カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(二十)

素問・金匱真言論篇第四①

「金匱」とは、二つの意味があります。その一は金庫の意味で、とても貴重であることを示しています。その二は帝王の家に内蔵する貴重な本のことです。「真言」とは、見道の論で真理である意味をしています。

古代の医家は、本篇が所論する内容はとても珍しくて貴重であり、至真の言論であり、「金匱」に蔵するべきものだと認識していました。本篇の主な内容は以下の三つの方面です:

①四時気候変化と人体五臓の関係及び致病の規律。

②人体の臓腑、体表部位など組織の陰陽の分け方及びそれらと天の陰陽の対立統一運動との相応関係。

③人体の五臓が五行及び天地の五方・五色・五穀・五味・五星・五音・五畜・五臭などとの受け取る関係を説明した。

本篇を勉強することで以下の三つの方面を理解できれば、宜しいです。

①自然界と人体の陰陽の気の消長運動規律及び原理;

②人体の臓腑組織の陰陽属性を、人体の生命活動が対立統一して運動するという観点;

③「五臓と四時の相応、それぞれを受け取る」という理論、『陰陽応象大論』の関連する内容に合わせた、「四時五臓陰陽」の理論論旨及び、それが『内経』の理論体系中の位置付け。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-08-30 10:20 | 中医学 | Comments(0)

夏季講習会(その4)


こんにちは、先週の土日(25日・26日)夏季講習会(その4)を行われました。

テーマ:中医治療策略及び応用
担当:金光亮教授
以下の内容を講義されました
一 治療策略と意義
二 治療策略と治則・治法の区別
三 ≪内経≫中の主要の治療策略
四 「陽病治陰、陰病治陽」策略の応用

治療策略とは、臨床治療の考え過程(プロセス)を指し、具体的には治療計画・方案で表現されます。複雑な疾病を治療する際、用いられることが多いです。一つ病証に対して、治則治法は一つしかありませんが、治療策略は唯一ではなく、幾つの選択肢(上策・中策・下策)があります。また、どんな簡単な病証にも、治則治法は存在しますが、簡単な病証の場合は、策略は必要としません。≪内経≫中の主要の治療策略―標本前後・因勢利導・整体観に基く 3つ治療策略を紹介されました。≪素問・陰陽応象大論≫の「陽病治陰、陰病治陽」策略を取り上げ講義されました。応用について、症例を使って詳しく、解り易く説明を頂きました。
f0138875_10324720.jpg


4回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2012-08-27 10:32 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

蘇東坡と中医薬の話―其の②


こんにちは、周です。今回は蘇東坡と中医薬の話―其の②です。

1095年、蘇東坡が恵州に遷移された期間中、痔瘡を患い、日常生活に不便がありました。彼は痔瘡ができた原因が小さい虫に体内をかじられたと考え、自己流の治療法を考え出しましたー「主人枯杭則客自棄去」。数ヵ月の間、普段の飲食をしない、塩も入れてない面餅(小麦粉をこねて薄く円盤状に伸ばし、平なべで焼くか蒸すかした食べ物)と胡麻と茯苓を食べます。知らず知らずに痔瘡が治りました。

蘇東坡が独自で考えた治療法は、滑稽であるが、一定な科学的な根拠があると思われます。小麦粉・胡麻・茯苓は滋補食物・中薬であります。胡麻は、脂肪油を多く含め(約60%)、潤腸通便の作用が強く、便通を良くし、排便時、肛門に与える局部刺激を減少させ、痔瘡に良いとされます。≪神農本草経≫に、「主傷中、虚羸、補五内、益気力、長肌肉、塡脳髄。久服軽身不老」と記載しています。

ちなみに、日本の学者は、胡麻が抗癌作用あるとの研究成果が出ました。天然食品が大いに人気がある今は、黒色食品である黒胡麻は、益々歓迎されています。

小麦粉・胡麻の薬膳作用を紹介します。
小麦粉
性味帰経:甘・涼。入心・脾・腎経
効能:養心、益腎、除熱、止渇
主治:臓燥、煩熱、消渇、泄利、痈腫、外傷出血

胡麻(烏麻、烏芝麻、小胡麻、巨勝)
性味帰経:甘・平。入肝・脾・腎経
効能:補益肝腎、養血益精、潤腸通便
主治:肝腎不足による頭暈耳鳴・腰脚痿軟・鬚髮早白・肌膚乾燥・腸燥便秘、痔瘡
注:胡麻は黒胡麻と白胡麻があります、食用なら白胡麻が良い、薬用なら黒胡麻が良いと言われています。

茯苓は次回(其の③)で紹介しますので、ご期待下さい。
[PR]
by jbucm | 2012-08-20 09:55 | 中医学 | Comments(0)

お盆休みのお知らせ

北京中医薬大学日本校お盆休みは下記通りです。

 8月13日(月)〜8月19日(日)は連休とさせていただきます。

 8月20日(月)からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。ブログも8月20日(月)から再開いたします。

 いつも北京中医薬大学日本校のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、楽しい連休でありますように。
[PR]
by jbucm | 2012-08-13 10:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

夏季講習会(その3)

こんにちは、先週土日(8月11日・12日)夏季講習会(その3)を行われました。
テーマ:解剖学(担当:李 紅岩先生)

解剖学は以下の内容です。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系
f0138875_14501541.jpg

[PR]
by jbucm | 2012-08-13 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十九)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑱

【原文】善診者、察色按脉、先別陰陽⑥;審清濁而知部分⑦;視喘息、聽音聲而知所苦⑧;觀權衡規矩而知病所主⑨;按尺寸、觀浮沈滑濇而知病所生⑩。以治無過、以診則不失⑪矣。

【注釈】⑥察色按脉、先別陰陽:色と脈は皆、陰と陽がある。色の陰陽について、鮮明な色が陽で、暗淡な色が陰です。脈の陰陽について、強いほうが陽で、弱いほうは陰です。これで、先ず陰陽を弁別する。

⑦審清濁而知部分:「而」は「また」の意味です。顔の色の清濁(明るさ)また部位(五色の分布)を審査する必要がある。清濁の審査について、『素問呉注・巻二』にこう記載している:「色がはっきりして明るいのは、病が陽分にある;色が濁って暗いのは、病が陰分にある」。

⑧視喘息、聽音聲而知所苦:喘息のようすを視る、(喘息や咳など)呼吸の声を聴くことで病人の苦痛している(弱い)部位(五臓)を知る。

『素問経注節解・巻一』にこう記載している:「喘息は必ず身体が動く、軽い者はただ呼多吸少(息を多く吐き出し、少なく吸い込む)だが、重い者は目を丸くし鼻を反り上がって、脇の肋間が凹み肩をすぼめる。故に、その呼吸の声を聴くだけではなく、呼吸の状況を視る必要がある。これは望診と聞診の道である」。

また、「聽音聲而知所苦」について、『素問呉注・巻二』の注釈は次のようです:「声が大きく緩い者は宮であり、苦病脾(脾の病である);声が軽くて強い者は商であり、苦病肺(肺の病である);声のトーンが高くまっすぐの者は角であり、苦病肝(肝の病である);声が穏やかで綺麗な者は徴であり、苦病心(心の病である);声が低くて深い者は羽であり、苦病腎(腎の病である)」。これは病理の話です。

 
⑨觀權衡規矩而知病所主:「權衡規矩」とは、重量や長さを測る器具で、ここは四時の脈象のたとえです。『脉要精微論』に「春は規に当てはまる、夏は矩に当てはまる、秋は衡に当てはまる、冬は權に当てはまる」と書かれています。『素問集注・巻二』に「四時に応じる脈象を観ることで、病を主する臓が判る」と書いてあった。なお、その意味を転じると、脈だけではなく、病人のすべての症状に対して、その輕重と方円を比較と分析しなければならない。

⑩按尺寸、觀浮沈滑濇而知病所生:『内経』の切脈は尺関寸ではなく、「尺」は、尺肤で前腕の皮膚を指し、「寸」は寸口脈を指す。皮膚と脈の切診でその浮沈滑濇を診て、病の状況を判断する。

⑪以治無過、以診則不失:このように治療すれば過失がなく、診断も見逃すことがない。

【説明】本節(前回と今回の分)は、診治の道は陰陽の法則に従うべきことの重要性を論じた。なお、針灸の治療方法について、「從陰引陽、從陽引陰」と「以右治左、以左治右」などの法則を提唱した。これらの法則はいまだに針刺治療の重要な針刺法として、実践されています。特に、「察色按脉、先別陰陽」とは、診法の綱領となっています。

今回は、『素問・陰陽応象大論篇第五』の最終回です。次回からは、『素問・金匱真言論篇第四』を勉強したいです。


(注:来週は夏休みと、再来週は出張のため、次回の更新は8月30日に予定しております。)

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-08-09 09:44 | Comments(0)

夏季講習会(その2)

こんにちは、先週土日(8月4日・5日)夏季講習会(その2)を行われました。今回は韓先生からの「膠原病の中医弁証及び治療」でした。膠原病の中で、多発する関節リウマチ(RA)とシェーグレン症候群(SS)を取り上げ講義されました。 

韓先生は現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。中医学の観点からみると、RAは痹証に属しますが、普通の痹証と違って、頑痹・尪痺となります。疾病性質は本虚標実で、肝・腎・脾虚は本で、湿滞瘀阻は摽であります。老中医の焦樹徳先生の治療経験、食療法を紹介されました。SSは古代中医学文献では記載されていないですが、≪内経≫に「燥勝則乾」とあり、金元四大家の劉河間は、「諸渋枯涸、乾勁皺掲、皆属於燥」と言いました。近年、中国中医痹病専門委員会は、本病を「燥痹」と称します。燥熱外邪、先天不足、久病失養、老衰、誤治失治などの原因(病因)で、津傷液燥、陰液虧虚になり、清竅に潤い力が低下するか失うで発症すると認識しています。老中医の治療経験、食療法も紹介されました。
f0138875_10564950.jpg

[PR]
by jbucm | 2012-08-06 10:56 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十八)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑰

【原文】故善用鍼者、從陰引陽、從陽引陰①。以右治左、以左治右②。以我知彼③、以表知裏。以觀過與不及之理、見微得過④、用之不殆⑤。

【注釈】①從陰引陽、從陽引陰:「引」とは、経絡の気を引用し、虚実を調節することである。「陰」は、内臓、五臓、陰経、胸腹部、下部などを広く指す。「陽」は、体表、六腑、陽経、背部、上部などを広く指す。故に「從陰引陽、從陽引陰」という治療原則も、多種の情況に運用できる。例えば、「從陽引陰」は、背部の腧穴を用い五臓の疾病を治療すること、陽経の穴を用い陰経の疾病を治療すること、上部の穴を用い下部の病症を治療など。これは、陰陽気血が人体の内外上下に貫通しているからである。

②以右治左、以左治右:三陰と三陽の経脈は左右に交互して貫通している。故に、針刺治療の時、左の病症に右を刺すと右の病症に左を刺すという方法がある。これは、「繆刺法」とも言う。

③以我知彼:一説は、「我は医師で、彼は病人であり、医師の正常な生理状況で病人の異常な病理状況を推測する」となっている。前後の言葉(左右、表裏)で次のように理解できる:我は「此処(ここ)」で、彼は「其処(そこ)」であり、此処の変化で其処の状況を知る。「以表知裏」とは、表の変化で裏の状況を知る、という意味である。

④以觀過與不及之理、見微得過:これらの方法で邪気太過及び精気不足の機理を観察し、疾病の些細な症状を見てその問題点を把握し治療する。

⑤用之不殆:「殆」とは危ないことである。これらの方法で疾病を診断と治療すれば、誤治の恐れがない。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-08-02 10:00 | 中医学 | Comments(0)