国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夏季講習会(その4)

こんにちは、先週の土日(27日・28日)夏季講習会(その4)を行われました。

テーマ:中医弁証テクニック
担当:金 光亮教授
f0138875_1418636.jpg


以下の内容を講義されました
一 中医の治病構想の歴史
二 証候の本質、内容及び表現
三 弁証の難点
四 弁証の基本原則
五 症状に対する認識及び分析
六 医案弁証のテクニック
七 臨床弁証の基本手順(流れ)
八 医案分析トレーニング(8症例を取り上げられた)

証候は疾病過程の中にある一つ段階の基本病機であり、病機は証候の本質であります。病因、病性、病位(=部位)を含みます。病因は病理的なもので、主に風寒暑湿燥火(内生五邪も含め)、疫毒、傷食、労傷、情志、痰飲、気滞、瘀血、虫積等であります。病性(性質)は寒熱虚実であります。病位は表裏、臓腑病位、六経病位病位、衛気営血病位、三焦病位等があります。一般的には、帰納した基本病機を四字一句で表現します(証は省略して)、例えば、脾腎陽虚(証)、肝気欝結(証)、風寒犯肺(証)。複雑な疾病は2句か3句で、3句以上は稀であります、例えば、腎陽虧虚・湿阻血瘀(慢性腎炎)、気陰両虧・痰瘀交阻(狭心症)。

4回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2011-08-29 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
三、薬粥美容の参考方
1.豊肌潤膚粥:熟地黄、枸杞子各20g、甘菊花10g、鶏の挽肉100g、梗米60g、精製塩、生姜末、味の素、ねぎのみじん切り各適量。

まず、熟地黄、枸杞子、甘菊花を煎じで汁を取って置きます。次は、梗米と鶏の挽肉を混ぜて、上記の煎じ汁を使い、とろ火で粥を作ります。最後に塩、生姜末、味の素、ねぎを加えて完成します。毎日、朝食として暖かい内に食べます。20日を1つに療程したら、5日間休み、次の療程を始めます。この粥の効用は、滋補気血、豊潤肌膚なので、美肌美顔の目的を果たせます。

2.養顔補血粥:当帰10g、川芎3g、黄耆5g、紅花2g、梗米100g、鶏ガラスープ1000cc。当帰、川芎、黄耆、紅花の煎じ汁を取ります。煎じ汁と鶏ガラスープで粥を作ります。数回に分けて食用します。この粥は補血・理気・祛瘀の効用があり、常に食べると、顔色が綺麗になり、シミやソバカスをなくすことができます。

3.酸棗仁桂園粥:酸棗仁の粉末30g、桂園肉15g、梗米100g、黒砂糖10g。上記のものを水で粥を作ります。酸棗仁は二重のガーゼで包み、粥が出来上がったら取り出します。粥を朝食として暖かい内に食べます。この粥は補益心脾・養血安神の効果があり、顔色を良くし、肌を潤すことができます。特に心脾気血不足により、顔色が悪い、肌が乾燥している場合に適応です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-08-25 10:45 | 中医学 | Comments(0)

夏季講習会(その3)

こんにちは、先週の土日(20日・21日)夏季講習会(その3)を行われました、ここでその内容を紹介します。
テーマ:20世紀の方剤学
担当:小金井 信宏先生
f0138875_105222.jpg

1日目は中医学から見た「慢性肝炎」について講義しました。
慢性肝炎は中医学の脇痛、積聚、黄疸、鼓脹、虚労などに属します。毒邪、疫毒が病因で、毒邪(主に湿熱邪)と正気の関係があります。治療には、中国でも・日本でも小柴胡湯を用いられていますが、何故中国では事故を引き起こさないか、両国での違いを分析されました。劉 渡舟先生、関 幼波先生、趙 紹琴先生の治療方剤も紹介されました。

私は2日目の講義を聴講しました、ここで少し詳しく紹介させて頂きます。
新しい方剤の生まれ方というテーマにスポットをかけて、講義されました。新しい方剤は、以下のように、3つの方法から生まれましたー①名方の加減や加味、②名方の合方加減、③オリジナル用薬法による。名方の「補中益気湯」を取り上げられて、胃下垂・直腸下垂・気虚下陥による腹痛・脱肛・崩漏・子宮下垂・慢性疲労性腰痛など、良く見られる疾病に用いる方剤を紹介されました。消渇病(糖尿病)について、病因・病機・分型(弁証)論治から、祝 諶予先生の「降糖対薬方」や医案まで紹介されました。

注:厚生労働省のHPから、日本の平成19年の国民健康営養調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」の890万人と、「糖尿病の可能性を否定できない人」の1320万人を合わせると、全国に2210万人いると推定されています。そのうち、約4割はほとんど治療を受けたことがありません。
[PR]
by jbucm | 2011-08-22 10:43 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
2011年度日本中医学会学術総会のご案内

きたる9月3日(土)と4日(日)に,日本中医学会の2011年度学術総会が開催されます。おかげさまで中国,台湾,韓国からも多くの来賓が来られ,また内容も充実して,昨年以上に盛大な総会になるものと予想されます。

日時:2011年9月3日(土)、4日(日)
会場:タワーホール船堀 (東京都江戸川区 都営新宿線「船堀駅」徒歩約1分)
スケジュール:
9月3日(土)
12:00 受付開始
13:00~13:30 開会式
13:40~15:10 招待講義 (北京中医薬大学東直門病院の趙 吉平先生
17:10~17:50 次期会頭のご挨拶 
9月4日(日)
9:10~17:00 講演
シンポジウム ②
疑難病に対する中医学の治療経験(北京中医薬大学東直門病院の趙 吉平先生
17:10~ 閉会のご挨拶
詳細はhttp://www.jtcma.org/scientific-meeting/img/skd01.pdf 

申込は総会のホームページご参照下さいhttp://www.jtcma.org/scientific-meeting/index.html 
[PR]
by jbucm | 2011-08-18 10:50 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

食用人参

こんにちは、周です。今回は人参(食用人参)についての話です。

人参は中国語で胡蘿卜・紅蘿卜・胡芦菔とも言います。性味は甘・辛、平で、脾・肝・肺経に帰経します。健脾和中・滋肝明目・化痰止咳・清熱解毒があります、脾虚食少・体虚無力・腹痛・泄瀉・雀目(夜盲症)、咳喘・咽喉腫痛・麻疹・水痘に用います。「東方小人参」とも誉められています。
f0138875_10104434.jpg

人参と配伍して、加熱して食べる方法を紹介します。
黄耆・猪肚(豚の胃袋)・山薬(山芋・長芋)を一緒に食べます。黄耆は補脾益気作用があり、健脾作用ある山薬・猪肚と配伍して、補虚弱の作用が増強することができますので、脾胃虚弱・消化不良の者に最適です。

注意事項:
① 人参は生食できますが、生食の場合は、ピーマンと一緒に食べないです。人参はカロチンの以外に、ビタミンC分解酵素も含まれるので、その酵素はピーマンに含まれるビタミンCを破壊してしまいます。
②大根(中国語は白蘿卜と言います)と一緒に食べないです、両者の営養分を低下させる為です。
③酢を禁忌します。人参に含まれるカロチンを破壊してしまうからです。
[PR]
by jbucm | 2011-08-15 10:04 | 中国の薬膳 | Comments(0)
二、复方美肌方
1.容顔不老方:生姜500g、大棗250g、塩60g、甘草70g、丁香15g、沈香15g、茴香20g,共に粉末にして、密封できる容器に入れて保存します。毎朝9~15gを水で飲む。容顔不老方とは、若さを保てる良い処方です。

2.金国宮女八白散:白丁香、白僵蚕、白牽牛、白蒺蔾、白芨各90g、白芷30g、白附子、白伏苓各15g、皂角(トウサイカチ)9g(さやを取り除いたもの)、緑豆少々,共に粉末にしておきます。洗顔剤として毎日洗顔します。汚れを落とす同時に、肌を潤す、乾燥や痒みを治す効果もあります。また、美白効果でくすみに、抗炎症の効果でニキビなどにも適応です。

3.美肌祛皺方:セロリ、カリフラワー、トマト、赤の葡萄、ザボン、みかん、蜂蜜、牛乳各適量。セロリ、カリフラワー、トマト、赤の葡萄、ザボン、みかんを搾り汁にして、蜂蜜と牛乳を加え、混ぜます。そのまま毎日1~2回コップ1杯ずつ飲むと、肌がみずみずしくなり、弾力が良く、艶のある顔を保てます。本方は肌を保護と皺の予防効果があります。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-08-11 11:30 | 中医学 | Comments(0)

夏季講習会(その2)

こんにちは、先週土日(8月6日・7日)夏季講習会(その2)を行われました、今回はその内容を紹介します。

品川きゅりあんで、夏期講習(中医薬膳専科の調理実習)が行われました。「夏・長夏の薬膳料理・薬膳に使える中薬」のテーマに沿って、中医食養学会の中村きよみ先生・岡本清孝先生・村岡奈弥先生・鳳寛子先生・久野緋沙子先生の丁寧にご指導して下さいました。
f0138875_1091597.jpg

f0138875_1012965.jpg


講義は10時からスタートです。最初の1時間は、中村きよみ先生(7月30日・31日の担当は鳳寛子先生・久野緋沙子先生です)より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。2時間目は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。今回のメニューは、①緑豆の薬膳カレー②苦瓜としらす干しの小鉢 ③西瓜とレモン寒天のフルーツポンチ でした。その後、参加者の皆さんが、5-6名を一組で実習し、自分の手で作った料理で会食しました。
f0138875_11324585.jpg

f0138875_11342919.jpg

f0138875_11515545.jpg

f0138875_11352843.jpg


ここでは、「緑豆の薬膳カレー」を抜粋して詳しく紹介しましょう。
材料(6人分)
合挽き肉:200g トマト3個 緑豆:100g 玉葱:大3個 ニンニク:1片 生姜:30g ピーマン:3個 パプリカ:1個 トウモロコシ1・5本(実を外し、ひげを細かく切る) 米:3カップ 
サラダオイル:少々 カレー粉:大3 カルダモン8粒(種を出す)  

作り方
①玉葱はスライスし、ニンニク・生姜は微塵切り、ピーマン・パプリカは種を取り、1cm角切りにする。炊飯器に洗った米・3カップ分の水、トウモロコシの実とヒゲを加え、炊き上げる。
②玉葱をキツネ色になるまで炒め、次に、生姜・ニンニクを加えて炒め、香りが出てきたら、ひき肉を入れてさらに炒める。
③肉の色が変わったらカレー粉、砕いたカルダモンと小麦粉を加えて炒めた。
④パプリカ、トマトと緑豆を加え、水3カップ入れて、緑豆に火を通す。
⑤緑豆が柔らかくなったら、炒めたピーマンを加え、塩で味を整える。
f0138875_11524590.jpg


主な材料の薬膳作用を紹介します。
緑豆:
「性味・帰経」甘涼 心・胃経    
「効能」  清熱、消暑、利水、解毒
玉葱:
「性味・帰経」甘辛・温 帰胃・肺経    
「効能」 和胃、降逆、化痰、理気、活血
牛肉:
「性味・帰経」甘平 帰脾・腎経      
「効能」 補気、補血、健脾、活血、強筋骨
豚肉:
「性味・帰経」甘咸平 帰脾・胃・腎経      
「効能」滋陰、補気、補血、補腎
トマト:
「性味・帰経」甘酸微寒 帰肝・脾・胃経      
「効能」生津、止渇、涼血、平肝、健胃、消食、解暑
トウモロコシ:
「性味・帰経」甘平 帰大腸・胃経      
「効能」健脾・補気・和胃・調中、利水
トウモロコシのヒゲ:
「性味・帰経」甘平 帰肝・腎・膀胱経      
「効能」利水、消腫、利胆、通乳
カルダモン:
「性味・帰経」辛温 帰脾・胃経      
「効能」化湿、温中、行気、止嘔

午後の講義は、日本中医食養学会の岡本清孝先生が、「生薬に親しむ / 触れる・味わう・煎じてみる」を講義して頂きました。3種類の薬膳茶(益気生津ドリンクー生脈飲・荷葉茶・南蛮毛茶=トウモロコシのヒゲ茶)を飲みながら、今年の薬膳専科夏期特別講座を終了いたしました。
f0138875_11374845.jpg

f0138875_11381514.jpg

少し疲れたかな~と思いますが、6時間で、豊富な内容の勉強ができて、普段、日本校の校舎でできない薬膳実習に参加できて、皆さんが満足な笑顔を見せてくれました。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。

テーマ2:解剖学(担当:李 紅岩先生)
解剖学は以下の内容です。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系
f0138875_11385340.jpg

[PR]
by jbucm | 2011-08-08 11:38 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
西瓜の皮の清熱解暑と利尿の作用は、その赤い部分より強いです。中医では西瓜翠衣と呼び、腎性浮腫みや消渇に、現代では高血圧などにもよく使われます。民間では、清熱解暑の宝物として西瓜翠衣を愛用し続けています。
f0138875_1222182.jpg
日本の西瓜は中国より10倍ぐらい高いです。しかし、暑い日にはどうしても食べたくなります。我が家もほとんど毎日食べています。西瓜の皮を多くの時は捨ててしましました。時間のある時や、湿度が高くて、蒸し蒸ししている時に、私はそれを涼拌(liang ban 日本の和え物に似ている料理方法)して食べます。清熱利尿の効果を求められますし、さっぱりした味なので、食欲を引き出してくれますよ。ご興味がありましたら、是非試してみて下さい。

材料:西瓜の皮 1/6切、塩・砂糖・お酢・ごま油・味の素各少々。

作り方:
① 西瓜の皮の一番外側の硬い部分(グリーンの部分)を丁寧に剥いて、スライスし、少々の塩を振り、軽く混ぜる。30分位漬けて置いてから、出てきた水分を捨てます。

② ①に砂糖・お酢・ごま油・味の素各少々加え、軽く混ぜたら、出来上がり。一晩冷蔵庫に冷やして置くと、味が芯まで浸み込まれて、一層美味しく感じられます。

③ 辛い味が好きな場合は、七味やラー油などを加えると、また違う風味を楽しめます。なお、寒涼と温熱のバランスが取れて、脾胃虚寒の方によいです(写真の下は辛くしたものです)。

私は、もともと料理の下手な人です。今でも本当に簡単なものしか作れません。料理の際、いつも手抜きしてしまいますが、ストレスがなくて楽しくできますよ(笑~)。私は、毎日のすることを楽しくするのも大事だと思っています。勿論、前提は、栄養のバランスを考え、季節や体質に合わせて食材を選ばなければならないと思います。

ついてに、今朝食べた緑豆の粥もアピールしましょう。こちらも清熱解暑によいので、我が家朝食の食卓によくでるものですよ。
f0138875_1224592.jpg

材料(4人前):緑豆100g(1/2合)、米60g(約1/3合)、砂糖大さじ6杯。

作り方:緑豆と米を洗い、炊飯器に入れ、水は粥の1.5合まで入れます(水が少ないと濃すぎます)。粥作りを選択し、スイッチをプッシュすればOKです。

私は、いつも前日就寝の前に作り、そのまま数時間保温して置きます。翌朝起きたら、炊飯器のスイッチを切り、できたお粥に砂糖を多めに入れ(好みによって調整して下さい)、お玉杓子で同じ方向でかき混ぜます。暖かいうちでも、冷やしてからでも、美味しく頂けます。

効用:緑豆――味甘、性寒です。清熱解毒、消暑利尿作用があります。「一物全体」なので、緑豆の皮もそのまま食べたほうが良いです。


(李)
[PR]
by jbucm | 2011-08-04 12:26 | 中国の家庭料理 | Comments(2)

夏季講習会(その1)

こんにちは、先週の土日(7月30日・31日)夏季講習会(その1)を行われました、今回はその内容を紹介します。

韓先生のテーマ:認知症の中医弁証及び治療 
以下の内容を講義しました。
一 認知症の概念
二 四大認知症の診断及び治療
三 認知症に対する中医の弁証及び治療
四 予防
五 症例(3症例を取り上げられた)
f0138875_10402090.jpg


韓先生は現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。中医学の観点からみると、脳・心・脾・腎と最も関係があると認識しています。脳髄空虚・気血虧虚・痰濁蒙竅・瘀阻脳絡・心肝火旺・毒損脳絡は主な病因で、髄海不足・神机失用は病機であります、よって常用される治療法は補腎塡精・益心健脾・袪痰開竅・活血化瘀であります。
f0138875_10411119.jpg


同時に品川きゅりあんで、夏期講習(中医薬膳専科の調理実習)も(3日間・7月30日・31日、8月7日にかけて)行われました。その様子は次回でお届けしたいと思います。宜しくお願いします。
f0138875_10415267.jpg

[PR]
by jbucm | 2011-08-01 10:29 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)