カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十五)

霊枢・五味第五十六②

【原文】黄帝曰:営衛之行奈何⑥?伯高曰:穀始入于胃、其精微者、先出于胃之兩焦、以漑五藏⑦、別出兩行、営衛之道⑧。其大気之搏而不行者、積于胸中、命曰気海、出于肺、循喉咽、故呼則出、吸則入⑨。天地之精気、其大数常出三入一、故穀不入、半日則気衰、一日則気少矣⑩。

【注釈】⑥営衛之行奈何:営衛はどうやって運行しているか?

⑦穀始入于胃、其精微者、先出于胃之兩焦、以漑五藏:水穀が胃に入ったら、化生された精微が胃から中焦と上焦に送りだされ、肺を経由して五臓に灌漑されます。

⑧別出兩行、営衛之道:精微が二つの道に別れ、営(気)と衛(気)になります。『類経・気味類・二』には、こう記載しています:「兩行は、清者入営、営行脉中、濁者入衛、衛行脈外、故に営主血で内部を濡養し、衛主気で外部に輸布され、これで営衛の道が分かれる」。ここで述べたのは、精微物質の清純の部分が営気として脈管内に入り、全身の組織器官を養う;濁っている部分が衛気として脈管外で全身を走り回って、身体を守っています。

⑨其大気之搏而不行者、積于胸中、命曰気海、出于肺、循喉咽、故呼則出、吸則入:同時に生成され、栄衛の気となってない大気は胸中に集まり、気海と呼ばれる。(これらの気)は肺から咽喉に出る。「呼」すれば(気が)出て来る、「吸」すれば(気が)入り込む。

⑩天地之精気、其大数常出三入一、故穀不入、半日則気衰、一日則気少矣:「出三入一」についての注釈は幾つがありますが、ここは、『霊枢集注・巻七』の解釈に従います。天地の精気が人体中で代謝後の出る通路は大体三つ(宗気・営衛・糟粕)あるが、入るルートは一つのみ(飲食物から)です。故に、半日に飲食しないと気の衰弱を感じる、一日に飲食しないと、気が少ないと感じられます。

【説明】本節(前回と今回の分)は、「胃は水穀を受納し、五臓六腑の海で気血生化の源」という理論を提唱し、なお、宗気・営気・衛気皆水穀精微から化生されると指摘しました。また、五穀の精微に五味という違いがあり、それぞれ違う臓腑に入ることを基づいて、「五味入五臓」という理論を述べました。

「五味入五臓」という理論は『内経』理論体系の中でも重要な理論原則であり、薬物帰経の理論根拠となっています。臨床での中薬の選びと、養生の爲飲食物の選択に指導的な意義があります。

これらの内容は『素問・宣明五気篇』、『素問・至真大要論』、『素問・蔵気法時論』などの篇にも書かれてありますので、互いに参照しながら、勉強するべきです。


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-02-28 10:39 | 中医学 | Comments(0)

7種類食物の効能

こんにちは、周です。今回は養生に良い・7種類食物を紹介します。

以下の7種類食物は、養生に良いとされている食物です。

粗糙的食物(粗雑の食物)
セロリ・ハクサイの外側の葉・雑穀のことです(雑穀:米・麦に対して、とうもろこし•高粱(こうりやん)•あわ•豆類などを指します)。これらの食物は、膳食繊維(食物繊維・ダイエタリーファイバー)が多く含まれるので、便通に良いです。便秘・大腸癌・ダイエットに使われています。

酸味食物
沙果(リンゴの1種)・檸檬(レモン)・烏梅(梅子)・山楂・泡菜(漬物)は、その代表的なものです。収斂・固摂・止瀉作用があり、虚汗・久瀉・咳嗽・遺精に用いられます。

苦味食物
苦瓜(ニガウリ)は、最も常用されるものであります。清熱・泄降・燥湿・健胃作用があります、暑熱煩渇・消渇・赤眼疼痛・痢疾・瘡瘍腫毒に用いられます。≪泉州本草≫に、「主治消渇煩渇引飲、風熱赤眼、中暑下痢」と記載しています。

辛味食物
「散」(発散・行気・行血・健胃)という作用があります。唐辛子は、代表的なものです。胃脘胃寒による冷痛・瀉痢・風濕性関節炎・凍瘡(しもやけ)に用いられます。また、新陳代謝を高める作用がありますので、ダイエットに使われています。

「沖」的食物(刺激が強い、匂いが強い食物)
大蒜・玉葱は、よく使われています。大蒜は、温中行滞・解毒殺虫作用があり、胃脘胃寒による冷痛・痢疾・泄瀉・肺癆・感冒・痈癤腫毒・水腫に用いられます。玉葱は健胃理気・解毒殺虫・降血脂作用があり、食少腹脹・陰道炎(膣炎)・高脂血症に用いられます。

怪香食物(変わり香・独特な香りを持ち食物)
香菜・香椿(椿葉・チャンチン)は、その代表的なものです。香菜は、発疹透表・消食開胃・止痛解毒作用があります。香椿は、袪暑化湿・解毒殺虫作用があります。現代研究では、香菜は硼素が多く含まれるので、身体の鉱物の吸収を助ける役割がある、骨粗鬆症に良いとされます。香椿はビタミンE ・性ホルモンが多く含まれるので、抗衰老・不妊症・不育症(男性の不妊症)の治療に有効だと証明しました。香椿は「助妊素」とも称されます。

臭味食物(臭い食物)
代表的なものは、榴蓮(ドリアン)であります。(榴蓮は)悪臭がみなぎっていると思って、食べない方が多いですが、タイでは、営養価値の高いものとされていますので、病人・産後の補品(営養補給のもの)として使われています。
f0138875_1739532.jpg

[PR]
by jbucm | 2013-02-25 09:30 | 中医養生 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十四)

霊枢・五味第五十六①

篇名について

「五味」とは、酸・苦・甘・辛・咸という五種の味。本篇は五穀・五菜・五果・五畜それぞれの性味及び五臓との関係について下記の内容討論した:五味は先にそれぞれの臓に入り補益作用を発揮する;営気・衛気・宗気の生成及び運行;五臓に病気があったら、五味に対する宜(適宜)忌(忌む)がある。これらの理論は皆薬療及び薬膳の基本的な原則です。
 


【原文】黄帝曰:願聞穀気有五味、其入五藏、分別奈何①?伯高曰:胃者五藏六府之海也、水穀皆入于胃、五藏六府皆稟気于胃②。五味各走其所喜③、穀味酸、先走肝;穀味苦、先走心;穀味甘、先走脾;穀味辛、先走肺。穀味咸、先走腎④。穀気津液已行、営衛大通、乃化糟粕、以次傳下⑤。

【注釈】①穀気有五味、其入五藏、分別奈何:「奈何」は疑問詞です。五穀に五種類の性味がある。五味が身体に入ったら、どうやって分別して五臓に入るか?

②胃者五藏六府之海也、水穀皆入于胃、五藏六府皆稟気于胃:「海」は営養が集まるところです。「稟」は、受け継ぐことです。胃は五臓六腑の海といい、全ての飲食物は先に胃に入る。五臓六腑は皆胃から消化吸収した精微を受け取る。

③五味各走其所喜:ここの「五味」は全ての飲食物と薬物の総称です。
飲食物(薬物)の性味に異なる特性があり、それぞれ好きな場所があるから、「同気相求」の原理を根拠にして、五味をそれぞれの五臓に帰属させる。

④穀味酸、先走肝;穀味苦、先走心;穀味甘、先走脾;穀味辛、先走肺。穀味咸、先走腎:穀物が酸味の場合は、先に肝に入る;苦味は先に心に入る;甘味は先に脾に入る;辛味は先に肺に入る。咸味は先に腎に入る。

⑤穀気津液已行、営衛大通、乃化糟粕、以次傳下:ここの「津液」は精微を指す。水穀の精微は津液に化して営衛の気に合わせて全身に運ばれる。その糟粕の部分は次第に(大腸と膀胱へ)伝送され、(体外に)排出される。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-02-21 11:34 | 中医学 | Comments(0)

破釜沈舟

こんにちは、周です。今回は成語―破釜沈舟の話です。

秦の末年、各地の英雄達が反秦の旗を揚げ、戦国時代の各国王族の後裔達も、自分の旧国号(王朝の名)を立てて兵を募り、反秦戦争を起こしました。秦の大将―章邯が兵を率いて反撃し、当時の勢力が比較的に強い楚軍に大勝、趙の重鎮―巨鹿城まで追い詰めました。

趙王はすぐに各国の助け(援軍)を要請しましたが、皆が秦の強さに怯えられて、援助の手を差し伸べなかったのです。秦は益々勢力が拡大していきました。楚の大将―項羽が再び秦を攻撃しようと、全軍をひきいて黄河をわたったが、そのとき、船をみな沈め、釜を壊し、営帳(住居)を焼き払い、僅か三日分の食糧を持っただけで、必死の覚悟にさせ、生還する心が微塵もないことを兵士に示しました。九戦を経て、章邯を破りました。巨鹿城の危機を解除しました。

項羽の行動は、兵士達に「只許前進、不準後退」(前に進めるだけ、後ろへ下がることが絶対許さない)という決心を持たせ、勝利を導きました。後代の人は、破釜沈舟を、戦いに臨んで決意を示す・とことんまでやる覚悟のほどを示す時に使われています。

出典:≪史記・項羽本紀≫ 項羽乃悉引兵河、皆沈船、破釜甑、焼廬舎、持三日糧、以示士卒必死、無一還心。
[PR]
by jbucm | 2013-02-16 15:46 | 中国の話 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十三)

【原文】黄帝曰:其不能終寿而死者、何如①?岐伯曰:其五藏皆不堅、使道不長、空外以張、喘息暴疾②;又卑基牆、薄脉少血、其肉不石③、数中風寒、血気虚、脉不通、眞邪相攻、亂而相引、故中寿而盡也④。

【注釈】①其不能終寿而死者、何如?:天寿を全うしないで死ぬ者がいる、どのようであるか?

②其五藏皆不堅、使道不長、空外以張、喘息暴疾:其の五藏が皆堅固でなく、鼻と人中(鼻と上唇との間にあるみぞ)が長くない。鼻の穴が外に向かって開いている、呼吸が急速である。

③卑基牆、薄脉少血、其肉不石:顔の骨格が小さくて形が整っていない。脈管が薄くて血が少ない。筋肉が豊満でない。

④数中風寒、血気虚、脉不通、眞邪相攻、亂而相引、故中寿而盡也:度々風寒に襲われ、血気が強弱し、血脈が不通になり、真気(正気)と邪気が互いに攻撃して、真気が敗北し、故に中年に寿命が尽きる。

【説明】この二段(天年第五十四③と④)は、十歳を一つの生命段階にしているが、『素問・上古天真論』の男子八歳女子七歳を一つの生命段階としている。『類経・臓象類・十四』にこう言いました:『天年』篇と『上古天真論』篇はそれぞれ創意がある。『上古天真論』にある「七八」は陰陽の限定数量をいうが、ここに「十」というのは人生の全部を言っている。人の気数(寿命)は一定であるが、その長さが違うのは、先天的な原因もあれば、人為的な原因もある。故に、賢い者は自然の道に従い、自然の命を養う、それで天年を得られる。これについて、聖人と智者は同じである。

「女七男八」という説は、人の発育段階、特に生殖機能の成熟及び衰弱状況にはとても一致している。また、人間は十年ごとに生理機能が老化していくということも事実です。なお、本節に人間の老化が肝から心、脾、肺、腎という順で十年を一つの段階とする説は、年をとるとその整体的な機能が衰弱するが、早く衰弱する系統もあれば、遅く症状が現れる系統もあるという規律性を示しています。この本質をはっきりさせれば、健康長寿の秘訣を探索するには、大変有意義である。


では、今回を持って『霊枢・天年』の勉強を終わりにし、次回からは、『霊枢・五味』を勉強しましょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-02-14 10:02 | 中医学 | Comments(0)

薬用人参の由来

こんにちは、周です。今回は人参の話です。

人参は白参・紅参・野山参・吉林参とも呼ばれます。性味は甘・微苦・微温で、脾・肺経に帰経します。大補元気・補脾益肺・生津止渇・安神増智という作用があります。気脱による大出血・吐瀉、脾気不足による倦怠無力・食欲不振・痞満・嘔吐泄瀉、肺気虚による呼吸困難・咳嗽・息切れ・自汗、熱病の気津両傷による口渇・身熱・汗多・脈大無力、気血虚による心神不安・不眠・健忘に用いられます。
人参は補気薬の要薬です。

≪本草綱目≫にこう記載しています:治男婦一切虚証、発熱、自汗、眩暈……吐血、嗽血、下血、血淋、血崩、胎前産後諸病。
≪珍珠囊≫にこう記載しています:治肺胃陽気不足、肺気虚促、短気、少気、補中、緩中、止渇生津液。

6月上旬に、花茎を出し、小花を10~数10個付け、7~9月頃に赤い果実に熟します。陰地性の宿根草で、栽培は難しく、乾燥冷涼な気候を好み、環境・土質に対しては、極めて順応性の高い植物であります。主な産地は中国東北各省で、吉林省撫松県の生産量は最大で、品質も最高で、吉林参と呼ばれます。
f0138875_1459160.jpg


人参の由来を紹介します。
伝説によりますと、雪が降った日、兄弟二人は猟のため、山に入ろうとしました。老人に阻止されましたが、聞かずに行きました。最初は沢山の獲物を手にして、遂に調子に乗り、下山するのを忘れてしまいました。急に大荒れ天気となり、大雪に阻まれて下山できなくなりました。仕方がなく、二人は洞窟に住み、野生の植物(のちに人参と呼ばれるもの)を掘って食糧として食べ続け、春を待ちました。季節が春となり、兄弟二人は下山し、村人の前に突然に現れました。二人は死んだと思われ、幽霊だと……村人が大騒ぎしました。二人は、皆に避難した際に食べた植物を見せながら、状況を説明しました。

村の長老は、その「植物」の形が人に似て、しかも人を救う・生き返らせる力があるから、人生と名付けました。年深月久(長い年月を経る)、人々は、現在に使われている人参と呼ぶようになりました。
[PR]
by jbucm | 2013-02-11 09:30 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十二)

霊枢・天年第五十四③

【原文】黄帝曰:其気之盛衰、以至其死、可得聞乎?岐伯曰:人生十歳、五藏始定、血気已通、其気在下、故好走①。二十歳、血気始盛、肌肉方長、故好趨②。三十歳、五藏大定、肌肉堅固、血脉盛滿、故好歩③。四十歳、五藏六府、十二経脈、皆大盛以平定、腠理始疏、栄華頽落、髮頗斑白、平盛不搖、故好坐④。五十歳、肝気始衰、肝葉始薄、膽汁始滅、目始不明⑤。六十歳、心気始衰、苦憂悲、血気懈惰、故好臥⑥。七十歳、脾気虚、皮膚枯。八十歳、肺気衰、魄離、故言善誤⑦。九十歳、腎気焦、四藏経脈空虚。百歳、五藏皆虚、神気皆去、形骸獨居而終矣⑧。

【注釈】①人生十歳、五藏始定、血気已通、其気在下、故好走:ここの「気」について、幾つの解説がありますが、『霊枢集注・巻六』の「生長の気」であるという説は相応しいと思います。人の生長は陰から生まれるので、下から上へ上がって行くから、「其気在下」という。「走」は疾趨(走る)ことです。下文の「趨」と「歩」は疾行と徐行という意味です。

十歳の少年は、五臓がある程度まで生長し、血気の運行が暢通し始めたところ、生気が下にあるから、走るのが好きです。

②二十歳、血気始盛、肌肉方長、故好趨:二十歳になると、血気が旺盛になり、筋肉も発達されるから、行動が敏捷になり、歩くのも早い。

③三十歳、五藏大定、肌肉堅固、血脉盛滿、故好歩:人生が三十歳になると、五藏の発育が完全し、全身の筋肉が堅固で、血脉が充滿させるから、余裕があり、穏やかで行きすぎや過ちがなくゆっくり歩くのが好きです。

④四十歳、五藏六府、十二経脈、皆大盛以平定、腠理始疏、栄華頽落、髮頗斑白、平盛不搖、故好坐:四十歳になると、五藏六府や十二経脈が皆盛んになって、これ以上生長できなくなる。故に腠理(肌)がぼくぼくして柔らかくなり始め、顔に艶もだんだん無くなり、白髮混じり、経気が平盛で精力が十分でなくなるから、坐るのが好きです。

⑤五十歳、肝気始衰、肝葉始薄、膽汁始滅、目始不明:五十歳になると、肝気が衰退し始め、肝葉も薄くなる、膽汁の生成も減少し、老眼が発生する。

⑥六十歳、心気始衰、苦憂悲、血気懈惰、故好臥:六十歳になると、心気が衰退し始め、よく心の中から憂愁や悲しみが湧いてくる、血気が衰弱しているから、横になることが好きです。

⑦七十歳、脾気虚、皮膚枯。八十歳、肺気衰、魄離、故言善誤:七十歳では、脾気が虚衰し、皮膚が枯れる。八十歳では、肺気が衰弱し、魄を離れる(肺蔵魄の機能が弱まる)、故に、よく誤った言葉を言います。

⑧九十歳、腎気焦、四藏経脈空虚。百歳、五藏皆虚、神気皆去、形骸獨居而終矣:九十歳では、腎気が尽き果て、他の四臓の経脈も空虚である。百歳になると、五臓が皆空虚で、神気もなくなりから、形骸だけ残し、そのうち亡くなります。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-02-07 10:27 | 中医学 | Comments(0)

平成25年4月生募集説明会

2月2日(土)午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成25年4月生募集説明会を予定通り開催致しました。ご多忙中、全国から50名以上の方々がお集まり頂き、有難うございました。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。
f0138875_12431765.jpg


今回は高 鶴亭学長が急用のため、来られなくなりました。その代わりに、教務担当の李 宏が高学長からの募集説明会に関する挨拶文・北京中医薬大学北京本校を紹介しました。
f0138875_12443061.jpg

                                                                    その後、北京中医薬大学本校から派遣されている韓教授・金教授からは御挨拶を頂きました。その話からは、両教授が日本校で教鞭を取り、異国の生徒に教える熱意を感じられました。
f0138875_12451816.jpg

f0138875_12455113.jpg


最後に、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。
f0138875_1247597.jpg


説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メールinfo@jbucm.com、又は、 電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にご連絡下さい。
[PR]
by jbucm | 2013-02-04 10:20 | Comments(0)