カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

飲食小秘方


こんにちは、周です。
飲食不節による損傷された脾胃の治療や予防する、「飲食小秘方」を紹介します。

腹脹の場合は、金橘(キンカン)を煎じ、又は沖茶(お茶にして飲用する)。佛手柑12~15gをお湯で沖泡(お湯を注ぐ)お茶替わりに飲みます。≪本草便読≫に「佛手、理気快膈、惟肝脾気滞者宜之」{舒肝、理気作用あり、肝欝気滞・脾胃気滞による(腹脹・胃痛・食欲不振・噯気・嘔悪)の者に適宜)と記載されています。
f0138875_1449430.jpg


肉類を食べ過ぎによる腹脹・食欲不振・嘔悪の場合は、山楂(山楂子)14個を煎じて飲用します。山楂は消食化積、活血散瘀作用あり、特に油膩肉積に有効であり、要薬であります。≪本草綱目≫に「化飲食、消肉積、癥瘕、痰飲、痞満呑酸、滞血痛脹」と記載されています。

麺類・穀物類・糯米を過食した場合は、炒穀芽30gを煎じて飲用します。≪本草綱目≫に「快脾(健脾)開胃、下気和中、消食化積」と記載されています。

泛酸呃逆(吐き気するが、胃内容物を吐かず、胃酸のみを上逆するか、吐き出すか)場合は、料理に調味料として生姜を加えます。生姜は発汗解表、温中止嘔、温肺止咳作用があります。≪別録≫に「主傷寒頭痛鼻塞、咳逆上気、止嘔吐」と記載されています。また、普段食生活には甘い物・漬物を控えめにします。

便秘或いは便溏(下痢)の場合は、胃腸の負担を減らすため、食事を減量します。

また、按摩穴位(ツボを按摩する)を配伍すると、良い効果を得られます。

内関:手厥陰心包経の穴位。治嘔吐、胃痛、胸悶、心悸
取穴法:上肢を伸展し、手掌面を上にする、手関節横紋の中央の直上2寸(3横指)、長掌筋腱と橈側手根屈腱の間
f0138875_14495850.jpg


天枢: 足陽明胃経の穴位。治腹脹腸鳴、泄瀉、痢疾、便秘、癥瘕
取穴法:臍の傍ら2寸(3横指位)
f0138875_14504371.jpg


足三里:足陽明胃経の穴位。治嘔吐、胃痛、噎膈、腹脹、泄瀉、痢疾、便秘
取穴法:膝を直角に曲げさせ、外膝眼の直下3寸(4横指位)、脛骨前縁より距離1横指
f0138875_14512882.jpg

[PR]
by jbucm | 2010-06-28 09:30 | 中医学 | Comments(0)

名老中医の養生談⑨

名老中医の養生談⑨
――静座可長寿 
 

 劉渡舟先生、男性、1917年生まれ。北京中医薬大学教授です。劉先生は養生法の中に、養性を重視し、厳守する格言は「恬淡虚無、真気従之」です。静を中心にして、根気よく、毎日一時間静座します。

 儒・道・佛の三教にそれぞれの養生法があるが、皆静座を主張します。こころを静め、雑念を捨てる、俗世間を忘れ、「恬淡虚無」四文字から着眼すれば、妄念がなくなり、正気が増える、月日のたつうちに、自然に「真気従之」、そして、「精神内守、病安従来?」(正気が増えることに従って、真気がついてきて、精神が内から身体を守るので、病気がどこから来るの?)。

 ここで、静座の方法を紹介します:

 静座は、「打坐」とも言います。静座には、「三調」、すなわち調身・調心・調息をしなければならない。

調身:静座の姿勢を正しくする。ゆるい服装を着る、全身をリラックス、腰背を真直ぐし、あぐらを組んで座る。

調心:全ての雑念をなくすこと。心が何の拘束も受けず、物欲がないままだと、頭がはっきりしていて気持ちがすがすがしく感じる、真気がついて来る。

調息:口を閉じて、舌先を上顎につける。一呼吸は一息、息が粗いと鼻から音が出る(これを「風」と言う)ので、入静できない。粗い息から段々静かになり、息があるようでないようのまままで調整する。

静座は一日一回で、一時間程です。長年間続くと、『内経』に「是以嗜欲不能労其目、淫邪不能惑其心……所以能年皆度百歳而動作不衰者、以其徳全不危也」と書かれてある通りになるでしょう。この言葉の意味は、これで目に嗜欲が入らなく、心も淫邪に惑わされない……故に百歳になっても動作の衰弱がなく、身体が健康であって、危ないことがないでしょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-06-24 10:00 | 中医養生 | Comments(0)

詩と石膏


こんにちは、周です。今回は「詩と石膏」の話を紹介します。

中国浙江省杭州市、西湖の岸辺の横町に、一見見るとごく一般の民家があります。実はその普通の民家を思わせる家は、于謙という民族英雄(岳飛・張蒼水と並べ、「西湖三英烈」の一人)が住んだ家です。人々に知られている于謙は、以下紹介する「詩」、≪石灰吟≫と関係があります。「千錘万煉出深山、烈火焚焼若等●(門の中に木)、粉身砕骨(粉骨砕身)全不怕、要留清白在人間」。
これは少年時代の于謙が、石灰焼を見るとき書いたものです。回腸蕩気(蕩気回腸ともいう、深い感銘を与える)の詩に出てくる石灰とは、中薬に用いられる石膏のことです。石膏は杭州周辺の特産で、現在も臨安玲瓏山岳地帯の各家庭に、石灰窑を建てられ、石膏を焼きます。

石膏を薬用として使われているのは、約2000年前からです。近代の名医―張錫純は、処方する際、大用量の石膏を使うのが好きで、「張石膏」と呼ばれるようになります。「石膏涼而能散、有透表解肌之力、外感有実熱者放胆用之、直勝金丹」(石膏は清涼散熱、透表解肌の効能があり、外感を感受して実熱ある者には大胆に使って下さい、金丹に勝る)と言いました。

石膏の薬用作用を紹介します。
性味:辛・甘・大寒
帰経:肺・胃経
効能と応用:清熱瀉火・除煩止渇
①外感熱病の気分証実熱・高熱・口渇・脈洪大
②肺熱による咳嗽・発熱・気喘
③胃火上炎による頭痛・歯痛・歯茎の腫痛
④外用(瘡瘍の瘡口が塞がらない場合)
生石膏は清熱瀉火、煅石膏は生肌斂瘡に長じます。生石膏は温病を治療する要薬で、高熱・口渇には良好な効果があります。
注意事項:
②内服の場合は生石膏を粉砕して先煎し、外用には煅いて粉末にし、散布します。
②性質は大寒ですので、陰虚内熱・脾胃虚寒の者は禁忌です。
[PR]
by jbucm | 2010-06-21 09:30 | 中医学 | Comments(0)

簡単な“参鷄湯”(サムゲタン)


材料:若鷄一羽、もち米、長ねぎ、生姜、にんにく、高麗ニンジン、棗、山薬、甘草、枸杞子若干、塩少々

作り方:
1、頭と内臓を取り除いた若鷄をきれいに洗います。
2、もち米、高麗ニンジン、甘草、棗(10個位)を洗ってから、若鷄のお腹に詰め込み、土鍋に入れ、薄切りの生姜とたっぷりのお水を加え、強火で煮る。
3、沸騰したら、とろ火にして、あくを取ってから蓋を閉め、1時間ほどゆっくり煮込みます。大蒜、山薬、残りの棗を入れて、さらに30分位煮込み、枸杞子、みじん切りの長ネギ、塩を入れて、3分間煮る。
4、杓子で若鷄を食べ易い大きさにつぶし、スープをかき混ぜて、完成です(ドロドロになるので、とてもおいしいです。写真はかき混ぜる前に撮ったものです)。
f0138875_10265198.jpg

薬膳効果:この料理は補気養陰の効果があり、疲労回復などに良いです。もちろん、コラーゲンもたっぷり入っているので、美容効果も求められます。なお、それほど熱性のものを使ってないから、夏でも食べられます。風邪など外感病の時だけは、食べないほうが良いでしょう。

若鷄の肉はとても柔らかくて、2時間ほど煮込むと骨のエキスもスープに出ていますので、本当においしいです。

これは、私なりの手軽な料理です。若鷄は上野アメ横地下食品売り場に冷凍したものを500円/羽で買ってきたが、他は全部家にあったものを使いました。計量を計る必要もなく、好きなものをどんどんいれるだけなので、楽しくて、美味しく作れます。もちろん、自分の体質に合わせて他の材料、或いは好きな材料を使っても宜しいです。たとえば、最後に青い小葱、又はニラを入れるともっと韓国風に近くなるでしょう。写真はうまく撮れませんでしたが、参考して下さい)。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-06-17 10:00 | 中国の家庭料理 | Comments(0)

夏季のスープーその⑨


こんにちは、周です。今回は夏季のスープーその⑨を紹介します。

⑨西紅柿皮蛋湯(トマト・ピータンのスープ)

功効:消暑解燥、化痰涼血
材料:西紅柿(トマト)2個、皮蛋(ピータン、アヒルの卵で作られたもの)、菠菜(ほうれん草)鶏がらスープ500cc 
調味料:生姜、塩、サラダ油適量
作り方:
①トマトは水で洗い、お湯でさっと通して、皮を剥き、半分に切って、蔕を取り除き、1cm位の厚さをスライスする
②生姜は千切り。ピータンは水できれいに洗い、皮を剥き、半分に切って、0.6cm位の厚さをスライスする
③鍋にサラダ油を入れ、熱くなったら、生姜・ピータンを加え、2~3分位焼く。鶏がらスープを加え、武火(強火)で沸騰させた後、トマト・ほうれん草を入れ、中火で沸騰させる
④塩で味を調える

このスープは夏季に口渇、心煩に成り易い者に最適宜です。

皮蛋の薬膳作用を紹介します。
性味帰経:辛 渋 甘 咸、寒。帰胃経
効能:潤咽喉、清(肺)熱、瀉(大腸)火
主治:咽乾口渇、声音嘶唖(かすれ)泄瀉、便秘
注意事項:スッポン、すもも、黒砂糖と一緒に食べないこと。
f0138875_1248082.jpg


附:アヒルの卵の表面に生石灰・食塩・草木灰など、アルカリ性の材料を水で捏ねて、厚く塗り、互いにくっつかないように、もみ殻の上を転がしてた後、大きな壺に入れて1ヵ月位密封して作る食品です。中国にある独特な卵の加工食品で、白身は半透明の固いゼリー状となり、「松花蛋」、或いはアルカリ性のために卵は変質したので「変蛋」とも言います。
[PR]
by jbucm | 2010-06-13 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

名老中医の養生談⑧

名老中医の養生談⑧
――上工治未病、養生可添寿 
 

 鄧鉄涛先生、男性、1916年10月生まれ。広州中医薬大学終身教授、博士の指導員であり、当代有名な中医学臨床家、理論家、教育家です。鄧先生は養生保健の思想を生活に活用しています。陰平陽秘で、精神恬淡、起居合宜であり、長寿に繋がります。

一、養生の道は「養心」である
 心は一身の主です。中医の理論によると、「心」は血脈の運行を支配するだけではなく、精神活動も主宰し、人体の最も重要な組織であり、「君主」の器官と称されます。故に、養生には、まず「養心」するべきです。心の健在は、機体各臓腑が正常に保つ土台です。保養心神は、まず七情の調節を重視するべきです。所謂七情とは、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七つの感情です。これらの感情が極めて強いと、臓腑の気血が逆乱になり、病気になります。人間の欲望の際限がないので、肉欲をたくましくすると健康を侵害し、ひいては色んな病気になります。

 何事があっても、いつまでも気にかけてはいけない。一歩譲ったら、度量大きくわだかまりがなくなります。こういう心理状態では、浩然の正気を養い守れます。もちろん、積極的、正確な欲望はなくてはならない。なので、欲望の「大きさ」を把握し、小欲や私欲を捨てて、蒼生(そうせい・庶民の意味)の思いを胸の中に入れる;そして、「求める」と「放す」との釣り合いをとれ、栄誉と恥辱に動じない。それこそ、養心の正道であります。

二、運動するが、し過ぎない  
 運動は養生の重要な一部です。漢代の華侘が五禽戯を論ずる時、こういう至理名言を話しました:「人体は労働が必要だが、不当使極(極端では不適当)だ。動くと、穀気が消化され、血脈が流通し、病気が生まれない。」この「不当使極」の意味は、適量で、過ぎないです。過ぎると養生に不利です。

 運動の種類を外功と内功に分けられます。体操・ジョギング・拳術などは外部へ力を使うから、外功に属すが、五禽戯、太極拳、八段錦などは内功に属します。中年・老人は、スピートを出して走ったり、テニスなど強い運動をしたりするのは不適切です。強い運動で気が消耗され過ぎるからです。しかし、内功では、力ではなく、意念を使い、意念を「主」と「引」にして、気で肢体を動かせ、程良く、傷気耗血しない。太極拳、八段錦は皆中医養生保健学の精華です。八段錦は中国古代の導引術として、体力作りに顕著な効果があり、中華伝統養生文化の貴重な宝物です。先生は、毎日八段錦を練習していまして、筋骨を鍛えただけではなく、臓腑機能の調節効果も得ています。

 中高齢者は、毎日のお散歩を薦めます。特に60歳以上の人は、毎日2回、毎回30~40分の散歩は、身体に非常に良いです。

 運動は、体力だけではなく、脳の運動も含まれます。たとえば、読書、思考、文章を書くなど、皆脳の運動になります。毎日日記を書くことは、健忘や痴呆の予防に良いので、お薦めです。

三、薬食同源、陰陽を平調する
 飲食に節度が必要です。肉や魚など美味しいものを食べ過ぎ、或いは不規則な食事したりすると、脾胃を損傷して、次第に一連の病気が発生します。脾胃は人の後天の本であり、栄養物質の消化吸収、気血の化生は皆脾胃の運化機能に頼っています(「脾胃は気血生化の源」という説がある)。多くの長寿者の飲食習慣から見れば、定時定量の食事、あっさりしたものを摂ることは、長生きの重要な素因の一つだと分かります。先生の食事は、一週間に2回お粥とマントー(中国式の蒸しパン、肉などの具が一切入ってないもの)、1回南瓜、サツマイモを食べます。あっさりしたもので、通腸の効果があり、一石二鳥になります。

 人体の日常状態は多少偏りがあり、絶対な「陰平陽秘」は存在しない。軽度な陰陽失衡は半健康状態に良く見られます。この失衡は薬食の性味を利用して是正できます。先生は偶に中薬を服用します。たとえば:人参10g、陳皮1g。補気兼理気で、南方の湿気地帯に最適です。なお、毎日、田七人参を5~10g飲むと、活血通脈の効用があります。

 先生は、お茶が好きです。血圧が高めなので、よく少量な活血行気の玫瑰花と平肝涼肝の菊花を龍井茶に合わせて飲みます。助消化のプアール茶を朝のお茶で飲んでいます。お茶は長寿に良いものです。「茶」という字は、二十ブラス八十八で、108になります。毎日お茶を飲むと、寿命は「茶」の数字を超えられます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-06-10 10:00 | 中医養生 | Comments(0)

黄梁美夢


こんにちは、周です。今回は「黄梁美夢・黄梁夢」(黄梁の夢・黄梁一炊の夢とも言う)を紹介します。

この故事は唐代に書かれた伝奇小説≪枕中記≫に出てくる話です。
唐の時代、科挙試験で上京し、何回目かの落第を経験した盧という青年は、落ち込んでの帰り道、日が暮れたので河北省邯鄲にある旅館に泊ります。旅館では黄梁ご飯を炊いていて、傍らに仙人の呂洞賓がいました。盧青年は懐才不遇(出世できない悩み)を訴えます。呂洞賓は磁器の枕を渡し昼寝をさせます。盧生は夢の中でまず科挙試験に合格し、のち、金持ちの綺麗なお嫁さんをもらいます。また、皇帝のお目がねに叶い、官位も歩歩高昇(一歩一歩上に昇っていく)、進士→節度使→御史丈夫→宰相→燕国公まで封じされました。子孫四世代と共に、人間の栄華福貴を五十年間極め、90歳位まで寿終正寝(天寿を全うする、喩:お陀仏に成る)。この時、馬屋で驢馬が吼えるので、びっくりして夢から醒めると、これは一切がただ夢で、自分はやはり貧しい書生で、さきほど炊いていた黄梁のご飯はまだ煮えきっていません。
呂洞賓仙人はこう言いました「人生はそんなもんですよ、本当の栄華福貴を味わい楽しみたければ、自分が努力しなければなりません」。

中国では、「勝手に描かれた願望が崩れさること」の比喩に用いることが多いです。

舞台となった河北省邯鄲市(三千年の悠久たる歴史と燦爛を誇る古都です)の北にあり、「黄梁夢呂仙寺」というは建築群があります。機会がありましたら、是非一度邯鄲市へ行ってみてください。
 
ところで、この故事に出てくる「黄梁」とは、何というものでしょうか?
f0138875_16122454.jpg
黄梁とは、黍(黄米)のことです。中国北方で生産される食糧の一種で、黄帝時代(古く)から使われたから、「黄米」と呼ばれるそうです。小米(粟)に似て、小米より粒がやや大きい、色は淡黄、煮えた後は粘性が強いですから、黄糕(もち)という食品を作ります、勿論ご飯、お粥、釀酒にもできます。ご飯を炊くのは約20分間が掛かります。
性味は甘、微寒で、益陰・利肺・利大腸の効能があり、陰虚・不眠・久瀉・胃腸弱の者に適応です。
[PR]
by jbucm | 2010-06-07 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

名老中医の養生談⑦

名老中医の養生談⑦
――小周天功法 
 

 鄧維浜先生、男性、1914年5月生まれ。吉林省吉林市中医院の主任医師です。 鄧先生は眩暈、膵炎、腎結石、高血圧、狭心症などの疾病を患ったことがあり、いつも治療を受けながら、養生を行ったため、ほぼ完治されました。鄧先生も「起居有序、飲食有節」という養生訓を守り続けています。なお、自分の意に沿わない時は「忍」をもって遇しています。

 鄧先生は気功の養生法を用心し、奇経八脈は養生術の中で重要な作用を持っていると考えています。ここで、鄧先生が奇経八脈理論に基づいて創られた小周天功法を紹介致します。その方法は簡単だが、続けて練習すると、大きな効果が得られます。先生は50年間あまり練習しています。

  奇経八脈は初めに『皇帝内経』から出現したが、明代の李時珍が初めてそれを発揮されました。李時珍氏は、奇経八脈は先天大道の「根」であり、特に任督衝三脈は造化の「源」であると認識した。気功学では、任督脈を貫通する方法を「小周天功法」と称されます。近代の名医張錫純先生は『医学衷中参西録』の中こう言いました:通督脈は、身後の病を治癒でき、通任脈は、身前の病を治癒できる,督任皆通であれば、元気が流行し動く、法輪が常に回る、精神旺盛で健康となり、これで長生きとなる。

 小周天功の練習方法はいろいろありますが、鄧先生が創られた小周天功法は簡単で練習し易いです:夜就寝の前、ベッドに仰向けして、両下肢は自然に開け、リラックスしながら、呼吸を調整する。舌先を上顎につけ、唾液が出たらそれを飲み込む。意念で元気を会陰穴から、督脈に沿って百会まで上昇させる。百会穴から唇の下へ行き、そこで徐々に任脈に会う、任脈に沿って降りて下丹田に戻る。さらに会陰まで下ろす。これを続ける。朝にも練習すると、より効果的である。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-06-03 10:01 | 中医養生 | Comments(0)