カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十一)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑩

【原文】帝曰:法陰陽奈何①?岐伯曰:陽勝則身熱,腠理閉,喘麤(そ)為之俛仰②。汗不出而熱,歯乾以煩寃(はんえん)③,腹満,死④。能冬不能夏⑤。陰勝則身寒,汗出,身常清⑥,数慄而寒,寒則厥⑦,厥則腹満、死,能夏不能冬。此陰陽更勝之変,病之形能也⑧。

【注釈】①法陰陽奈何:「法」とは、まねる、手本とする。「奈何」とは、疑問詞で、ここでの意味は「いかにすべきか、どうするか」という意味である。「法陰陽奈何?」とは、いかに自然界の陰陽の運動規律を運用して、病気を分析すべきか?

②喘麤為之俛仰:麤、鹿を三つ重ねる、発音も意味も「粗」と同じで、「粗い」のことである。俛とは、俯と同じ、うつ伏せのこと。この言葉の意味は、呼吸困難の述べ表すで、呼吸が粗く、身体が前後揺れ動くようすである。『類経・陰陽類・二』には、「胸に陽実(邪)があると、喘促し呼吸が粗く、横になれない。故に、俛仰とみなす。」と書いてある。

③煩寃:寃は悗と同じ意味で、煩寃とは心煩満悶である。煩寃は高熱無汗、歯乾と一緒に見られるのは、熱盛傷津、陰液涸竭の証候である。

④腹満,死:いろんな注釈があるが、『素問集注・巻二』に、「腹満、中焦の生気が絶える。これは陽熱偏勝の死証である。」と書いてある。要するに、陽盛陰絶と陽邪極盛で臓に入り、中焦脾土の気が絶えるとのことである。脾土の気が絶えると、腹脹及び胃気が尽きてしまい、死亡する。下文中の陰盛証の場合は、当然、陰盛陽竭で、脾土の気が衰竭で死亡することである。

⑤能冬不能夏、能夏不能冬:能とは、堪えること。『類経・陰陽類・二』には、「陰竭者、冬の助けを得て、まだ持ち堪えられる;熱い夏に遭遇したら、堪えられなくなる。」『内経新識』には、「実際の観察によると、陰虚陽亢の患者は、夏の陽盛の時に病情が酷くなりやすく、この時期に死亡の例も多い;陽虚陰盛の患者は、冬も陽衰の時に病情が酷くなりやすく、この時期、特に冬至前後の陽気がもっとも弱い時に死亡の例が多い。」という記載があった。

⑥陰勝則身寒,汗出,身常清:「清」とは、寒の意味である。『類経・陰陽類・二』の注釈は、「陰勝則陽衰、故に身寒;陽衰則表不固、故に汗出で身が冷える。」

⑦数慄而寒,寒則厥:身体が震え、寒気がする、四肢が厥冷。『素問集注・巻二』に、「四肢は諸陽の本である。表裏みんな寒なら、四肢が厥冷になる。」という記載があった。

⑧此陰陽更勝之変,病之形能也:「陰陽更勝」とは、陰陽の偏勝の交替である。「形能」とは「形態」のことである。これは、陰陽偏勝による病理変化と現れた病態である。

【説明】本節は、自然界の陰陽の運動規律を使い、寒熱証候の病機や病証及び予後を説明した。なお、「陽盛病が能冬不能夏、陰盛病が能夏不能冬」という特徴から、疾病の進展は四時陰陽の消長との関係、特に疾病の余予後に重要な影響があると説明した。我々に臨床の際、疾病と自然環境を総合分析し、適切な治療方法を行うべきだと助言した。これが、「因時制宜」の治療原則である。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-05-31 13:09 | Comments(0)

一毛不抜

こんにちは、周です。今回は成語(一毛不抜)を紹介します。

一毛不抜(yī máo bù bá)の出典は、≪孟子・尽心上≫、「楊子取為我、抜一毛為天下、不為也」(楊子は自分の為にする、たとえ一本の毛を抜くことで、天下に役立つようなことがあっても、それをしようとしない)であります。戦国思想家の楊朱が「為我」「貴己」を提唱しましたが、歴史上では、彼の思想は非難され、重要視されませんでした。

髪1本抜くのさえ惜しむ、ひどくけちであることを意味します。例えば:「彼は本当にけちん坊だね」と言いたい場合は、「他很小気、真是一毛不抜!」(「小気」もケチの意味です)で表現することができます。「鉄公鶏」(tiě gōn gjī)も連用します。例えば:「他是個鉄公鶏」(彼は鉄のおんどりで、羽根1本抜こうとしない)。あまりいい意味ではないので、使う相手や場合に気をつけてください。但し、物によって、いい意味もあります。中国では、歯刷(歯ブラシ)の広告で、この言葉を使われていました。
ちなみに、反対語は、「一擲千金」「慷慨解嚢」であります。

この成語に関する故事を紹介します。
古代にある富豪が居ました。臨終の彼が、妻にこう言いました:死後、棺に入れない、穴を掘って、そのまま埋葬すればよい。お坊さんを呼ばなくてよい、私は自分で黄泉で経文を唱える。私の皮を剝して、皮匠(皮を使って、靴・カバン・ベルトを作る職人)に売ること。毛は1本も残さず、全部抜いて、ブラシ製造工場に売ること。
[PR]
by jbucm | 2012-05-28 09:34 | 色々・・・ | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑨

【原文】故曰:天地者,萬物之上下也。陰陽者,血気之男女也①。左右者,陰陽之道路也②。水火者,陰陽之徴兆也。陰陽者,萬物之能始也③。
故曰:陰在内,陽之守也。陽在外,陰之使也④。

【注釈】①陰陽者,血気之男女也:張志聡の注釈は、「陰陽の道は、人と言えば男女で、身体と言えば気血のことだ」である。ここの「之」は「と」の意味である。

②左右者,陰陽之道路也:古代の渾天説によれば、天体が東から西へ回転し、右旋と称する。天体が左から右へ回転するから、昼夜四時がある。『素問集注・巻二』の注釈には、「天地六合には、東南は左、西北は右である。陰陽の二気も上下と左右を昼夜に循環している。故に左右は陰陽の道路だ」と言った。なお、『類経・蔵象類・五』には、「陽は左で昇る、陰は右で降りる」と言った。

③陰陽者,萬物之能始也:「能始」とは、元始、本元の意味である。陰陽があってから、萬物が生まれる。故に、陰陽は萬物の本元だという。

④陰在内,陽之守也。陽在外,陰之使也:「守」とは、守備することである。「使」とは、使役のことである。『素問呉注・巻二』の注釈には、「陰は静であり、中にあって、陽を守備する;陽は動であり、陰が外への使役になる。陰陽は内外で連結し、分離することができない。」この言葉は陰陽の互根互用の道理の説明である。『類経・蔵象類・五』には、「守者は中で守る、使者は外で動く。法相で見ると、地が中で守り、天が外で動く……気血でいうと、営が中で守り、衛が外で動く」と言った。また、『素問・生気通天論』には、「陰者、蔵精で起亟也;陽者、衛外で爲固也。」といっている(「起亟」とは、精気をしばしば提供すること;「爲固」とは、肌湊を緻密にすること)。

【説明】本節は、五方五時の所生所属は陰陽の変化に密接な関連があることを強調した。なお、陰陽に含まれた意味がとても広いことをはっきり述べた。例えば、天と地、上と下、血と気、男と女、左と右、水と火等がみんな陰陽で概括できる。さらに両者の関係は相互依存、相互使用という密接な関係である。

「陰在内,陽之守也。陽在外,陰之使也」という論述は、陰陽両方の相互依存、相互用いるという関係を説明しただけではなく、人体の生命活動の規律を概括したのである。複雑な生命活動でも、物質と機能との対立統一にしかすぎない。この陰陽に対しての高い概括は、病理の分析や臨床実践に重要な指導的な意義がある。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-05-24 10:35 | 中医学 | Comments(0)

最初の医学校―太医署

こんにちは、周です。今回は中国最初の医学校―太医署についての話です。

中国古代の医学教育は、主として師弟関係による個人伝授で実施されました。南北朝時代の宋文帝・元嘉二十年(443年)、太医令(官名、医師を掌管する長官)であった秦承祖が医学教育の確立を提唱し、これを広く教授することを、朝廷に提案する同時に、太医博士・太医助教授などの医官を設けさせました。これは中国で最初に国家による正式の医学教育の始まりであります。しかし、この教育制度も、文帝の逝去と共に、衰退してしまいました。隋代で、全国の最高医学教育機関として、「太医署」(現在の医学教育行政機構に相当する)を設立されました。太医署に、主薬2人、医師200人、薬草園師2人、医師博士2人、助教(助手)2人、按摩博士2人、などを有していました。但し、規模の大きさ・設備の不備さから見ますと、太医署は、正規の医学校ではありませんでした。

中国の歴史上最大の影響力を持った国家医科薬科大学に相当する機構は、唐代の高祖武徳七年(624年)、長安で設立された「太医署」であります。唐の太医署には、行政・教学(教務)・医療・薬工(およそ、現在の薬剤師)という4大部門を設け、現在の医科大学の構造と相似しました。医学部と薬学部があります。医学部には、更に4学科に分けられます:医科・鍼科・按摩科(傷科を含む)・呪禁科。その4学科の中で、医科は最大の学科でありました。厳格な入試制度、修業年数(年限)、学習カリキュラームも規定され、入学後は毎月・毎季・毎年にテストがあり、不合格者には、直ちに退学させました。この考査制度により、学生の知識や資質を評価できたばかりでなく、人材の発掘・育成、もしくは選抜・淘汰を適正に図ることができました。

中国の最初の医学校であった唐の太医署は、唐の時代の多くの医学人材を育成し、以後の歴代王朝も唐太医署に類似の医学校を設立しました。宋代(1102年)、医学校は「国子監」(現在の教育部に相当する機構)の下で管轄させられました。元・明・清の時代の医学校規模は、大きな変わりがなく、唐の太医署に似ていました。歴代名医の多くは、医学校の出身でありました。例えば、宋代の朱肱・陳自明、元代の危亦林・斉徳之、明代の徐春甫・薛己。

世界各地では、唐太医署の形式を模範して、医学校を設立しましたが(例えば、朝鮮・日本)、規模・範囲・形式などから見ますと、正式の医学校と言えませんでした。唐太医署は、当時の中国社会の政治・経済・文化の発展及ぶ官吏の実力登用を図った、所謂「科挙」の導入と無関係ではありません。

太医署は、世界各地でも最古の医薬科大学であります。ヨーロッパにおいては、イタリアのサレルノ医学校が九世紀初めに設立されたと推定され、医学教育は十一世紀に、その黄金時代を迎えました。しかし、中国では、イタリアに先立つことと500年余に太医署を設立したのであります。
[PR]
by jbucm | 2012-05-20 13:52 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(九)

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(四)~(八)のまとめ   

いままで紹介した八回の中、①~③は陰陽の総綱です。④~⑧(故清陽為天、濁陰為地~秋傷於湿、冬生咳嗽。)の部分について、『素問集注』に、このように注釈した:「この部分は、天の四時五行、人の五臓五気、外感六淫、内傷五志などと陰陽寒熱の病について詳しく論じた。」

この部分は、最初に述べた陰陽の概念の基礎を踏まえて、陰陽の属性や陰と陽両者の運動規律などについても論じた。これらの規律は中医理論の発展に大変役に立った。例えば、李東垣の脾胃昇降学説、黄元御の五臓昇降理論などは、みんな『内経』中の陰陽昇降の規律と分けることができない。特に気・味・精・形の転化は陰陽の互根・転化などの規律を利用し、人体の栄養物質と糟粕が新陳代謝の過程においての生化関係を解き明かした。

また、これらの互根・転化関係は臨床治療の法則にも応用されている。例えば、張介賓氏が言った「上手に補陽できる者は、必ず陰中求陽し、こうすれば、陽が陰に助けられ、限りなく生化する;上手に補陰できる者は、必ず陽中求陰し、こうすれば、陰が陽に助けられ、尽きなく源泉がでる。」、「善治精者、能使精中生気;善治気者、能使気中生精」などの理論は、精気伝化理論が臨床治療法則における運用と発揮である。なお、中薬学の昇降浮沈理論もここから発展した理論だと言われる。

少火と壮火の内容について、元々は陰陽の性能のことだが、後世はこれらを更なる解釈した。まず、「火」を陽気と解釈している。「壮火」は亢盛な陽気であり、即ち、正気を損い、生理機能に病的な影響を及ぼす人体の病理的な火である。壮火に対して、「少火」は平和の陽気であり、即ち、人体の生命活動を維持する陽気を生じる生理的な火である。この壮火・少火の理論は、病理学の重要な内容となったばかりではなく、後世の主火の学術流派に理論基礎を定めた。

なお、最後にあった「風勝則動……」の節は、病因弁証を強調しただけではなく、「六気化病」の病機学説を豊富した。例えば、後世は動揺振顫の症状を内風の象に、津液乾涸の証候を内燥と考える。劉元素が補充した『素問』病機十九条に「諸澀枯涸、乾勁皴掲、皆属于燥」を示した理論根拠のは、本分の「燥勝則乾」の観点からである。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-05-17 10:32 | 中医学 | Comments(0)

麻黄と麻黄根

こんにちは、周です。今回は麻黄と麻黄根の話です。

麻黄はマオウ科のシナマオウをはじめとする同属植物の木質化してない地上茎で、麻黄根は根です、同じ植物ですが、使う部分の違いで、効能は全然違います。
f0138875_1425544.jpg


麻黄:性は辛・微苦・温で、肺・膀胱経に帰経します。発汗、平喘、利水作用があります。外感風寒による悪寒発熱・無汗・頭痛・身体痛・鼻詰まり、風寒(外邪)による肺気不宣での喘咳に、表証を伴う水腫に用いられます。発汗力が比較的に強いので、表虚自汗・腎気不納による喘咳には禁忌です。

麻黄根:性は甘・平で、肺に帰経します。止汗作用があります。自汗・盗汗に用いられます。止汗のみに働くので、表邪があるときには禁忌です。
[PR]
by jbucm | 2012-05-14 09:14 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(八)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑧

【原文】風勝則動、熱勝則腫。燥勝則乾、寒勝則浮、湿勝則濡寫①。天有四時五行。以生長收藏。以生寒暑燥湿風②。人有五藏化五気。以生喜怒悲憂恐③。故喜怒傷気、寒暑傷形④。暴怒傷陰、暴喜傷陽⑤。厥気上行、満脉去形⑥。喜怒不節、寒暑過度、生⑦乃不固。故重陰必陽、重陽必陰。故曰、冬傷於寒、春必温病⑧。春傷於風、夏生飧泄(そんせつ)⑨。夏傷於暑、秋必痎瘧(がいじゃく)⑩。秋傷於湿、冬生咳嗽。

【注釈】①風勝則動、熱勝則腫。燥勝則乾、寒勝則浮、湿勝則濡寫:「動」は動揺、振顫(風邪による)。「腫」は上文の「浮腫」と違って、(熱邪による)腫瘍のことである。「乾」は津液が涸れる(燥邪による)。「浮」は脹満浮虚、虚浮(寒気で陽気の損傷による)。「濡寫」は湿瀉(湿邪傷脾による)。

②天有四時五行。以生長收藏。以生寒暑燥湿風:「四時」は春夏秋冬、「五行」は木火土金水である。春主生(生まれ)、夏主長(成長)、秋主収(収穫)、冬主藏(封蔵);なお、春は木に属し風を化生する、夏は火に属し暑を化生する、長夏は土に属し湿を化生する、秋は金に属し燥を化生する、冬は水に属し寒を化生する。つまり、五行所属の話である。

③人有五藏化五気。以生喜怒悲憂恐:新校正は、「悲」が「思」の誤りとされる。「五気」とは、五臓の気である。人は五臓(心肝脾肺腎)が五気を化生し、それぞれ喜怒思憂恐という五志が生まれる。

④喜怒傷気、寒暑傷形:「喜怒」は、喜怒思憂恐という五志の概括で、「寒暑」は寒暑燥湿風(熱)という六淫の概括である。五志は内から発生するので、故に先に五臓の気を損傷する;六淫は外から入るので、故に先に体の形を損傷する。

⑤暴怒傷陰、暴喜傷陽:張介賓は次のように説明した:「気は陽、血は陰である。肝は血を蔵し、心は神を蔵する。暴怒だと、肝気逆し、肝血を損傷する、故に傷陰。暴喜だと、心気が緩で神が散逸する、故に傷陽。」

⑥厥気上行、満脉去形:王冰の解釈は、「厥気とは逆行の気である。気逆上行し、経絡に充満するから、神気が形体から離れる。」である。

⑦生:生命。

⑧冬傷於寒、春必温病:冬は寒邪が侵入し易い、直ぐに発病する場合は、陰経に直中し傷寒になる;直ぐに発病しないものは、春になると、陽気が昇発するため、営気が虚弱し、体内あった寒邪が外の陽邪に合わせて温病になる。

⑨飧泄(そんせつ):肝鬱脾虚、清気不昇により、便に消化されてない物が混じっている泄瀉のことである。

⑩痎瘧(がいじゃく):瘧疾(じゃくしつ、マラリア)の総称である。

【説明】本節は病因(特に六淫と情志)弁証の要点を強調した。なお、「六気致病」の病機学説の内容を豊富にした。例えば、動揺不定、振顫などの症状を「風」の象に、津液乾涸の証候を内燥と考える。

なお、泄瀉の治療に、よく健脾で運湿、苦温で燥湿、淡滲で利湿、芳香で化湿、助陽で温化寒湿、苦寒で清泄湿熱などの方法を用い、みんな「湿勝則濡寫」の理論の基に制定した治療方法である。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-05-10 10:00 | 中医学 | Comments(0)

最古の中薬学の専門書 ≪神農本草経≫

こんにちは、周です。今回は中薬学の専門書についての話です。

中国の中薬学の専門書は数多くありますが、古代から流伝されるもの中で、≪神農本草経≫という専門書は、最初のものに数えられます。≪神農本草経≫は、略して≪本草経≫と称せられ、中国に現存する最古の中薬学に関する専門書であります。

何故「本草」と呼ばれるでしょう?古代の薬物が植物類、動物類、鉱物類から構成されますが、主に草木類であり、後漢時代の許愼の≪説文解字≫には、「薬は治病の草なり」とあります。「本草」という名称が、最初に現われたのは、漢の建始二年(BC三一年)に、≪漢書・郊祀志≫の中で、「本草待詔」との官名が記載されています。

≪神農本草経≫の完成年代は、後漢時代で、≪内経≫と同様、一人で著したものではないとされています。古代の「神農賞百草」の伝説の影響が大きいから、人々が「神農」の名を冠して、≪神農本草経≫と称します。

≪本草経≫に記載されている薬物は、365種があります、そのうち植物類(252種)を大半占め、動物類67種、鉱物類46種です。薬物の産地、別名、形態、薬性、効能などについて、簡要(簡単で要領がよい)な記述があります。序録に、用薬の基本理論を初歩的概括してあります。例えば、単味薬の使用、薬物の相互配伍及び応用(君・臣・佐・使)、薬物の配伍禁忌など。

産地や採集時期と加工方法の違いにより、薬性の違いが出てきます。炮製と製剤(例えば:天干し、日陰干し、丸・粉・散・水煎・酒浸・酒炒)について、論述してあります。用量についても、説明があります。毒性作用がある薬物には、特に慎重に、使用する際、必ず少量から始め、使用後の反応を見極め、少しずつ増量することによって、薬物中毒が重篤な結果を招かないように忠告しています。

≪本草経≫に記載されている薬物は、大部分は治療効果が確かで、今日に至るまで活用され続けています。例えば、麻黄は平喘、黄連は清熱解毒(湿熱による腹瀉・痢疾・嘔吐に有効、止瀉作用ある)、海藻は消痰軟堅、杜仲は補肝腎・強筋骨、猪苓は利水、黄芩は解毒、人参は補虚など。婦人科に常用される益母草について、過敏性皮疹に有効と初めて記載します。また、中国人が大好きな飲み物―茶は、≪本草経≫では、「苦槳」と呼び、「久服安心益気、聡察少臥」という醒脳提神の作用があると明記しています。

≪神農本草経≫は、後漢時代以前の医薬学と民間での用薬経験を、系統的に纏めたものであります。≪本草経≫に掲載されている薬物の大多数は、その後の長年にわたっての臨床経験の検証と現代薬学研究によって、薬効に信頼性があることを示され、今も盛んに用いられています。また、この本に記述されている薬物学理論と用薬原則は、現代医薬学の視点から見ても、その多くは正確で、且つ科学的な価値の高いものであります。同書に始まった薬物三品(上品・中品・下品)分類法についても、やや原始的、且つ粗雑で、一部に薬物分類上の誤りが認められるという欠点はあるもので、その発想は三品分類の枠組みを越え、後世の薬物分類の先駆けとなりました。

1972年に、甘粛省武威地区で発掘された東漢墓の中で、木簡(文字を書き記した木の札)を発見されました。その木簡に、約100種類の薬物を書き記してあり、その100種の薬物の多数は≪神農本草経≫に掲載しています。木簡が当時≪神農本草経≫に掲載されている薬物の使用状況を了解するには、役に立ちます。

≪神農本草経≫は中国古代の薬物学の定礎を築いたばかりではなく、後世の薬物学発展に計り知れない影響を与えました。
[PR]
by jbucm | 2012-05-07 09:30 | 中医学 | Comments(2)