<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

霊枢・五味第五十六⑥

【説明】本節(前々回と前回の分)は、薬食の五味及び五臓病気の宜忌について色んな角度から詳しく論述しました。

これらの記載は、古代に「薬食同源」という理論の実践を反映しました。『太素・巻二・調食』にこう書かれています:「五穀・五畜・五果・五菜、これらを腹の足しにする場合、食と謂う。これらを使い、病を治療する場合、薬と謂う。例えば、脾病に粳米が宜しい、この時の粳米は薬であるが、飢えを満たせるなら、粳米は食である。故に、口から入って、身体を養うものは、みんな同じである。」

五穀・五畜・五果・五菜は人体に対して生命を維持する物質基礎でもあり、疾病を治療するにも重要な役割を果しています。故に『素問・蔵気法時論』にこう言いました:「毒藥は邪気を攻撃するが、五果は助け役、五畜は補益役、五菜は充ちる役である。気味が合えば(気味が調和であること)服用し補精益気できる。」

強調したいのですが、五味と五臓の関係について、五味は補益五臓の作用があるが、使い過ぎると五臓に害が生じることもあります。『素問・生気通天論』にはこう言いました:「陰之五宮、本在五味;陰之五宮、傷在五味。」その意味は、五臓の本は五味にあるが、五臓を傷つけるのも五味であります。故に、五味調和であることは肝心です。


五臓の五味宜忌は機体の状態及び病証の変化のよって変わります。ここで、3回に分けて、『内経』に五臓の五味宜忌に関する記載をまとめてみます。

一.肝臓の五味宜忌
一般病理:①「青色宜酸」;「肝病者、宜食麻、犬肉、李、韭」など酸味;②「肝病禁辛」(『霊枢・五味』)。肝は陰臓である、酸は肝に入り補益の作用を果せます。辛は金に属し、其の性質は散である。肝虚の場合は散が宜しくないため、故に「肝病禁辛」とされます。

特殊病理:①「肝色青、宜食甘。秔米飯、牛肉、棗、葵皆甘」(『霊枢・五味』);「肝苦急、急食甘以緩之」(『素問・蔵気法時論』)。ここは、肝陰虚証に肝臓の柔軟性が失い、筋脈が拘急し、情緒急躁して怒りっぽいなどの症状が見られます。甘味は緩和の性質があるので、甘味或は酸と甘二味を合用すると良いです。②「肝欲散、急食辛以散之;用辛補之、酸瀉之」(『素問・蔵気法時論』)。ここは肝気鬱滞証の場合の話です。気鬱なら、辛散の味を使い、行気するべきです。行気できれば、肝が「条達疏泄」できるので、故に「補」と謂う;なお、酸味は収斂の作用を利用し、辛味が辛散し過ぎないように抑制します。辛味が「補」に対して、酸味が「瀉」というのです。

禁多食酸味:①「病在筋、無食酸」(『霊枢・九鍼論』);「酸走筋、筋病無多食酸」(『素問・宣明五気篇』)。筋脈の病症は筋脈に瘀滞がるので、関節不利である。酸味を取り過ぎると、瘀滞が酷くなり、病症も酷くなります。②「酸走筋、多食之令人癃」(『霊枢・五味論』)。「癃」は「癃閉」で尿の出が悪い病証です。酸味を取り過ぎると、膀胱を束縛し小便不通になります。③「多食酸、則肉胝*(月へんに縐の右半)而唇掲」(『素問・五蔵生成篇』)。「肉胝*」は筋肉が少ないこと、「唇掲」は唇が剥がれる。酸は木味で、脾は筋肉を主し、其の華が唇にある。多食酸なら、脾土を尅するので、故に酸味を取り過ぎると筋肉が少なくなり、唇が剥がれるなどの症状を招きます。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-03-28 10:11 | 中医学 | Comments(0)

「単味」良方 その2

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

2回目:心臓病

茘枝(ライチ) 心悸に有効、失眠健忘にも有効
茘枝5~7個、そのまま食べる・或いは水煮して食べる・飲む。

桂圓(竜眼肉) 心悸に有効
桂圓15~30g、煎じて寝る前に飲む。

蓮子 心悸に有効、心煩口乾にも有効
蓮子(蓮子芯も使う)・百合 各30g、麦門冬12g、煎じて飲む。

猪心(豚の心臓)血虚心悸・面色無華に有効
①猪心スライス300g、大棗10個(去核・種を取り除く)、適量の水を加え、文火で40分位煮る、塩で味を調える。
②猪心スライス300g、硃砂10g、炖(薬膳調理法の1つである)する。

百合 (陰虚火旺による)心悸に有効
百合60g、玉子2個、砂糖或いは氷砂糖適量。(百合に)300cc水を加え、柔らかくまで煮る。卵黄(玉子の卵黄のみ使う)をかき混ぜた後、百合の煎じ液に入れながらかき混ぜる。沸騰したら、砂糖或いは氷砂糖で味を調える。1日2回に分けて食べる。桑椹・五味子・蓮子を加えても良い。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2013-03-25 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
【原文】肝色青、宜食甘⑤。秔米飯、牛肉、棗、葵皆甘。心色赤、宜食酸⑥。犬肉、麻、李、韭皆酸。脾色黄、宜食咸⑦。大豆、豕肉、栗、藿皆咸。肺色白、宜食苦⑧。麥、羊肉、杏、薤皆苦。腎色黒、宜食辛⑨。黄黍、鷄肉、桃、葱皆辛。

【注釈】前の文(黄色宜甘、青色宜酸、黒色宜咸、赤色宜苦、白色宜辛)と違い、ここは五臓が特殊な病理状態になった場合、その所勝(五行理論でそれが尅す方)の味が相宜(宜しい)であることを説明しました。つまり、病気の変化によって摂取するべき食物(薬物)が変わります。

⑤肝色青、宜食甘:肝臓が精血虧虚、筋脈拘急(「肝急」とも言う)の場合は、酸味だけではそれを治すことができない。甘味の緩急作用を利用するべきですが、酸甘合用することで、陰津を化生し、肝急を緩和します。『素問・蔵気法時論』に、「肝苦急、急食甘以緩之」(肝の筋脈は拘急に苦手、この場合は早く甘味のものを食べて拘急を緩和する)はこの意味です。

⑥心色赤、宜食酸:心陰不足、心気渙散(かんさん。緩むこと)の場合は、酸味で収斂すべきです。『素問・蔵気法時論』に、「心苦緩、急食酸以収之」(心はだらけることに苦手、この場合は早く酸味のものを食べて緩むことを収斂する)はこの意味です。

⑦脾色黄、宜食咸:臨床では、脾陰不足で「脾約」による便秘に、咸味滋潤のものを選びます。なお、『素問・蔵気法時論』に、「関利而胃気乃行、胃行而脾気方化」はこの意味です。腎は胃の関で、脾と胃表裏関係を持っています。故に、咸の柔軟の性質を利用し、胃の関である腎を通利する。結果的に、関利すれば胃気の通行が良い、胃気がうまく動ければ脾気が化生されます。

⑧肺色白、宜食苦:肺臓熱盛で、肺気上逆し、喘促の証に、黄芩など苦味のものを選びます。『素問・蔵気法時論』に、「肺苦気上逆、急食苦以瀉之」(肺は肺気の上逆に苦手、この場合は早く通瀉できる苦味のものを用い肺気の上逆を涌泄する)はこの意味です。

⑨腎色黒、宜食辛:腎陽虚、気化無力で、津液の化生ができず、燥証が現れる場合、辛熱のもの(例:附子・肉桂)を用い補腎陽するべきです。陽気が通じれば、津液の復帰ができ、燥証が治ります。『素問・蔵気法時論』に、「腎苦燥、急食辛以潤之」(腎は燥証に苦手、この場合は早く辛味のものを食べて干燥を潤す)はこの意味です。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-03-21 10:54 | 中医学 | Comments(0)

松香

こんにちは、周です。今回は中薬―松香の話です。
f0138875_15315126.jpg


松香は松脂・松膠・松膏・黄香とも呼ばれます。性味は甘・苦・温で、肝・脾・肺経に帰経します。燥湿殺虫・抜毒生肌(排膿生肌)・止痒止痛という作用があります。疥癬湿瘡・癰瘡癤疔に用いられます。外科の常用薬です。内服しますと、風湿痺痛・久咳気喘に働きますが、現代では、ほとんど使われていません。

≪神農本草経≫にこう記載しています:治痈疽悪瘡、頭瘍白○(=禾のしたに几)、疥瘙風気、并安五臓、除熱、久服可軽身不老延年。
注:白○とは、白○瘡のことを指す、皮膚病の一種で、衛生条件が悪いところで発生する、児童に発症することが多い。
また、歴代の医籍に、「経験方」を紹介されています。
劉 涓子の≪鬼遺方≫にこう記載しています:以之和入少量軽粉研末、油調涂擦、治疥癬湿瘡。
≪集簡方≫にこう記載しています:松香・黄丹各五銭、軽粉三銭、研細末、菜油調涂、治小兒白○(=禾のしたに几)。
≪外科全書≫にこう記載しています:以本品(松香)30g、乳香・没薬各15g(焙去油)、樟脳3g、共研細末、外摻患処、治痈疽腫毒破潰、膿水淋漓、能抜毒生肌。

外科薬としての効能は、確かでありますが、「久服可軽身不老延年」について、古人の「食松」(松子、松脂、松葉を含む)という習慣から伺うことができます。華佗(後漢末;109?-207?)の≪中蔵経≫に、松葉を主原料として、延寿酒を造っていました。現代薬理研究では、松葉・松脂は、抗衰老・降血脂・降血圧、松子は通便・美容効果があると証明されました。
[PR]
by jbucm | 2013-03-18 09:30 | 中医学 | Comments(0)
霊枢・五味第五十六④

【原文】五宜①:所言五色②者、脾病者、宜食秔米飯、牛肉、棗、葵。心病者、宜食麥、羊肉、杏、薤。腎病者、宜食大豆黄卷、猪肉、栗、藿。肝病者、宜食麻、犬肉、李、韭。肺病者、宜食黄黍、鷄肉、桃、葱③。

五禁:肝病禁辛、心病禁咸、脾病禁酸、腎病禁甘、肺病禁苦④。

【注釈】①五宜:『太素・巻二・調食』、『霊枢集注』などの注釈によると、この二文字を無くしても良いということです。

②五色:『太素・巻二・調食』の注釈では、この二文字は「五宜」の誤字である。上下文の内容の分析によれば、「五宜」であるべきです。

③脾病者、宜食秔米飯、牛肉、棗、葵~肺病者、宜食黄黍、鷄肉、桃、葱:上文(前回の分)の続きであり、五臓が病気になった時に、その相応する五味の食物を選択します。所謂、脾病の者は、粳米のご飯、牛肉、棗、葵を食べるのが宜しい;心病の者は、麥、羊肉、杏、薤を食べるのが宜しい;腎病の者は、大豆のもやし、豚肉、栗、藿を食べるのが宜しい。肝病の者は、胡麻、犬肉、李、韭を食べるのが宜しい;肺病の者は、もち黍、鷄肉、桃、葱を食べるのが宜しいです。

④肝病禁辛、心病禁咸、脾病禁酸、腎病禁甘、肺病禁苦:五臓の病気は五味に対してそれぞれの禁忌もあります。肝病は辛味を忌み、心病は咸味を忌み、脾病は酸味を忌み、腎病は甘味を忌み、肺病は苦味を忌むべきです。ここは、五臓が虚証の場合の話です。つまり、虚証の場合は、その所不勝(五行理論でそれを尅す方)の味が禁忌します。例えば、肝は木に属し、(肝)木の所不勝は(肺)金で、金の味は辛なので、肝の虚証に辛味が禁忌されます。他も同じ道理です。『霊枢集注・巻七』にこう記載されています:五味五気に、相生と相剋があり、補と瀉もあるため、五臓の病に勝尅の味は禁止する(相乗することを防ぐためです)。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-03-14 10:38 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。前回の続きです。

りんご、葡萄
りんご100gの汁を飲む、1日3回。
葡萄・セロリ 各50gを、ジューサーにかける、適量の水を加え飲む。1日3回。

山楂
①熱湯で沖泡(お湯を注ぐ)飲む、毎日朝晩各1回。
②焦山楂9g・草決明12g・白菊花9g・熱湯で沖泡(お湯を注ぐ)、お茶代わりに飲む。
③山楂30g・干し玉米鬚60g(新鮮160g)・干し荷葉15g(新鮮45g)、30分煎じる、お茶代わりに飲む。
④山楂・草決明・金銀花 各10g、適量の水を加えて沸騰させる。お茶代わりに飲む。

バナナ
①バナナ、毎回1~2本、毎日3回。
②バナナ、毎回3本・糯米30g・氷砂糖適量。先ず糯米を洗い、お粥を作る、バナナの皮を剥く、食べやすいサイズに切る。バナナと氷砂糖をお粥に加える。主食として1日3回食べる、或いは点心(軽食で、麺類•菓子•ケーキなど)として食べる。
③バナナの皮30~60g、煎じてお茶代わりに飲む。

西瓜
①西瓜、そのまま食べる。或いはジューサーで取った汁を飲む、毎回500g、1日2回。
②西瓜翠衣(新鮮西瓜の外皮―緑皮)9~12g、煎じてお茶代わりに飲む。
③西瓜翠衣適量、沸騰したお湯に浸けて15分後、西瓜翠衣を捨て、砂糖少々を加え、お茶代わりに飲む。降圧・利尿・清暑解毒作用があります。
④西瓜翠衣9~12g、草決明子9g、煎じてお茶代わりに飲む。

クロクワイ
①クロクワイ100g、海蜇皮(クラゲ)60g。クロクワイは洗い、皮を剥く、海蜇皮は浸けた塩を脱ぐ。煎じて飲む。毎日2回。
②クロクワイ10個、海帯(昆布)・玉米鬚 各25g、煎じて飲む。毎日1回。

大棗
①大棗・セロリ適量、煎じて飲む。
②大棗10個、玉葱30g、セロリ20g、糯米適量、薬米同煮法でお粥を作る。
③大棗250g、向日葵の蒂1枚、煎じて飲む(向日葵の蒂は捨てる、大棗は食べる)。

葫芦
葫芦500g、綺麗に洗い(皮も使う)、食べやすいサイズに切る。スープを作って、氷砂糖で味を調える。

以下の食物・中薬は高血圧に有効です。食べ方・作り方は省略します。
黒・白木耳(黒・白木クラゲ)、胡麻、緑豆、蓮子、菊花、地龍(ミミズ)、枸杞、車前子、桑葉、荷葉、夏枯草、辛夷花、釣藤、土牛膝、桑寄生、丹参、黄精、製附子、何首烏、草決明子、呉茱萸、杜仲、紅花、天麻、黄連。
[PR]
by jbucm | 2013-03-11 09:16 | Comments(0)
霊枢・五味第五十六③

【原文】黄帝曰:穀之五味、可得聞乎①?伯高曰:請盡言之。五穀:秔米甘、麻酸、大豆咸、麥苦、黄黍辛②。五菓:棗甘、李酸、栗咸、杏苦、桃辛③。五畜:牛甘、犬酸、猪咸、羊苦、鷄辛④。五菜:葵甘、韭酸、藿咸、薤苦、葱辛⑤。五色:黄色宜甘、青色宜酸、黒色宜咸、赤色宜苦、白色宜辛。凡此五者、各有所宜⑥。

【注釈】①穀之五味、可得聞乎:五穀の性味について聞いても宜しいか?

②五穀:秔米甘、麻酸、大豆咸、麥苦、黄黍辛:「秔米(こうべい)」は、「粳米」ともいう、うるちです。「麻」は胡麻で、「麥」は小麦で、「黄黍」はもち黍です。五穀の中に、粳米は味甘、胡麻は味酸、大豆は味咸、小麦は味苦、もち黍は味辛です。

③五菓:棗甘、李酸、栗咸、杏苦、桃辛:五果の中に、棗は味甘、李は味酸、栗は味咸、杏は味苦、桃は味辛です。

④五畜:牛甘、犬酸、猪咸、羊苦、鷄辛:五畜の中に、牛は味甘、犬は味酸、豚は味咸、羊は味苦、鶏は味辛です。

⑤五菜:葵甘、韭酸、藿咸、薤苦、葱辛:「葵」は「冬莧菜」とも言い、フユアオイです。「藿」はマメ類作物の葉です。「薤」はラッキョウの鱗茎や若葉の部分を指します。五菜の中に、葵は味甘、韭は味酸、藿は味咸、薤は味苦、葱は味辛です。

⑥五色:黄色宜甘、青色宜酸、黒色宜咸、赤色宜苦、白色宜辛。凡此五者、各有所宜:五色と五味の合わせることです。五色は五臓の外栄なので、五色・五臓・五味は一定的な関係を持っています。黄色は脾土の色なので、甘味はそれを補うことができる。「青色宜酸、黒色宜咸、赤色宜苦、白色宜辛」はみんな同じ道理です。五色にそれぞれ所宜(適宜)する食物があります。『太素・巻二・調食』にこう書かれています:食養生或は疾病を治療の際、五味の相応する色を伺い、其の味を使って(其の臓を)補益するべきである。

【説明】本節は、概括的に五穀・五果・五菜・五畜の五味帰属を論述し、なお、五行の分類法で五味と五臓との関係も概括しました。酸苦甘辛咸の五味はそれぞれの臓に帰属され(五味入五臓)、五味が人体に入ると、先に帰属される臓を補益するということを指摘しました。なお、五色もそれぞれ所宜(適宜)する食物があると論述しました。

『内経』の中に五穀・五果・五菜・五畜の五味分類についての記載が数篇あり、内容が多少の違いも見られます。なお、生活の中で食べられる食物の種類が多くあり、『内経』の五味帰属はあくまでもその規則を示したものです。我々は、この理論を深く理解し、あらゆる食物や薬物の性味及びその応用を把握した上で実践するべきです。


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-03-07 10:49 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。今回からは中高年者に良い、「単味」良方の紹介です。

加齢によって、身体各臓器の効能が衰弱・老化し始め、疾病に対する抵抗力も徐々に低下し、病気になりやすくなります。普段の日常生活での「自我保健」(自分の健康管理)は、重要となってきます。
ここで、中国で使われている「単味」良方を紹介させて頂きます。
(「単味」:中薬用法の1つである、薬・或は食物1つのみで、他薬・食物の補助を必要としないこと)

1回目:高血圧

大根
①新鮮の大根汁、生飲(そのままを飲む)。1回20cc、1日2回、1週間を継続する。
②新鮮の大根汁150cc、黒砂糖50gを加えよく混ぜる。2回に分けて飲む。
③新鮮の大根150g、蜂蜜適量を加え、炖(薬膳調理法の1つである、柔らかくまで煮込む)する、1日2回。

食用人参
①食用人参の汁200~400cc、2回に分けて飲む。
②食用人参1本、乱切りして、粳米100g、薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。糖尿病にも良い。

トマト
①新鮮のトマト、毎日の朝・空腹時に、1~2個を食べる。
②新鮮のトマト1個分の汁、毎日の朝晩に飲む。
③新鮮のトマト1個分の汁、毎回食後に飲む。

ほうれん草
ほうれん草適量を湯通し、和え物にして、毎日の朝晩食べる。

セロリ
①ジューサーで新鮮のセロリの汁を取り、少し砂糖を加え、お茶代わりに毎日飲む。
②セロリ500g、苦瓜100g、適量の水を加えて煎じて飲む。
③セロリ60g、大棗30g、適量の水を加えて煎じて、お茶代わりに毎日飲む。
④セロリ30g、淡菜(貽貝の干し物)30g、豚肉の赤身30g。豚肉は、柔らかくまで煮て、セロリ・淡菜を加え、5分位煮、塩で味を調える。

金針菜(黄花菜)、胡瓜、サツマイモ
金針菜適量(15~30g)を水で煎じて飲む。
胡瓜1本、生食・或はジューサーで汁を取り、毎日2回。
サツマイモ・センマイ 各90g、薬米同煮法でお粥を作る。朝晩1回ずつ食べる。

大蒜
①大蒜2~3片のおろしに、沖服(熱湯を注ぐ)。
②大蒜の皮を剥く、酢に浸け、数日後(翠緑色に変ったら)出来上がり。毎日朝空腹時に2~3片を食べる、浸け酢も1口を飲む。
③大蒜30g、粳米100g。薬物提汁同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。
④大蒜・呉茱萸 各10g。搗きつぶし、両足心(両足の裏)に外用する(両足の裏に置き、包帯で固定して、24時間後に外す)、3日間1回。

玉葱
玉葱120g,千切りして油で炒め、塩少々加え(味を調える)食べる。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2013-03-04 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm