カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

中国三千年の中薬美肌古方①


  中薬美容は、中国で三千年以上の歴史があり、いろんな綺談が残されています。三国時代に、東呉の孫権の息子が寵愛する鄧夫人がある日にうっかりして顔が包丁に切られ、大きな切り傷を残した。医師が白獺の脊髄と琥珀・朱砂などの中薬を調合し、鄧夫人の切り傷に塗りつけたら、傷跡が残さず、しかも顔色が前より白くなり、より妖艶になった話がありました。また、唐玄宗李隆基の娘である永楽姫は、若い時から顔が干からびて、肉付きがとても悪かったが、「安史の乱」で陝西省大荔県の白沙苑の辺りに流浪し、そこで常に当地の蒺蔾茶を飲んでいた。2~3年経ったら、なんと容姿秀麗な美人となった話もありました。数千年以来、歴代研究の積み重ねで、中薬美肌方は、もう中国医薬宝庫の中にきらきら輝く一本の珍しい花となっています。

 今日から、2~3回に分けて、中薬の美容方を幾つ紹介しましょう。

一、単味美肌方
1.当帰美肌:当帰は、腸胃・筋骨・皮膚を潤し、活血・補血の作用があります。中医では、当帰が「沢膚(皮膚に光沢を与える)、生肌(新しい肌を作りだす)」と「皮膚渋痒(皮膚の乾燥と痒み)を治す」の効用あると認識しています。現代研究では、当帰に多くのビタミンA、ビタミンB12、ビタミンEや人体の必須アミノ酸などの栄養素が含まれると分かりました。人体の新陳代謝や内分泌機能を促進、皮膚の乾燥、カサブタ、痒みなどの予防と治療によく使われます。常に当帰の煎じ液を飲むと、皮膚に光沢を与え、しなやかな肌を求められます。

2.人参美肌:薬用の人参は、補気・生津・安神・益智の効用があります。現代研究では、大量な人参サポニン・ジンセノサイドが含まれ、機体の新陳代謝を促進し、皮膚を滋潤と栄養作用があります。皮膚の脱水・老化・しわを予防し、皮膚の弾力を強め、肌の老衰を遅らせることができます。

3.蜂蜜美肌:蜂蜜は美容の聖品です。清熱解毒・補中・潤燥・止痛の作用があります。現代研究では、蜂蜜は皮脂腺の異常分泌を減少し、皮膚の新陳代謝を改善し、血液循環を良くさせることができ、皮膚をしっとりさせます。一日30gぬるま湯で薄めて飲むもとをお薦めです。或は、蜂蜜を使って洗顔すると、ツルツルな肌を保つことができます。なお、清熱解毒(抗炎症)効果があるので、ニキビや吹き出物にも外用できます。方法は、綿棒で蜂蜜を直接患部に塗りつけ、20~30分後、ぬるま湯で薄めた蜂蜜を使って10分間マッサージしながら洗顔し、最後に水で綺麗に流します。この場合は、内服と外用を合わせて使うとより効果を得られます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-07-28 09:59 | 中医学 | Comments(0)

平成23年10月生募集説明会

7月23日午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成23年10月生募集説明会を予定通り開催致しました。ご多忙中と、暑い中、全国から35名以上の方々がお集まり頂き、有難うございました。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。
f0138875_10115231.jpg

この説明会のため、北京から飛んで来ました、高 鶴亭学長が国立北京中医薬大学本校、及び中医中薬や気功療法、食生活に係る生活習慣病などの伝統医学の現状、今話題となっていて・亜健康(2010年1月5日ブログご参照ください)を話しました。
f0138875_10122879.jpg

その後、北京中医薬大学本校から派遣されている韓教授からは御挨拶を頂きました。
f0138875_10131798.jpg

当校の卒業生・日本中医食養学会の副会長の中村 きよみ先生より「中医学を活かして」などの話をして下さいました。
f0138875_10135897.jpg

最後に、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。
f0138875_10144158.jpg

説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メールinfo@jbucm.com、又は、 電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にご連絡下さい。

世界保健機構(WHO)の指導理念は伝統医学の生活化であり、その中核を成す「中医学」の国際化は一層拡大普及しております。国立北京中医薬大学日本校は日本で最高の中医学を学べる大学であり、また日本に存在する唯一の伝統医薬大学です。皆様に大いに日本校が役に立てることを願い、国立北京中医薬大学日本校に中医学を学ばれることを心から歓迎いたします。
[PR]
by jbucm | 2011-07-25 09:17 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

大棗を使った薬膳方②

先月、大棗を使った薬膳方幾つを紹介しました。今日は、その続きで、後半の部分を紹介致しましょう。
f0138875_16341933.jpg

五 健脾昇圧の粥
材料(二人前):大棗20個、太子参10g、山薬30g、薏苡仁20g、蓮子10g、お米50g
調理方法:上記のものを洗い、一緒にお粥を作る。毎日1~2回食べる。
効能効果:補中益気、健脾昇圧。血圧の低い方、脾胃虚弱により食欲不振、消化不良、倦怠感、無気力、下痢気味の方に適宜。

六 党参大棗茶
党参10gと大棗10個をお湯に浸して、お茶にして飲む。何回かお湯を足して飲もと良いです。
益気健脾、養心安神作用があり、病後の虚弱体質、顔色が蒼白、倦怠感、無気力、動悸、息切れ、不眠健忘、眩暈などの症状の改善に良い。

七 大棗竜眼肉蓮子のデザート
材料(二人前):種を取除いた大棗30個、竜眼肉10g、蓮子50g、砂糖適量
調理方法:大棗、竜眼肉、蓮子を洗い、砂糖と一緒に水で蓮子が軟らかくなるまで煮詰める。毎日2回食べる。
効能効果:健脾養血、益心安神。神経衰弱での不眠多夢、健忘、動悸、倦怠感、無気力などに良い。

八 大棗三仁と鶏肉のスープ
材料(四人前):大棗40個、杏仁20g、ギンナン20g、胡桃仁20g、鶏のもも肉200g、調味料適量。
調理方法:上記の材料を一緒にとろ火で1時間位煮込み、調味料で味を調える。毎日1回食べる(スープも飲む)。
効能効果:補肺腎、益精血、止咳平喘。中老年の肺腎虚損の方の腰膝酸軟、疲労乏力、咳嗽、息切れ、食欲不振などに良い。

大棗は薬食両用できるもので、薬膳方としての作り方がまだまだたくさんあります。当ブログにも既に何種類も紹介したことがあります。是非、自分のニーズに合う作り方を選んで作ってみて下さい。

ここで注意して欲しいことは、大棗は味甘性温のもので、食べ過ぎると助痰生湿蘊熱の恐れがあるので、湿熱や痰熱のある方は多く食べないことです。なお、生のナツメを食べ過ぎると、腹脹や下利を引き起す可能性がありますので、要注意です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-07-21 10:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

ストレス解消できるスープ

こんにちは、周です。ストレス解消の効果があるスープを紹介します。

1.玄参麦門冬痩肉湯(玄参・麦門冬と豚の赤身肉のスープ)
効能:清熱瀉火・利咽
材料:豚の赤身肉500g 、玄参・麦門冬各25g,、蜜棗10個 塩適量
作り方:豚の赤身肉は水で洗い流し、食べやすいサイズに切り、お湯を通します。玄参・麦門冬は1時間位水で浸けます。上記のものを土鍋に入れ、2000cc水を加え、沸騰しましたら、弱火で2時間煮込みます。塩で味を整えます。
このスープは寒涼ですので、胃寒・脾虚泄瀉の者は不適宜です。

麦門冬は甘・微苦微寒で、肺・心・胃経に帰経します。潤肺養陰・益胃生津・清心除煩の作用があります。
玄参は苦・甘・咸・寒で、肺・胃・腎経に帰経します。清熱・解毒・養陰の作用があります。

2.銀耳西洋参※(保の下に火)猪腱(白木耳・西洋人参と豚のもも肉の煮込み)
効能:滋陰潤燥・清熱生津
材料:豚のもも肉500g 、白木耳・西洋人参各25g,、大棗10個 塩適量
作り方:豚の赤身肉は水で洗い流し、食べやすいサイズに切り、お湯を通します。白木耳は水で戻し、適当の大きさに分けます。上記のものを土鍋に入れ、3000cc水を加え、沸騰しましたら、弱火で3時間煮込みます。塩で味を整えます。
このスープは睡眠不足による虚火上昇の者に最適です。胃寒による疼痛(胃痛)も者には禁忌です。

白木耳(銀耳とも言います)は甘・淡・平で、肺・胃・腎経に帰経します。滋補生津・潤肺養胃の作用があります。
西洋人参(花旗参とも言います)は苦・微甘・寒で、心・肺・腎経に帰経します。補気養陰・清火生津の作用があります。
[PR]
by jbucm | 2011-07-18 14:06 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

トマトを使ったジャージアン麺

手軽な中国家常菜⑬―トマトを使ったジャージアン麺

先週、北京の炸醤麺(ジャージアンミエン)を紹介しました。実は、我が家の夏には、もっと作り易い麺も良く食べます。中国の北方地域に「打鹵麺(ダールーミエン)」と言うのは一般の家庭によく食べるものです。そもそも、その「鹵」は、肉や鶏卵と様々な野菜などで作ったスープに片栗粉を加えた濃厚なかけ汁です。私は一番好きな「鹵」は、片栗粉を使わず、トマトと玉子を使ったものです。それを、一応日本語で「トマトジャージアン麺」と名付けましょう。

日本では、トマトを生で食べる方が多いですね。実は現代の研究によると、煮たり炒めたほうが栄養分の吸収がいいですよ。たしかにビタミンCは熱に弱いですが、トマトに含まれる、活性酸素を除去する抗酸化作用のある赤い色のリコピンと言う成分は脂溶性なので、油を使って調理するといいです。
f0138875_1415149.jpg

材料(二人前):
うどん200g、豚ひき肉100g、たまご2個、トマト(大)1個、エリンギ2個、白ねぎ1/2本、ニンニク2かけ、生姜1かけ、きゅうり2本、豆瓣醤大さじ2杯、サラダ油、料理酒、醤油、塩、味の素適量。
作り方:
①キュウリ、白ねぎの3/4位を千切りして置きます。
②エリンギ、ニンニク、生姜と残りのねぎをみじん切りにします。
③中華鍋にサラダ油大さじ2杯を入れて熱し、軽くかき混ぜた玉子を入れてさっと炒めて器に移します。さらに中華鍋にサラダ油大さじ2杯を入れて熱し、生姜・ニンニク・ねぎのみじん切りとひき肉を入れて炒めます;豆瓣醤大さじ2杯、塩、醤油と料理酒を適量加え、更に炒めます。エリンギのみじん切りと炒めた玉子を入れて、弱火で2~3分間ほど煮込みます。
④③を煮込んでいる間に、トマトを細かく切り(左の写真をご参照ください。なお、とまとの皮を剥く必要ないです)、③に入れて、かき混ぜながら中火で2~3分間煮込みます。最後に、醤油、味の素少々加え、味を調えます。
⑤別の鍋でうどんを茹でます。茹でたうどんは、冷水で締めて水気よく切ってから器に盛ります。
⑥麺の上に、千切りのキュウリ、ねぎと④を乗せます。

* トマトと卵の相性が良くて、互いに味をしみ込ませると、想像外の美味しさを味わえます。


f0138875_1412152.jpg


(李)
[PR]
by jbucm | 2011-07-14 13:10 | 中国の家庭料理 | Comments(0)

不思議な中文

これは夫が留守する妻子への詩です。

枯眼望遥山隔水、往来曾見几心知
壺空怕酌一杯酒、筆下難成和韵詩
途路阻人離別久、訊音無雁寄回遅
孤灯花守長寥寂、夫憶妻兮父憶児

面白いことに気付きましたか?この詩を後ろから、1つ1つ文字を読むと、妻子が遠方に居る夫(父)を想い詩になります。

児憶父兮妻憶夫、寂寥長守花灯孤
遅回寄雁無音訊、久別離人阻路途
詩韵和成難下筆、酒杯一酌怕空壺
知心几見曾来往、水隔山遥望眼枯

心酔される中国文化!上からも、後ろからも読めます。非常に不思議な中文です。
中国語が読める方は、音読してみて下さい。中国語の素晴らしさが実感出来ますよ。


[PR]
by jbucm | 2011-07-11 10:06 | 中国の話 | Comments(0)

北京の炸醤麺(ジャージャン麺)

手軽な中国家常菜⑫―北京の炸醤麺(ジャージャン麺)

炸醤麺(ジャージアンミエン)は、日本でジャージャン麺と称されます。北京の家庭料理の1つです。夏、食欲のない時に、これだけはたくさん食べられますので、我が家夏の食卓にもよく出番されます。私なりの作り方がありますので、後ほど紹介致します。

伝統的な作り方は、豚のひき肉と細かく切ったニンニクやシイタケなどを甜麺醤(テンメンジャン)と黄醤(味噌)で炒めて作った「炸醤」を、茹でた手作りの麺や千切りのキュウリ、ねぎに乗せ、混ぜてから食べます。

私は、それを改良し、自分流のジャージャン麺を作っています。先ず、入手しにくい甜麺醤と黄醤がなかったら、砂糖と日本の赤い味噌を上手く組合せて本場のジャージャン麺に負けないものを作れますよ。次に、麺は手作りできないので、太めのきしめんやうどんなどを使います。後は、野菜を多く摂りたいので、私はいつも茹でたモヤシも使います。
f0138875_13562665.jpg

材料(4人前):
きしめん 400g、豚ひき肉 200g、肉厚めのシイタケ 4枚、白ねぎ 1/2本、ニンニク 2かけ、生姜 1かけ、きゅうり 2本、緑豆もやし 1袋、赤味噌 大さじ3杯、甜麺醤(あれば)大さじ2杯、サラダ油、ごま油、砂糖、醤油、味の素適量。
f0138875_13565125.jpg

作り方:
① キュウリ、白ねぎの3/4位を千切り、モヤシをさっと茹でてから水道水を流し、水を切って置きます。
② シイタケ、ニンニク、生姜と残りの1/4位のねぎをみじん切りにしておきます。赤味噌と甜麺醤を器に入れて、50~100ccの水でよくかき混ぜます。
③ 中華鍋にサラダ油を入れて熱し、中火にしてから砂糖小さじ2杯(甜麺醤がない場合は、砂糖を4杯)を入れ、かき混ぜて溶かします;素早くひき肉と生姜・ニンニクのみじん切りを入れ、強火にして炒めます;シイタケのみじん切り・ごま油・醤油少々加え、更に炒めます。②で混ぜた味噌を加え、弱火で5分間ほど煮込みます。最後、味の素少々加え、味を調えます。
④ ③を作る同時に、別の鍋で麺を茹でます。茹でた麺は、冷水で締めて水気よく切ってから器に盛ります。
⑤ 麺の上に、茹でたモヤシと千切りのキュウリ、ねぎを乗せて、その上に③を乗せます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-07-07 11:55 | 中国の家庭料理 | Comments(0)

紅楼夢と中医学

≪紅楼夢≫清朝の乾隆帝時代(18世紀中頃)に書かれた中国長篇小説です。≪三国志演義≫≪水滸伝≫≪西遊記≫とともに旧中国の傑作古典小説に数えられ、「中国四大名著」とも言われます。

≪紅楼夢≫には医学に関する話が多くあります。有る人が統計してあります:医薬・衛生知識290か所・約5万字。医学熟語161条、症例114、中医の医案13、方剤45、中薬125、西薬3 にも及びます。小説の中に、そんな多くの医薬知識を書かれたとは、中国文学史上に於いて勿論ですが、外国文学史上にも、極まれであります。

例えば、第7回の「送宮花賈璉戯熙鳳、宴寧府宝玉会秦鐘」に、幼少時の薛宝釵のことを書かれています。彼女は病に患い、当時の名医に診察・治療を受けましたが、効果が全然有りません。その後、癩(黄癬、カビによる皮膚病で、頭髪に多発する)頭和尚に出逢い、生れ付きによる熱毒と診断され、「海上方」という方剤を処方されました。「海上方」を服用した薛宝釵は病気が治りました。「海上方」は露・霜・雪・蜂蜜と4種類の花蕊(花のしべ)から組成されます、4種類の花は(春に咲く)白牡丹・(夏に咲く)白荷花・(秋に咲く)白芙蓉・(冬に咲く)白梅花であります。

第28回・黛玉の話です。黛玉が大夫(医師)に「天王補心丹」を処方されました。「天王補心丹」は臨床常用されている中成薬です。地黄・白茯苓・人参・遠志・当帰・酸棗仁などの中薬から組成されます。滋陰養血・補心安神作用があり、心血不足・神志不寧・心悸・盗汗・心煩・失眠に用います。黛玉は幼少時から「気弱血虧」と診断され、気弱で外邪に対する抵抗力が低くて、風・寒・暑・熱に当たると、不調になります。陰血不足(血虚)のため、陰虚生火し易い、五心煩熱・両顴紅赤・形体消痩・潮熱盗汗という症状があります(咳嗽・咯血もあります)。現代医学と言えば、彼女の病は肺結核に間違いないですが、当時には特効薬がなかったため、作者の曹雪芹が「天王補心丹」を服用させたのは、最も適宜であるかもしれませんね。


[PR]
by jbucm | 2011-07-04 17:55 | 中医学 | Comments(0)