国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

黄帝

こんにちは、周です。黄帝の話です。
f0138875_1742584.jpg


伝説によりますと、黄帝はその姓を姫と言い、軒轅氏・有熊氏とも称されます。
最初は一部落の長にすぎなかった黄帝は、卓越した兵術の才能によって頭角を現し、近接の九黎族・炎帝族・蚩尤族という部落との戦闘にあたっては、常に勝ちを収めて、これらの部落を併合し、部落聯盟(部落聯合)のリーダーとなりました。黄帝族は西北地区から中原地域(古代中国の中央部、黄河の中下流)へ遷移し、中原の地を統一することができました。こうした功績により、部落聯合の指導者に推挙され、最終的には、華夏族(漢民族)の始祖として崇められるようになり、黄帝の名を奉ぜられましたのであります。
また、黄帝は、「医家之祖」とされ、最初の中医学を民衆に伝授した人物であります、臣子の岐伯・雷公等との問答という形式で、中医学の礎となった典籍―≪内経≫が著わされたのです。このように、伝説的な黄帝の名に医学の奥義を託し、岐伯・雷公という副人物を配して論じられた、最古の本格的な中医学書籍で、≪黄帝内経≫とも称されます。

その他、黄帝との関わりがある原始医家を紹介します。
僦貸季:岐伯の老師(先生)と言われています。彼は望診・脈診の領域に研究して、成果を収めたのです。
岐伯:2011年5月9日のブログ記事ご参照ください。
雷公:黄帝の臣子です。医術、特に針術に堪能したと言われています。黄帝・岐伯と共同で医薬を論じ、中医学を創りました。後世は雷公の名を用いて命名した医書があります。例えば、≪雷公炮製論≫・≪雷公本草集注≫・≪雷公薬対≫。また、雷公の名を命名した中薬もあります、例えば、雷公藤・雷公頭(=香附)・雷公墨。
桐君:黄帝の臣子です、採薬(薬を採る)に従事し、薬物に優れたと言われています。≪桐君採薬録≫を著わしたが、後世に流伝されません、薬物の性味・帰経を記述したそうです。
鬼臾区:黄帝の臣子です、黄帝を補佐して、最初に五行説を発明し、脈理を討論し、難経を問答しました。
兪跗:黄帝の臣子です、外科(手術)に優れたと言われています。「湯液・薬酒・針刺・按摩・運動手足・揉擦・薬物熨貼」という常用される方法を使わず、五臓兪穴の分布情況を利用して、一旦病名を診断しましたら、直ちに「割皮解肌・疏通血脈・接続断筋・洗*(=氵に条)腸胃・沖洗五臓」を施し、病気を治しました。巫術を用いて治病し、起死回生の腕前も持っていたと言われています。
少兪:兪跗の弟、黄帝の臣子です。針灸術に長じたと言われています。
伯高:黄帝の臣子です。黄帝を補佐して、脈経を討論しました。
[PR]
by jbucm | 2011-05-30 09:30 | 中医学 | Comments(0)
第四段階(経前期、たいてい生理が終わってからの第三週ですが、排卵の直後から、次回の生理までの期間です)

この時期は、次回の月経に備えるため、陽気がさらに充足します。食療原則は陽気を補充することです。

この段階の食療方を紹介します(一人1日の分量):熟地黄9g,当帰6g、赤芍、菟絲子、巴戟天各3g,山薬約50g、羊肉50g。同じく煮込みスープを作ります。この食療方は、一日おきに食べでも宜しい、次回の生理が来る直前まで、食べられます。

この処方は、山薬は滋補脾腎、巴戟天は温補腎陽、豚肉を使わずに、羊肉だけ使うのは、さらに身体の陽気の生発を促進します。

この時期に注意して欲しいのは、一部の女性は生理前に、短気になり、怒り易くなります。これは、肝気不舒の原因です。この場合は、いま紹介しました食療方に玫瑰花3個を加え、疏肝理気の作用を求めます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-05-26 11:00 | 中医学 | Comments(0)

牛膝の由来

こんにちは、周です。今回は中薬―牛膝の話です。

牛膝は、Achyranthes bidentata Blumeの根です、懐牛膝・川牛膝・淮牛膝とも言います。性味は苦・酸・平、肝・腎経に帰経します。活血袪瘀・補肝腎・強筋肉・利尿通淋・引血下行の効果があり、血瘀による月経痛・周期延長・閉経(無月経)・産後瘀阻(残留胎盤)、肝腎不足の腰膝酸痛(だるくて無力)、血尿・小便不利・排尿痛、血熱による吐血・衄血(鼻血)・歯痛・口内炎、陰虚陽亢・肝風内動による頭痛眩暈に用いられます。
f0138875_15465164.jpg

≪本草綱目≫に記されています:「治久瘧寒熱、五淋尿血、茎中痛、下痢、喉痹、口瘡、歯痛、痈腫悪瘡、傷折」

ある郎中(=中医師)は、長年数人の弟子と共に、採薬行医(薬草を採って、患者を診察する)し、結婚せず、独身でいました。弟子たちのモラルに欠如しているかどうかを知りたく、あの試みをしました。
弟子たち、皆を集合させ、こう言いました:「私は、もう歳を取って、身体も弱くなりました、なので、採薬行医を辞めたいです。彼方たちも長年私に付いてきました、そろそろ独立しても良いと思います。後に皆の処にお邪魔してもいいでしょうか」。その後、弟子たちが先生のもとを離れ独立しました。
老師(先生)が輪番で弟子たちのところへ行きました。価値あるものを持ってないため、最初の何ヵ所ともに良い招待して貰えなかったので、気持ちが落ち込みました。最後の希望を抱きながら自分が一番可愛がった・若い弟子の処へ行きました。その弟子の家に着いた2・3日後、先生が病で倒れたが、弟子の献身的な看病によって回復しました。今回の事を通じ、その弟子だけがモラル有る人と確信できました。先生が所持品の中から、ある薬草を弟子に渡しながら、「これは補肝腎・強筋骨作用がある薬草です、あなたに託します」と言い、その家を後にしました。
暫くしますと、老郎中は死去しました。弟子も先生から頂いた秘方を用いて、徳高望重(徳望が高い)郎中となりました。ところが、その秘方に含まれる薬草の名前は知りません、先生も教えてくれなかったです。その薬草を手に持ち、見ながら、いろいろ考えたあげく、閃きました、(牛の膝骨に似ていますから)「牛膝」と名付けました。
f0138875_1546111.jpg

[PR]
by jbucm | 2011-05-22 15:47 | 中医学 | Comments(0)
第三段階(排卵期、生理が終わってから第二週です。)

この段階は、陽気が段々盛んになります。女性の身体は排卵の準備段階~排卵の直後です。この時期の滋養方法は、陰陽の平和を促進することです。

この段階の食療方を紹介します(一人1日の分量):熟地黄9g,当帰、赤芍、女貞子、菟絲子各6g,豚の背骨1本,羊肉50g。煮込みスープを作ります。原則は、豚の背骨が完熟するまで煮込めば、良いです。自分の好みで少々調味料を加えて下さい。主にスープを飲むですが、食べられるものを食べてしまいましょう。この段階は一週間より少し短いです。2回程食べれば、良いです。

この処方は、滋補陰血の生薬の他に・滋補腎陰の女貞子と補腎陽の菟絲子を加えました。なお、羊肉も温陽のものだし、同時に「血肉有情のもの」でもあります。陽気の生発の促進ができます。この場合は、豚肉と羊肉を共用することは、陰陽平衡を促進の意味があります。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-05-19 11:59 | 中医学 | Comments(0)

神農

こんにちは、周です。神農の話です。
f0138875_18155034.jpg


神農は神農氏・炎帝・烈山氏とも呼ばれています。伝説によりますと、古代中国の人々が、まだ漁撈と狩猟しか食べ物を得る術を知らなかった頃、神農氏は始めて、木を用いて鋤(耒耜)を作り、民衆に農耕を教えました。清代の馬*(馬に粛)が書いた≪繹史≫巻四に≪周書≫を引用しています:「神農之時、天雨粟。神農遂耕而種之、作陶冶斧斤、為耒耜鋤耨。以墾草莽。然後五穀興助、百果蔵実」。

後世から「医薬之祖」を奉ぜられました。神農が百草を嘗める神話は大昔から伝われて、古文書の記述が多いです。≪史記・補三皇本紀≫には、「神農氏作蜡祭、以赭鞭鞭草木、嘗百草、始有医薬」とあります。≪淮南子・修務訓≫にも、「神農嘗百草之滋味、一日而遇七十毒」。晋代の干宝の≪搜神記≫巻1には、「神農以赭鞭鞭百草、尽知其平毒寒温之性、臭味所主、以播百穀」と記されています。

これらの記述から覗えるのは、神農の人間愛に裏打ちされた人々への献身であります。後世の人々は、彼の功績讃える為、後漢時代に編集された、中国最初の薬用植物学(本草)の本を、神農の名を冠して、≪神農本草経≫と称しました。

神農氏は「農耕之祖」であると同時に「医薬之祖」でもあると言えるでしょう。
[PR]
by jbucm | 2011-05-16 18:13 | 中医学 | Comments(0)
第二段階(経後期、生理が終わってからの第一週~10日位)

生理が終わったばかりの時は、陰血の損失が比較的に大きいので、この時期は、滋陰養血は必要です。これで、体内の「陰」のパワーの蓄積を促進できます。陰血が充満してあれば、次回の月経に備えられます。

この段階の食療方を紹介します(一人1日の分量):熟地黄、製首烏各9g,当帰、炒白芍、各3g,阿膠6g、竜眼肉6個、豚の背骨1本。煮込みスープを作ります。原則は、豚の背骨が完熟するまで煮込めば、良いです。自分の好みで少々調味料を加えて下さい。主にスープを飲むですが、食べられるものを食べてしまいましょう。一週間に2~3回食べることを薦めます。

この処方の中、熟地黄は滋補腎陰・養血、製首烏は滋補肝陰、当帰は活血養血、阿膠と白芍は滋陰養血、豚の背骨は「血肉有情のもの(滋陰養血のできるものという意味です)」、中医は豚が「水畜」だと認識していますので、故に滋陰のものだとされます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-05-12 10:30 | 中医学 | Comments(0)

岐伯

こんにちは、周です。岐伯の話です。

岐伯は伝説上の上古の有名な医家です。出身地は岐山(陝西省岐山)だとされていましたが、最近の研究では、甘粛省慶陽だとされます。清の乾隆≪慶陽県志・人物≫には、「岐伯、北地人、生而精明、精医術脈理、黄帝以師事之、著≪内経≫行於世、為医書之祖」と記されています。彼は小さいから物を思考し、聡明な子で、大きな夢を持って、自然界の物事や現象を観察するのが好きです。当時の民衆が疾病で亡くなったことを見て、医師になると決意しました。のちに、黄帝の太医(侍医)となり、黄帝からは天師との尊称を授かりました。

黄帝が岐伯に質問し、岐伯がこれに答える形式によって≪黄帝内経≫が著わされました。その≪黄帝内経≫は「岐伯」を記した最初の文献であります。「岐黄之術」とは、後世の人々によって、中医学そのものを意味するようになりました。黄帝・岐伯は、まさしく中医学の始祖であります。人々は岐伯を讃える為に、「岐伯廟」を建てました。同じく≪慶陽県志・*(=土に云)廟≫にも、「岐伯廟、在県城南」とあります。

史志の目録に岐伯を用いる著作が約八種類にもあります:≪漢書・芸文志≫の≪黄帝岐伯按摩≫10巻、≪隋書・経籍志≫の≪岐伯経≫10巻、≪新唐書・芸文志≫の≪岐伯灸経≫1巻、≪宋史・芸文志≫の≪岐伯針経≫1巻、≪通志・芸文略≫の≪黄帝岐伯針論≫2巻・≪岐伯精蔵論≫1巻、≪崇文総目≫の≪黄帝岐伯針灸要訣≫1巻、≪竹堂書目≫の≪岐伯五蔵論≫。これらの著作は、主に鍼灸・按摩・臓象を論じます、目録のみが残り、書名から見ますと、岐伯と関わるとの事実が確かであります、だが、著者は岐伯であるかどうかは分りません。それは、古代「世俗人多尊古而賎今、故為道者、必托之於神農・黄帝而後能入説」(≪淮南子・修務訓≫より)からです、例えば、≪黄帝内経≫・≪神農本草経≫等、黄帝や神農の名を用いて命名した医書。岐伯を用いる医書は、その風習の影響を受けたかもしれません。
[PR]
by jbucm | 2011-05-09 09:30 | 中医学 | Comments(0)

伏羲

こんにちは、周です。今回から4回を分けて、中医学にかかわる、伝説上の人物を紹介します。

伏羲は上古の英知な首領・帝王の一人です、彼は中国古代医学の発展史に重要な役割を果たしてあります。またの名を宓羲・庖羲とも称されます。

伝説によりますと、伏羲は民衆に糸を結び合わせて、網を作ることを教え、これを用いて、漁業・狩業・牧業に従事ことを教えました。それは人類歴史上で、初めて労働による積極的に食物を取得するという新しい時代を開きました。彼は群衆を引率して狩りし、狩りした動物を食料として食べ・皮から衣服を縫います。その行動により、人類は生存のために自然環境に適応する能力を高めました。それも動物性の薬用性を認識し始めたのです。また、篝火を囲んでダンスし、駆寒取暖・強健身体(寒を取り除く・身体を強くする)。その踊りを通じて、身体の痛みを和らげることが発見しました。それは伝統体育・導引朮の原形です。また、彼は始めて易学の八卦を画した人であると同時に、古代九鍼の創始者でもあります。伝えられるところによりますと、伏羲は創造した九針が石製のものであります。冶金術の発明後、用途に応じ金属製の針も造られました。これも中医学の発展に対する重大な意義を持ちます。形状は色々がありますー円・尖・刅状等等。当時の原始社会で、完備された外科用具を用いて、医療実践に応用されたことに驚かされました。

孔安石による≪尚書≫序には、「古は、伏羲氏これ天下に王たるなり、始めて八卦を画す」と記されています。晋の皇甫謐の≪帝王世紀≫にも、「伏羲八卦を画す」とあります。同じく≪帝王世紀≫に、「伏羲…百薬を賞味し、九鍼を造り、以って妖枉(ようおう、おもいがけない若いときに死ぬ)」を救う」とあります。宋の羅泌による≪路史≫にも、「伏羲草を嘗め・砭(砭石)を造る」とあります。これらの記述から、彼が薬草を採り、鍼や砭石を創り、民衆の病苦を癒やしたことがわかります。
[PR]
by jbucm | 2011-05-02 09:30 | 中医学 | Comments(0)