カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

華侘 その2

こんにちは、周です。今回は前回の続き、医家―華侘の話です。

華侘は世界各地に居る中国人(華人・華僑)の中で有名であります。中国人は自分の命を救わられた時、医者に感謝の意を表した言葉が書かれた「錦旗」(錦の旗)を贈る習慣があります、その「錦旗」に書く最も多い言葉は、「妙手回春・華侘再生」です。華侘の名前は「医術高明」の代名詞となっています。
f0138875_1872990.jpg


これまでの中医学は、名医を輩出しており、(華侘時代の)前に扁鵲が居て、同時代には張仲景、(華侘時代の)後に孫思邈、李時珍等等、多くの名医が居ました。何故中国人は華侘を「神医」として尊敬しているのでしょうか?それには幾つかの原因が考えられます。

1、料病如神、予知生死
ある妊婦は妊娠6ヵ月で、突然腹痛が出てとっても苦痛です。華侘が診察(脈診)して、こう言いました:「復中の胎児は、もう死んでいました。腹の左に居るので、男の子です」。「打胎」(=堕胎)できる薬を服用させ、予想通り、男の子が出てきました。死胎が下ろされた後、妊婦の腹痛も治りました(華侘時代は、聴診器などの医療機械が一切なかった)。

2、治療神奇、手到病除
李成という軍吏(軍隊に勤めている下級役人)は、咳嗽が酷くて昼間も夜も眠れず、膿血も咯きます。華侘が診察して、李成に言いました:「あなたの病は肺にあるではなく、腸にあります、腸に腸痈という病がありますよ」(中医学は肺・腸が表裏関係であると考えています)。華侘は薬粉(粉薬)を処方し、李成に渡しながら、こう言いました:「この薬を飲めば、大量の膿血を出し後、身体を調養し、1ヵ月間で治ります。だが、18年後にまた軽くの発症がありますので、その時、予め私から渡してある、もう1つ粉薬を飲んでください、そうしないと、大変なことになります」。李成は言われた通り、1つを服用し、病が治り、もう1つは大切に保管しています。その後、5・6年間を経ち、李成の親戚が彼と同じ病を患い、死にそうになっているため、仕方がなく、李成がその大事に取っている薬を親戚に飲ませました、親戚は救われたが、13年後、李成の病が再発して、死にました。

3、外科神奇、開刀剖腹
2011年1月24日のブログ ご参照下さい。

4、医学流派、器重神奇
古代中医学では、華侘・扁鵲は同流派であり、病を診断・治療法は伝奇的なものが多く、しかも望診(顔・体型・表情などを見る)だけで生死の予知ができ、それは世の中の人から一番刮目される所です。張仲景は価値ある≪傷寒論≫・≪金匱要略≫という医書が後世に残してあります。

当校では、古典講座≪黄帝内経≫・≪傷寒論≫を引き続き、今年4月からは≪金匱要略≫(金先生担当)・≪温病学≫(韓先生担当)を開講する予定していますので、是非、このチャンスをお見逃しなく、奮ってご参加下さい。詳しくはE-メールinfo@jbucm.com、又は、 電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にご連絡下さい。
[PR]
by jbucm | 2011-02-28 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

飲食で性格を変える

特殊な性格(行為)を持つ人に、食物の営養組成を調節すれば、その性格(行為)が相当程度の改善ができます。その幾つかの方法を紹介しましょう。

①気分が不安定者
気分が不安定の多く場合は、身体にカルシウムの不足が原因です。なので、カルシュームやリンが多く含まれるものを多く摂取するべきです。例えば、大豆、牛乳、莧菜(けんさい、中国の野菜)、かぼちゃの種、昆布、木くらげ、海苔、たにし、河蟹、小エビ、オレンジなど。
②ぺちゃくちゃとしゃべりまくる者
よくクドクドしゃべりまくる者は、大脳にビタミンBが足りないと考えられますので、雑穀を多く食べることと、牛乳や蜂蜜を毎日飲む必要があります。
③怒り易い者
よく怒りだす者の多くも、カルシウムの不足とビタミンBが足りないと考えられます。この場合は、塩分と糖分の摂取を減少し、上記①と②のものを多く摂取しましょう。
④臆病者
臆病で、意気地なし者は、主にビタミンA、B、Cが不足だと考えられます。唐辛子や、ピーマンなどの野菜や果物、そして、干し竹の子、干し魚類を多く食べると良いです。
⑤自閉傾向者
自閉傾向がある者は、神経質で冷淡な性格を持つ者が多いです。蜂蜜と果汁を多く飲み、毎日少量な酒を飲むことも良いです。
⑥優柔不断者
優柔不断で、ぐずぐずしていてなかなか決断がつかない者は、肉類が足りないと考えられ、肉類の物と野菜、果物のバランスが摂れた飲食が望ましいです。
⑦消極的で、他力本願主義の者
消極的なの者は、何事にも胆略と勇気がないです。甘いものを控え、カルシウムとビタミンB1が多く含まれる食物を多めに食べるべきです。
⑧竜頭蛇尾者
初めは盛んになり、終わりは振るわない竜頭蛇尾の者、通常の場合は、ビタミンAとCが足りないでしょう。豚肉、羊肉、牛肉、鶏肉、レバー、牛乳、卵、たにし、河蟹などの食物が良い。なお、ビタミンCが多く含まれる唐辛子、苦瓜、チンゲン菜、ササゲの実、棗、キュウイフルーツ、山楂、蜜柑などを多く食べると良いです。
⑨わがまま者
わがままな者は、肉類の者を控えめ、魚を多めに食べると良いと言われます。なお、塩分を控えること、野菜は緑黄色なものが宜しいです。
⑩焦慮し、不安な者
何事に対しでも焦慮して、不安する者は、カルシウムとビタミンBを多く摂取し(上記の①と②)、動物性のタンパク質を多く撮ると良いです。
⑪おじけ恐れ、抑鬱者
恐れて、抑鬱の者は、レモンや、レタス、じゃが芋、燕麦、(コムギの)ふすまが入ってるパンなどを多く食べるべきです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-02-24 10:07 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

美容(肌)に良いスープ

こんにちは、周です。今回は美容(肌)に良いスープを紹介します。

1、烏骨鶏湯(烏骨鶏スープ)
材料:烏骨鶏1羽 、当帰・黄耆各15g,、大棗・竜眼肉各10個
作り方:内臓を取出し烏骨鶏、水で洗い流した後、当帰・黄耆・大棗・竜眼肉をガーゼ袋に入れ、紐で口を結んで、烏骨鶏の腹腔に入れる。烏骨鶏を土鍋に入れ、ヒタヒタまで水を加え、沸騰しましたら、弱火で2時間煮込む。
f0138875_12363747.jpg


2、猪蹄湯(豚足スープ)
材料:豚足1本、大棗・竜眼肉各10個、当帰・黄耆各15g、黒木耳10g、落花生20g、
作り方:上記材料を土鍋に入れ、適量の水を加え、沸騰しましたら、弱火で2時間煮込む。
f0138875_12372922.jpg


3、牛乳木瓜西米露(牛乳・木瓜のタピオカミルク)
材料:熟した木瓜1個、牛乳300cc、砂糖適量、タピオカ50g
作り方:適量の水を沸騰して、西米を入れ、中火か弱火で西米が半透明なるまで煮る。水を切って、氷水を盛っているポールに入れ、5分位浸ける。ざるに移し、冷たい水を切って、水道水(常温の水)で流す。牛乳・木瓜・西米・砂糖を鍋に入れ、中火で沸騰したら出来上がる。
注:西米(=タピオカ)はサゴヤシの幹からとった白い米粒大のでんぷんです。「西谷」「西谷米」とも言います、中国では西米露(タピオカミルク)をデザートとして使われています、夏場では冷蔵庫に入れ冷やしてから食べると美味しいですよ。
f0138875_12381967.jpg


4、連子薏米湯(蓮の実・薏苡仁スープ)
材料:蓮の実30g、薏苡仁50g、氷砂糖適量
作り方:上記材料を鍋に入れ、適量の水を加え、軟らかくまで(約40分)煮る。

5、大棗百合雪耳糖水(大棗・百合・白木耳の砂糖煮)
材料:大棗50g 、百合30g 、白木耳20g、砂糖適量
作り方:上記材料を鍋に入れ、適量の水を加え、約50分煮る、食べる直前に砂糖を加える。
[PR]
by jbucm | 2011-02-21 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

名老中医の養生談⑮

名老中医の養生談⑮
――視力の保護とよく使う保健食品(薬品) 
 

 朱永厚先生、男性、1928年生まれ。長春中医学院附属病院小児科主任医師・教授です。先生の家族は中医代々の名門で、その祖父も父親も長生きしていました。みんなでの養生経験は、規則正しく、素朴な生活をする、適当に働き、趣味を持つこと、慎み深く、性格温和であることです。良好な生活習慣と温和な性格で、先生も今でも心身健康で、愉快な生活を送っています。

 ここで、先生が視力の保護とよく使う保健食品(薬品)について、紹介しましょう。

先生の視力はとてもよくて、66歳になった時でもメガネ使わずに、新聞や本を読んでいました。先生が視力の保護の要点は次です:
①く机に向かってものを書いたり、本を読んだりしない。目が疲れないように、時々遠いところを眺める。
②閉目養神」(目を閉じて心を休める)するのを忘れない。
③毎日睛明穴、太陽穴、攢竹穴各5分間按摩(マッサージ)する。
④緑色の植物をよく観る。
⑤動物のレバーを食べる。
 
 先生は気候の変化によって服の加減するのがよく注意しますので、あまり風邪を引かないです。なお、暴飲暴食したりもしなく、いつもさっぱりした消化し易いものを食べますし、胃腸の病気も罹らないです。先生がよく食べる主食は米・粟・麦・豆類です。好きな野菜類は白菜・ポテト・セロリ・ほうれん草など、果物は柿・バナナ・リンゴなどです。

なお、身体がちょっと疲れを感じたら、早めに下記の生薬から、数種類を選び、煎じて飲みます。菟絲子・車前子・天門冬・麦門冬・遠志・杜仲・黄精・枸杞子・沢瀉・菊花・山茱萸・山楂・白伏苓・五味子・人参・酸棗仁など。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-02-17 10:25 | 中医養生 | Comments(0)

六陳

こんにちは、周です。今回は中薬「六陳」の話です。

中薬「六陳」を呼ばれるのは約1000年前の大昔からだと言われていますが、実際何時から・具体的な時間について各家本草は皆深くまで究明していません。初めて中医学を学ぶ人は、「六陳」歌を暗記しますが、これらの六種類の中薬は、どうして「陳久」(古い)のほうがよい?どの位「陳久」で良い?分らないと思われます。

「六陳」は、南北朝の著名な医家・陶弘景(456~536年)から最初に提起したものです:「橘皮用陳久者良、半夏陳久用之」。その後、唐の時代・蘇敬は≪唐本草≫(=≪新修本草≫)にこう記載してあります:「麻黄、陳皮、呉茱萸、半夏、枳実(枳殻)此応陳久也」。枳実(枳殻)については、清の時代医家・汪昴は、こう言いました:「皮厚而小為枳実、殻薄虚大為枳殻、陳者良、麩炒用」。宋の時代≪局方≫にある有名な方剤・二陳湯(半夏・茯苓各5.0;陳皮4.0;生姜2.0;甘草1.0)は、「陳久」の陳皮、半夏から組成されるので、方名の由来です。

中薬の治療作用の発揮には、主にその中薬の「気味」によって決まります。「六陳」という薬(=上記六種類の中薬)は、元々の「気味」は強烈で、刺激性があるものです、例えば陳皮は揮発性な油を含みますので、胃腸を刺激する作用があり、消化液の分泌を促進します、袪痰もできます。陳皮の薬効はこれだけではありません。≪医林纂要≫にこう記載されています:≪陳皮上則瀉肺邪、降逆気。中則燥脾湿、和中気。下則舒肝木、潤腎命≫、これらの薬効は揮発性な油を含むという解釈できません。最近の研究で証明されました:陳皮を煎じ液にアドレナリン様の成分を存在し、しかもアドレナリンより安定していますので、沸騰させても破壊され難いです。隔年陳皮は揮発性な油の量は減少してきて、フラボン類物が増加してきます。よって、陳皮は「陳」の方が良いとされています。

しかし、保存時間が長ければ長いほど良いではありません。「六陳」は保存時間が長すぎると、「薬気」は段々発散し、薬効に影響を与えます。≪薬鑑≫にこう記載してあります:「陳皮須用隔年陳、麻黄三載始堪行、半夏隔年須炮製、茱萸気烈待揮散」(陳皮は2年、麻黄は3年、半夏は2年・炮製されたもの、呉茱萸は強烈なにおいを発散した後)。「六陳」は古ければ古いほど良いではありません。

注:≪唐本草≫は唐の時代・蘇敬らが659年に編集した中薬学の著作です、全書は五十四巻で、正文・図・図経から構成され、世界で初めて国家から発布した薬典であります。
f0138875_181785.jpg

[PR]
by jbucm | 2011-02-13 17:46 | 中医学 | Comments(0)

平成23年4月生募集説明会

1月29日午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成23年4月生募集説明会を予定通り開催致しました。ご多忙中と、寒い中、全国から50名以上の方々がお集まり頂きました。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。
f0138875_10245215.jpg

この説明会のため、北京から飛んで来ました、高 鶴亭学長が国立北京中医薬大学本校、及び中医中薬や気功療法、食生活に係る生活習慣病などの伝統医学の現状、今話題となっていて・亜健康(2010年1月5日ブログご参照ください)を話しました。
f0138875_10254742.jpg

その後、北京中医薬大学本校から派遣されている韓教授からは御挨拶を頂きました。
f0138875_10262852.jpg

当校の卒業生・日本中医食養学会の副会長の中村 きよみ先生より「中医学を活かして」などの話をして下さいました。
f0138875_10265837.jpg

最後に、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。
f0138875_10272725.jpg


説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メール:info@jbucm.com、又は、 電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にてご連絡下さい。

世界保健機構(WHO)の指導理念は伝統医学の生活化であり、その中核を成す「中医学」の国際化は一層拡大普及しております。国立北京中医薬大学日本校は日本で最高の中医学を学べる大学であり、また日本に存在する唯一の伝統医薬大学です。皆様に大いに日本校が役に立てることを願い、国立北京中医薬大学日本校に中医学を学ばれることを心から歓迎いたします。
[PR]
by jbucm | 2011-02-10 16:12 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

魚香肉糸(細切り肉のからし炒め)

手軽な中国家常菜⑨―魚香肉糸(細切り肉のからし炒め)

魚香肉糸は四川料理の一種ですが、四川省の隣の湖南省出身の私は、北京で初めてそれを食べました。一口食べた一瞬に、味が薄い北京料理と違い、とても美味しい~と感じました。辛いものが大好きな私にとても合う料理です。

その時は、会社の食堂に良くでる料理なので、食べたい時に食べられたが、日本に来てからは、それを自分で作るしか食べられないです。ここで、自分流の作り方を紹介致しましょう。日本の中華レストランにある「青椒肉糸」と似ていますが、味が違います。私は、殆ど毎回使う材料が違って味も多少違いますが、それなりの味を楽しめますので、いつも家族の人と美味しく頂いています。

今回使った材料は以下です(4人前):
豚のひれ肉150g、細切りたけの子150g、ピーマン2個、人参1/2本。生姜、ネギ、ニンニク、四川豆板醤、香酢、サラダ油、片栗粉、料理酒、醤油、砂糖、塩、鶏ガラスープの素各適量。
(普段は黒木くらげも使うが、今回、前を持って水で戻すのが忘れてしまったので、使いませんでした)。
作り方:
①肉を約4~5cm×0.5cm×0.5cmの大きさに切り、片栗粉・醤油を少々加え混ぜて置きます。
②ピーマンと人参を細切り、たけの子の水分を切ります。
③生姜・ネギ・ニンニクを細かく切り、四川豆板醤、香酢、料理酒、醤油、砂糖、塩、鶏ガラスープの素、片栗粉各適量をお椀に入れて、かき混ぜます。
④中華鍋にサラダ油を大さじ2杯入れて十分加熱し、強火で肉を素早く炒めます。肉の色が変わったら、②を入れて1~2分間さっと炒めます。③をスプンでかき混ぜながら(澱粉が沈殿しているから)、鍋に入れます。続けて素早く炒め、1分間程度で出来上がります。
f0138875_13323684.jpg

③の調味料についてですが、あるものだけ使ってもそれなりのオリジナル料理になりますので、特に拘らなくても良いでしょう。なお、自分の好みで調整して下さい。

四川料理の味は濃いです。特にこの料理の特徴は、酸・辛・甘・鹹・香がみんな備えていますが、お好みで調整しても美味しくできると思います。

ちなみに、魚香肉糸と言う名前の由来について調べてみました。もともと、上記の③の調味料は魚の調理する時に、魚の臭みを除去のため使うものです。ある日、ある主婦があまったその調味料を肉料理に使いました。ご主人がそれを食べたら、美味しいとほめたたえました。あれから、「魚香**」という料理(魚香肉糸の他に、魚香茄子や魚香三糸など)が広がり、有名になりました。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-02-10 13:30 | 中国の家庭料理 | Comments(0)

補腎壮陽のスープーその③

こんにちは、今回は補腎壮陽のスープーその③を紹介します。

③山薬痩肉湯 (山薬と豚もも肉のスープ)

功効:滋陰固腎、補腎摂精
材料:熟地20 山薬30 小茴香3 澤瀉9 豚もも肉100(単位g) 
調味料:塩 適量
作り方:
①豚もも肉を水で洗い、食べやすいサイズに切り、湯通をしておく
②熟地、山薬、小茴香、澤瀉は軽く水で洗う
③上記材料を土鍋に入れ、500cc水を加え、武火(強火)で沸騰させ後、文火(弱火)で1時間煮る
④塩で味を調える

このスープは糖尿病患者に適宜です。

山薬の薬膳作用及び選び方:
性味帰経:甘・平。帰脾、肺・腎経
効能:補脾養肺・固腎益精
主治:脾虚泄瀉、浮腫、肺虚咳喘、消渇、遺精、帯下、腎虚頻尿、癰腫(外用)
注意事項:湿盛中満、実邪、積滯の者には要注意です。
f0138875_1239327.jpg

生の山薬の場合は、表皮(皮)を見ます。表皮光潔、無異常斑点(表面はつるつるして、異常な斑点はありません)のものを選びます。冬の時期に山薬を買う時、「凍傷」があるかどうかを確認します。方法は簡単です:山薬を手で、数分間握ります。握られている山薬は「発熱」となると、「凍傷」されない証で、逆に「出汗」であれば、「凍傷」された証です。また、山薬を折って断面を見ます。「凍傷」されたものは断面に付着してある粘液が水となり、真ん中に硬い「芯」ができ、且つ「肉」(=山薬の肉)が紅くなります。
f0138875_12394189.jpg

[PR]
by jbucm | 2011-02-07 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

中国の旧正月

今日は、旧暦のお正月です。中国では、普段はたいてい西暦を使いますが、お正月だけはやはり、旧暦の方が賑やかです。この時期は、大勢の出稼ぎの人は故郷へ帰省し、家族団らんや親族訪問し、色んな伝統料理や伝統劇などを楽しんでいます。

そして、大晦日の夜に、多くの家庭では、家で美味しい料理を食べながら、日本のNHKの紅白歌合戦のような番組を楽しみます。この番組は中国の中央テレビ局が開催される「春晩」と親しく呼ばれでいます、それは、「春節聯歓晩会(親睦パーティー)」の略称です。全国の有名な歌手や芸能人が集まり、夕方8時から、深夜1時ごろまで、5時間に渡って、大いに腕前を見せます。
f0138875_13421036.jpg

日本の紅白合戦との大きい違いが二つあります。先ずは、歌だけではなく、庶民に親しまれる「曲芸」、つまり、漫才や寸劇、サーカスや手品などもたくさんあります。もう一つ違いは、紅白(男女)で分けて演じないです。
f0138875_13423654.jpg

f0138875_13425829.jpg

中国の「春晩」も20年以上の歴史があり、時代の移り変わりによって、その人気さは少しずつ落ちる傾向があると言われますが、私は日本に来てから、それ観るチャンスが少なくなっていますが、やはり毎年、それに関心を持っています。

昨日も、ネットで2011年「春晩」の一部を観ることができました。面白かったです。そして、ちょっと驚きましたところは、今回、「草根」歌手(「草根」とは、英文のgrass rootsから来た単語で、民間的で、非主流の意味です)が登場の場面もあったことです。

写真は中国のネットから借りたものです。皆様にも楽しんで頂ければ、嬉しいと思います。

では、最後に、中国式の新年の挨拶をさせて頂きます:新年快楽!恭喜発財!

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-02-03 11:11 | 中国の話 | Comments(0)