国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 10月24日午後、日本校中医中薬専攻科・2013年秋の卒業式が北京中医薬大学の小ホールにて行いました。北京中医薬大学徐 孝副学長、日本校の高 鶴亭学長に暖かい祝福のお言葉を頂きました。今年30名卒業生の中、9名の方が北京に行き学長らより卒業証書を受け取りました。なお、小山美菜緒様が卒業生を代表して答辞を述べました。

下記は徐副学長のスピーチ内容です。写真は後日北京本校から届きましたら、アップ致します。

    北京中医薬大学日本校2013年秋卒業式
         徐 孝 副学長のスピーチ


尊敬なる高 鶴亭学長
先生方、職員の皆様
親愛なる学生の皆様

こんにちは。

この秋晴れの10月に、私ども北京本校は今年も北京中医薬大学日本校の卒業生をお迎えすることになりました。先ず、私は母校の2万人の職員及び学生を代表し、日本校の職員と学生全員にご挨拶と祝福をお送り致します。

 伝統的な東方文化を土台にしている中医薬学は、数千年の成長と育成をもって、実り多い成果をあげられました。かつ、絶え間なく人々の健康に役に立っています。

 北京中医薬大学は成立して55年以来、特に中国の改革開放以来、相次いで25ヶ国の90余りの大学や科学研究機構及び社会団体と結び合い、教師や研究者を派遣して、長期間にわたって協力し、伝統中医薬の教育や科学研究及び医療サービスなどを行っています。

 広く深い中医薬学、そして当校の良好な教育声望で世界中80余りの国から12,000名の留学生が集まり、中医薬学の知識を勉強されました。

 20世紀の90年代に、高 鶴亭学長自らの重視と努力のもとで日本の有志者ら、植松先生と一緒に、崇高な人類健康の事業に尽力し、北京中医薬大学日本校を設立して中医薬教育を行っています。

 あれから20年以上経ち、日本校はいろいろ苦労と困難を克服し、教育の質に絶えず進歩を求め、次々中医薬の専門な人材を日本の社会に送り出し、日本の国民の健康に、そして日中両国の友好往来と文化交流など各方面に大いに貢献してきました。

 本日、私どもはもう一度、米山 美智子殿等30名の方々へ卒業祝いの言葉を送りたいと思います。貴方達は、三年間絶えず勤勉に中医薬学を研鑽し、順調に学業を終え、卒業することができました。本当におめでとうございます!貴方達のかためた意志と中医薬学知識への探求する精神は表彰すべきものです。

皆さん、本日で卒業とは言えますが、また新たな起点として、今後の社会実践の中でも「勤求博采・厚徳済生」の精神を受け継ぎ、続けて中医薬学の知識にさらに磨きをかけて、日本国民の皆さんの健康のため、努力を尽くして下さい。

では、皆で手を組んで更なる高点へ登り、より遠くまで眺望し、中医薬文化の発展と繁栄及び、全人類の健康事業により多くの力を捧げましょう。


(翻訳:李)
[PR]
by jbucm | 2013-10-31 10:31 | 中医中薬専攻科 | Comments(0)

王清任

こんにちは、周です。今回は医家・王清任の紹介です。

王清任(1768~1831年)は、河北省玉田県人で、字を勲臣と称し、清の嘉慶~道光年代の著名な医家です。彼が著した≪医林改錯≫は、数百年来、中医界に争議される著作であります。≪医林改錯≫は、主に2つ方面を論述しています。1つ目は「改錯」で、2つ目は人体気血に対しての特殊な認識であります。王清任は、人体の臓腑位置・大きさ・重さを解明する為、実に40年余りの歳月をかけました。
f0138875_15124233.jpg


彼は、瘟疫で死んだ小兒死体300例以上を解剖・観察し、臓腑図絵を描きました。彼は、その以前に書かれた医書の説明は不正確(誤りがある)だと認識し、「改錯」(改正)する必要があると主張しました。≪医林改錯≫という書名にしました。また、気血に対する認識を表明しました。彼は、気血は皆人体生命の源でありながら、致病因子でもあると認識します。外感内傷と関係なく、人体を損傷するのは、臓腑ではなく、気血であると提唱しました。更に、気血について論述しました。気は虚実があり、虚は正虚で、実は邪実である。血は虧(虚)瘀があり、虧は失血で、瘀は阻滞である。瘀血は、正気虚によるもの(気虚で推動力が低下する)で、血瘀は虚中挟実に属します。「補気活血」と「逐瘀活血」という両法則を提唱し、謂わば彼の有名な「瘀血説」です。「瘀血説」の基に、膈下逐瘀湯・血府逐瘀湯 など優秀な方剤を作り上げました。この両法則は、臨床面では、各科に応用されており、今日に至るまで大きな影響を与えています。

後世は、王清任に対する評価は褒貶不一(好評もあれば、悪評もある)ですが、彼は臓腑の実際に注目した医家であり、古人の旧説や先入観にとらわれない創造性に富んだ・中医学史上の一大革新家であったということができるでしょう。

膈下逐瘀湯、血府逐瘀湯を紹介します。
効能:活血祛瘀、行気止痛
膈下逐瘀湯組成:五霊脂・当帰・桃仁・紅花・赤芍・川芎・牡丹皮・烏薬・甘草・香附子・枳殻・延胡索
血府逐瘀湯組成:生地黄・桃仁・当帰・紅花・川芎・赤芍・牛膝・柴胡・枳殼・桔梗・甘草
[PR]
by jbucm | 2013-10-28 09:30 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

9回目・糖尿病の続き

猪肺(豚の肺蔵)
猪肺1個、羅漢果1~2個。猪肺は綺麗に洗い、食べ易いサイズに切り、適量の水を加え、羅漢果と一緒に1時間位煮る。羅漢果は捨て、スープ(肺を食べてもよい)を2日に分けて飲む。

猪肚(豚の胃袋)
①猪肚1個、粳米100g、豆豉・葱・花椒・生姜適量。猪肚は綺麗に洗い、適量の水を加え煮る。猪肚を取り出して、粳米を猪肚の出し汁に入れてお粥を作る。豆豉・葱・花椒・生姜で味を調える、1日3回に分けて食べる。猪肚は醤油に付けて食べてもよい。
②猪肚1個、葱白・豆豉適量。猪肚は綺麗に洗い、適量の水を加え、柔らかくなるまで煮る。葱白・豆豉で味を調える。猪肚を取り出して、食べ易いサイズに切り、空腹時に食べる、口渇時にスープを飲む。

兎肉
兎肉700g、生姜10g、黄酒50g、油・醤油・塩・胡椒(粉)・葱適量。兎肉を燜(調理法で一つ)熟して食べる。

田螺
田螺(大き目)10~20個 黄酒50g。田螺は一晩水に浸けてから螺肉(身)を取り出す。螺肉に黄酒を入れ、適量の水を加え、炖(調理法で一つ)熟して食べる。毎日1回。この方は、糖尿病消渇及び湿熱黄疸、小便不利に有効である。

黄鱔(タウナギ・カワヘビ、ウナギに似て食用する)
黄鱔250g、豚肉(赤身)100g、蚕繭(カイコのまゆ)10個。 1000cc水を加え、文火で500ccなるまで煮る。毎日1回食べる。1クールは30日間で、3クールを継続する。この方は、肝腎陰虚型糖尿に有効である

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2013-10-21 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

今秋の国際試験


去る10月12・13日に、2013年秋の国際中医薬膳師能力認定試験が東京会場と名古屋会場にて同時開催されました。両会場合わせて63名の方が今回の試験に挑まれました。
f0138875_13145176.jpg
f0138875_13152269.jpg


なお、10月13・14日に、2013年秋の国際中医師能力認定試験が東京にて行い、日本校は36名の方が参加されました。
f0138875_1320544.jpg
f0138875_13214196.jpg


皆さん、二日間の試験で大変お疲れ様でした。皆が合格されますようにお祈りしております。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-10-17 10:10 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

8回目・糖尿病の続き

緑豆
①緑豆50g、適量の水を加え、柔らかくまで煮る。
②緑豆粉・そば粉 各等分(同じ量) うどんにして食べる。
③緑豆60g 粳米90g 適量の水を加え、お粥にして、朝晩(2回)食べる。
④緑豆200g 梨2個 青大根250g 適量の水を加え、柔らかくまで煮る。

豆乳
豆乳500cc 面粉(小麦粉)20g 粳米20g まず粳米をお粥にして、お粥に豆乳・面粉を入れる、弱火でトロトロになるまで煮る。

黒豆
①炒黒豆500g 天花粉500g 炒黒豆と天花粉は、粉状にして、適量の水を加え、梧桐(アオギリ)子の大きさの丸を丸める。毎回20粒、毎日3回飲む。この方は、腎虚型糖尿病の小便頻濁に最適である。
②黒豆250g 南瓜250g 糯米150g 適量の水を加え、お粥にして食べる。この方は、糖尿病の口乾口渇・小便頻数に最適である。

黒木クラゲ
黒木クラゲ・扁豆 各等分 粉にして、毎回9g 白湯で飲む。益気清熱・祛湿・降血圧作用がある。

白木クラゲ
白木クラゲ10g ほうれん草100g 煮て、毎日2回に分けて食べる。

海参(ナマコ)
①海参15~20g 米30~50g 海参は水で戻して、薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作って食べる。この方は肺胃燥熱型尿病に最適である。
②海参・玉子・豚の膵臓 各1個。煮て醤油に付けて隔日に食べる。
[PR]
by jbucm | 2013-10-14 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
素問・太陰陽明論篇第二十九③

【原文】帝曰:脾病而四支不用①、何也?岐伯曰:四支皆稟気於胃、而不得至経、必因於脾、乃得稟也②。今脾病、不能爲胃行其津液③、四支不得稟水穀気、気日以衰、脉道不利、筋骨肌肉皆無気以生、故不用焉。

帝曰:脾不主時、何也?岐伯曰:脾者、土也、治中央④。常以四時長四藏、各十八日寄治、不得独主於時也⑤。脾藏者、常著胃土之精也、土者、生萬物而法天地。故上下至頭足、不得主時也⑥。

【注釈】①不用:機能しないことです。

②四支皆稟気於胃、而不得至経、必因於脾、乃得稟也:『類経・疾病類・十三』に次のように説明しています:四肢の動きが胃気に頼っているが、胃気は自ら諸経に至らない。必ず脾気の運行によって、胃中の水穀の気が精微に化し四肢に至る。

③不能爲胃行其津液:胃中にある水穀精気を輸送することができなくなる。

④脾者、土也、治中央:脾は五行の中で土に属し、中央の位置を治める。

⑤常以四時長四藏、各十八日寄治、不得独主於時也:常に四時(四季)の四臓を養い、四季の最後の十八日は脾土の旺盛時期である。故に脾は単独で一つの季節に属さない。

⑥脾藏者、常著胃土之精也、土者、生萬物而法天地。故上下至頭足、不得主時也:「著」についての解釈は幾つがあり、『素問直解・巻二』に従い、「昭著、彰顕、顕著」の意味にします。脾蔵の運化機能で胃の水穀精気を外に昭著し、脾胃(土)は天地が萬物を養う法則と同じで、頭から足まで周身上下を養い、一つの季節に属さない。

【説明】本節は土が季節に属さなく、四時に寄旺することを説明した。これは、『金匱真言論』と『六節蔵象論』などに述べた「主長夏」と違うが、本義は一致だと考えられます。「主長夏」の説は「土が萬物の母」という理論の下で五行時の角度で提出したものです。本節では、「四季の最後の十八日は脾土の旺盛時期である」と述べたが、土気は全年度の毎日に至っているとも主張している。故に、土の「主長夏」と「不主時」の両説とも「治中央」と主張する。「土は五行の本で、萬物の母」の主旨は一致しています。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-10-10 10:10 | 中医学 | Comments(0)

25年10月生(新入生)

去る10月5日(土)に北京中医薬大学日本校も25年10月生(新入生)を迎えました。

今期は、中医中薬専攻科(14名)を始め医学気功整体専科(7名)、中医薬膳専科(27名)各専科の新入生を迎えることができました。日本にある数の中国中医薬大学の中、当校を選んでいただき、有難うございました。
f0138875_16555026.jpg

f0138875_16561326.jpg


これから3年間または1年間、宜しくお願いいたします。全力応援しておりますので、一緒に頑張りましょう。
[PR]
by jbucm | 2013-10-07 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
世界中医薬学会連合会第十回大会が去る9月21・22日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ市南部にある、シリコンバレーで有名になるサンタクララ市にて開催されました。世界各国からの出席者が1000名余り、日本校の植松理事長と教務担当の李宏もこの大会に参加致しました。
f0138875_12375012.jpg

f0138875_12355737.jpg

開会式に、世界中医薬学会連合会の主席佘靖、中華人民共和国サンフランシスコ総領事館の領事袁南生、サンタクララ市の市長代表、市議員のTeresa o’Neill女史などが開会の挨拶を述べました。

本大会は「東西医学を提携して全人類の健康に務める」という主題にして、東西医学の前線に活躍している専門家らが講演もなされました。中に、アメリカの『米国新聞と世界ニュース』にも報道された名医のColin M.Feeney博士の『最新突破――伝統医学を活用し、全米初めて公立病院に中西医結合という専門科を創立』、オーストラリア中医薬針灸学会連合会秘書長の劉熾京教授の『大医至簡の中医体系――脈象、臍針と脈に拠り薬を選ぶ』などの講演は大変好評を得られた。他に、学術交流や、針灸、中薬、中医教育などの展示会も同時に開催され、論文集には学術論文240篇余り収集された。
f0138875_1321591.jpg

22日の午前中は世界中医薬学会連合会の理事会及び監事会の会議が開かれた。連合会が成立して10年間の業績を纏め、中医薬の国際的発展の情勢及び今後10年間の展望を明確した。なお、今後の議題として『中医薬の臨床研究における倫理審査機関及び基準』に決めた。
f0138875_12505212.jpg

 世界中医薬大会への参加者が年年増え、高レベルな論文の発表や中医技術の交流が深く広くなり、大変喜ばれることです。これからは、日本の中医学従事者も大いに活躍し、奮って論文の発表と技術の交流にも参加して欲しいです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-10-03 10:30 | 中医学 | Comments(0)