<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

霊枢・本輸第二⑩

【説明】(続き)今回は、下合穴(六合穴)に関して紹介したいです。
上文の最後にあります、「六府皆出足之三陽」について下記に補充説明します。
手足の三陽経は、全て下肢にある足の三陽経に合穴があります。これらのツボを下合穴、或は六合穴と言います:
足陽明胃経:足三里
手陽明大腸経:上巨虚(足陽明胃経の穴)
手太陽小腸経:下巨虚(足陽明胃経の穴)
足太陽膀胱経:委中
手少陽三焦経:委陽(足太陽膀胱経の穴)
足少陽胆経:陽陵泉

理由は次の三つあります:
①経脈の循行により検証:手の三陽経が体表に循行する部位は上肢と頭面部です。その五輸穴は上肢にあり、その経気は直接内腑へ深入せず、その合穴が内腑への影響は大きくありません。足の三陽経が体表に循行する部位は頭面部と体幹の他に、その経気は下肢の合穴を経由して内腑と通じていて、腑病を治療する主要な経脈となっています。

②経脈の分布により検証:六腑は皆腹部にあり、足の経脈と密接な関係を持っています。身体の経気の流れを上から下へ疎通させる役割を果たす作用があります。身体の上が陽、下が陰で、陰と陽が互根しているということで、手の三陽が下に「合」し、それぞれの下合穴があって、「手三陽の下輸」と称しています。

③生理機能により検証:本篇に「大腸、小腸皆属于胃」と言い、大腸経と小腸経の下合穴は胃経にある上巨虚と下巨虚です。生理上では、胃と大小腸は互いに協調し合い、共同で食物の消化吸収及び排泄作業を完成しています。病理上でも、当然互いに影響し合うので、大小腸の経気が胃経にある上巨虚と下巨虚で「合」するとされます。これが、大小腸の病気を治療の際、胃経にあるツボを選ぶ理由です。なお、手少陽三焦経は足太陽膀胱経の委陽穴で「合」するというのも、両者(三焦と膀胱)の生理と病理(水液代謝など)上密接な関係があるからです。

最後に、下合穴の臨床応用について紹介しましょう。

『霊枢・四時気』に「邪在腑、取之合」、『素問・咳論』に「治府者、治其合」、『霊枢・邪気蔵府病形』に「合治六府」などの記載があります。臨床では、下合穴を応用し六腑の病症を治療する例が多くあります。例えば、急性腹痛の中、盲腸炎に上巨虚を、急性胃炎に足三里を、胆嚢炎などに陽陵泉を選び、針刺すると、止痛の速効果及びある程度の抗炎症効果が求められます。なお、一部頑固な腑証の治療に、郄穴を配伍して通絡活血と行気止痛に効果を得られます。


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-08-29 09:51 | 中医学 | Comments(0)

夏季講習会(その3)

こんにちは、先週の土日(24日・25日)夏季講習会(その3)を行われました。

こんにちは、先週土日(8月24日・25日)夏季講習会(その3)を行われました。今回は韓先生からの「骨粗鬆症の中医弁証及び治療」でした。原発性骨粗鬆症を取り上げ講義されました。
f0138875_10415048.jpg

f0138875_10442827.jpg


韓先生は現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。中医学では、骨粗鬆症という病名はあませんが、古代から骨病に関する記載してありますー「骨痿」・「骨痺」・「骨枯」・「骨蝕」・「骨極」など、その中の「骨痿」は、現代医学の骨粗鬆症に相当します。骨粗鬆症の発症は、主に3つ原因―腎虚・脾虚・血瘀に関係してあり、主要な病因は腎虚であります。中医弁証の考え方と要点を、詳しく講義され、中国で使われている中成薬も紹介されました(処方箋の必要はありません、薬店で売られています)。常用されている20種類(単味)を紹介されました。
附:20種類の中薬
淫羊藿、熟地黄、当帰、杜仲、黄芪、補骨脂、骨碎補、續斷、川芎、白朮、丹参、亀板、菟絲子、山薬、枸杞、甘草、茯苓、牛膝、山茱萸、牡蠣

なお、この場を借りて、中国にある骨粗鬆症に関する書物及び骨粗鬆症を治療する専門家を紹介しましょう:
  *  『骨質粗鬆症 中西医結合治療』 (人民衛生出版社)  主編 劉慶思
  *  骨質粗鬆症を治療する専門家 蘇培基 教授 (広東省中山市中医医院)


3回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2013-08-26 10:42 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
霊枢・本輸第二⑨

【説明】(霊枢・本輸第二②~⑥の続き)

現代研究によると、五輸穴など肘と膝以下にある特定穴は、局部や近隣及び循経にある疾患を治療だけではなく、全身臓腑の疾病の治療も可能です。これに対して、歴代の医家の認識は一致しています。

現代の研究者らは、神経生理学・解剖学などの角度から分析し、これらのツボの所在部位が関連する臓腑との間に神経での繋がりがあったり、脳の皮質に関連する臓腑と同じ管理区域であったりと解明された。

手足は一番労働と運動する、しかも複雑な機能を持つ器官なので、脳の皮質に投射する反射区域がとても広いです。其の中、手足の親指はさらに他の4本の指の機能が多いため、脳の皮質にある反射区域がもっとも広いです。臨床に、よく合谷(大腸経の原穴)と太衝(肝経の輸穴)を使って、病気を治療するのはその理由でしょう。この合谷と太衝穴は治療の範囲が広く、作用も強いと認識され、諸臓腑の疾患と難病などに使われています。左右2個ずつあるので、『針灸大成』にこの4つを同時に使いことを「開四関」と言っています。現代では、血管神経性頭痛、中風、狭心症、心筋梗塞、高血圧症などの治療によく合谷と太衝穴を選んでいます。

 次回は、下合穴(六合穴)に関して紹介したいです。


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-08-22 10:30 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

8回目:糖尿病

大根
①新鮮の大根(皮も使う)を綺麗に洗い、下ろして(汁100ccを取る)、調味料を加えないで、汁をそのまま飲む(朝晩 各100cc)、1クールは15日間で、6クールを継続する。
②新鮮の大根(皮も使う)を綺麗に洗い、下ろして(汁100ccを取る)、粳米100g・適量の水を加えお粥にする。朝晩2回に分けて、温めてから食べる。脾胃虚弱のものは、過食しないこと。
③新鮮の大根・(食用)人参2500g、粳米50g、 薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る、朝晩各1回食べる。口渇多飲・消穀善飢・形体消痩・体弱・大便燥結・舌質紅・苔黄燥・脈滑数の者に適応する。

(食用)人参
(食用)人参2~4本、生(そのまま)或は煮て食べる、朝晩各1回。

ほうれん草の根
ほうれん草の根60~120g、鶏肉15g。先ず鶏肉を柔らかくまで(約30分)煮る、ほうれん草を加えて、熟するまで加熱する、2~3回に分けて食べる。清熱止渇作用があるので、飲水無度型(タイプ)に有効。

セロリ
①セロリ500g、煎じて飲む。
②セロリ500g、綺麗に洗って、ジューサーで汁を取る。毎日2回に分けて飲む。
③セロリ450g (食用)人参50g 椎茸(生)50g 葱・味の素適量、油で炒めて、塩で味を調える。

サツマイモの葉
新鮮のサツマイモの葉・冬瓜 各適量 煎じて飲む。

南瓜
①南瓜250g スープを作る。朝晩各1回、1ゕ月継続服用する、病情が安定したら、乾燥させた南瓜を粉末にして、毎回30gをお湯で飲む、毎日1~2回。気陰両虚型に有効。
②南瓜500g、炒めて食べる。
③乾燥した南瓜を粉末にして、毎回100gをお湯で飲む、毎日2回。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2013-08-19 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
こんにちは、先週土日(8月10日・11日)夏季講習会(その2)を行われました。
解剖学(担当:李 紅岩先生)
f0138875_1125499.jpg


解剖学は以下の内容です。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系

なお、北京中医薬大学日本校お盆休みは下記通りです。

 8月12日(月)〜8月18日(日)は連休とさせていただきます。

 8月19日(月)からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。ブログも8月19日(月)から再開いたします。薬膳専科の卒業作品の返信は、8月21日(水)となりますので、ご了承ください。

 いつも北京中医薬大学日本校のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、楽しい連休でありますように。
[PR]
by jbucm | 2013-08-11 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
霊枢・本輸第二⑧

五輸穴の臨床応用法その3を紹介します。

3、本経五輸取穴法:『霊枢・一日を四時に分ける』には、五輸で五変を治療する綱領を決められました。これで五輸穴が治療の際それぞれ特殊な作用があると伺えます。

①井穴:「病在臓者取之井」。例えば、中風の閉証は肝陽が暴騰し気血が急に上昇して、痰を挟んで心竅を蒙閉した結果です。この場合は、十二井穴を点刺して血を出すと同時に督脉の水溝を瀉して開閉泄熱します。井穴は、突然の意識障害の救急に顕著的効果があります。

②滎穴:「病変于色者取之滎」。「病変于色」とは、一部の疾患の初期に、邪気が体表経絡に在るというふうに理解します。臨床では、風熱襲表で肺気失宣による咳、咽喉の痛み、口渇などの症状に、手太陰の滎穴(魚際)と手陽明の滎穴(二間)を針刺し、瀉肺熱と利咽止痛の効果を求められます。なお、温病治療の早期記録にも「滎主身熱」という記載があります。また、『霊枢・五邪』にも「邪が肝に在り、則ち両脇が痛い……行間(肝経の滎穴)を取り、以引脇下」という記載がありました。臨床では、肋間神経痛の場合は、行間を針刺で鎮痛の効果があります。

③輸穴:「病時間時甚者取之兪」。「時間時甚」とは、陣発性・断続的という意味です。『難経・六十八難』に「兪主体重節痛」と記載があり、臨床では、輸穴を用いて陣発性疼痛と断続性発熱の治療に有効です。例えば、リューマチ性関節炎の針灸治療に、上肢の場合は太淵・大陵などを選び、下肢の場合は太溪・太衝などを選びます。なお、断続性の寒熱に手太陽の後渓・足厥陰の太衝を使うのも『霊枢』に記載された原則と一致しています。

④経穴:「病在于首者取之経」。例えば、『鍼灸大成』に脾経の経穴(商丘)を針刺で舌体の強痛を治療するのはその一例です。足太陰の脾経の脈が舌体に繋いで舌の下に散在しています。

⑤合穴:「経満而血者病在胃、飲食不節得病者、取之于合」。臨床では、足太陰経の合穴(陰陵泉)を針刺で排尿を促進します。なお、手陽明経の合穴(曲池)、足陽明経の合穴(足三里)を針刺で消化・呼吸と新陳代謝を促進する作用があります。各経の合穴は内臓の生理機能を調整特殊な作用があると伺えます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-08-08 10:30 | 中医学 | Comments(0)

夏季講習会(その1)

こんにちは、先週の土日(8月3日・4日)夏季講習会(その1)を行われました、今回はその内容を紹介します。

3つの講義がありました。中医薬膳専科の調理実習は、調理室で、気功美容養生特別講座は別館教室で、五行学説の臨床応用は2階教室で行われました。

「夏・長夏の薬膳料理・薬膳に使える中薬」のテーマに沿って、中医食養学会の鳳寛子先生・村岡奈弥先生、田中康子先生の丁寧にご指導して下さいました。

午前(10~12時)は鳳寛子先生より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。
f0138875_1541412.jpg

午後は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。今回のメニューは、①緑豆カレー②苦瓜とセロリのサラダ③ラッシー でした。最後に、田中康子先生から、「夏の薬茶」-緑茶・緑豆茶・荷葉茶・南蛮茶(トウモロコシのヒゲ茶)・冬瓜皮茶・祛暑茶・五味子茶の作り方や効用の講義を聞きながら、苦丁茶を試飲しました。
f0138875_1545445.jpg


少し疲れたかな~と思いますが、5時間で、豊富な内容で、しかも普段の講義で、できない内容でした。帰りの時、皆さんが連日の暑さは、何処かに飛んだ顔でした。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。

金先生(「五行学説の臨床応用」)は、症例(21例)を取り上げて、2方面を説明しました。
その1、五行関係に基づいて病位を推測する
その2、五行関係に基づいて治法を決定する
但し、五行学説には、不足な処もありますので、定説に拘泥しなくてよいと指摘されました。
f0138875_156820.jpg


五行関係に基づいて病位を推測する
五臓主五声の応用(案1、2、3)
五臓主「五病」の応用(案4、5、6)
五臓主五液の応用(案7、8)
五臓応五辰の応用(案8、9)
五臓主五志の応用(案10)
五臓主五官の応用(案11、12、13)
五臓主五体の応用(案14、15、16、17)

五行関係に基づいて治法を決定する
培土生金(案18、19)
佐金平木(案20、5)
滋水涵木(案21)

五行学説の不足な処は、以下の3つがあります。
①診断に用いる際、大ざっぱに病変する臓腑(病位)を提示するのは可能で、寒熱虚実等の病性診断は確定できませんので、必ず陰陽学説・精気学説を結合して、正確に弁証論治しなければなりません。
②治法を選択する際、主に臓腑を治療しますが、寒熱虚実(病性)を考慮していません。
③診断・治療する際、必然性はなく、総合的に病情を分析し、柔軟に考えしなければなりません。

宋先生の夏季特別講座は、凄い人気があります。私は宋先生の気功養生特別講座を聴講しました。健脳功の頭部点穴按摩功を紹介します。
f0138875_1563646.jpg


健脳功は、頭部の経絡を調整し、脳部の気血運行を促進することができ、健康維持や美容の効果を果せます。なお、頭痛、眩暈、感冒、高血圧などの予防も期待できます。
 頭部点穴按摩功
①乾梳頭―自分の手指(親指を除いて、櫛として)で梳かす。
②点風池―風池(穴)を親指で圧する。
③摩大椎―大椎(うなじ)を手掌でマッサージする。
④拍百會―百會(穴)を手(握り拳或は五本の指を立てて)で叩く。
f0138875_157286.jpg

[PR]
by jbucm | 2013-08-05 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
霊枢・本輸第二⑦

五輸穴の臨床応用は、三つの方面があります。臨床に良く使われるので、詳しく紹介したく、2回にわけて紹介しましょう。

1、対症選穴法:例えば、胃経の病変で心下痞満という症状があらわれた場合、本経の井穴(厲兌)を選び、もし体が重たいという症状を兼ねるなら、本経の輸穴(陥谷)を加える。このように類推します。

なお、「合は気逆で泄を主る」という言葉があり、この意味は、気逆で津液が外泄の症状があったら、合穴を選びます。例えば、肺虚の気逆で咳がでる場合、肺経の合穴(尺澤)を選び、補肺降逆します。同時に、胃経の合穴(足三里)を配伍し、補脾してから肺を養いう(土旺生金)を求めます。この方法は「崇土補母」とも言います。

2、補母瀉子法:所謂『難経・六十九難』に書かれてある「虚者補其母、実者瀉其子」です。これは、五行の相生規律を根拠にして制定した「五輸刺法」です。臓腑或はある経に虚証があった場合、本経の母穴及び母経の母穴を選びますが、実証の場合は、本経の子穴及び子経の子穴を選ぶべきです。

例えば、肝の虚証に、肝経の母穴である水穴(合穴の曲泉)を選ぶ他に、腎経の母穴である水穴(陰谷)も選びます。これが「水が木を生む」と言う相生規律を根拠にしたものです。なお、肝の実証には、肝経の子穴である火穴(滎穴の行間)を選ぶ他に、心経の子穴である火穴(少府)も選びます。これが「木が火を生む」と言う相生規律を根拠にしたものです。

必要な場合は、対症選穴法に合わせて穴を配伍し、治療効果が上げられます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-08-01 10:10 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm