カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

針灸で認知症を予防と治療の方法③


5、痰濁閉竅証
主穴:百会、風池、神庭、豊隆、足三里、陰陵泉、三陰交など。
功能:健脾化痰、醒脳開竅。
穴の定位方法:
風池 後頸部で後頭骨の下,胸鎖乳都突筋と僧帽筋の間の陥凹部。(胆経)
神庭 頭部,前髪際正中直上0.5寸(前髪際と後髪際の間は12寸)。(督脈)
豊隆 下腿の前外側,外果先端の上8寸(膝中と外果の間は16寸)。(胃経)

6、瘀血内阻証
主穴:百会、太陽、風池、神門、血海など。
功能:化瘀開竅。
穴の定位方法:
太陽 側頭部で、骨の下,眉梢の先端と外眼角を結んだ線の中点から、後外方に約1横指の陥凹しているところ。(奇穴)

7、气虚血瘀証
主穴:百会、気海、関元、三陰交、膈兪、血海、合谷など。
功能:益気活血、開竅通絡。
穴の定位方法:
気海 下腹部の前正中線上,臍の下1.5寸。(任脈)
膈兪 背部、第7胸椎棘突起下の外側1.5寸。(膀胱経)
合谷 手背の第1、第2中手骨の間で、約第2中手骨橈側縁の中点。(大腸経)

(終わり)
[PR]
by jbucm | 2011-09-29 11:24 | 中医学 | Comments(0)

ストレス解消スープーその③

こんにちは、周です。ストレス解消の効果があるスープーその③を紹介します。

3.双雪痩肉湯(梨・白木耳と豚の赤身肉のスープ)
効能:益気生津、除煩醒酒
  材料:豚の赤身肉500g 、梨1~2個、白木耳15g,、西洋参10 g,、蜜棗5個
調味料: 塩適量
作り方:①豚の赤身肉は水で洗い流し、食べやすいサイズに切り、お湯を通します。
     ②梨の皮を剥き、芯を取り、1個を4等分にします。
     ③白木耳は水で戻し、蒂や堅い部分を取って捨て、適当の大きさに分けます。西洋参、蜜棗を水で軽く洗います。
④上記のものを炖盅に入れ、800cc水を加え、沸騰しましたら、弱火で2時間炖します。塩で味を整えます。

このスープは喫煙過多による咳嗽、咽喉の乾きの者に最適宜です。

附:広東語では、梨は雪梨、白木耳は雪耳とも言いますので、「双雪」とは、梨(雪梨)、白木耳(雪耳)を指します。

梨の薬膳作用を紹介します。
性味:甘・微酸、涼
帰経:肺・心・胃経に帰経
効能:清熱降火生津、潤肺化痰止咳、袪燥養血生肌、解除酒毒
主治:熱病傷津・或は温熱病後期、陰虚煩渇、消渇、燥咳、痰熱惊狂、噎膈、失声、目赤腫痛、消化不良、便秘
[PR]
by jbucm | 2011-09-26 10:52 | 中国の薬膳 | Comments(2)

針灸で認知症を予防と治療の方法②

2、肝腎虧(き)虚証
主穴:百会、太溪、復溜、三陰交、肝兪、腎兪、志室など。
功能:滋補肝腎、養陰醒神。
穴の定位方法:
復溜 太溪穴直上2寸(膝中より内果までは16寸あり)。(腎経)
志室 腰部、第2腰椎棘突起下の外側3寸(膀胱経)

3、脾腎両虚証
主穴:三陰交、陰陵泉、血海、大鐘、太溪、照海、脾兪、胃兪など。
功能:益腎健脾、生精養神。
穴の定位方法:
陰陵泉 下腿の内側、脛骨内側顆の後下方の陥凹部。(脾経)
血海 膝蓋骨内側上縁の上2寸(大腿四頭筋の内側頭の隆起部)。(脾経)
大鐘 足の内側、太溪穴の下0.5寸でやや後(アキレス腱の内側)。(腎経)
照海 足の内側、内果先端下縁の陥凹部。(腎経)
脾兪 背部、第11胸椎棘突起下の外側1.5寸。(膀胱経)
胃兪 背部、第12胸椎棘突起下の外側1.5寸。(膀胱経)

4、心脾両虚証
主穴:神門、内関、大陵、心兪、足三里、脾兪など。
功能:益腎健脾、生精養神。
穴の定位方法:
神門 手関節部横紋の尺側端、尺側手根屈筋腱の橈側の陥凹部。(心経)
内関 前腕手掌側、手関節部横紋の直上2寸(長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間)。(心包経)
大陵 手関節前面横紋の中点(長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間)。(心包経)
心兪 背部、第5胸椎棘突起下の外側1.5寸。(膀胱経)
[PR]
by jbucm | 2011-09-22 10:21 | 中医学 | Comments(0)

補腎壮陽のスープーその⑤

こんにちは、今回は補腎壮陽のスープーその⑤を紹介します。

⑤補骨痩肉湯(補骨脂と豚赤身肉スープ)

功効:補肝腎、強筋骨
材料:豚赤身肉200g 補骨脂10g、 菟絲子15g 大棗10個
調味料:生姜・塩 適量
作り方:
①豚赤身肉はブツ切り、湯通をして、水できれいに洗い流す
②補骨脂、 菟絲子、大棗を、水で軽く洗い
③上記材料を鍋に入れ、適量水を加え、武火(強火)で沸騰させ、生姜を入れ、再沸騰させた後、文火(弱火)1時間煮る
④塩で味を調える

このスープは特に腎陽虚の者に適応します。
注意事項:陰虚火旺、大便乾結の者は禁忌です。

補骨脂(別名:破故紙)と菟絲子の薬膳作用を紹介します。
補骨脂
性味帰経:苦、辛、大温。帰腎・脾経
効能:補腎壮陽、固精縮尿、温脾止瀉
主治:脾腎陽虚泄瀉。腎陽不足による腰膝冷痛、陽萎、遺精、頻尿。腎不納気の虚喘。
f0138875_1421452.jpg

菟絲子
性味帰経:甘、辛、平。帰肝・腎経
効能:補陽益陰、固精縮尿、明目止瀉
主治:腎虚腰痛、陽萎、遺精、頻尿、帯下諸証。肝腎不足による視力減退。脾腎虚弱による胎動不安(自然流産)。脾虚便溏(軟便・下痢)。肝腎不足による消渇病。
f0138875_14223240.jpg

[PR]
by jbucm | 2011-09-19 09:02 | 中国の薬膳 | Comments(0)

針灸で認知症を予防と治療の方法①

去る7月30・31日に行いました夏期講習の「認知症の中医弁証論治」に、針灸で認知症を予防と治療にある程度効果があると紹介しましたが、時間の関係で詳しく紹介できませんでした。聴講者の皆様のご要望を応じて、韓教授から原稿を頂き、このブログで紹介しますようと依頼されました。本日から3回に分けてアップさせて頂きます。

針灸やツボのマサージで患者の知能、記憶力及び大脳皮質の興奮性の改善に顕著な効果があると解明しています。中医では下記のように弁証してから治療を行います。

1、髄海不足証

主穴(選択する主なツボ):百会、肝兪、腎兪、足三里、太溪、三陰交、関元など。

功能:補腎益髄醒脳。

穴の定位方法:

百会  頭部、後髪際正中線直上7寸、或は前髪際正中線直上5寸。又は両耳尖を結ぶ線上の中点。(督脈)

肝兪  背部、第9胸椎棘突起下の外側1.5寸(両肩甲骨下方を結ぶ線の中点は第7胸椎棘突起下です)。(膀胱経)

腎兪  腰部、第2腰椎棘突起下の外側1.5寸(両側第12肋骨の端を結ぶ線の中点です)。(膀胱経)

足三里 下腿前外側、犢鼻穴(外膝眼)の下3寸、脛骨前縁よりへだたること1横指。(胃経)

太溪  足の内側、内果高点(先端)とアキレス腱の間の陥凹部。(腎経)

三陰交 下腿の内側、内果高点の3寸、脛骨内側縁の後方。(腎経)

関元  下腹部、前正中線臍の下3寸。(臍から恥骨結合上縁までは5寸です)。(任脈)


(李)
[PR]
by jbucm | 2011-09-15 15:32 | 中医学 | Comments(0)

中秋節

こんにちは、周です。今日(9月12日)は中秋節です。
f0138875_022471.jpg

宋の詩人・蘇 東坡の≪水調歌頭≫を紹介します。

丙辰中秋、歓歓達旦。大酔、作此篇、兼懐子由。

明月几時有?把酒問青天
不知天上宮闕、今夕是何年?
我欲乗風帰去、又恐*(=王に京)楼玉宇、高処不勝寒!
起舞弄清影、何似在人間?
転朱閣、低綺戸、照無眠
不応有恨、何事長向別時圓?
人有悲歓離合、月有陰晴圓缺、此事古難全
但愿人長久、千里共嬋娟

宋代の丙辰年(1076年)の中秋節に、蘇 東坡は朝まで痛飲し、泥酔して、この詞を書きました、子由(弟)を恋しく思う。

当時の蘇 東坡は密州(現在の山東省諸城県)に左遷され、政治に対しての不満と、弟の蘇 轍(号:子由)に6年間も会えなかったことに、感傷的になりました。詞の最後句―但愿人長久、千里共嬋娟は中秋節の代名詞となっています。
[PR]
by jbucm | 2011-09-12 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

中薬の服用時間を重んじる


一般的に、午前9時と午後3時頃は、身体が薬を吸収するプライムタイムです。この時は中薬を服用するベストタイムと言われています。

然し、勤めている人は、なかなかこの時間に薬を飲むことが難しいのは、現実です。なので、朝晩の食前に飲むように指示されるケースが多いです。

実は、異なる薬性の中薬に、服用のタイミングを重んじられなければなりません。例えば、虚証や胃腸の疾患を治療する薬は食事の30~60分前に服用し(補益薬をより吸収し易い、胃腸薬の場合はより直接胃腸に作用するためです)、心肺などの疾病を治療する薬は食事の30分後に服用するのが良い(薬物が胃腸への刺激を減少するため)です;なお、助消化の薬も食後に服用すべきです。瀉下通便の薬物なら、食前空腹の時に服用を薦めます。特に大黄や麻子仁などは、夜間の服用を避けたほうが良いです;駆虫薬は朝空腹の時に服用すべきですが、逆に安神薬は寝る前に服用すべきです。

なお、「暖かいうちに飲む」のは多くの人が中薬服用の習慣となっています。実は、全ての中薬は「暖かいうちに飲む」ではありません。勿論、一般的な中薬は「温服」し(つまり、煎じた後、常温で30~37℃まで冷ましてから飲む);丸剤や散剤などでは、ぬるま湯で飲みます;発散風寒の解表剤なら、「熱服」すべきで、服用後暖かい粥や水を飲み、薬力を助けます;止嘔剤、清熱解毒剤などは、刺激を避けるため、「冷服」すべきです。

殆どの煎じ薬は苦いです。「良薬は口に苦し」は周知される言葉です。多くの人は煎じ薬の中にたくさんの砂糖などを入れてから飲みます。実は、それは良くありません。一部の病証は砂糖を禁忌される場合もあります。例えば、舌苔厚膩、腹脹中満、湿熱内阻などの症状がある人に出された化湿理中の中薬に甘い砂糖を入れると、泣き面に蜂となります。実は、煎じ薬を36.2℃の時に服用すると苦味が一番感じないと実験で明らかにしたと言われています。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-09-08 13:46 | 中医学 | Comments(0)

三根湯の伝説

こんにちは、周です。今回は三根湯の伝説の話です。

伝えるによると、東漢の桓帝が在位の有る年、宛城地区で疾病は流行して、悲惨な情況でした。張仲景先生の往診を要請する人が大勢居ました。先生の診察は朝から晩まで、大忙しいでした。

有る日、張仲景は劉という地主の息子の病(麻疹)を治しましたので、父親である劉地主は大喜び、お礼をする為、村人や張仲景を招待し、盛大な宴会を開きました。張仲景は苦しんでいる・ほかの病人のことを思い、心はどうしても喜べないです。宴会開始後、皆の前で、こう言いました:「お先に失礼します」。その後、劉地主夫婦に、あることをお願いした、劉宅を後にしました。

翌日、劉地主が行動しました。召使い人は川辺の芦根、西溝辺の茅根、南波の蒲公英根を掘り、街に行き、黒砂糖を買い、街の中心部に灶を作って、上記4味薬を煎じて、民衆に飲ませました。この方剤は「三根湯」と名付けました。すると、しばらく三根湯を飲ませ続けているうちに、宛城地区に流行したインフルエンザ、麻疹等も徐々になくなりました。不思議な方剤だと思われました。

劉地主夫婦がしたことは、張仲景に頼まれましたことでした。
先生がこう言いました:私に対する一番の報いは、三根湯を煎じて、皆に飲ませることです。

後世は、芦根、茅根、蒲公英根から組成された方剤「三根湯」を、「仲景湯」と称し、黒砂糖を引薬として、小児麻疹、小児外感の初期発熱・煩燥不安、喜渇冷飲、尿黄などに用います。
[PR]
by jbucm | 2011-09-05 09:30 | 中医学

中国三千年の中薬美肌古方④

四、美容の薬膳料理
1.銀杏湯葉の鶏スープ
功能  滋陰美顔 咳止めに痰の切れがよくなる
材料  干し銀杏150g 地鶏半羽 湯葉40g 生姜1かけ 塩適量
作り方 地鶏を一口大きさに切って、さっと湯通しする。鍋に水と材料をいれ(材料を浸す程)、煮立ててからとろ火で2時間煮込む、最後に塩で味を整えて完成。


2.羊肉の栗煮
功能  温陽補腎 養胃健脾
材料  羊肉100g 栗30g 枸杞子15g 調味料適量
作り方  羊肉を洗って一口大きさに切る。栗の皮を剥いて洗って置く。鍋に水適量入れ、羊肉を入れて強火で煮立ててから、とろ火で半熟迄煮込む、それから栗と枸杞子を入れ、さらに20分煮込んで、味を整えて完成。

3.鮒の百合と山薬煮浸け
功能  益肺腎 美容健康
材料  百合80g 山薬スライス40g 陳皮1.5g 鮒1匹 生姜1かけ 塩適量
作り方  鮒を下処理して、フライパンで焼き目付けてから、さっと湯通しする。鍋に水と材料をいれ(材料を浸す程度)、一煮立ててからとろ火で1時間煮込む、最後塩で味をつけて完成。

4.芡実魚頭湯(スープ)
功能  補脳強身 美容
材料  芡実80g 天痲スライス15g 魚頭1個(魚の種類は拘らない) 生姜1かけ 塩適量
作り方 魚の頭を下処理して、フライパンで少々焼き目をつけて、さっと湯通しする。鍋に水と材料を入れ(材料を浸す程)、一煮立ててからとろ火で2時間煮込む、塩で味を整えて完成。

5.章魚豚肉湯(スープ)
功能  髪を黒くする 補血養顔
材料  干し蓮子80g 陳皮1.5g 黒豆80g 干し章魚1匹 豚の赤身300g 生姜1かけ 塩適量
作り方  章魚を洗って水に戻して、豚肉と一緒にさっと湯通しする。鍋に適量な水を入れ、材料も入れて一煮立ててから、とろ火で2時間程煮込む、塩で味を整える。

本日まで、美肌や美容に関する生薬・方剤・薬膳粥・薬膳料理を4回紹介致しました。美容愛好家の方々に参考になって頂けたら、嬉しいと思います。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-09-01 11:14 | 中医学 | Comments(0)