、黄芩が死んだところに小さい草がたくさん生えてきました、この草の根も黄色で、若根であれば内が充実しますが、少し成長すると(老根)、内部が黒く空洞になります、皆はその草が姉の黄芩の化身だと思い、黄芩と呼ぶようになりました。
[PR]
by jbucm | 2008-11-10 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

「国際中医師」水平(2級)認定試験が行いました

去る11月2日(日)・3日(月・祭)、世界中医薬学会連合会が主催される2008年度の「国際中医師」水平(2級)認定試験が東京八重洲ホールにて行われました。当校の卒業生及び三年次在校生57名(過去最大人数)の方々が受けられました。
f0138875_15131261.jpg

今回、試験官として来日されたのが、世界中医薬学会連合会資格考試部主任・賀興東教授と資格考試業務主管・王強先生でした。最初は、皆さんに緊張した顔をみられていましたが、三年間の講義に真面目に出席され、そして、日々受験の準備も努力されていたので、試験問題をスムーズに解かれ、規定時間より速く完成され、笑顔で帰られる方が多かったです。

結果の発表は年内になると試験官の方に聞かされました。皆さん全員の合格をお祈りしております。

なお、今年の8月に世界医学気功学会が主催した、「国際医学気功師」認定試験に、本校の医学気功整体専科卒業生の中6名の方が受けられ、全員合格されました。本当におめでとうございます!

(李)
[PR]
by jbucm | 2008-11-06 10:55 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

人心不足蛇呑象

こんにちは、周です。今回は諺の由来の話です。

「人心不足蛇呑象」(人間の貪欲さは、まるで蛇が象を呑み込もうとする)は、広州人が「欲望は底なしである」人を風刺する諺です。この諺には故事があります。

象という幼い頃に、父親亡くされた子供が居まして、母親と二人で貧しい生活をしていました。その子はとても思いやりがある、親孝行な子です。ある日、象が塾(学校)の帰り道で、可憐な小蛇を見かけ、家に持って帰って飼うようにしました。歳月を経て、小蛇も、象も大きくなり、象の母親も年を取り、老婦人になりました。

その後、母親は原因不明な肝臓病を患い、診察を受け、大蛇の肝臓を引薬(引経薬)として使用する方剤を処方されました。それは象に悩まされました、どこから大蛇の肝臓を入手するの?と考えた挙句、標的は自分の目の前にいる、朝夕相処(毎日一緒にいる)の蛇にしました。すると、象は蛇の許しをもらい、口を大きく開けた蛇の腹に入り、肝臓を少し切り取りました。のちに、母親は大蛇の肝臓の引薬入りの湯薬を服用し、治りましたが、息子の象は完治することを信じていませんでした。不安と心配で、余分な大蛇の肝臓を切り取ろうと、再び蛇の腹に入り、1片(塊)、1片、又1片、全部で5・6枚位を切り取ったが、まだまだ足りないと思って、止まることがなく切りました。大蛇が死ぬほど痛くて、地面でゴロゴロ転がりましたが、象は全然気にせず、ひたすら切り続きました。仕方がなく、蛇は口を閉じ、象を呑み込みました、象は生きたままで蛇の腹で死にました。
それは「人心不足蛇呑象」の由来だそうです。

ちなみに、反対語は「知足常楽」です。
[PR]
by jbucm | 2008-11-03 09:30 | 中国の話 | Comments(0)