カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

気血津液と臓腑の話(58)


こんにちは、今日は、腎気虚による良く見られる二つの証を紹介致します。3月26日に腎の生理機能を紹介しました。腎気の二つ大きな機能は、固摂と納気です。これらの機能が弱まると、下記の証が見られます。

腎気不固証:腎気虧虚により、下元の固摂失職を招く証候です。多くは加齢で腎気の衰弱(老人の場合)、或は幼少で腎気が不十分による(子供の場合)か、長期の病や房労過度により腎気が損傷されるにより下元不固に起こります。

【臨床表現】:顔色が白、神疲、耳鳴、腰膝のだるさ、小便の回数が多く清澄、尿が切れない、遺尿、小便失禁、或は夜尿が多い。滑精、早漏、月経淋漓、帯下が多くて薄い、胎動易滑(流産し易い)、大便失禁、滑泄不止、畏寒肢冷、特に腰膝が冷える、舌は淡で脈が沈弱です。

【証因分析】: 本証の診断要点は、膀胱と生殖器官の固摂失職の症状が現れることです。
耳鳴り、神疲、腰膝のだるさ、脈沈弱などは腎気虧虚の表現です。腎気虧虚すれば、封蔵固摂の機能が失われますので、まずは膀胱の失約することがあり、小便の回数が多く清澄、尿がなかなか切れず、夜尿、遺尿、尿失禁などを見ます。また、精関不固なので滑精、早漏で、女性の場合は、衝任虧損になり、早漏、月経淋漓、帯下が多くて薄い、胎動易滑を見ます。なお、腎虧で後陰(肛門)が固摂されず、大便失禁、滑泄不止を見ます。畏寒肢冷、腰膝の冷えを見れば、それは腎陽もすでに衰えた表れです。

腎不納気証:腎気虧虚により、納気されず短気喘息を表す証候で、肺腎気虚と呼ばれます。多くは長期の病による咳喘、肺気の損傷によるか、先天腎気の不足、加齢による腎気虚衰、労損傷腎等により、腎気虧虚、納気不能を招きます。

【臨床表現】:慢性的な咳、呼多吸少、動くと喘ぎがひどく、痰は稀薄、場合によっては咳の際尿が出る(腎気不固証が伴う場合)、自汗神疲、声が低く怯、耳鳴、腰膝のだるさ、舌が淡で厚く、苔は白、脈は沈弱です。なお、息切れのひどい場合には冷汗淋漓、肢冷面青、脈浮無根が見られます。或いは気短息促、頬紅心煩、燥擾不寧、咽乾口燥、舌紅少津、脈細数を見ます。

【証因分析】:本証の診断要点は、慢性的な咳、呼多吸少、肺の中に気が足りないような感じ、動くと酷くなり、肺腎気虚の症状が伴うことです。肺は呼吸を司り、腎は納気を主る。「肺は気の主であり、腎肺は気の根である」と言います。故に肺腎気虚の病変は常に呼吸気息の機能減退として表現されます。本証の本はすでに腎に及んでいるので、臨床上では「腎不納気証」と呼ばれます。

 肺が吸い込まれた気を腎が受け取る(受納する)、肺腎気虚だと、気不帰元(腎失摂納、受納できず)、故に呼多吸少、気短喘促。気虚なので、動くとひどくなります。また、肺腎気虚、気化不能、津液散布不能なので、集聚して痰飲を成し、痰飲が肺にとどまると、咳嗽で、稀薄な痰が出ます。なお、肺虚すれば宗気も衰微で、衛表が固密できないため、常に自汗する、全身の機能が低下するので、声が低く怯えます。腎気不固、膀胱失約のため、咳と一緒に尿が出るか、尿が切れないことも見られます。腰膝がだるい、耳鳴等は腎虚の徴候です。

腎不納気は気虚を主とし、通常は陽虚に偏るが、陰虚に偏る場合も見られます。腎気虚極、腎の陽が衰弱の場合は、息切れがひどいと、冷汗淋漓、顔面蒼白で肢厥、脈浮無根の虚陽外浮の象、又は陽気欲脱の勢が見られます。腎の陰が衰弱の場合は、頬紅、咽乾、燥擾不寧、舌紅少津、脈細数等の症を併発し、気虚と陰液虧少を兼ね、陰不斂陽、陰虚内熱を招きます。

では、よい連休をお過ごし下さい、また来週。

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-04-30 09:48 | 中医学 | Comments(0)

中国生薬収集と同仁堂


こんにちは、周です。今回は中国生薬収集事情の話です。

中国には昔から生薬の主要収集地が2ヵ所あります。一つは河北省安国で、春と秋に開かれ、もう一つは遼寧省営口で、毎年の冬に朝鮮人参や鹿茸の市が開かれています。この2つの市は、どちらも同仁堂の掌柜(店のご主人)が到着してから取引が始まり、同仁堂は品質によって価格を決め、最高品質の生薬は同仁堂が高価格で買います。朝鮮人参は栽培されたものと、野生のものに分けられ、産地によっても異なりますが、同仁堂の掌柜は見分けることができます(野生の種苗を人工栽培されたものも、見分けられます)。同仁堂は生薬を買い入れると、荷馬車の上に載せ、皇帝専用の黄色旗を差し、役人と兵隊に護送されながら運びました。また、同仁堂は生薬以外に、薬の調合もしました。例えば、皇后・妃専用の「烏鶏白鳳丸」があります。

中国河北省安国市のHP、薬材市場についてのご紹介です、ご参考下さい。
http://www.anguo.gov.cn/typenews.asp?id=69

ちなみに、「烏鶏白鳳丸」を紹介します。
この薬の処方は唐代の白鳳丹によって、不示外人的転家宝(門外不出)です。これは婦人のあらゆる病気を治す妙薬です(とくに女性の生理痛や生理不順に使われることが多く、その効果は絶大です。または体質改善にも効きます)。原料は滋養強壮効果がよく知られている烏骨鶏を主成分と、朝鮮人参、黄耆、当帰、鹿角胶、牡蠣、熟地黄、香附子です。その烏骨鶏は江西省の山地が原産で、毛は白く、耳は青く、とさかは赤く、頭のてっぺんには丸くて、白い毛があるが、皮と骨と肉は、炭のように真っ黒いため、烏骨白鳳鶏とも呼ばれています。出来上がった薬は金箔に包まれ、ロウで密封されるので、百年も変質せずに保存できたそうです。同仁堂は、店の裏に工場をもっていました。生薬を他人の手に渡さずに自分で調合し、秘方も他人に漏らさない為でした。
[PR]
by jbucm | 2009-04-27 09:56 | 中国の話 | Comments(2)

気血津液と臓腑の話(57)


腎陰虚証:腎の陰液が不足で現れる証候です。多くは長い病気、或は温燥品の飲みすぎにより腎陰を損傷するか、先天不足や、不節制な情欲により、腎陰が損傷されて生じるものです。

【臨床表現】:腰膝のだるい痛み、めまい、耳鳴り、不眠健忘、歯や髪が抜ける、男子が遺精、女子の場合は月経困難か夢交、崩漏。形体消痩、潮熱盗汗、五心煩熱、咽乾、午後の頬赤、小便短黄、舌紅少津、脈細数になります。

【証因分析】:本証の弁証要点は、腎病の症状に陰虚内熱証が伴うことです。腎陰は全身陰液の根本で、臓腑形体を滋潤し、脳髄骨格を充養し、腎陽を抑制して妄動させない等の機能があります。腎陰が虧損されるので、臓腑形体はその滋養を失い、精血髄液が不足して脳髄骨格がその充養を失い、腎陽がコントロールされないので相火妄動して内熱を生じます。

 陰虧髄少で脳髄空虚、骨格欠充なので、めまい、耳鳴り、健忘、歯や髪の抜け、腰や膝のだるい痛みが見ます。形体、口舌は陰液の滋養を得られないので、咽乾口燥、形体消痩を見ます。陰虚して陽をコントロールできず、虚火が内擾するので、五心煩熱、潮熱、盗汗、頬紅などがあり、虚火上擾、神志不寧なので不眠多夢。相火妄動、擾乱精室なので夢精、女子は月経量は少ないか月経困難になります。一方、虚火が迫血妄行で崩漏を招くことも見られます(特に、更年期女性の不正出血によく見られます)。


腎精不足:腎精虧少による、生殖生長機能低下の証候です。多くは先天の不足(先天的元気の不十分)によるか、後天の失養、長期の病、過度なセックスにより腎精虧損を招きます。

【臨床表現】:小児の発育遅れ、矮れ、知力と動作遅鈍、泉門の閉鎖が遅れ、骨格の痿軟など。性機能が減退し、成人の男子が少精子か無精子、女子が無月経による不妊。また、老化が早い、髪や歯が抜ける、耳鳴り、健忘、足の萎え、痴呆などになります。

【証因分析】:本証の弁証要点は、子供の場合は、生長と発育の遅れ;成人の場合は、性機能の減退と不妊、或は、早老や痴呆などです。

 『素問・上古天真論』にいう:「腎は水を主どり、五臓六腑の精を受けてそれを蔵す。故に五蔵盛んなれば能く瀉す」。腎精の源は先天にあるが、後天の充養に頼ります。腎精は生殖と生長発育機能の盛衰として表現されます。

 腎精虧少で性機能が衰え、男は無精子不妊、女は無月経不妊となります。精は虧すと髄不足が生じ、髄汁虧虚なので、骨格、髄腔、脳海が充養されず、骨格失充、脳髄空虚なので、小児に五遅(立遅、行遅、髪遅、語遅、歯遅)、五軟(頭軟、項軟、手足軟、肌軟、口軟)が見られ、成人すると歯や髪が脱け、耳鳴り健忘、足が萎える等を見ます。
 
3月19日にも紹介しましたが、腎中の精気が虧損されていても、陰陽の失調がはっきりしていなくて、特に腎陽虚や腎陰虚の症状がみられないこともあり、上記の症状だけの場合は、それを腎精不足と呼び、治療は補精益髄(動物の骨や肉類のものを用いる)をします。

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-04-23 09:17 | 中医学 | Comments(0)

春季のスープーその⑤


こんにちは、周です。今回は春季のスープーその⑤を紹介します。

⑤百合蜜棗※(=保の下に火)猪腱(百合・蜜棗と豚のスジ肉煮)

功効:清熱潤燥、補中益気
材料:百合100g、陳皮5g、豚のスジ肉300g 蜜棗4個
調味料:塩
作り方:
①豚のスジは大きめのサイズに切り、湯通をして、水できれいに洗い流す
②百合、陳皮、蜜棗を水で洗い、20分間位、水に浸ける
③上記材料を鍋に入れ、2000cc水を加え、武火(強火)で沸騰させた後、文火(弱火)2時間煮る
④塩で味を調える

このスープは中気下陥、面色無華の者に用います。
注意事項:風寒感冒の者は不適宜です。
豚肉を服用する時、菱角と一緒に食べると腹瀉しますので、避けてください。

百合薬膳作用を紹介します。
性味帰経:甘、微苦・寒。帰肺、心経
効能:養陰潤肺、清心安神
主治:陰虚咳嗽、痰中帯血、熱病後期の余熱未清、情志不暢による虚煩驚悸、失眠多夢
[PR]
by jbucm | 2009-04-20 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

気血津液と臓腑の話(56)


 こんにちは、今日からは、腎と膀胱病証の弁証を紹介致します。

 まず、腎と膀胱の生理をまとめましょう:腎は精を蔵し、命火を主り、腎精は元陰で、生殖と生長発育の根本物資、命火は元陽で、生命活動の原動力です。故に腎は「先天の本」、「水火の臓」、「陰陽の根」と言われています。また、腎は水を主り、気を受納する機能もあります。腎の特徴は潜、蔵、即ち元陰元陽は固秘をよくし、耗泄妄動しないことです。腎と膀胱は相表裏し、膀胱は「州都の官」で、貯尿および排尿の機能があります。腎と脳、髄、骨、女子胞等奇恒の腑は密接に関係しています。腰は腎の腑であり、耳は腎の竅、腎気は二陰に通じ、腎の華は髪にあり、歯は骨の余りです。

 腎の病変は主に生長発育、生殖機能、水液の代謝異常として反映されます。脳、髄、骨および呼吸、聴覚、大小便の異常等もまた腎の病変の可能性があります。腎の病は陰、陽、精、気虧損を常見するので、多くは虚証です。腰膝酸痛、耳鳴り、歯や髪が脱ける、インポテンツ、月経困難、不妊、水腫、大小便異常等は腎病の常見症です。膀胱の病変は一般に排尿異常か尿液変化として反映されます。

 腎陽虚証:腎の陽気虚衰の証候で、多くは素体が陽虚、高齢による命門火の衰え、或は長期の病による傷腎や、他の臓腑に陽気の虧虚、過度のセックスによる傷腎によって招かれます。


 【臨床表現】:腰膝痠軟(ようしつさんなん、腰膝酸軟とも書きます。腰や膝がだるくて痛い)、形寒肢冷(寒がり、四肢の冷え)、腰膝以下が甚しい。眩暈、無気力、顔色が晄白(こうはく、光沢のある白)か黧黒(れいこく、暗くて黒い)、舌質か淡胖、苔が白、脈は沈弱、両側の尺が甚しい。次の症状も見られます:男子がインポテンツ、女子が官寒(子宮の寒冷)による不妊、性欲低下、小便が清澄で尿量が多い、夜間尿が多いなど;或は慢性下痢、五更泄瀉(ごこうせっしゃ、夜明けの下痢);或いは尿少で浮腫、腰以下の腫がひどい、押すと指が埋まる、酷い場合は、腹部脹満、全身に浮腫み、動悸気短、喘咳痰鳴。

 【証因分析】:この証の弁証要点は、全身の機能低下と寒象(形寒肢冷)があることです。胃陽、即ち命火は全身陽気の根本で、全身を温め、水液を気化し、生殖発育を促進します。腎陽不足すると、命門火衰なので、形体はその温暖を失い、寒気が内から生じて、気化できなく、水液代謝異常となります。命門は下焦の元陽で、腎陽不足のため、形寒肢冷、下半身(腰膝以下)がひどくなるわけです。命門火が衰えて、性機能が促進されないので、性欲が減退し、インポテンツ、不妊となります。陽気が水液を気化できず、水液は下へ向かうので、小便は清澄で、夜尿が多い。一方、陽が衰え気化されず、泌別尿液不能として表現される場合もあるので、小便不利にして尿少となります。水液の排泄が阻害され、体内に蓄積して肌膚に溢れるので、浮腫を見ます。水液は陽気の蒸騰を得ないと、勢い下降して腰以下の腫がひどくなる。陽虚水停、中焦の気機不調なので、腹脹満悶するが、これは「水反侮土」であることです。水邪が泛濫し、心陽を抑えるので、動悸気短を見るが、これは「水気凌心」であることです。水泛は痰となり、痰飲が肺にとどまるので喘咳、痰声となるが、これは「水寒射肺」であることです。舌は淡胖、苔は白、脈沈弱等いずれも腎陽失温、陽虚水停の徴候です。両尺脈は腎の脈なので、腎陽虚の故に、両尺脈がとくに弱るわけです。

 腎陽虚証は、臨床でよくみられる証です。他の証と伴って表れるケースが多いです。特に陽虚体質の人や、高齢者や、或は慢性病を持つ人に、上記の症状がありましたら、他の病証を治療の同時に、温補腎陽もしましょう。

 では、また次回。

 (李)
[PR]
by jbucm | 2009-04-16 11:00 | 中医学 | Comments(0)

中薬の四季歌・数字歌


こんにちは、周です。今回は中薬と方剤のお話です。

中薬・方剤は、産地、成長形態、気味、色、効能、発見者の名字、民間伝説などから命名されますが、数字、四季から命名されることも少なくありません、今回はそれを紹介します。皆さんも以下の紹介される歌から中薬・方剤の名を探してみてくださいね。

1中薬の名前と四季歌
春風和喣満常山、芍薬天麻及牡丹
遠志去尋使君子、当帰何必找澤蘭
端陽半夏五月天、菖蒲制酒楽半年
庭前嬌女紅娘子、笑与檳榔同采蓮
秋菊開花遍地黄、一回雨露一茴香
扶童去取国公酒、酔倒天南星大光
冬来無処可防風、白芷糊窓一層層
待到雪消陽起石、門外戸懸白頭翁
注:これは中国古人から残された有名な四季歌です、20種類余りの中薬を含まれていますよ。

2中薬数字歌
十大功労効力高、九里明赤目肝燥
八百力鉄打有効、七葉花鉄打崩漏
六月雪降温為好、五加皮除湿有道
四方蓮疎通毒透、三月昙疳積見効
両耳風風湿入流、一点紅炎症尤優

3方剤数字歌
独参湯滋補元気、二陳湯胃病適宜
三仙湯癬癩可医、四物湯芎帰芍地
五核湯膀胱疝気、六味丸中性温脾
七子湯観音送子、八珍湯四物合起
九仙散喘哮平肺、十全大補補血気
[PR]
by jbucm | 2009-04-13 09:40 | 中医学 | Comments(0)

新学期

時間を経つのは早いですね、もう4月です。
去る4月11日(土)に北京中医薬大学日本校も新入生を迎えました。

在校生の授業は4日の第一週から始まりましたが、平成21年度4月生の授業は11日(土)からスタートしました。今期も、中医中薬専攻科(15名)を始め、医学気功整体専科(8名)、中医薬膳専科(50名)各コースに多くの新入生を迎えました。

これから3年間、或いは1年間、各専科担当の先生、通訳、学校のスタッフらに囲まれて、難しい中医学の専門用語や、頭痛がしそうな、四字熟語を勉強し、何となく解るようになりますよ。

応援しておりますので、めげずに一緒に頑張りましょう。


教務担当の李・周
[PR]
by jbucm | 2009-04-12 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

気血津液と臓腑の話(55)



こんにちは、今日は、膀胱の生理機能及び、腎と膀胱の関係を紹介します。
膀胱の生理機能:
1.尿を貯蔵する:人体津液の代謝の時、水液は肺・脾・腎の作用によって、全身に拡散され、人体を潤います。また、人体に利用されて、津液の余りを腎に送らせ、腎の気化作用により清い部分が体内に再利用し、濁る部分(廃棄物質)は尿となり、膀胱に送られます。「津液の余りは小便になり」、「小便とは 、水液の余りである」と『諸病源候論』に書かれています。

2.尿を排泄する:尿は膀胱に貯蔵され、一定の量に達しますと、体外に排泄されます。
 膀胱の貯蔵と排泄の機能は、腎の気化機能に頼っており、所謂「膀胱の気化」とは、実は腎の蒸騰気化作用に属しているものです。

腎と膀胱の関係
 腎は「水臓」で、膀胱は「水腑」と称され、共に五行の水に属します。両者は密接に関係し、経絡によりも互いに絡み、臓腑表裏の関係にもなっています。

 腎は開閉を主り、水を主る臓器で、膀胱は尿を貯蔵と排泄し、水腑です。膀胱の機能は腎気の盛衰により左右されます。腎気は膀胱の気化機能を促進し、開閉を主り、尿の排泄をコントロールしています。腎気が充足すれば、尿が正常に生成され、膀胱に注ぎ、貯蔵されます。膀胱の開閉も適度で、尿が正常に貯蔵され、排泄されます。腎と膀胱の密接な合作により体内の水液代謝が維持されるわけです。

では、今回はここまで簡単に紹介しました。次回よりは、腎と膀胱の病証を紹介したいと思います。

(李)


  
[PR]
by jbucm | 2009-04-09 09:47 | 中医学 | Comments(0)

春季のスープーその④


こんにちは、今回は春季のスープーその④を紹介します。

④銀耳※(=保の下に火)猪腱(白クラゲと豚のスジ肉煮)

功効:滋陰潤燥、清熱生津
材料:西洋人参25g、白クラゲ25g、豚のスジ肉300g 大棗6~10個
調味料:塩
作り方:
①豚のスジは大きめのサイズに切り、湯通をして、水できれいに洗い流す
②白クラゲは水で戻す
③西洋人参を洗い、薄切り、大棗を洗い、種を抜き
④鍋に500cc水を入れ、武火(強火)で沸騰させ、①②③を入れ、再沸騰させた後文火(弱火)1時間煮る
⑤塩で味を調える

このスープは睡眠不足による虚火旺盛の場合に用います。
注意事項:胃寒の者は不適宜です。
西洋人参を服用する時、大根、茶葉と一緒に食べるのを避けてください。

銀耳薬膳作用を紹介します。
性味帰経:甘、淡、平。帰肺、胃、腎経
効能:滋補生津、潤肺養胃
主治:虚労咳嗽、痰中帯血、津少口渇、病後体虚、気短乏力

(周)
[PR]
by jbucm | 2009-04-06 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

気血津液と臓腑の話(54)


こんにちは。今日は、腎の生理特徴及び腎と五志・五液・肢体・五官などの関係を紹介致します。

腎の生理特徴:
1.腎は貯蔵を主る:これは腎の重要な生理特徴です。腎は先天の本で、生命の本であり、真陰と元陽を貯蔵しています。

2.腎気は冬の気と対応する:腎は冬・北・寒・水・咸味と内在の関係があるので、人体の腎気は冬に変化が激しいです。なお、冬に腎の病気と関節炎が多くなります。

腎と肢体・五官・竅の関係:
1.腎は骨を主る:
 骨格の生理機能は腎精と密接に関係する。腎が精を貯蔵し、精が髄を生み、髄によって骨が滋養されます。また、髄は骨の中にあり、骨髄と呼ばれます。故に、腎精が盛んになれば、骨髄も充分になり、骨格は骨髄の滋養を受けて、強くなります。という訳で、腎は骨を主ると言います。

 なお、歯は骨の余りで、骨と同じ源でありますので、歯も腎精によって滋養されます。

2.腎の華は髪にある:
 髪の栄養は血から来ているので、「髪は血の余り」と言われています。しかし髪をいきいきさせる源は腎です。理由は、「精血同源」ですし、腎は精を貯蔵し、精が血に化し、精血が盛んになれば髪に潤いがあって、つやつやになります。

3.腎は耳と二陰に開竅する:
 耳の聴覚、前陰(生殖器など)の尿の排泄・生殖機能、後陰(肛門)の排泄機能は腎と密接に関係します。

(1)腎は耳に開竅する:
 耳は聴覚を有する器官で、その聴覚の機能は腎精の滋養に頼っていますので、耳は腎に従属されています。腎が精を貯蔵し、精から髄が生まれ、髄が脳に集まり、精と髄が充分するこそ脳が滋養され、聴覚が鋭くなれます。

(2)腎は二陰に開竅する:
 腎と前陰:前陰は尿道と生殖器を含み、尿の排泄と生殖の器官です。尿液の排泄は腎の気化機能に頼りますので、頻尿・遺尿・尿失禁などは皆腎気虚弱に関係します。生殖機能についても前に話しました。なお、臓象学説では大腸の機能は脾の運化に帰属されるが、脾の運化は腎の滋養と温める作用に頼っているため、大便の排泄は腎の機能にも関係しています。

腎と五志・五液の関係:
1.恐と驚は腎の志である:
 恐と驚は人の外界に対する恐れの反応です。恐は恐れる、怯えることで、驚は突然の驚くことです。両方とも身体の気機運行に不良の反応を起し、「恐則気下、驚則気乱」と言います。あまり恐れると尿が漏れるケースが少なくない。

2.唾は腎の液である:
 唾は涎(えん)と同じく口の津液であり、粘り強いのは唾、薄いのは涎です。脾の液は涎で、腎の液は唾だと「難経・三十四難」に書かれています。この津液は食べ物を潤い、溶解する作用以外に口を清く保護する作用と、腎精を滋養する作用もあります。唾は腎髄から生まれるので、唾が多すぎる腎精を損なうことになります。唾を飲み込み、腎精を養うように心がけましょう。


(李)




[PR]
by jbucm | 2009-04-02 10:32 | 中医学 | Comments(0)