国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


こんにちは、今日は胆の生理機能、肝と胆の関係を紹介致します。 

胆は、肝に連なり肝の下に附き、肝と相互絡属し、表里関係を持っています。

胆の生理機能:
1.胆汁を貯蔵、排泄する:胆汁は肝臓から分泌されます。肝臓で分泌され、胆に貯蔵、濃縮されます。胆管を通して小腸に排泄します。

2.決断を主る:胆は精神意識活動の際、物事を判断し、決断する能力を持っています。精神刺激(例えば極度の驚き、恐ろしいこと)の和らげに作用があり、気血の運行を助け、各臓器の間の協調関係に重要な役割を果たします。

肝と胆の関係: 
肝と胆の生理上の関係は、主に消化機能と精神活動に現れてきます。

1.消化機能:肝は疏泄を主り、胆汁を分泌する。胆は肝に付属し、胆汁を貯蔵、排泄する。共同作業によって胆汁を腸に送り、脾・胃の消化を助けることができます。肝の疏泄機能が正常であれば、胆は胆汁を貯蔵、排泄することができます。胆汁の排泄が塞ぐことなく行われてこそ、肝の機能も正常に発揮されます。

2.精神活動:肝は思慮を主り、精神を調節する。胆は決断を主り、人の勇敢、臆病に関係します。肝・胆両者は互いに協力し合い、人の精神意識、情志活動は正常に行われるわけです。

次回からは、肝と胆の病機病証を紹介致します。


(李)
[PR]
by jbucm | 2009-01-29 10:30 | 中医学 | Comments(0)

冬季のスープ その①


こんにちは、今回からは冬季のスープ(中国語は 湯 tangと言います)を紹介します。

冬は寒いですので、補気塡精、滋養強壮の作用食材を選びは原則です、そのスープは機体の免疫を高め、感冒の予防もできます。

①百合炖烏鶏(烏骨鶏と百合煮込む)

功効:補腎助陽、滋陽補血
材料:烏骨鶏500g 百合・蓮子・大棗・当帰・西洋人参・枸杞 各20g
作り方:
①烏骨鶏を洗い、食べやすいサイズに切り、他の生薬も洗って置く
②まず烏骨鶏お湯通をして、水できれいに洗い流す
③炖盅に全部の材料、適量な水を入れ、大火(強火)で沸騰させた後、胡椒、老酒を少々加え、小火(弱火)で2~3時間炖する
④塩、味精(味の素)で味を調える

炖は薬膳の製作方法の一つです。この製作方法の特徴は材料が柔らかくて、元の汁と味が残ります。写真は炖に使用する炖盅です。
f0138875_18155268.jpg

附:烏骨鶏の選び方及び注意事項
骨黒肉黒好烏鶏(骨が黒くて、肉も黒いのは良い烏骨鶏です)
烏骨鶏は江西省泰和県が原産で、泰和鶏・武山鶏・竹絲鶏とも呼ばれています。良い烏骨鶏は「十大」特徴があります、その「十大」特徴は、紫冠・纓頭・緑耳・胡須・毛脚・五爪・白絲毛・烏皮・烏肉・烏骨(毛は白く、耳は青く、とさかは赤く、頭のてっぺんには丸くて、白い毛があるが、皮と骨と肉は、炭のように真っ黒い)です。
生痰助火、生熱動風し易いので、肥満、重症皮膚病の者には、不適宜または過食しないでください。

(周)
[PR]
by jbucm | 2009-01-26 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

こんにちは。
さて、今日は、肝の生理特徴及び肝と五志・五液・肢体・五官などの関係を紹介致します。

肝の生理特徴:
1.暢達(のびのびとする)を好み、鬱積を嫌う:
 肝気は上昇する特性を持っているので、暢達することによってその特性が正常に維持されます。

2.肝は「剛臓」で、その気は亢進しやすいし、逆動しやすい:
 剛とは強い、気短の意味です。肝の気は激しく動き、「将軍の器官」と呼ばれています。その気は上昇と動き易く、亢進もし易い。

 「体陰用陽」:体とは、本体のことで、用とは、機能のことです。意味は、肝の本体は陰であるが、機能は陽です。
 肝の本体は陰の意味:一つは肝が陰の臓器に属すこと、もう一つは肝が貯蔵する血も陰に属するからです。肝の正常な機能は陰血の滋養に頼っているが、その調暢気機の機能が陽性です。

3.肝気は春気に対応する:
 肝は東、風、木、春季、青色、酸味などと内在の関係があります。

肝と五志・五液・肢体・五官などの関係:
1.怒りは肝の志:
 怒りは人の情緒変化が激しい時の反応で、不良な刺激となります。怒りによって、「気機」は乱れ、陽気が上昇し、気血が逆上する。肝は疏泄を主るため、なお、陽気を上昇することが肝の機能であるので、怒りは肝の志というわけです。あまり怒ると肝を傷付け、肝の陽気の上昇が過度になり、血も気と一緒に逆上し、血を吐くや、昏迷することになります。「気厥(きけつ)」ともいいます。

逆に肝の陰血が不足し、相対的に肝の陽気が上昇し過ぎると、少しの刺激でも怒り易しくなります。臨床では、「怒りを治めるのは難しい、肝を治めれば怒りも治まる」と応用しています。

2.涙は肝の液:
 肝は目に開竅する、涙は目から出るため、涙が肝の液と言われます。涙は目を潤い、保護する作用があります。若し、肝の陰血が不足すれば、目が乾燥して渋く感じます。

3.肝は筋を主る:
 筋、つまり筋膜です。骨に付着し、関節と筋肉をつなげる組織です。筋と筋肉の収縮、拡張によって、肢体・関節を動かせるわけです。「肝は筋を主る」というのは、主に筋膜が肝血からの滋養されることを指す。なので、肝血不足すると、筋膜に営養を与えられず、四肢関節の動きが敏捷でなくなるばかりではなく、手足の震え、痺れなどの症状も見られます。《素問・至真要大論》に、「諸風(震え、痙攣など)掉(振るうこと)眩(目が回ること)、皆属于肝」といっています。

4.肝の華は爪にある:
 爪は指の爪と足指の爪を指している。筋の延長といわれるので、「爪は筋の余り」ともいいます。爪は目で見えるもので、爪の栄養は筋と同じく肝血から貰い、その具合(厚み、艶、裂など)で肝血の状況を反映できるので、「肝の華は爪にある」といいます。

5.肝は目に開竅する:
 目はまた「精明」とも呼ばれ、主な機能は視覚です。正常な場合は、ものをはきり見、色、大きさも判別できます。目もきらきらと光ります。
 肝は血を貯蔵し、また肝の経脉は「目系」(眼系ともいう)とつながっていますし、目の視力が肝気の疏泄や肝血の営養にも依頼しますから、肝は目に開竅するといいます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-01-22 09:38 | 中医学 | Comments(0)

こんにちは、周です。
今の季節(冬季)に、身体掻痒(痒い)を覚える方が結構います、西洋医学の治療を受けても、あまり効果がない場合は、中医を試して如何でしょう。

中医学では、「痒」は「風」と関係あると認識され、「血虚生風」が多く見られます。唐の時代・《千金方》に記載してあります、「痒症不一、血虚皮膚燥痒者、宜四物湯加防風、、、、、、婦人血虚、或通痒、或頭面痒、如虫行皮中。縁月水来時為風所吹、不然則是産褥中食動風物致之」(痒症の原因は色々ありますが、血虚によるものが多い)。

血虚による掻痒症を治療する代表的な方剤―「当帰飲子」(出典:《外科正宗》)を紹介します。
組成:当帰、川芎、白芍、地黄、防風、白疾藜、荊芥、何首烏、黄耆、甘草
効用:養血袪風
   血虚風躁の癮疹、湿疹、牛皮癬などの皮膚病
   失眠、煩燥不安の者には、珍珠母、竜骨、牡蠣、代赭石(先煎)、夜交藤を加える。

血虚の臨床表現:顔色無華或いは萎黄、唇色淡白、爪甲蒼白、頭暈目眩、心悸失眠、手足発麻(手足のしびれ)、女性の場合は、月経量少、色淡、閉経、舌淡、苔白、脈細・無力
[PR]
by jbucm | 2009-01-19 09:30 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、今回は肝の生理機能を紹介致します。

1.肝は疏泄を主る
 疏は疎通、泄は暢達の意味です。疏泄とは肝が疎通、暢達、流通、宣散の総合生理機能を持っていることです。元の朱丹渓は初めてはっきりと「疏泄を主るものは、肝である」(『格致余論』)と主張した。

肝の疏泄を主る機能は人体全身の「気機」の暢達に関係しています。「気機」とは気の昇降出入運動であり、気化運動の基本形式です。この昇降出入の運動は臓腑の機能活動によって実現されるわけです。「気機」はまた人体臓腑機能活動の基本形式の概括でもあります。人体の臓腑経絡・気血津液・営衛陰陽は皆「気機」がスムーズに昇降出入によって正常に維持されています。肝の疏泄を主る機能は各臓器の「気機」の昇降出入の間のバランスに調節作用を持っているので、とてもたいした機能ですね。

肝の疏泄を主る(調暢気機)機能は以下の五つの方面から反映されます:

(1)精神情志を調節する:人間の精神情志活動は心に主宰されるほかに肝の疏泄機能とも密接に関係しています。古くから「肝は思慮を主る」(『素問・霊蘭秘典論』)いわれています。肝の疏泄機能が正常だと、肝気上昇し、亢進もしなければ抑えられることもなく、人体は自己調節ができ、精神が愉快で、気持ち良く、頭もすっきりし、血圧も安定します。

(2)消化を促進する:脾・胃は人体の主な消化器官です。胃は食べ物を受け、脾は運化する働きがあります。肝の疏泄機能は脾・胃の消化機能を正常に保ちます。肝の疏泄機能は脾の運化を助け、清い陽気を発散させ、水穀精微を肺に送ります。そして胃の消化にも助け、栄養物質を小腸に送り出します。

(3)胆汁を分泌、排泄する:胆は肝に付属し、内に胆汁があります。胆汁は消化を促進し、「肝気の余り」とも言われます。肝の疏泄機能が正常であれば、胆汁も正常に分泌・排泄され、脾・胃の消化を助けることができます。

(4)気血運行の維持:肝の疏泄機能は直接他の臓腑の気機に影響を与えています。気機が暢達する限り、心の血脉を主る機能、肺の心を助け血行を良くする機能、脾の血液を統括する機能が充分に発揮でき、よって気血の正常な運行が保証されます。これによって、気血津液と臓腑が切り離せないということを一層理解できましたでしょうか。

(5)衝脉・任脉を調整する:女子の月経・妊娠・お産や、男子の排精などの特殊な生理活動は多くの臓腑に関係しますが、特に肝の作用が一番重要だと言われます。女子の一生に血がとても重要で、月経・妊娠・お産など皆血を消耗します。多くの女性は「気が余るが、血が不足している」と言われます。衝・任の二脉は女性の生理機能と密接に関係します。肝も血海であり、衝・任二脉は足厥陰肝経に通じ、肝に属されるので、肝の疏泄機能によって衝・任の生理活動が調整されるわけです。肝の疏泄機能が正常であれば、足厥陰経の気が暢達し、衝・任の脉はその助けを得、活発になり、月経も時間通りにやって来て、妊娠もしやすく、お産も順調になります。

2.肝は血を貯蔵する:
肝は血液を貯蔵する機能と量を調節する機能を持っています。

(1)血液を貯蔵:血液は水穀精微から生まれ、脾によって生化(せいか)し、肝に貯蔵されます。肝内一定量の血液を貯蔵することによって、自身を潤い、肝の陽気を亢進させずに、疏泄機能を保ち、また出血も防げます。

(2)血液の量を調節:正常な場合、人体各部分の血液の量は一定でありますが、その量は状况によって変わります。「血は人が動くと諸経に、静止すると肝に帰る」という言い方もあります。

 次回は、肝の生理特徴及び肝と五志・五液・肢体・五官などの関係を紹介致します。


(李)
[PR]
by jbucm | 2009-01-15 10:30 | 中医学 | Comments(0)

同仁堂の由来


こんにちは、周です。
中国には、北京の同仁堂、杭州の胡慶余堂、漢口の葉開泰、広州の陳李済、四大漢方薬局があります。今回は北京同仁堂の由来を話します。

同仁堂は清の時代、康煕(1669)年に浙江省の楽尊育が始めた店です。店の元の主人は岳という姓の人です。彼は明の時代の末期、北京にやってきて、町を回りながら治療していた医者でした。彼は北京を訪ねるたびに、大柵欄にある、山西省出身の楽という人が経営する、簡易旅館に泊まりました。その旅館は老夫婦二人だけでやっていて、南から北へ、漢方薬を売りに来る商人を、専門に泊まらせていました。
清の時代の早期、楽老夫婦は故郷へ親戚を訪問しに行くため、留守の間に、旅館を楽尊育に預けました。ところが、老夫婦は行ったきりのまま音信不通になってしまい、楽尊育はやむを得ず、改姓し(姓を楽に改め)、その旅館を引き継きました。その後、彼は行商を辞め、診療所も兼ねた店を構えました。そして、「共に仁徳を修め、人々を助ける」という経営趣旨に沿って、店名を「同仁堂」にしました。その後、楽家の子孫は、皇帝のご用達薬品を取り扱っていた育寧堂の娘と結婚し、朝廷に出入りすることができました。育寧堂では、何種類もの薬を商品化していましたが、西太後の夫であった咸豊帝が奕寧の名を引き継いだ後(自分の名を避けるため)、寧の字が付く薬や薬屋は全部改名させられました。
育寧堂も同仁堂と合併し、皇帝の薬は同仁堂が一手に収めるようになりました。

ちなみに、現在の「同仁堂」は、一般市民にも利用できます。
f0138875_152626100.jpg

他の三大漢方薬局について、ご趣味がございましたら、是非、調べてください。
[PR]
by jbucm | 2009-01-12 09:30 | 中国の話 | Comments(0)


新年おめでとうございます!李と申します。今年も引き続き日本校のブログ宜しく、お願い致します。

さて、今日は、肝と胆の話をさせて頂きましょう。年末年始は、お酒をいっぱい飲まれましたでしょうか?ご存知のように、現代医学では、肝臓はお酒を分解する重要な臓器だと解明しています。勿論お酒だけではなく、他の毒素を分解することも肝臓の役目です。

では、中医学は「肝」について、どういうふうにとらえているのでしゅか?次のようになります。

中医学でも、肝は人体の重要な臓器の一つだと説明しています。肝というのは現代医学でいう肝臓だけではなく、広く見ますと、自律神経や中枢神経の働き、血液の循環調節などもふくまれています。

肝は魂の在り処、血の貯蔵の場所で、筋の宗でもあります。肝は五行の木に属し、動・昇を主り、肝が司る情志は怒で、胆と表里関係をし、目に開竅し、筋を主り、その華は爪にあります。

「肝は魂の在り処」とは、肝は魂を宿し、判断力や計画性などの精神活動を支配と言う意味で、「罷極の本」「将軍の官」と呼ばれます。肝の性質は剛強で「肝っ玉の座った人」といいますが、肝の性質をあらわしています。

「肝は血を蔵す、筋を主る」ということは、血を貯蔵(血液には栄養・潤滑作用あり)や循環作用という大切な働きがあるということです。血が不足する(慢性の出血や外傷による失血などの)ときに、肝から血を補充してくれるが、肝血不足になると、痺れや、痙攣など引き起こし易い。

「肝は目に開竅する」というのは、目の病証が肝に関係深いということです。目がよく見えるのは血の巡りがよく、栄養素が豊富に運ばれてくるからなので、肝の働きが良くなれば目がよく見えます。

「肝の在志は怒である」、この意味は、怒りは肝に傷つける、また、肝の陽気が強すぎると、怒りやすいということです。なお、この怒りはストレス全般をさしています。これが長く続くと肝の働きに異常をきたすのです。

また、色では青色が肝と関係し、青っぽい顔色の人には、肝の症状があらわれるとされます。

肝の解剖形態:肝は腹部にあり、横隔の下、右脇下左よりのところにある。ここで注意して頂きたいのは、中医学で、腕の脈をはかる時に、「肝左肺右」の説があるが、これは解剖的な部位ではなく、その機能の特徴からいったものでしょう。

では、肝の生理機能について、次回紹介しましょう。
[PR]
by jbucm | 2009-01-08 10:00 | 中医学 | Comments(0)

古銭も中薬です


明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

今回は古銭の話です。
古銭も中薬として使われているのが、ご存じですか?

中国の著名な作家である馮牧(1919~1995年)氏は、敦煌で車の事故に遭遇し、2本の肋骨を骨折していまい、友人から差し出された祖伝中薬(秘伝処方)を服用し治癒した逸話がありました。その方剤の主な成分は、秦半両(秦の時代古銭)だそうです。また、《本草綱目》にも記載されています、定州の崔務という人が馬から落ちて、足の骨を折った、古銭入りの酒を服用され、足の傷が、すぐ治りました。

色んな図形違いの古銭は、収蔵家(収集家)に好かれて、医学家にも高く評価されています。《本草綱目》には、「古文銭、味辛、性平、主治翳碍、明目、療風赤眼。治婦人血気心痛、金瘡止血、還可治風爛出眼涙、悪瘡、疽瘡吐風痰、婦人生産横逆、心服痛」と記載してあります(古銭は止血作用あり、外傷を治療する、妊婦の難産の治療もできる)。

何故、古銭は薬用価値があるでしょう?
科学者(研究者)は、「原子吸収譜」(原子吸収スペクトル)という測定方法を用いて古銭を分析しました。その結果は、古銭の中に種類多く微量元素を含まれることを発見し、さらに、これらの微量元素は、ちょうど人体の身体が必要と不可欠な物だと証明されました。古銭入りの中薬作用(薬用)は、それらの微量元素だと言えるでしょう。

古銭は沢山ありますが、薬用として使えるのが青銅銭に限られています、例えば、秦半両、唐開元通宝、五代周元通宝。濫用してはいけません。
f0138875_114472.jpg

注:古銭の中にある微量元素は、銅Cu、鉄Fe、錫Sn、亜鉛Zn、アルミAl、バリウムBa、ナトリウムNa、金Au、銀Ag です。

(周)
[PR]
by jbucm | 2009-01-05 10:30 | 中医学 | Comments(0)