国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんにちは、周です。今回はマコル・ポーロ(Marco Polo)と中医学の話です。

千百年来、中国の蘇州・杭州は名医が集まるところであります。冒険家のマコル・ポーロ(1254~1324年)は、中国を旅した時、当時の蘇州・杭州の中医中薬盛況を、強い印象を受けました。≪馬可・波羅遊記≫(マコル・ポーロ旅行記)(福建科学技術出版社1981年中文訳本、以下簡称≪遊記≫)には、こう書かれています:「(蘇州)有許多医術高明的医生、善於探出病根、対症下薬。在(杭州)另一些街道上、住着医師和星占学家、他※(=イに門)向人伝授文化和許多其他的技術。」(蘇州には、医術高明な医師が大勢居ます、彼らは病因を探り出しできて、症状に合う薬を投与します。杭州のある街には、医師や星占い学家が住んでいて、彼らは人々に文化や其の他の技術を伝授します)

中国は果てしなく広い土地があります、その広大な土から、名目繁多(種類が多い)、卓越な効能を持ち中薬(生薬)が産出しています。≪遊記≫に記述してあります:粛州の境内には山が多く、その山々に、品質は非常によい大黄が産出していて、他処の商人達は、その大黄を購入して、世界各地に転売します。雲南は丁香のほかに、生姜・肉桂も盛産(豊富に産出する)します。

麝香は名貴(貴重な)中薬の一種です。マコル・ポーロは、その捕獲過程を詳細な記載します:西涼州には、最高級(品質が最優良と、価格が最も高い)麝香が産出します。麝香を造り出す動物は、香獐という動物です。香獐の皮毛は、体格が比較的に大きい鹿のものと似ます。香獐の臍部に、凝固な血塊があります。麝香を採集する人が、星月の清輝の照らしを利用し、腺囊を切取って、晒します。雲南には、大量な麝が生殖していますので、他の地方に比べて、麝香も多く産出します。西蔵には、数多くの麝が生殖していますので、その地方の当たるところには、麝香の気味が充満しています。
麝香については、2009年9月14日のブログ記事をご参考下さい。

但し、マコル・ポーロは中医中薬に対する認識が少ないですので、大まかな記述しかありません。例えば:世界中で、最も貴重なもの・希少なものは、全てこの都市(北京)で見つけます、宝石・珍珠・薬材・香料等等。この河(黄河)を渡ると、3日間の道のりを歩けば、開昌府という市に着きます。この周辺には、糸・生姜・薬材を盛産します。また、≪遊記≫には、中国にある地方特産の薬酒も記載してあります。

以上から、マコル・ポーロは中国に在住期間中、中医中薬に関する見聞の多くさ、多方面さがわかりました。薬材が何処で入手、目的地への行き方等についても、具体的に(場所・所需時間・経由ルート等)記述しています。特に麝と麝香の産地、麝香を採集法についての記述は精確であります。それはマコル・ポーロ自身が実際に中医薬を触れ、中医薬に対する認識があるこそ、書けたものと言えるでしょう。
[PR]
by jbucm | 2012-02-27 09:49 | 中医学 | Comments(0)
五 『黄帝内経』の学術特徴

『黄帝内経』の学術特徴は、三つの内容がある。すなわち、機能の角度から生命の規律を把握する;整体の角度から生命の規律を把握する;変化の角度から生命の規律を把握する。

①機能の角度から生命の規律を把握する
中国古代の医家は、解剖だけでは直接生命現象の解釈と医療活動の指導ができないと意識したあと、当時盛んになっていた自然哲学方法を採用するようになった。まず、生命現象とそれに関連する各方面を観察し、得た内容の中に「共性」のあるものをまとめた。そして、形態、機能、構成、進展変化の方式などを分類し、代表性のある「共性的」なものを象徴的な記号や画像或は代表性のある具体的な事物で表した。続いて、これによって類推し、生命現象のメカニズムを詳細に検討した。これは、古代の意象思惟方式である。こういう思惟方式での研究は、解剖的な実体性の概念ではなく、機能性の概念しか生み出さない。とはいうものの、中医学概念と実体臓器と一致しなくても、構造と機能の統一の原則と食い違っているわけではない。

つまり、機能の角度から生命の規律を把握することは、機能が主で、形態が次というふうに『内経』の関連する理論を理解することである。

②整体の角度から生命の規律を把握する
整体観とは、普遍的関係的な観点で、すべての事物を見て、事物と事物の間、事物内部の各部分、各段階の間は、相互に結びつき、相互的な影響があることを認めることである。中医学の整体観念は、人が生きていることを「全体的に」捉え、生命の営みを緻密に診ている。そこで古代の自然哲学から得られた知見と総合し、理性的なレベルへ引き上げ、「天人一体」、「形神一体」、「心身一体」などの観念を形成した。同時に、医学研究と応用に合わせ、古人はこの整体観念を中医学の基本概念と理論様式のように融合した。その内容は、人と自然の関係、臓器同士の結びつき、心と身体との関連などであった。これは、中医理論の基本学術の内包であり、臨床診断と治療の原則になるものである。

つまり、整体の角度から生命の規律を把握することは、主に「天人相応」の思想を通じて果たす。「天人相応」には、三つの方面が含まれる、即ち、人と自然事物の統一、人と自然規律の統一、人と自然構造の統一である。

③変化の角度から生命の規律を把握する
運動と変動は事物に存在する本質であり、生命の固有的な特徴でもある。古人は、生命が時間の流れ去るに従って絶えずに変化するという事実を観察できた。しかし、生命の補助変数が非常に複雑であり、運動によって発生した変量はいっそう把握し難い。そのため、中医学はその形成の初期に、整体観察と総合研究によって、中医学の変化の角度から生命の規律を把握する特有な学術特徴とその動態的な理論論述を形成した。その結論は粗忽であるが、生命の自然と真実を反映したのである。

まずは、医学概念に時間の内包がある。次に、医学理論の中、生命運動変化の原理を明確に論述した。また、弁証論治は中医の診断と治療の動態観の表しである。所謂「天時に逆らうなかれ」という理論の基はこれである。なお、一つの疾病の違う段階に異なる証になり、施治の方法や薬の遣いを随時変換することも、中医理論の動態化の顕著てきな特徴である。

つまり、変化の角度から生命の規律を把握することは、人の生理や病理現象、疾病の状態及び弁証論治が常に変動していることを認識と理解することである。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-02-23 12:50 | 中医学 | Comments(0)

韮とレンコン

こんにちは、周です。今回は養生に良い食材―韮(ニラ)と藕(レンコン)の話をします。

中国民間では、「男不離韮、女不離藕」という諺があります。その意味は、男がニラ(韮)をよく食べ、女がレンコン(藕)をよく食べます、そうすると、身体(健康)に良いです。

韮は中国特有の野菜です。韮が切っても再び伸び、長生き衰えないから「長生草」とも称され、陽気が振奮できますので、男性には適宜とし、「起陽草」「壮陽草」とも呼ばれます。現代研究も証明されています:韮はβカロテン(ビタミンA)、ビタミンB群・C・E、硫化アリル、食物繊維など営養成分が含まれ、食欲促進・機体免疫力を高め、殺菌消炎作用があります。血脂を調節し、高血圧、冠状動脈性心臓病、高脂血症を補助治療もできます。粗繊維が豊富ですので、胃腸蠕動を促進し、習慣性便秘・大腸癌の予防できます。
f0138875_1553997.jpg


藕は蓮(ハス)の地下茎が肥大したものであり、中国原産とされ、常用される食材です。炭水化物が多く含まれていますので、穀物類としても使われています。中医学では、止血(鼻血・血尿・血便・子宮の出血)に有効だと認識しています。女性の特殊な生理機能から見ると「血証」に罹り易いですので、藕は女性に良いです。≪本草綱目≫に、こう記載しています:藕可破産後血悶。但し、産婦の産後直後には、暖かいものを摂取したほうが良いですので、生の藕は産後1~2週後に食べると良いです。加熱後、散瘀止血作用が弱まり、養胃滋陰・益血・止瀉作用が増し、普段食材として使っても良いです。
f0138875_151087.jpg


韮・レンコンの薬膳作用を紹介します。

性味帰経:辛温。腎、肺、肝経に帰経する
効能:補腎、温中、行気、散瘀、解毒
主治:腎虚陽痿、胃寒腹痛、噎膈反胃、胸痹疼痛、衄血、吐血、血尿、痢疾、痔瘡、痈瘡腫毒
注意事項:陰虚内熱及び瘡瘍の者は要注意です。

レンコン
性味帰経:甘寒。心、肝、脾、胃経に帰経する
効能:清熱生津、涼血、散瘀、止血
主治:熱病煩渇、吐衄、下血
ちなみに、レンコンは呉鞠通が著した≪温病条弁≫の「五汁飲」(梨、クロクワイ、鮮芦根、麦門冬、藕)に使われています。
蓮は部位によって、効能・用途も違ってきます。≪本草綱目≫に、こう記載しています:藕節止血、蓮心清熱、安神。蓮鬚固精止血。蓮房止血、袪瘀。荷梗通気寛胸、通乳。荷葉清暑、解熱。荷蒂安胎、止血。荷花清暑止血。
注意事項:①性は寒涼ですので、平素脾胃虚寒の者は生のレンコンを禁忌です。②調理する際、鉄制の鍋を使用しないことです。
[PR]
by jbucm | 2012-02-20 09:30 | 中医養生 | Comments(0)

『黄帝内経』について④

四 『黄帝内経』の学術体系

『黄帝内経』では、先人の豊富な医療経験と知識をまとめ、理論まで昇華させ、系統的な医学理論を形成させたもので、さらに医療実践に制御し、中国の伝統科学の中、生命の規律を探り及び医学応用する一つ学問となった。それが、『内経』の学術体系と言う。

『内経』の学術体系の形成は、医療実践の観察及び検証を基にして、古代の自然科学と社会科学の知識を浸透したもので、その中の哲学では、総合整理と理論の昇華作用を発揮された。『内経』の学術体系は中医学の基本概念を確立し、理論と臨床規範を築き上げ、独特な医学方法を形成したものであると言い過ぎない。

 まずは、医療実践。古人は長い日常生活の中、ヒトの生命現象を観察し、蓄積した豊富な生理活動及び疾病現象が、学術体系を築き上げる基礎と素材となった。そして、繰り返し臨床の検証も行っていた。

 次は、古代科学の浸透。古代の伝統的自然科学の原理と方法は中医学術体系形成の手本と啓発となっていた。天分暦法、地理学、気象学などはその代表である。例えば、『周易』の意象思惟は「物を審察、別異比類、慧然独悟」三段階あるが、『内経』の中では、主に「取象比類、運数比類」二つの方面が運用された。

 また、古代の哲学思想の影響も受けた。春秋戦国時代は「諸子蜂起、百家争鳴」の時代で、唯物主義哲学は道家、儒家、墨家、法家、陰陽家、名家、兵家など大勢の学派に発展し、中国の歴史上に学術思想が最も活躍した時代であり、これらの思想は医学理論の形成にも土台となっていた。例えば、陰陽家の思想にある「先兆徴候を重視する」と「四時規律を順応する」という二つ重要な特徴が中医学理論に取り入れてある。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-02-16 10:20 | 中医学 | Comments(0)

十大名花十味薬

こんにちは、周です。今回は中薬として使われる十種花を紹介します。

十大名花十味薬、漂香争艶把疾療
多彩花朶任君選、対症使用自己挑。
梅花首居花中魁、解郁疏肝和胃好
淋巴結核用了它、一周之内見療効。
牡丹号称花中王、味属辛苦其性涼
清熱活血又鎮痛、婦女痛経它邦忙。
高風亮節数菊花、它的故郷是中華
疏風解表又明目、清熱解毒療効佳。
天下蘭花第一香、性平味辛涼血強
肺部感染咳不癒、用水煎服肺舒暢。
月季花開四季紅、性温味甘化瘀佳
活血通経敷外瘍、腫消傷癒百姓誇。
花中西施是杜鵑、其性温順味酸甘
袪風利湿気血和、化瘀止咳勝仙丹。
山茶吐蕊花中珍、朶朶能開二十天
補肝潤肺又止血、散瘀消腫不簡単。
水中芙蓉為荷花、与米煮粥益気佳
解暑熱毒自消失、活血清心効不差。
秋風送爽賛桂花、≪蝶恋花≫詞伝佳話
呉剛捧出桂花酒、歯痛咳嗽最怕它。
凌仙波子水仙花、性寒味苦微辛辣
袪風除熱調経血、消腫止痛頂呱呱。
十大名花十味薬、養花観花又画花
以花做詩自咏吟、花促健康建中華。
[PR]
by jbucm | 2012-02-13 09:30 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』について③

三 『黄帝内経』書名の意味

『黄帝内経』の書名について、前回にも少し話致しましたが、「黄帝」は、托名だけである。「内」は「外」に対する言葉で、深い意味がない。「経」とは「径」(みち)、典籍、規範の意味で、学習者はその理論に従って勉強しなければならないものである。

『素問』は、黄帝が岐伯(きはく)を始め幾人かの学者に日常の疑問を問い、問答形式で記述されているものである。

『素問』の内容は医学に限らず、天地宇宙を含め、易学、天候学、星座学、気学、薬学、運命学など広くさまざまな分野に及び、医学書というより科学書と呼ぶべきであるという意見もあり、道教にとっても原典の一つとされる。精気学説・陰陽五行学説を利用し、天人関係及び人の生命活動の規律と疾病の発生発展のプロセスを解釈している。

『素問』の「素」は、「太素」(たいそ)とも言い、「本」(もと)という意味で、「問」は問うという意味で、『素問』とは、性質の起源と五行の本質を追求する意味である。唐代の楊上善が『黄帝内経』を注釈した書名を『黄帝内経太素』(略称は『太素』)にした理由は、これだと思われる。

『霊枢』は王氷が最初に『鍼経』の別名としたものである。その意味についても、幾つの説がある。明代・馬蒔はこう言った、「医無入門、術難精詣……謂之霊枢者、正以枢為門戸……霊乃至聖至元之称……」。張介賓は「神霊の枢要、是謂霊枢」と言った。なお、日本人の丹波元簡氏は、こういった、「『道蔵』を考証すると、『玉枢』、『神枢』、『霊軸』などの経がある、この経を入れるなら、『霊枢』の称にする。羽流から出た意味であろう。」羽流とは羽士で、道士の別称である、これは王氷の道号である。王氷は道教を信奉する道士だったのである。

『素問』が基礎理論とすると、『霊枢』は実践的、技術的に記述されている。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-02-09 11:25 | 中医学 | Comments(0)
2月4日午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成24年4月生募集説明会を予定通り開催致しました。ご多忙中と、寒い中、全国から75名の方々がお集まり頂き、有難うございました。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。
f0138875_15182112.jpg

今回は、日本校の高 鶴亭学長が来られませんでしたが、メッセージを送られてきましたので、教務担当の李 宏が読み上げました。主な内容は北京中医薬大学北京本校の紹介でした。
 
その後、北京中医薬大学本校から派遣されている韓教授からは御挨拶を頂きました。日本での中医学を活用する話もありました。
f0138875_15195470.jpg

当校の卒業生・日本中医食養学会の副会長の中村 きよみ先生より「中医学を活かして」などの話をして下さいました。
f0138875_15204232.jpg

最後に、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。
f0138875_15211237.jpg

説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、E-メール info@jbucm.com、或は、電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にてご連絡下さい。
[PR]
by jbucm | 2012-02-06 15:00 | 中医学 | Comments(0)
二 『黄帝内経』の作者

古くから、『黄帝内経』の作者は黄帝(こうてい)という人物だと思われる人がいたが、後人の研究によると、『奇恒』、『五中』、『陰陽』、『従容』、『揆度』、『脉要』、『上経』、『下経』など『内経』が成編される前の古医経著作から引用されたとみられる他に、秦漢医学文献の本来面目もかなり保たれていたという。なお、『内経』の一部は後人が増補されたとみられる。内容に学術観点の分岐や矛盾しているところがしばしばあることも、『内経』の成書は一人ではなく、しかも同じ時期、同じ地域でもないとも分かった。『内経』は相当長い時期のうち、多くの医家達の経験のまとまりだと言えるのである。

黄帝について、戦國秦漢時期の多くの史学家が、古代の帝王だと言っていたが、実際は、黄帝とは、一人の人間ではなく、原始社会末期の一つの氏族で、中国の西北方位に居住していた。『中国通史簡編』にはこう記載してある、「伝説では、黄帝は涿鹿(現在河北省宣化市の鶏鳴山)の山の奥に居住したことがあり、よく移動したりして、遊牧の生活をしていた。のちに九黎族と炎帝族を打ち負かし、次第に中部地区にて定居した。」春秋時期に到ると、この氏族はまた「華族」と称され、中華民族の先祖となった。河南省澠池県仰韶村にあった新石器時代後期の遺跡から出土された石器や骨器、陶器などの文化財を見ると、上記の説明はほぼ正確だと分かるのである。

黄帝氏族は華族の先祖であるため、その文化は華族の発展に勿論重要な影響を与えられた。そのため、歴代の人々も自分は黄帝の子孫であることに誇りを持っている。なお、根源を明らかにするため、よく文物などを黄帝の名前をかたっていた。こういう背景の下、当時の学者らは、自分の学説をより世間の人に受け入れて貰えるため、その著作を「黄帝」の名を借りたという。これは、当時の風習となった。『淮南子』にこういう記載があった、「世の中の人は、古代を尊い、現代を卑しめる。故に教義する者は、必ず神農や黄帝の名をかたる。それで説得力が増す」。『内経』を黄帝の名付けられたのは、こういう背景があったのである。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-02-02 12:06 | 中医学 | Comments(0)