カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

涼拌魚腥草(どくだみの和え物)

手軽な中国家庭料理⑪--涼拌魚腥草

魚腥草(Houttuynia cordata Thunb.)は、日本語でどくだみのことです。ドクダミ科、双子葉植物離弁花、多年草です。やや日陰の湿った場所を好み、空き地などいたる所で群生し、開花期は6~7月で、小さな白い花を咲きます。その葉はハート形で、独特な臭気があります。
f0138875_1033021.jpg

魚腥草は味辛、性微寒、肺経に帰属します。中医学では、清熱解毒、排膿、利尿作用があると認識しています。清熱解毒の作用により、便通を改善し、血行もよくなり、肌荒れ、肩こりなどの改善にも役立ち、美容にも繋がります。なお、排膿作用はおできや蓄膿症の改善に、利尿作用は膀胱炎や高血圧などの改善にもなります。

現代の研究では、どくだみの匂いのもとになっているのは「デカノイル‐アセトアルデヒド」という物質で、黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、白癬菌(はくせんきん)などの細菌や、ある種のウイルスの活動を抑える力があると言われます。その他にもさまざまな有効成分が含まれ、傷口の止血や再生にも効果があるとされています。

日本では、古くからどくだみを民間薬として用いられてきました。風邪や便秘の治療・高血圧の予防には、煎じた汁(どくだみ茶)を服用し、傷・おできなどには、生のままか、火であぶった葉を患部に貼ると良いと言われています。またお風呂に入れたりもします。

私はその独特な臭気を結構好きで、この時期になりましたら、いつも2~3回位その若葉を採り、和え物を作って食べます。ここで紹介致しましょう。

材 料:魚腥草1束(道端で採ったもの、その若葉を使います)、調味料(塩・ラー油・味の素)少々
f0138875_10332893.jpg

作り方:魚腥草の若葉を綺麗に洗い、さっとお湯を通して素早くお水で冷やし、調味料で味を調えます。
f0138875_10334621.jpg

* 調味料は、自分の好みであれば、なんでも宜しいです。魚腥草の独特な臭みがありますが、それになれたら、美味しく頂けます。時期的に、もう花が咲いていて、若葉が段々見つかり難くなっていますが、今年は節電で暑さと戦うので、身体を冷やす(清熱解毒)にとても良いものですよ、是非、試してみて下さい。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-06-30 10:36 | 中国の家庭料理 | Comments(0)

外治法の起源

こんにちは、周です。今回は外治法の起源についての話です。

原始按摩法
原始人の住居は、現在と違ったものでありました、狭く・暗くて・湿気あり・滑り易い洞窟でした。そんな暮しは、移動の為に転倒したことが多くなります。彼らは損傷された関節周辺の軟組織を、また野獣との格闘で怪我を、自分の手で撫でたり、擦ったりにします。その簡単な「手当」が、外傷による瘀血を散らし、腫れを引かせ、痛みを和らげることができました。損傷や怪我の程度により、仲間の手助けを借りる、謂わば「手当」を施すこともあります。今見れば、これらの行動や手当は簡単なものでありますが、当時の原始人にとっては、これは外傷治療の大切な方法でした。後世の按摩・推拿法は、まさしくこの「手当」法を基として発展したものであります。

原始止血法
原始人が食べ物を求め、山野を駆け巡るうちに、切り傷・擦り傷を負うことは少なくありませんでした。そんな時、彼らは手や指で局部を圧迫したり、草や木の葉で傷口を覆い・塗りつけたりしました。長年、このような処置をし続けるうちに、ある種の植物は止血作用・消炎作用があることに気付きました。

原始熱熨法
北京原人の洞穴から、焼き焦げた石が発見されました。これらの石は、原人たちが、自分の身体の部位をあてて温めたものではないか……と推測されています。このように、焼き石で暖を取ることを続けているうちに、寒邪・湿邪による疾病に効果があることを気付きました。

原始灸治法
原始人が、火の利用を覚える過程で、不用意に火傷を負うことも少なくありませんでした。その火傷の痛みは、時に耐えないものでありますが、他の疾患の苦痛を和らげることがあるという奇妙な体験をした人も居ました。彼らは、その体験から、次第に有る種の植物の枯れた葉・茎を燃料として、局部に温熱刺激を与えることで疾病の苦痛を癒やすことがわかるようになりました。

原始刺鍼法
皮膚に発赤・腫れ・膿疱などを、石の尖端部分で膿疱を破り、膿を出し(排膿)ました。その道具が、次第に進歩して、医療専用の石器具―砭石を創り出されました。

原始外科手術
李濤が書いた≪原始社会学≫によれば、原始人たちは、しばしば石刀を用いて腹部切開・卵巣切除・四肢切断・耳鼻穿孔・開頭などの外科手術をやりました。中国各地の新石器時代に属する遺跡から、頭蓋骨に開頭され・癒合した痕跡あった化石が数多く発見されました。ちなみに、ある少数民族の中には、劇烈な頭痛の治療に、今でもこの種の開頭術(原始社会の段階に留まっています)を行っている部族があります。
[PR]
by jbucm | 2011-06-27 09:50 | 中医学 | Comments(0)

海带绿豆汤

手軽な中国家庭料理⑩-海带绿豆汤
f0138875_1645985.jpg

分量(二人前):緑豆50g、昆布50g(千切り、私はスーパーで販売しているサラダ用の切りこんぶを使いました)、玫瑰花10g、黒砂糖50g(普通の砂糖でも良い)。

作り方:①緑豆を洗い、水1L位、弱火でゆっくり煮込みます(時間がない場合は、圧力なべや炊飯器で煮ても良い)。

②ティ―パックに入れた玫瑰花、昆布を入れて更に10分間煮込みます。

③玫瑰花を取り出し、黒砂糖を入れて、かき混ぜたら、できあがり。
f0138875_16492074.jpg

効用:緑豆――味甘、性寒です。清熱解毒、消暑利尿作用があります。

昆布――味咸、性寒です。化痰軟堅、清熱でき、降圧作用もあります。なお、現代研究によると、昆布は多種類のミネラルを含め、栄養豊富な海草類食品であることが判りました。

玫瑰花――味甘微苦、性温です、疏肝理気解鬱、消化促進の効果があります。黒砂糖――甘温で温中和胃作用があります。全体の味を整える他に、緑豆と昆布の寒涼性を緩和できます。

「海帯緑豆湯」は清熱解毒の作用があるので、夏にとても相応しい料理です。中国広州の人は、夏になったら、毎日食後のデザートとして飲んでいるそうです。新鮮な味で、口当たりがとても良いです。冷やしてから食べると一層美味しいですが、空腹の時には食べないほうが良いです。

なお、皮膚のできものの治療にもとても良いので、ニキビや吹き出物がある方にもお薦めです。勿論、この場合は毎日1~2回食べることです。

注意:寒涼性体質は、脾胃虚寒者は禁忌です。老人、虚弱体質、下痢し易い人にも不適宜です。なお、薬を飲んでいる方は、時間を空けて食べることです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-06-23 10:42 | 中国の家庭料理 | Comments(0)

陰陽偏衰

陰陽学説は中医学の理論体系であり、人体の組織構造や生理機能、疾病の発生・進行を説明したり、診断・治療を決定したりするなど、様々な分野に使われています。

中医学は陰陽の協調関係が常に保たれて、それによって正常な生理活動が維持されていると認識しています。したがって、陰陽の協調は健康の現れであり、疾病の発生と、その病理過程では、何らかの原因によって陰陽の協調は失われています。疾病の病理変化が、如何に複雑であろうと、すべて陰陽失調によって説明できます(失調は陰陽偏勝と陰陽偏衰があります)。

現在の中国では、陰陽偏衰が起きていますー陰盛陽衰(男性より女性のほうが強いです、陰は女性、陽は男性を指します)。中国の女性が社会に出て、男性と一緒に働くことが一般的となったのは、新中国が建国されてから(1949年)であり、それ以前の封建社会では、女性は跡継ぎを産むための道具に過ぎないです。子供が産めない・女の子しか産めない女性は、夫やその夫の家族から非難・虐待を受けることもありました、謂わば「重男軽女」「男尊女卑」でありました。その「男尊女卑」の考え方は、今でも農村部や限定されている地方で残っていますが、都市部(特に大都市)ではほぼ消滅しました。このように、女性の社会地位を飛躍的に向上させたのは、建国者の毛沢東であります。彼は「婦女能頂半辺天」(女性は天の半分を支えることができる)という、男女平等の思想を全国民に向かって示し、女性が社会で活躍できる舞台を作りました。因みに、私も学校でその教育を受けました。

社会で輝かしく活躍女性が増えることは非常に望ましいことであります。但し、その「陰盛陽衰」はほどほどにしてほしいものですね。


[PR]
by jbucm | 2011-06-20 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

大棗を使った薬膳方(一)

大棗(たいそう)は、ナツメのことで、紅棗ともいいます。クロウメモドキ科の落葉木の成熟果実を乾燥したものです。食薬両用できます。中国は、その果実の成熟期の秋に新鮮なナツメを果物として、スーパーや果物屋に並べられています。生の棗は、乾燥した大棗よりビタミンを多く含めます。特にビタミンCの含有量が多いため、「百果の王」という美称を持っています。味が甘くてとても美味しいです。毎年10月頃、北京本校研修に行く際、私は必ず買って食べます。

干したものは、保存し易くなり、料理や生薬として愛用されます。生薬で使う場合は大棗と書きます。

大棗は味甘性温で、脾胃経へ帰経します。補中益気、養血安神と緩和薬性の効用があり、中気不足、血虚証、臓躁証、緩和薬性などに使われます。中気不足、脾胃虚弱により無気力、倦怠感、食少便溏などに効きます。それに、現代医学の研究によりますと、美容や老衰を遅らせ、免疫力を強め、抗腫瘍や抗酸化作用などがあると解明しています。なお、肝臓機能を強める、抗アレルギー作用もあると言われています。心血虚による不眠などにも良く使われます。
f0138875_15202351.jpg

ここで、幾つの大棗を使った薬膳方を紹介しましょう。

一 そのまま食べる
 アレルギー性疾患(鼻炎、喘息、慢性蕁麻疹など)を持っている方は、症状が治るまで、一日棗30~50個食べるのをお薦めします。

二 大棗山薬蓮子粥
材料(二人前):大棗10個、山薬10g、蓮子10g、お米100g
調理方法:上記のものを洗い、一緒にお粥を作る。毎日1~2回食べる。
効能効果:益気健脾。脾胃虚弱により食欲不振、消化不良、倦怠感、無気力、下痢気味。

三 大棗羮
材料:種を取除いた大棗500g、砂糖適量
調理方法:大棗を洗い、砂糖と一緒に水で煮詰める。とろ状になったら容器に入れて保存する、毎日2~3回、1回に大さじ1杯食べる。
効能効果:益気補虚。病気回復期の倦怠感、無気力などに良い。

四 補肝腎の粥
材料(二人前):大棗30個、製首烏10g、桑椹子10g、お米100g、黒砂糖適量
調理方法:先に製首烏を水で30分間煎じる、できた煎じ液に大棗、桑椹子、お米を入れてお粥を作る。出来上がったら、黒砂糖を加える。毎日1~2回食べる。
効能効果:補肝腎、養精血。腰膝酸軟、眩暈、耳鳴り、白髪などに良い。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-06-16 10:17 | 中国の薬膳 | Comments(0)

武則天と医事

こんにちは、周です。今回は武則天と医事を紹介します。

武則天頂礼謝医
唐高宗は眩暈病を患い、ある日発症しました(頭暈目眩、目が開けたくない)、太医の秦鳴鶴を招致して診察を受けました。秦鳴鶴は唐高宗を診察後、こう言いました:「風熱之毒攻頭目、若用針点刺頭部出血即能治癒」(風熱の毒が上部の頭や目を攻めて行ったので、もし針で頭を刺し、放血すれば、即に治ります)。カーテンの後ろに居た皇后武則天は、カンカンになって、秦太医にこう言いました:「你該殺頭!皇帝的頭能放血嗎(あなたは死罪に該当する、皇帝の頭は放血できるか)」。秦太医は慌てて皇帝の前に跪いて哀願しました。皇帝は、こう言いました:「太医は弁証論治をしてるので、言ったことが間違いないと思う、しかも今私の頭・目が我慢できない程痛くて、放血されたらよいかもしれない、私は決意したので、安心して針を刺して下さい」。秦太医は直ぐ「百会」「脳戸」という穴位を刺し出血させました。放血させられた後、皇帝の眩暈病が治りました。
皇后武則天は直ぐにカーテンの後ろから出てきて、自ら沢山の精製されたシルク製品や珠宝(真珠や宝石類の装飾品)を背負って、謝礼として、秦太医に贈りました。
[PR]
by jbucm | 2011-06-13 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

阿膠を使った薬膳方

阿膠(あきょう)は、馬科の動物ロバの皮を水で毛など漂ってから煮て作った膠(にかわ)です。古くから、中国の山東省東阿県に産する膠でこの名付けられました。驢皮膠(ろひきょう)とも言います。阿膠の補血作用が良いです。血液中の赤血球とヘモグロビンの生成を促進する作用があるため、血虚治療の「要薬」とされます。なお、顕著な止血作用もあり、各種の出血症にも適用されます。故に、歴代の医家に補血・養血剤や、各種の出血症を治療するに必ず備えなければならない生薬とされます。特に多くの婦人科疾病に特殊な効果があります。

ここで、阿膠を使った薬膳方を幾つ紹介しましょう。

一、首烏阿膠たまごスープ
材料(1人分):製首烏10g、たまご2個、阿膠10g、調味料適量。
調理方法:①たまごを硬くなるまで茹で、皮を剥き、包丁でたまごの白身に切り口を付けます。
②首烏を綺麗に洗い、焼かんに入れ、水を加え、①と一緒にとろ火で30分位煮詰めます。
③阿膠と調味料(葱・生姜・塩・ごま油・味の素など)を加え、さらに2分ほど煮込みます。
出来上がったスープを飲み、たまごを食べます。一日一回。
効能効果:滋陰補血・潤腸通便。特に産後の便秘に適宜です。

二、阿膠鷄
材料:阿膠30g、めんどり(雌鶏)1羽、調味料適量。
調理方法:①めんどりをきれいに洗い、一口大きさに切って、熱湯でさっと湯通しします。
②鍋に①と水を入れ、とろ火で肉が軟らかくなるまで煮込みます。阿膠を加え、塩と料理酒などの調味料を加え、さらに1~2分程度煮込みます。
出来上がったスープを飲み、鶏肉を食べます。一週間に2~3回食べると良いです。
効能効果:滋陰補血。体質の増強できます。産後の気血虚弱や、心悸不眠などに適宜です。

三、阿膠蓮米糯米のご飯
材料:阿膠、蓮米(蓮の実)各15g、糯米50g、調味料適量。
調理方法:蓮米と糯米を綺麗にあらい、お椀に入れます。水と阿膠を加えてから蒸します。
出来上がったご飯を食べます。一日に1回食べると良いです。
効能効果:補腎安胎。肝腎不足による切迫性流産や習慣性流産などに適宜です。

四、阿膠豆乳
材料:阿膠10g、豆乳150ml、砂糖適量。
作り方:豆乳を沸騰させます。阿膠を入れて溶かし、砂糖で味を調えます。一日に2~3回飲みます。
効能効果:益気養血。産後の血暈(めまい)に適宜です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-06-09 10:37 | 中国の薬膳 | Comments(1)

薬引子と朱元璋

こんにちは、周です。

現今、水・酒・淡(薄い)塩水・蜂蜜水・米湯(米を炊いたときに取り出した汁)・紅糖(黒砂糖)・葱白湯・生姜湯などを薬引として中薬・中成薬(調合した漢方薬)を服用します。薬引子は引薬帰経、増強療効(薬効を高める)という効果がある同時に、薬の調和・顧護・制約・矯味作用があります、中薬・中成薬と配合して、相得益彰(互いに補完し合うことによって効果が一層よくなる)の効果が得られます。

薬引子の由来は朱元璋と関わると言われています。
明朝洪武年代、浙江蕭山に楼英という郎中が居ました。彼は医薬世家の出身で、小さい(7歳)頃から父親に師事して、20歳で一人前の医者となって開業します。楼英は医術高明で、起死回生の術を持っていると言われ、彼の名は蕭山地方で知られ、「神仙太公」と称されます。
馬皇后は重病に患い、御医の診察を受け、人参・霊芝など貴重な中薬を処方され服用しましたが、効果はありませんでした。皇帝朱元璋は天下の名医を探し始め、楼英を宮中へ呼びました。楼英は馬皇后を診察し、脾胃不和・痰濁積滞と診断して、大黄・萊服子という、極普通の中薬で治せる病気だと思いました。しかし、有る1つ事を凄く悩みましたー皇后様にあまり安い薬を使うこと。筆を持ち手がなかなか…処方箋に書けませんでした。その時、朱元璋が馬皇后のお見舞いに来られ、突然現れました、楼英が慌てて地面に跪いて、皇帝をちらっと盗み見ました。あぁ、あった!―皇袍の上にキラキラしている玉珮(玉の装身具)を用いれば良いです。彼は再び筆を手にして、処方箋にこう書きました:「萊服子3銭、皇上随身玉珮作薬引」。馬皇后は、その処方された煎じ薬を飲んだ後、お腹がコロコロして排便しました。翌日、さっぱりとしたものを食べ、2・3日後で完治しました。

朱元璋が大喜び、楼英を太医院の御医として働くようにお願いしました。楼英は、その絶好なチャンスを見逃さず、太医院に保存されている皇家珍蔵の薬典を読み、医術も進展しました。
[PR]
by jbucm | 2011-06-06 09:30 | 中医学 | Comments(0)

『中薬学』参考書の紹介

f0138875_1651287.jpg
先日、日本校が推薦する参考書『中薬学』(医歯薬出版社)が廃版されているとお聞きしたので、出版社へ伺ってみました、間違いないと言われました。本当に残念に思います。

中薬学を勉強される皆様には、やはり日本語の参考書が必要だと思い、ネットや本屋へ探し回しました。亜東(アトウ)書店にこの本を見つかりました。中国に出版したものですが、ちょうど日本校が使っています教科書の同じシリーズの教材から翻訳したものだそうです。中身は詳しく読んでませんが、早速一冊買い、学校の推薦書コーナーへ置きました。

在校生、特にいま『中薬学』を勉強中の皆様は、ご来校の際、是非読んでみて下さい。お気に入りであれば、亜東書店にて購入して下さい。

亜東書店には、中国の書物(中医薬・針灸などを含む)たくさん置かれていますので、是非一度足を運んでみて下さい。亜東書店の紹介地図は学校に置いてありますが、こちらのHPにも調べられます。
http://www.ato-shoten.co.jp/shop.php

f0138875_1654886.jpg

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-06-02 10:00 | Comments(0)