カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

手軽な中国家常菜②――「空芯菜の炒め」   


「空芯菜(くうしんさい)」とは野菜の一種で、その茎の中が空洞になっているから、名づけられたと思います。私の故郷、中国の湖南省には、蕹菜(ようさい)が蓊菜(おうさい)と言い、日本でのホウレンソウを食べると同じように、食卓に多くでる野菜です。実は今から25年前、私は大学を出て北京に行った時に、北京にもまだあまり空芯菜を見当たらなかったです。そのうち市場に出てきたが、食べ方を知らない人が珍しくなかったです(前回紹介した苦瓜もそうでした)。

およそ2~3年前から、時々東京のスーパーや八百屋に空芯菜を見かけ、懐かしくて、ついつい買って作りました。家族に好かれますので、いつも2~3束でないと足りないです。今日はその空芯菜の炒め方を紹介しましょう。

材料(2人前):空芯菜1束、ニンニク2~3かけ、唐辛子1~2枚(今回は娘が風邪気味で使わなかった)。塩、豆豉(あれば使いたい)、サラダ油、味の素適量。
f0138875_10124510.jpg

作り方:
1、空芯菜を茎と葉の部分に分けて(茎の加熱時間が葉より長いから)、茎を4~5センチ斜めに切ります。ニンニクをみじん切りします。
2、少し多めの油を中華鍋に入れ油を温め、ニンニク、豆豉、唐辛子を入れてさっと炒めたら、すぐに空芯菜の茎を入れ、少々塩を加え、強火で炒めます。
3、茎が軟らかくなったら、葉と、塩(少々)、味の素を適量加え強火で、更に炒めます。葉が完全に火が通ったら火をとめ、出来上がりです。
f0138875_10131777.jpg

空芯菜は、ニンニク、豆豉と唐辛子にとても相応しいです。なお、「空芯菜」だけではなく、中華野菜の炒めのコツは2点あります、その①は、油の多めに使う;その②は、強火で素早く炒めることです。

空芯菜の薬膳効果は清熱涼血、解毒であり、夏に最適な野菜です。なお、ホウレンソウなどと同じ、繊維を多く含め、便秘や糖尿病の方にもとても良い野菜です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-07-29 10:16 | 中国の家庭料理 | Comments(1)

古代医薬広告


こんにちは、周です。今回は古代医薬広告の話です。

中国古代の医薬広告は古くから、特に宋代には盛んでいます。≪清明上河図≫にこんな光景を描かれています。趙太丞は、治療と薬の販売を兼ね薬店を経営し、店頭には、屋根より高い広告用の看板、4枚を建てられ、その広告板に、各種の中薬剤型―丸・散・膏・丹などの効能作用を記載され、広く流布します。南宋の御医(皇帝の医者)である王継先は、祖先から「黒虎」という秘方を、「黒虎王家」というプラントにして売り出しました。当時の汴京城(首都)に疝気を治療する薬を販売する薬店の主人は、客が呼ぶ為に、名匠に木製の牛の看板を作成し、店頭に置き、すると薬を求める人が増えます。

皇族の病を治した後、「看板」に繋がるエピソードもあります。
南宋の臨安に、厳という痢疾の治療に長ずる医者が居ます。宋孝宗は痢疾を患い、厳が応召し、皇帝の病を治しました。宋孝宗は大喜んで、彼に「防御」という官位を封じ、「金杵臼」(金製の杵臼)も授かります。すると、厳は皇帝から与えられたものを合わさって、「金杵臼厳防御」というプラント品を売り出し後、薬店は商売繁盛となります。
陳という産婦人科医者は、康王趙構の王妃の病を治し、康王から御前羅扇を頂きました。のち、陳の子孫は浙江各地に行き、転家宝物(門外不出)=御前羅扇がバラバラできないので、すると、子孫達は各自門前に、木製の大きい羅扇を立たせて、「大扇陳」という看板を生まれました、その後、「大扇陳」は浙江地区に数百年も続きました。
[PR]
by jbucm | 2010-07-26 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

2010年北京中医薬大学研修旅行の案内

昨年は、インフルエンザ流行の為、日本校の北京本校への研修旅行を中止致しました。残念ながら、北京本校での中医中薬専攻科平成18年生の卒業式も実行できませんでした。

今年は昨年度の分も加え、北京本校への研修旅行(大学付属病院での臨床実習・本校での薬膳研修・中医中薬専攻科平成19年生の卒業式など)を実施致しますので、ご案内させていただきます。

中医中薬専攻科及び医学気功整体専科の在籍者及び卒業生は、大学付属病院での臨床実習に参加できます。一流の臨床医師指導の元で行い、先生の詳しい解説によって、今までに学んだ中医学の理論を臨床実践の中で検証することができます。なお、大学付属病院という環境の中で、日本では得られない臨床の体験を習得することができます。

中医薬膳専科の在籍者及び卒業生は、大学にて中医康復養生学の教授により、薬膳の講義を受けられ、薬草園の見学や、薬膳料理を体験することができます。

中医中薬専攻科平成19年生の卒業式典は本校講堂にて行い、本校の学長や、帰国された担任教授の見守る中で、卒業証書を受け取ることになり、そしてさらに、式後に祝賀パーティーがあり、本校の学長や、今まで講義をして頂いた教授達と共に食事をし、北京本校の在校生代表とのコミュニケーションもできますので、大変有意義なパーティーになると信じております。

なお、北京観光名所巡りや、北京ダック、薬膳鍋料理等の北京料理などに、とても満足していただける旅行になるでしょう。

中医中薬専攻科平成19年生だけではなく、在校生・卒業生の皆様も、是非、このチャンスを見逃しなくご参加下さい在校生及び中医中薬専攻科平成18年生の卒業生の皆様にこの案内を配布致しましたが、他の希望者がいらっしゃいましたら、学校へご連絡下さい。希望の方へ日程や申込表を郵送致します。

国立北京中医薬大学日本校は、学生及び関係者の皆様に中医学を学ぶ機会を作り、中医学の国際交流を深め、日本における中医学の普及と振興に尽力してまいりました。今回の研修旅行に、多くの方が参加され、臨床研修によって、中医学の技能を高めることが図れれば、幸いに存じます。

                                     国立北京中医薬大学日本校
                                        平成22年7月10日
[PR]
by jbucm | 2010-07-22 10:30 | 研修旅行 | Comments(0)

平成22年10月生募集説明会

7月17日午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成22年10月生募集説明会を予定通り開催致しました。ご多忙中と、暑い中、全国から50名以上の方々がお集まり頂きました。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。この説明会のため、北京から飛んで来ました、高 鶴亭学長が国立北京中医薬大学本校、及び中医中薬や気功療法などの伝統医学の現状、今話題となっていて・亜健康(2010年1月5日ブログご参照ください)を話しました。その後、当校の卒業生・日本中医食養学会の副会長の中村 きよみ先生より「中医学を活かして」などの話をして下さいました。

最後に、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。
f0138875_1615565.jpg


説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メールinfo@jbucm.com、又は、 お電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にてご連絡下さい。

世界保健機構(WHO)の指導理念は伝統医学の生活化であり、その中核を成す「中医学」の国際化は一層拡大普及しております。国立北京中医薬大学日本校は日本で最高の中医学を学べる大学であり、また日本に存在する唯一の伝統医薬大学です。皆様に大いに日本校が役に立てることを願い、国立北京中医薬大学日本校に中医学を学ばれることを心から歓迎いたします。
[PR]
by jbucm | 2010-07-19 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

名老中医の養生談⑩

名老中医の養生談⑩
――気功と長寿 
 
 
孫宜麟先生、男性、1915年2月生まれ。 遼寧中医薬大学付属病院腫瘍科の主任医師です。孫先生は中医内科の医師として60年以上従事し、1970年から癌の研究と治療に専念してきました。彼は、腫瘍の予防と治療に、疾病の全ての段階にも「元気」を育て上げることを重視すると主張しています。そして、「元気を育て上げる」重要な方法は気功であります。孫先生自分自身も、最も好きな運動は気功の練習です。

先生はいつも朝5時ごろに起床し、それから公園に行って太極拳や気功を練習しています。先生がよく練習する気功は『六字訣』です。ここで、『六字訣』を紹介しましょう。

『六字訣』は呼吸の練習です。孫先生は『寿世保元』の補益篇に記載されたものによって修練しています。「呼」とは六種あり、即ち息を吐き出す時に口から六種類の声を出す:それは、「he、hu、su、xu、xi、chui」です。「吸」(息を吸い込むこと)は一つだけです。

「he、hu、su、xu、xi、chui」はそれぞれの漢字があるが、漢字を使うと、日本語の発音になってしまいますので、練習の際、この通りで発音しましょう。「he」は心気を治す;「hu」は脾気を治す;「su」は肺気を治す;「xu」は肝気を治す;「xi」は胆気を治す;「chui」は腎気を治す。これは基本ですが、勿論、練功の時間、姿勢、方向、叩歯、鼻息などにもいろんな謂れがありますが、最初はそれほど拘らなくても良いです。自分の身体の弱いところに合わせ、また、季節に合わせて練習しましょう。毎日続けて練習することは一番大切なことです。 

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-07-15 11:30 | 中医養生 | Comments(1)

枸杞子


こんにちは、周です。枸杞子の話です。

ナス科SolanaceaeのクコLycium chinenseMILLの成熟果実です。「棘如枸之刺、茎如杞之条」に因み、枸杞と呼ばれます。枸杞の全身は宝です。若葉は野菜として食用され、子(果実)・花・葉・根・皮は中薬として用いられます。「宝樹」「薬樹」と称えられます。
f0138875_1531557.jpg


枸杞子は滋補扶正の良薬です。性味は甘・平、帰肝・腎・肺経で、滋補肝腎・明目・潤肺作用があり、肝腎陰虚・頭暈目眩・視力減退・腰膝痠軟・遺精消渇、陰虚労嗽などの証に用いられます。

ここで枸杞子を使ったお茶と薬膳料理を紹介します。
養肝明目茶
効能:肝血不足による目の乾渋、翳め、頭暈目眩、眼精疲労
材料:枸杞子10g  女貞子10g 杭菊花5g
作り方:沖泡或は煎じる

養陰潤肺枸杞湯(スープ)
効能:強身滋補・養陰潤肺
材料:銀耳(白クラゲ)、枸杞子、竜眼肉、氷砂糖 各15g
作り方:銀耳は水で戻し、上記材料を鍋に入れ15分位煮る

淮杞活血鶏湯(スープ)
効能:活血・強筋
材料:淮山(山薬)25g  枸杞子25g 鶏1羽  田螺10個 生姜・塩適量
作り方:
①田螺はお湯を通し、冷水で冷ます
②大き目な鍋に水を入れ、沸騰させた後、鶏は入れ再び沸騰させた後、鶏を取出しておく
③鍋に1000ml清水を入れ沸騰させ、上記材料を加え、3時間位煮込む。塩で味を整る
[PR]
by jbucm | 2010-07-12 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

手軽な中国家常菜①――「苦瓜と卵の炒め」

中華料理と言えば、麻婆豆腐やチャーハンなどが浮かんでくるでしょう。そして、「美味しいけど、面倒だから、作れない」という声も良く聞こえます。実は、面倒くさがり屋の私にとっては、普通の中国家庭料理(中国では「家常菜」と言います)が日本料理より簡単に作れます。たぶん、私がよく言う言葉「慣れる」は、ここにも適切でしょう。

最近、週に3-4回ほどしか料理しない私、ある日突然自分が作った料理を日本人の皆さんに紹介しようと思い、カメラを取り出して、写真を撮りました。本の家庭料理で、冷蔵庫にあったものをアレンジしただけ、見た目がそれほど綺麗じゃないが、味は一般の中華料理屋に負けませんよ(笑~)。

さて、今日紹介したい料理は、この梅雨の季節に最適な「苦瓜と卵の炒め」です。
f0138875_1214789.jpg

材料:苦瓜1本、たまご3個、パプリカ1/2個(今回はオレンジ色のしかなかった、赤の方がもっと綺麗に見えます。なお、赤ピーマン1個使っても良い)、長ねぎ1/4本、ニンニク2かけ。塩、サラダ油、醤油、味の素適量。

作り方:
1、苦瓜を薄切りして、少々塩を振って軽く混ぜる、約30分間付けて置き、炒める前に、出てきた水分を軽く切る(これで苦みがとれ、パサパサになり、美味しさが増す)。
2、たまごと塩(一撮み)をお茶碗に入れて、軽くかき混ぜる(かき過ぎないように)。
3、パプリカを食べ易いサイズに切る。長ねぎとニンニクを細かく切る。
4、中華鍋にサラダ油を多め(大さじ3杯位)に入れ、卵を炒める、固まったら、長ねぎを入れて混ぜる、お皿に移す。
5、中華鍋にサラダ油を大さじ1杯位、ニンニク、パプリカ、塩を一撮み入れて約1分間炒める、水分を切った苦瓜を入れ、さらに1分間位炒め、たまごを入れて、かき混ぜる。最後に味の素、醤油を少々入れて、味を調える。

薬膳効果:苦瓜は燥湿清暑と解毒の機能があり、たまごは補気滋陰ができるので、バランスの取れるコンビです、梅雨のむしむし感や、夏バテの疲労回復などに良いです。もちろん、お好みで唐辛子を入れて、辛くするのもおいしいでしょう。なお、豚肉のコマ切りも苦瓜との相性がとても良いので、たまごの代わりにやってみてもいいですよ。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-07-08 11:30 | 中国の家庭料理 | Comments(2)

夏季のスープーその⑩

こんにちは、周です。今回は夏季のスープーその⑩を紹介します。

⑩苦瓜痩肉湯(苦瓜・豚の赤身肉のスープ)

功効:降血圧、清熱瀉火、解燥、解毒
材料:苦瓜1本、海帯(昆布)100g、豚の赤身肉250g
調味料:生姜、塩、味の素、サラダ油適量
作り方:
①苦瓜は水で洗い、縦半分に切って、ワタを取り除き、1cm位の厚さをスライスする。昆布は千切り、2時間位水に浸けておく
②生姜は千切り。豚の赤身肉は食べやすいサイズに切っておく
③鍋にサラダ油を入れ、熱くなったら、生姜を加え、2~3分位焼く。肉・苦瓜・昆布を入れ、軽く炒め後、適量の水を加え、武火(強火)で沸騰させた後、文火(弱火)で肉が柔らかくなるまで煮る
④塩、味の素で味を調える

このスープは肥満・動脈硬化・高血圧の者に最適宜です。

海帯(昆布)の薬膳作用を紹介します。
性味帰経:咸、寒。帰肝・胃・腎経
効能:消痰軟堅、利水消腫
主治:癭瘤、瘰癧、噎膈、脚気水腫
注:苦瓜はスライスし、お湯を通し、20分ほど冷水に浸けると、苦味が取れます。
[PR]
by jbucm | 2010-07-05 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

第六回国際医学気功シンポジュウム


世界医学気功学会は第六回国際医学気功シンポジュウム、及び学会成立20周年記念大会が、2010年6月22日~24日、北京九華山荘ホテルにて開催致しました。世界中の医学気功専門学者及び医療、教育、研究の関係者の300名近くの方々が出席されました。
f0138875_11415468.jpg

今回の国際医学気功学術シンポジュウムの主な内容は、癌・糖尿病・心臓血管疾病・養生などに関する気功の臨床応用と研究発表、20年間各国の医学気功の進展状況の紹介と評議の他に、治療効果が顕著である功法の実演を10数種類見られ、其の中一部(以前より多くの)功法を学ぶこともできました。このシンポジュウムに通じて相互交流、学習ができ、医学気功事業の繁栄と発展を促進することが果たされました。

当校は、卒業生、在学生及び関係者の皆様に中医学や気功学を学ぶ機会を作り、この分野の国際交流を深め、日本における中医学や気功の普及と振興に尽力してまいりました。今回も、「2010年国際医学気功シンポジウム参加団」を成立し、気功研修旅行(4泊5日、又は5泊6日)を企画致しまして、植松理事長・気功の宋海君先生を始め、13名の参加者がこの大会を楽しみました。
f0138875_11422215.jpg

21日は受付で、22日の午前中は開会式です。22日の午後から、24日の午後まで、2.5日をかけて、30数名の気功家より、気功の臨床応用と研究の発表や、功法の実演を発表され、宋海君先生の論文《練気六段階の境界》が好評されました。
f0138875_115004.jpg

会場は泊まりのホテルの3Fにあり、食事もホテルの中のレストランで済ませます。毎朝、皆が早起きして宋先生を囲んで練功をなさいました。お名前が知らない欧米人の女性も毎朝私達のチームに入り、一緒に楽しく練功されました。
f0138875_11564070.jpg

24日の夜に行いました閉会式の直後、日本校の参加チームは早速、北京市内の中心地帯(王府井)のホテルに移転しました。25日は自由行動し、皆が市内観光や買い物を楽しめました。そして、有名な北京料理と山西料理を楽しむこともできまして、本当に満喫でした。

参加者の皆様、6日間(もしくは5日間)本当にお疲れ様でした。なお、いろいろご協力を頂きまして、心より感謝致します。また、次回のご参加をお待ちしております。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-07-01 10:00 | 医学気功・太極拳 | Comments(0)