国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

霊枢・本輸第二①

篇名について
「輸」とは転輸である。身体にある「穴」は、気血が出入りする処なので、輸穴と称し、略して「輸」と言います。『内経』の中は、輸・腧・兪三つの文字は通用されています。「本」とは源の意味です。本篇の内容は主に五臓六腑の諸輸穴を論述するので、篇名を『本輸』とされています。

本篇の内容について
1、五臓六腑十二経脈が肘、又は膝以下にある重要な腧穴(井・滎・輸・原・経・合穴)の名称、五行属性及び部位を詳しく紹介した。(井・滎・輸・経・合穴を「五輸穴(ごゆけつ)」と言います。なお、十二經に「原穴(げんけつ)」が一つずつあり、陰経の「原穴」は「輸穴」と同じですが、陽経では別になります)。

2、頚項部にある、手足六陽経と任・督脈が頭面部へ上行する時、必ず通らなければならない処である、八つの穴とその順序を簡単に紹介した。

3、臓腑の表裏配合関係と六腑の生理機能を紹介した。

4、春夏秋冬四季に針刺の取穴原則を説明した。

五輸穴について
『霊枢集注・巻一』にこう説明しました:「本篇は五臓六腑の脈を論じ、皆(手足の)指先の井穴から出て、滎穴に流通し、輸穴へ流れ込み、経穴に運行し、合穴に入る。四肢に経由し臓腑と通じる、これは経脈の始終である……」。

「井(せい)」とは、泉が始めに出るところです。井穴は、四肢の末端にあり、十二經脈の血気流行の起点です。陰経の井穴は五行の木に属し、陽経の井穴は五行の金に属します。

「滎(えい)」とは、音・意ともに渓と同じです。経気は井穴を出て、指先から肘(膝)まで流れながら段々溜まり、滎穴に至る。まだ盛んにならないが、渓流に成ります。

「輸(ゆ)」とは、運輸の意味です。経気がここまでに至ったら、他の処へ運輸できます。ここの「輸穴」は特定な穴、狭義的です。

「経(けい)」とは、「流れの経過」を意味します。経気がこの穴まで来たら、さらに旺盛になります。

「合(ごう)」とは、集合するという意味です。経気がこの穴まで流れ、集まって体内へ入り込みます。


では、次回から数回に分けて、本篇の原文を解釈と説明をしましょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-05-30 10:22 | 中医学 | Comments(0)

「単味」良方 その4

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

4回目:高脂血症

大根
生大根30g、毎日夜ご飯時食用する。大根汁にして、適量の蜂蜜を加えてもよい。

セロリ根
セロリ根100g、大棗10個、煎じて飲む(大棗も食べても良い)。

玉米粉 調中和胃・益肺寧心、心悸・気短・納差・乏力にも有効
玉米粉50g、大米100g。大米は、7分粥を作る、食べる直前に玉米粉を入れながら混ぜる。毎日朝晩食用する。

山楂
①山楂15~20g(粉砕したもの)、粳米100g、氷砂糖適量。薬物提汁米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。毎日2回(朝・昼)食べる
②山楂片(スライス)10g、200ccの温水に一晩浸けて置く、翌日朝・排便の後に1回(全部)で飲む(冬季時温めて飲む)、1時間後朝食をとる。
③山楂片10g~50g、槐花6g、茯苓10g。山楂・茯苓は10分間煎じて、取り出して捨てる、煎じ汁に槐花・少量砂糖を入れる、蓋をして10分間後飲用する。胃酸の分泌が多い・胃腸弱い者は要注意。
④山楂片30g、決明子12g、荷葉12g、花椒1g。500cc水を加え、20分間煎じる。毎日2回飲む、飲用した30日間後に血脂値が正常に戻れば、上方を加減して(花椒を取り去る、残りの3味は減量する)、お茶代わりに飲む。

荷葉 夏季に最適用
荷葉1枚、粳米100g、氷砂糖適量。薬物提汁米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。毎日2回(朝・晩)食べる。

菊花 目赤腫痛・頭痛頭暈・大便秘結にも有効
菊花・決明子各10g、大米100g、氷砂糖少々。薬物提汁米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。毎日1回食べる。

何首烏 補肝腎・衛気血、肝腎虧損の須髮早白・頭暈耳鳴・腰膝酸軟にも有効
何首烏30~60g、大棗3~5個、大米100g、黒砂糖(或いは氷砂糖)適量。薬物提汁米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。毎日1~2回食べる、7~10日間食用する。7~10日は1クールで、5日間を間隔し、第2クールに開始する。2クールで血脂値が正常になるのを期待する。

以下の食物・中薬は高脂血症に有効です。食べ方・作り方は省略します。
沱茶、杏仁、茵陳、大黄、柴胡、沢潟、三七、蒲黄、姜黄、桑寄生。
[PR]
by jbucm | 2013-05-27 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
霊枢・海論第三十三⑤

【原文】黄帝曰:凡此四海者、何利何害?何生何敗①?岐伯曰:得順者生、得逆者敗;知調者利、不知調者害②。

黄帝曰:四海之逆順奈何③?岐伯曰:気海有余者、気滿胸中、悗息面赤;気海不足、則気少不足以言④。血海有余、則常想其身大、怫然不知其所病;血海不足、亦常想其身小、狹然不知其所病⑤。水穀之海有余、則腹滿;水穀之海不足、則飢不受穀食⑥。髓海有余、則輕勁多力、自過其度⑦;髓海不足、則脳轉耳鳴、脛痿眩冒、目無所見、懈怠安臥⑧。
黄帝曰:余已聞逆順、調之奈何?岐伯曰:審守其輸、而調其虚実、無犯其害⑨。順者得復、逆者必敗⑩。黄帝曰:善。

【注釈】①凡此四海者、何利何害?何生何敗:四海は人体にどのような利害関係しているか。どのように生命活動を促進或は損害しているか。

②得順者生、得逆者敗;知調者利、不知調者害:『類経・経絡類・三十二』の解説は、ここの「順」は調養が適当である、「逆」は調養が不適当であることを指します。『霊枢集注・巻四』には、この「順」と「逆」は四海の機能活動であると注釈しています。要するに、四海の機能が正常であれば、生命力は旺盛である;四海の機能が失常であれば、生命力は弱くなる。なお、四海を適当に調養すれば、健康につながる;四海を適当に調養しなければ、身体に害を与える。

③四海之逆順奈何:四海はどんな正常と異常な情況があるか。

④気海有余者、気滿胸中、悗息面赤;気海不足、則気少不足以言:「悗息」は、胸悶喘促の意味で、気海実邪の主症状の一つです。気海に邪気が余る場合、胸悶、呼吸が速い、顔色が赤いなど実熱の症状が見られる;気海の正気が不足の場合、気が少なく話声が無力になります。

⑤血海有余、則常想其身大、怫然不知其所病;血海不足、亦常想其身小、狹然不知其所病:「怫然」とは、重たく腫れるような感じ、「狹然」とは、狭いような感じです。血海に邪気が余る場合、身体に膨大感を覚え、体がぶくぶく太っていて、不愉快を感じるがどんな病気であるかが分からない;血海の正気が不足の場合、身体が小さく感じるがどんな病気であるかが分からない。

⑥水穀之海有余、則腹滿;水穀之海不足、則飢不受穀食:水穀の海に邪気が余る場合、腹部の膨満が見られる;水穀の海の正気が不足の場合、飢餓を感じるが、食べたがらないという症状が見られる。これは、胃病の虚実弁証の根拠となっています。

⑦髓海有余、則輕勁多力、自過其度;二種類の注釈があります。其の一は、『類経・経絡類・三十二』に記載したよう、「髓海有余」は健康状態であり、身体が軽くて力があるから、自分なりに過ごしている。その二は、『霊枢注証発微・巻四』の注釈のよう、髓海の実証であることを認識しています。髄海に邪気が偏勝の者(例えば、躁鬱病の患者)は、高い処に登ったり、疾走したりなどの症状が見られる、病気でない時より力が大きいから、「自過其度」(いつもの自分と違う)という表現も見られる。

⑧髓海不足、則脳轉耳鳴、脛痿眩冒、目無所見、懈怠安臥:髓海の正気が不足の場合、めまい、耳鳴り、足が酸軟無力、視力減退、全身の無気力でいつも横になり、動きたくないなどの症状が見られる。

⑨審守其輸、而調其虚実、無犯其害:四海の上下腧穴を確実に把握し、その虚実(有余と不足)に従って、補するべき場合は補し、瀉するべき場合は瀉して、その虚実を調整する。この治療原則を反してはいけない。

⑩順者得復、逆者必敗:治療原則に従って治療すれば、身体の回復ができる;原則を逆らう場合は、失敗するのは当然である。

【説明】本節は、概括的に四海の虚実証候及び調理と治療の原則を論じました。

『霊枢・海論』の勉強は今日で終わり、次回からは、『霊枢・本輸』を勉強しましょう。


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-05-23 10:34 | 中医学 | Comments(0)

金元四大家 張縦正

こんにちは、周です。今回は金元四大家の紹介ですーその2。

張縦正――攻邪論
張縦正(1156~1228年)は、字を子和、戴人を号しました。金代の睢州考城(河北蘭考県)人であります。彼は幼時より、諸子百家の医書に通じ、特に河間学説を重要視し、≪内経≫≪傷寒論≫についても、ことごとく研究し、深い理解を得ていました。治病する際、攻邪(攻邪論)を主張し、その独特な見解は後世に大きな影響を及ぼしました。

彼は、「邪是主要致病之因、邪去則正安」(邪は主要の致病原因であり、邪去れば正気=元気を回復し病やむ)と指摘し、袪邪(気)は治病の主な方法だと強調しました。主な治法は、汗・吐・下三法(常用治法―八法の中の三法)でありました。長年の臨床経験を積み重ねで、汗・吐・下三法の運用が熟練していました。また、汗・吐・下三法の応用範囲を拡充させ、中医学の治則理論の発展に重大なる貢献しました。臨床でも、特に盛んに下法を用いて治療を行ったので、後世に「攻下派」と呼ばれました。

彼は、「古方不能尽治今病」と認識し、常に開創継承・創新精神を心懸けていました。≪聖恵方≫≪諸病源候論≫の誤処を訂正し、当時の「強補」という流行治法を批判しました。しかし、張縦正は補法を捨ててしまうわけではありません、患者の状態を適確に判断した(弁証)後、虚弱体質の患者に用いました。

社会環境や精神的な要素(情志)の致病原因となるのを重視されました。「瘧(瘧疾)常与酷吏之政並行」、「九気」(怒・喜・悲・恐・寒・暑・惊・思・労)は、人体が発病する大きな因子と指摘しました。治療実践には、特に因時・因勢・因地・因人制宜(季節・社会情勢・地方・人などを考慮して治療方針を立てる)をしました。

張氏は、「実則応攻、虚則可補、有邪応攻・邪去則正復、養生当用食補、治病則需薬攻、薬不可久服・中病即止」を主張しました。彼が唱えた理論や豊富な経験は、中医学に不朽の貢献であります。
[PR]
by jbucm | 2013-05-20 09:30 | 中医学 | Comments(0)
霊枢・海論第三十三④

【説明】本節(前回と前々回の分)は、四海の機能特徴とその上下腧穴の部位を紹介した。これは、『内経』の「人と天地相参」の整体観念を体現しただけではなく、上下各腧穴の部位を確定したため、胃・衝脈・膻中・脳の疾患の針灸治療に理論的依拠を提供した。

なお、身体に四海の命名をした理由は二つあり、その一はこの四者が水穀・血・気・髄の集まる場所である、その二はそれぞれが身体の生命活動の中に重要な地位を占めている。『内経』の中に多くの場合は、胃・衝脈・膻中・脳を臓腑や経脈に帰属して論述していますが、「四海」という本篇を作ったのは、それぞれの重要性を物語っています。下記に纏めておきましょう。

胃:『素問・五臓別論』に「水穀は口から入り、胃に蔵され、五臓の気を養う」、「胃その者は、六腑の大源である」;『素問・経脈別論』に「飲食ものが胃に入ると、精気が溢れる」、「食気が胃に入り、肝に散精し……濁気が心に帰る」などの記載があり、皆、胃の機能は水穀を受納し、精微を化生して五臓六腑を滋養すると指摘しています。概括すると、人体の精気津液血脈など皆水穀の精気から化生したものだと言えます。これらは「胃が命の根本所在である」を示しています。所謂「平人の常気は胃から受け継ぐものである」。だから、胃が「水穀の海」というのです。

衝脈:衝脈は奇経の一つです。其の脈は先天の本と言われる腎経と互いに並行し、注ぎ合う。一方、後天之本という胃経にも互いに合っている。腎と胃は精血が所生と所蔵する臓であるから、衝脈には多く蔵血している。なお、衝脈の循行と分布は広いので、所蔵される血液を五臓六腑と陰陽諸経に注いでいます。故に、衝脈を「血の海」と称します。

膻中:ここの膻中とは、胸中のことです。『類経・経絡類・三十二』に「膻中は、胸中であり、肺が居る所である。諸気が皆肺に属し、真気または宗気という。宗気は胸中に積み集まり、咽喉から出る。心脈を貫通するや呼吸を行うなどに働くから、故に膻中を気の海と称する」;『霊枢・五味』に「穀が始めに胃に入り、その精微は先に胃の両焦から出て、五臓を滋養する。別途に営衛という二行もあるが、その大気が何処にも行かなく胸中に積み集まり、気海と命じる。肺から咽喉に沿って出るが、呼吸に務め、呼の時に出て吸の時に入る」という記載がありました。これらは、宗気が臓腑と全身の肢体運動や呼吸、言語活動などの機能活動を推動する大きなチカラであることを説明しました。宗気が人体の生命に係わり、胸中に積み集まっているものだから、膻中を「気の海」と称した訳です。

脳:頭部に蔵され、精と髄が集まる処です。『素問・五臓生成篇』に「諸髄は、皆脳に属す」、『素問・脈要精微論』に「五臓は、身を強くするもの;頭は精明の府である」というが記載あります。脳は精明を主り、五臓機能の強さの表しであることを示しました。『内経』には脳の機能に関する論述は多くないが、『素問・五臓別論』に奇恒之腑に列すると本篇に「四海」(髄海)に列するから見ると、脳が身体の中での重要性を十分に重視していることが分かります。

(李)

[PR]
by jbucm | 2013-05-16 10:02 | 中医学 | Comments(0)

金元四大家 劉完素

こんにちは、周です。今回は金元四大家の紹介ですーその1。

劉完素――火熱論
劉完素(1110~1200年)は、字を守真、別号を守真子といい、通元処士を号しました。金代の河間(河北河間県)人であり、その出身から、後世は彼を劉河間・劉先生と呼びました。劉完素幼少より、医書に親しみ、25歳から「内経」を研究し、終日手から書物を離すことがありませんでした。母親の病を延治されたことにより死去したから、遂に医者になるのを決意しました。

陳先生(陳師夷?)に師事した後、独立して行医(民間で医療活動を行う)、徐々に有名となりました。彼は「内経」病機19条と傷寒熱火熱病の病機理論結び付け、火熱病証について詳細な研究を加え、「火熱病」という学説主張しました、主寒涼攻邪(寒涼薬を用いて火邪を攻める)を唱え、防風通聖散や双解散などを上手に・盛んに使い、治療に当たりました、後世は彼を「寒涼派」と呼ぶようになりました。

劉完素の医術は優れていて、特に熱病の治療に長けていたと言われます。彼は当時の皇帝(金章宗)から、三度にわたる招請を断り、民間で行医したことから、「高尚先生」という名を賜われました。彼が創った学術理論の流布することにより、多くの人々(例:葛雍、穆子昭、馬宗素、鎦洪、常徳、董系、劉栄甫、張縦正、程輝、劉吉甫、潘田坡)が劉完素に師事しました。金の時代に、重要な学術流派―「河間学派」を形成しました。

劉完素の著書も多いです。主に以下の著書があります。
≪黄帝素問宣明論方≫(1172年)15巻
≪素問玄机病式≫(1186年)
≪内経運気要旨論≫ 謂わば ≪素問要旨論≫
≪傷寒直格≫(1186年)3巻
≪傷寒標本心法類萃≫2巻
≪三消論≫ ≪附<儒門事親>≫
≪素問薬注≫(已佚)
≪医方精要≫(已佚)

後世の人々は、劉完素の主な著書を、「河間六書」「河間十書」に纏め、金元の他の医家著作に編集しました。
[PR]
by jbucm | 2013-05-13 09:30 | 中医学 | Comments(0)
霊枢・海論第三十三③

【原文】黄帝曰:遠乎哉!夫子之合人天地四海也、願聞応之奈何?岐伯答曰:必先明知陰陽表裏滎輸所在、四海定矣⑦。黄帝曰:定之奈何?岐伯曰:胃者、水穀之海、其輸上在気街、下至三里⑧;衝脈者、爲十二経之海、其輸上在于大杼、下出于巨虚之上下廉⑨;膻中者、爲気之海、其輸上在于柱骨之上下、前在于人迎⑩;脳爲髓之海、其輸上在于其蓋、下在風府⑪。

【注釈】⑦必先明知陰陽表裏滎輸所在、四海定矣:(人体の四海を自然界の四海との関係を繋げる前に)必ず先に人体の陰陽・表裏及び経脈の滎・輸穴など分布状況を明確しなければならない。そうすれば、人体の四海を確定できる。十二経脈にそれぞれ、井・滎・輸・経・合穴があるが、ここの「滎輸」は四海が流注する穴のことです。

⑧胃者、水穀之海、其輸上在気街、下至三里:胃は、水穀を受けるから、水穀の海を称する。胃の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が気街穴(別名:気衝穴)であり、下は足の三里穴まで至る。

⑨衝脈者、爲十二経之海、其輸上在于大杼、下出于巨虚之上下廉:衝脈は、十二経脈と密接な関連がある、故に十二経の海と称する。衝脈の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が大杼穴で、下が上巨虚と下巨虚である。

⑩膻中者、爲気之海、其輸上在于柱骨之上下、前在于人迎:膻中は宗気が集まる場所で、気の海と称する。其の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が天柱骨(頚椎骨)の上にある唖門穴と天柱骨の下にある大椎穴であり、前には人迎穴がある。

⑪脳爲髓之海、其輸上在于其蓋、下在風府:脳の中に髄液が充満しているから、髓の海と称する。其の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が于頭蓋骨中央にある百会穴であり、下が風府穴である。

(続く)


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-05-09 10:35 | 中医学 | Comments(0)